SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

ドライヤーでハゲ予防!冷風と温風の使い分けが大切だった!

2018.7.21

男性の中で、ドライヤーで髪の毛を乾かす方はどのくらいいるのでしょうか?

「ドライヤーをかけるとハゲる!」という噂もあることから、使わない方も多いことでしょう。

しかし、それは全くのでたらめで、むしろ正しいかけ方をすることで薄毛を予防する効果が期待できるのです。

この記事では、ドライヤーの正しいかけ方の他、乾かすときには冷風・温風の使い分けが必要なのか?ということについてもお話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

枝毛がひどいのは切るしかない?原因から予防までご紹介

男性のみなさんは、自分の髪の毛の毛先を注意して見たことはありますか。 毛先をよく見てみると...

髪の毛を食べる虫なんているの!?それはお宅に潜む○○○○

「髪の毛を食べる虫がいる!」と聞くと驚きますよね。 それは、あの黒い魔物の「ゴキブリ」です。 ...

白髪になるのは病気?色白の人は要注意?肌色と白髪の関係性

個人差はありますが、大体30歳を過ぎたあたりから白髪が生え始める人が多くなってきます。 その理...

t字カミソリの特徴を覚えて髭剃りのやり方をマスターしよう

毎日の髭剃りに、多くの方がt字カミソリを使用していると思います。 しかし、t字カミソリは手軽に...

なぜエラは張るのか?エラの張りを解消する3つのポイント

エラが張っていると、顔が四角く大きく見えてしまうため、悩まれている男性も多いでしょう。 しかし...

髪の毛がくるくるしてしまう原因は?癖毛の種類と対処方法

「髪の毛が癖毛で気になる」、「雨の日は特に髪の毛がくるくるになる」と悩んでいる男性はいませんか。...

髪の毛にタンパク質を入れるだけでサラサラの髪の毛に!?

髪の毛がごわごわしていたり、痛んでチリチリしているとなんだか不潔な印象を与えてしまいますね。 ...

髪の毛のアレンジはショートだって自由自在!コツは清潔感!

髪の毛を切りたいと思ったとき、どうしていますか? ただショートに短く切るだけではいまいちあ...

排水溝詰まりの原因追究!髪の毛を溶かす洗剤や対策をご紹介

多くの男性がする家事として、お風呂掃除があります。 浴槽の掃除だけで済めばよいのですが、時には...

フケはホホバオイルでさようなら!ドクタートウヒの効果とは

毎日ちゃんと髪の毛を洗っているのに、髪の毛や頭皮から大量フケが出てくるのはショックですよね。 ...

今すぐやめるべき!フケを剥がす癖が危ない理由

何かの拍子にふと指先で頭皮のフケを探し当て、そのフケを剥がす癖があるという男性は案外多いのではな...

前髪だけで印象が変わる!前髪をセットする簡単な方法!

顔の印象を決める前髪。 朝、前髪のセットがうまくいくだけで、その日一日気分がいいものですよ...

前髪がスカスカで決まらない!髪を増やすためのセルフケア

いつの間にか、前髪がうまく決まらなくなって悩んでいませんか? 「髪が減ってしまったり細くな...

髪の毛をサラサラに!トリートメントの使用方法をご紹介

「サラサラの髪の毛になりたい」と願うのは女性だけではありません。 男性でも、ダメージのないサラ...

髪の毛をアレンジしよう!ショートヘアはパーマがおすすめ!

ショートヘアに物足りなさを感じている男性はいませんか。 髪の毛はアレンジをくわえると、ガラッと...

スポンサーリンク

ドライヤーを使うとハゲるって本当?

薄毛でお悩みの男性は、「ドライヤーを使うとハゲる!」という噂を、一度聞いたことがあるのではないでしょうか?

これを信じて髪の毛をドライヤーで乾かさない方も多いかと思います。

この噂は本当なのでしょうか?

答えは「うそ」です。

むしろ、髪の毛や頭皮のことを考えたら、ドライヤーを使って乾かしたほうが断然良いのです。

抜け毛・薄毛を予防するためには、髪の毛にある程度の水分を残しておかねばなりません。

ドライヤーを使うことにより、それが可能になるのです。

なかには、自然乾燥のほうがドライヤーよりも髪の毛にダメージを与えないのでは?と思う方もいるでしょう。

しかし、これも逆で、自然乾燥のほうが髪の毛に与えるダメージが多いのです。

髪が濡れると、髪の毛のキューティクルは開きます。

自然乾燥の場合、髪の毛が乾くまで時間がかかり、キューティクルは開いたままの状態になります。

開いたまま放置されると、髪の毛の内部の水分が蒸発しやすくなります。

これが起こると、髪の毛が変形してしまったり、髪のクセにつながるのです。

さらに、濡れた状態のままいると、雑菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

雑菌が増えると、髪や頭皮が臭くなったり、かゆみや炎症も起こり、抜け毛・薄毛につながってしまうのです。

ですから、髪の毛や頭皮はなるべく早く乾かすことが重要です。

そのために活躍するのがドライヤーですので、ドライヤーはハゲるのではなく、ハゲるのを予防するために欠かせないものといえるでしょう。

ただ、ドライヤーの正しいかけ方をしなくては、ハゲるのを予防する効果が発揮されません。

つぎから、ドライヤーの正しいかけ方をご説明しますので、参考にしてくださいね。

なかでも冷風・温風を使うことが大切ですので、詳しくお話ししていきます。

冷風と温風の使い分けって大切?【冷風の効果】

それではここから、ドライヤーの正しいかけ方についてお話ししていきます。

しかし、その前に知っておかねばならないことがあります。

それは、「冷風・温風の使い分け」についてです。

ハゲるのを予防するためには、これらの使い分けが大切なのです。

なぜ大切なのか、疑問に感じる方もいるかと思います。

その疑問をまずは解消していきましょう。

この項では、冷風についてご説明します。

冷風が髪の毛に与える良い効果は、以下のものです。

◆髪の毛のキューティクルを引き締める
◆ドライヤーからの熱によるダメージを減らす
◆乾燥から守る
◆髪の毛が絡まりにくくなる
◆髪の毛のクセを抑える・寝グセがつきにくくなる
◆ヘアスタイルを長持ちさせる

以上のような良い効果が期待できます。

良い効果がこんなにあるならば、「ずっと冷風で乾かせば良いんだ!」と思う方も多からずいるでしょう。

しかし、冷風だけで乾かすと以下のようなことが起こり得ます。

■乾かす時間が長くなり、水分が失われる
■頭皮に雑菌が増殖してしまう
■髪の毛がパサパサになる

したがって、冷風だけでは髪の毛に良い効果をだすことは難しいのです。

それでは温風だとどうなのでしょうか。

冷風と温風の使い分けって大切?【温風の効果】

こちらでは、ドライヤーの温風についてお話ししていきます。

温風を使うことで、つぎのような効果が期待できます。

◆短時間で乾かすことができる
◆髪の毛がきれいにまとまる
◆髪の毛の形がうまく整う
◆雑菌の増殖を抑制する

また、温風も冷風同様、乾かす間ずっと使ってはいけません。

なぜなら、髪の毛の水分が不足し、パサパサな髪の毛になってしまうからです。

さらに、オーバードライにもなってしまい、髪の毛だけでなく頭皮に必要な水分も乾いてしまうので、ずっと温風でもいけないのです。

冷風も温風も良い部分がたくさんありますが、どちらか一方だけ使ってしまうと、髪の毛や頭皮のトラブルに発展してしまう恐れがあります。

そのため、2つの良い効果が出るように使い分けることが、ドライヤーを使うときに大切なことなのです。

そして、ハゲるのを防ぐことにも効果的といえるでしょう。

ハゲ予防に!ドライヤーのかけ方をレクチャー!

ドライヤーで髪の毛を乾かすとき、冷風と温風を使い分けることが大切だと、先ほどお話ししましたね。

これを意識して、ハゲるのを予防するために効果的な、ドライヤーの正しいかけ方をご説明します。

【1】ドライヤーの前にタオルドライ

頭皮がびしょびしょに濡れたまま、いきなりドライヤーを使うのはNGです。

ゴシゴシふくのではなく、タオルに髪の毛を押し当てるようにして水分をとりましょう。

【2】ドライヤーは温風から、髪の毛は根元から

ドライヤーのはじめの設定は温風からです。

また、髪の毛は毛先ではなく根元から乾かしはじめます。

1番乾きにくい部分は後頭部なので、襟足の根元から順にドライヤーをかけていきましょう。

近すぎてもいけませんので、10cm以上は離してかけるとダメージを与えにくくなりますよ。

【3】仕上げは冷風で

髪の毛がある程度乾いたところで、冷風に切り替えます。

完全に乾かすのではなく、70~80%乾かせばOKです。

先ほどもお話ししましたが、完全に乾かすと水分が失われてしまいます。

ですから、ある程度温風で乾燥させたら、最後は冷風で完全に乾かします。

ドライヤーで乾かすときに正しく行わないと、逆に頭皮環境を悪くし、ハゲる原因になってしまうこともあります。

ぜひこちらでご紹介したかけ方を心がけて、ハゲるのを予防することにつなげましょうね。

冷風と温風を交互に!ヘアケアできるドライヤーをご紹介

ドライヤーの正しいかけ方について知って頂けたところで、オススメのドライヤーを2つご紹介します。

どちらも、薄毛でお悩みの方にとくにオススメで、発毛・育毛にも効果が期待できるものです。

ぜひ、ドライヤーで薄毛の改善に努めてみましょう。

それでは、1つめにご紹介するドライヤーはこちらです。

「パナソニック ナノケア」

どのような効果があるかは、以下のとおりです。

◆髪質を改善

このドライヤーから噴き出るマイナスイオンとミネラルマイナスイオンが、髪の内部にまで浸透しうるおいを与えます。

それにより、髪質が改善される効果が期待できます。

◆ダメージを抑制

先ほどの2つのイオンが、髪の毛のダメージを抑制してくれるのです。

例えば、ブラッシングによる摩擦や、紫外線によるダメージです。

◆頭皮ケア

このドライヤーから出るマイナスイオンは、頭皮にうるおいを与える効果も期待できます。

さらに、皮脂を取り除くことにも効果があるようなので、頭皮ケアにもオススメです。

また、このドライヤーのシリーズの「EH-NA94」のドライヤーは、とくにオススメです。

3つの効果ももちろんあり、それにプラスで「温冷リズムモード」という機能が搭載されています。

これは、温風と冷風を交互に繰り返し出す機能です。

これにより、髪の毛のうねりを改善し、髪の毛へのダメージを抑えながら乾かすことができるのです。

さらに、頭皮に心地良い刺激も与えますので、「ヘッドスパ」のような効果も期待できます。

ハゲてしまう原因の1つには、頭皮環境が悪いことがあります。

ヘアケアだけでなく、頭皮ケアにももってこいのドライヤーですので、一度使ってみてはいかがでしょう。

育毛効果が?薄毛の方にオススメのドライヤー

2つめにご紹介するドライヤーは、より育毛効果が出るようにつくられたものです。

「シャープ プラズマクラスター」

空気清浄器のイメージがありますが、このシリーズにはドライヤーもあるのです。

そして、独自のメカニズムにより、発毛・育毛にも効果が期待できるドライヤーです。

ドライヤーのかけ方はご紹介したとおりのやり方で問題ありません。

冷風と温風の使い分けも忘れず行いましょう。

発毛・育毛に対してどのような効果があるかは、以下のとおりです。

◆静電気を抑制

このドライヤーから出るイオンにより、静電気の発生を抑制します。

また、そのイオンの働きにより髪の毛の絡まりや切れ毛を防ぎ、さらに髪の毛のクセも改善させることで、手ざわりの良い髪の毛になります。

◆水分子をコーティング

このドライヤーは、髪の毛の表面に水分子コートを形成させます。

それにより、髪の毛に水分が残りうるおいを保つことができます。

また、もし白髪などを染めた男性の方がいましたら、この水分子コートはヘアカラーを長持ちさせる効果も期待できますので、とてもオススメですよ。

◆消臭効果

プラズマクラスターは空気清浄器で有名ですよね。

ですから、その効果がドライヤーでも発揮されます。

例えば、髪の毛についたたばこの臭いなども、このドライヤーから噴き出るプラスイオンとマイナスイオンによって分解してくれます。

◆乾かす時間を短縮

このドライヤーの構造により、大量の速い風が噴き出て、髪の毛の根元にまで届けてくれます。

それにより、乾かす時間が60%ほど短縮することができるのです。

先ほどお話ししましたが、頭皮環境が悪い状態ですと、将来ハゲにつながってしまいます。

このドライヤーの効果をみると、どれも髪の毛や頭皮に嬉しい効果が期待できるのがわかりますよね。

今はドライヤーも進化をとげ、頭皮環境や髪の毛を改善し、ヘアケアできるものが増えています。

薄毛でお悩みの方は、ぜひこのドライヤーを使ってヘアケアをしてみてはいかがでしょう。

ハゲを予防したい方はドライヤーを!

この記事で、ハゲるのを予防するためには、ドライヤーを正しくかけることが大切だということを知って頂けたでしょうか?

まだハゲる症状が出ていなくても、もし今まで髪の毛を乾かすときにドライヤーを使っていなかったら、今日から使いはじめましょう。

今は平気でも将来、ハゲてしまうかもしれません。

ハゲるのを予防するためにも、ドライヤーで頭皮やヘアケアに努めてくださいね。

 - 髪の悩み