頭皮のクレンジング方法!オリーブオイルは食用でもいいの?

毎日シャンプーをしているのにもかかわらず、頭皮の臭いやべたつきが気になりませんか?

シャンプーでは落としきれない汚れは、頭皮のクレンジングで改善できます。

頭皮のクレンジングはオイルを使用しますが、自宅にある食用のオリーブオイルでできるのでしょうか。

この記事で、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

薄毛に似合う髪型をご紹介!男性の薄毛を目立たせない方法

髪の毛が薄いと悩むのが髪型でしょう。できる髪型の種類に制限があるだけではなく、髪型によっては薄毛...

頭皮にダメージ!かさぶたを剥がす癖を直そう

頭皮のかさぶたを剥がす癖が直せずに、悩んでいる方は意外と多いです。かさぶたを剥がす感覚が病みつき...

薄毛を改善!今人気の育毛シャンプーをランキングでご紹介!

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、どんな対策を考えますか?「まずはシャンプーから変えてみよう!」と...

つむじに光を当てると薄く見える!これはハゲてるってこと?

頭に光が当たったときに、「頭のてっぺんが薄く見える!」と自分で気づいたり、周囲から指摘されたなんてこ...

ヘルメットの蒸れ防止対策をしよう!バイクでハゲないために

男のロマンに「バイク」を挙げる方もいるのではないでしょうか。しかし、最近ではある理由から男性のバ...

頭皮にニキビができてしまった…このままだとハゲるのか!?

「頭がかゆい!」と頭をかきながら頭皮をさわっているうちに、なんだかふくらんでいる、吹出物ものができて...

皮脂を抑える方法を知りたい!なぜ頭皮がベタベタするのか?

皮脂の分泌が盛んで、頭皮がベタベタしてしまうという悩みをお持ちの男性はいませんか?毎日シャンプー...

実は危険!?頭皮がぶよぶよしてしまう原因とは?

これをご覧になっているあなた、頭皮がぶよぶよしていることに悩んでいませんか?頭皮がぶよぶよしてし...

側頭部を頭皮マッサージすると痛い!身体のどこかに異変が?

仕事でパソコンなどのデスクワークが多いと、目や首が痛くなりますよね。そのようなとき、側頭部や後頭...

白髪に黒ゴマがいいとされるわけ!サプリも効果がある?

年齢と共に、気になってくるのが「白髪」です。白髪が生えていると一気に老け込んだように見られること...

白髪があったらどうする?切るコツってあるの?

白髪を発見した時、どのように対処していますか?切る・抜く・染めるなど方法は様々ですが、今回は白髪...

白髪は紫に染まるの?パープルヘアになってしまう理由

上品なマダムが白髪を紫に染めているのを、見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。徐々に減っ...

日焼け止め商品ランキング!その焼けない効果を比較調査!

数ある日焼け止め商品の中から、一体どれを選べばいいのか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。...

つむじを押すとはげるって本当?つむじにまつわる噂の真相!

昔から「◯◯をすると○○になる」といった、いわゆる迷信と呼ばれる話がありましたよね。迷信には科学...

白髪を染めないメリットとは?途中でやめる方法もご紹介!

白髪を染めるべきか、染めないべきかで悩むのは、男性も同じですよね。最近では、白髪染めを途中でやめ...

スポンサーリンク

頭皮が汚れる要因

髪の毛の汚れは気づきやすいですが、頭皮の汚れは気づきにくいものです。

自宅にある食用のオリーブオイルで頭皮のクレンジングができれば、それほどコストもかかりませんから嬉しいですよね。

はじめに、なぜ頭皮は汚れてしまうのか、その原因をご説明いたします。

頭皮の汚れの主な要因は2つあります。

1つめは、ホコリや花粉など、外から受けるものです。

毎日掃除している部屋でも、目に見えないホコリは舞っていますし、窓を空けたり外出すれば、頭皮に汚れがつきます。

また、これらの汚れが汗をかくことで頭皮に流れてしまい、詰まったままの状態であると、痒みや臭いの原因となってしまいます。

2つめは、皮脂や古い角質など、内からの要因です。

毛穴から分泌している脂を皮脂といい、この皮脂が過剰に分泌してしまうと、毛穴が詰まってしまいます。

外的な要因と同じく、痒みや臭いの原因となるのです。

古い角質ですが、私たちの肌は新陳代謝によって、日々新しい皮膚を作り出すサイクルがあります。

このサイクルのなかで、古くなった角質をしっかりと落とせていないと、頭皮の毛穴の詰まりとなってしまうのです。

汚れた頭皮のトラブル

頭皮の汚れを放置してしまうと、どんなことが起きてしまうのでしょうか。
では、

●頭皮ニキビ
ニキビというと、思春期の学生の顔にできるイメージが強いですが、頭皮にもニキビはできます。

頭皮の汚れをそのままにしておくと、毛穴が詰まってしまうことは、前項でもお話しました。

毛穴に汚れが溜まったままにしていくと炎症が起こり、頭皮ニキビとなってしまいます。

違和感を感じて、手で触ってしまうと、されに炎症が酷くなってしまうのです。

頭皮ニキビができたときは触らずに、医師に相談しましょう。

●フケ
頭皮が汚れていると、新陳代謝が正常に働かなくなります。

すると、未熟な角質が大きなフケとなって剥がれ落ちることもあるのです。

こうしたトラブルにならないためにも、毎日のシャンプーで頭皮の皮脂を正しく洗浄することが大切なことなのです。

次項では、優しく洗浄できる、食用の重曹を使ったシャンプーの方法をご紹介します。

オリーブオイルを使ったクレンジング方法も併せてご覧ください。

食用重曹でシャンプー

重曹シャンプーの方法を、ご紹介します。

毛穴の汚れや嫌な臭い、抜け毛にも効果的です。

重曹シャンプーは食用の重曹で構いません。

併せてクエン酸リンスもお試しください。

ただ、注意点があります。

いきなり重曹シャンプーを行なわないことです。

頭皮に刺激を感じます。

はじめは、お使いのシャンプーに少量混ぜるなど、頭皮が重曹に慣れるようにしてから行ってください。

作り方は簡単で、洗面器を用意して、その中に1リットルのお湯と重曹大さじ1(10g)を入れて溶かします。

これで重曹シャンプーの完成です。

クエン酸リンスは、500mlのペットボトルに水とクエン酸大さじ2(20g)を入れて、よく振っておきましょう。

長時間置いておくとクエン酸が沈んでしまうので、使うときは軽くでいいので振ってから使いましょう。

①1分ほどブラッシングして、汚れを落とします。

②そして、シャンプーをつける前に、お湯で2分ほど優しくもみ込むようにマッサージをしながら洗い流してください。

③洗面器に入った重曹シャンプーを少しずつ手にとって、頭皮や地肌をマッサージしながら洗います。

作った重曹シャンプーを使いきるまで、繰り返しましょう。

④クエン酸リンスの使用方法は、洗面器にお湯を3分の1張り、作っておいたクエン酸リンスを10mlを入れて混ぜます。

それを、髪に馴染ませましょう。

⑤リンスが馴染んだら、しっかりと洗い流します。

⑥タオルドライは髪の毛をこすらないように行い、頭から20センチ離したところから、ドライヤーを当てて、根本から乾かしましょう。

では、オリーブオイルを使ったクレンジング方法を見てみましょう。

食用オリーブオイルで頭皮のクレンジング?!

シャンプーだけでは落とせない頑固な汚れの場合は、一度クレンジングをしてみましょう。

クレンジングは、頭皮の汚れを落とすことを目的に行います。

頭皮は肌と同じように、ご自身に合ったクレンジングオイルを選びましょう。

●頭皮専用のオイル
頭皮のクレンジングを専用にしたオイルが販売されています。

汚れを落とす目的に加え、毛穴や毛髪に栄養を与えるものまで、種類が豊富です。

●馬油
美容の効果があるとして有名な馬油ですが、頭皮のクレンジングにも一役買ってくれます。

血液促進を働きかけてくれる馬油でマッサージをすれば、汚れを落とし、尚且つ毛根や毛髪に元気を与えてくれる優れものです。

●椿オイル
ヘアケア用品で見かけることもある椿オイルですが、頭皮の汚れを浮かせて、髪にツヤや潤いを与えてくれる効果もあります。

ただ、クレンジングとしてはやや劣る部分があるため、思ったような効果が味わえないこともあります、

●ホホバオイル
洗眼用品で使われているホホバオイルは、保湿効果が高く、この保湿によって過剰な皮脂の分泌を減らすことが可能です。

しかし、少しベタっとしてしまうことが難点でもあります。

●オリーブオイル
料理に使うオリーブオイルも、頭皮のクレンジングとして効果が得られます。

注意点としては、食用であるオリーブオイルだと、頭皮への負担が気になるところです。

食用オリーブオイルを使うときの注意点

肌であっても頭皮であっても、ご自身の身体に直接使うときには、何のオイルにしても細心の注意を払いましょう。

先ほどご紹介したオリーブオイルで頭皮クレンジングを行うときは、さらに注意が必要です。

料理で使う食用のオリーブオイルには、うま味成分や保存料、添加物などが含まれるものもあります。

これらにアレルギー反応がでる可能性もあるのです。

また、ご自宅にあるもので試そうと、酸化しているオリーブオイルを使うこともやめましょう。

オリーブオイルは、開封と同時に酸化しはじめます。

その酸化したオリーブオイルを頭皮に使用すると、痒みなどの炎症を起こしかねません。

食用のオリーブオイルを使う場合は、エクストラバージンオイルを選びましょう。

オリーブの実をしぼっただけなので、添加物も科学的処理もされていません。

そして、一般的なオリーブオイルよりも、酸化が進みにくいといった特徴もあります。

ただし、酸化しないため、開封してから3ヶ月のものを使用しましょう。

開封したら、正しい場所で保管しましょう。

気温が5℃以下になる冷蔵庫での保管は、オリーブオイルが白濁・凝固してしまいます。

直射日光や強い光、高温多湿を避けて、冷暗所で保管しましょう。

小分けタイプは、遮光性のあるものを選んでくださいね。

オリーブオイルのクレンジング方法

ではさっそくオリーブオイルを使ったクレンジングを行ってみましょう。

オリーブオイルでの頭皮クレンジングによって、頭皮の洗浄効果や、血行促進によって抜け毛や薄毛の予防につながります。

食用を使う場合は、注意点を理解してから、開封して間もないオリーブオイルを使いましょう。

【クレンジング方法】

①髪全体をブラッシングします。

ヘアブラシは、なるべく目の粗い柔らかいブラシを使いましょう。

ブラッシングによって頭皮の汚れが落ちて、オイルが浸透しやすい環境になります。

②クレンジングに使うオイルの量は、500円玉ほどが目安です。

髪につけるのではなく、頭頂部かた後頭部までの頭皮を中心につけましょう。

③頭皮全体にオイルが浸透したら、マッサージをします。

指の腹で軽く指圧して、優しく行ってください。

爪が伸びていたり、爪を立ててマッサージをすると、頭皮に負担がかかるので注意ましょう。

マッサージの時間が長ければ良いというものではありません。

5~10分を目安に行いましょう。

④マッサージが終わったら、少しぬるめのお湯でしっかり洗い流します。

温度が高いと、必要以上の皮脂も流してしまうので、36~37℃ぐらいの温度が最適です。

⑤1回めのシャンプーは軽くなじませてからサッと洗い、お湯で洗い流します。

2回めのシャンプーは、しっかりと洗って、すすぎ残しがないように十分に洗い流しましょう。

頭皮の健康を維持

頭皮は、自分ではなかなか気にかけることは少ないですが、頭皮の健康は髪の健康でもあります。

髪の毛の土台となる頭皮や毛穴が汚れているままにしていると、頭皮トラブルを招いてしまいます。

日々、正しいシャンプーで洗髪を行い、クレンジングをして頭皮の健康を維持しましょう。