SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

男性におすすめする白髪染めのやり方!自宅で簡単リタッチ!

2018.7.2

せっかく白髪染めをしても、何ヶ月かすると、生え際や耳周り、もみあげなどの白髪が目立ち始めてしまいますよね。

部分的な白髪を染めるには、リタッチが便利ですが、美容院できれいに染めてもらうには、少しハイコストに感じます。

白髪染めのリタッチは、自宅でもすることができます。

そこで、この記事では、自分でもできるリタッチのやり方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

べたつく前髪の油!解消法にはベビーパウダーが効果的!

毎日ちゃんとお風呂に入っているのに、どうしても油でべたついてしまう前髪。 特に、前髪がべたつき...

髪の毛が太い人と細い人の違い!うねうねした髪の原因とは?

髪の毛の質は、男女に関わらず人によって違います。 髪の毛が太い人、細い人、中にはうねうねしてい...

白髪に頭皮美容液をプラス!業界初の頭皮ケアで改善しよう

白髪が気になって白髪染めやカラートリートメントを繰り返していませんか? 確かに白髪は隠せますが、...

理想の髪型を目指せ!毛流れと分け目・つむじの関係を知ろう

髪型を決めるとき、気になるのはやはり正面から見える前髪の部分ではないでしょうか。 自分でイメチ...

今すぐやめるべき!フケを剥がす癖が危ない理由

何かの拍子にふと指先で頭皮のフケを探し当て、そのフケを剥がす癖があるという男性は案外多いのではな...

白髪対策に業界初!Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)で頭皮ケア

「白髪対策に白髪染めやカラートリートメントをしているけれど、根元からすぐに白髪が目立ってきて面倒…...

ヘアカラーリングの色落ちは何日?その原因と対策を知ろう!

「美容院でかっこよくヘアカラーリングしたのに、すぐに色落ちしてしまう…」 そんな経験はありませ...

意外と難しくない!ブラシとアイロンの使い方!~男性版~

男性のみなさん、普段のスタイリングにはどのような道具を使用していますか? おそらく、ドライヤー...

前髪のベタつきを解消したい!ベビーパウダーが効果的?

仕事で外回りなどして、半日過ぎると「前髪がベタついている」なんて経験はありませんか? 多くの男...

髪の毛が浮くのをどうにかしたい!サイドが浮く原因と解消法

美容室などでせっかくカッコよくカットしてもらっても、だんだんサイドが浮いてきてしまうということは...

白髪の黄ばみは何が原因?防ぐ方法と正しい対処法をご紹介!

男性も年齢とともに、髪に白髪が多くなります。 最近では、白髪を染めずに、自然のままで過ごしてい...

驚きのアスタキサンチン効果!白髪も改善できるのは本当?!

年齢を重ねていくと、気になってしまうのが「白髪の増加」ですよね。 白髪が増えると、一気に老けて...

カッコイイ髪型に!面長にも合う40代男性にオススメスタイル

40代以上の男性も、まだまだかっこよくいたいですよね。 しかし、20代のように若々しいスタイル...

カラーリングとトリートメントは同時にした方が髪にいい?

近年ではカラーリングをしたりパーマをかけたりする方の数も多くなり、その中での男性の比率も増えてき...

髪の毛がザラザラしてしまう原因って!?対処法はある?

「髪の毛がザラザラ、ガタガタしている」そんなお悩みを持つのは、女性だけでなく、男性にも多いのではな...

スポンサーリンク

白髪染めリタッチのやり方を知る前に!リタッチとはどんなもの?

白髪染めと言えば、一般的に、頭髪全体を染めるものをイメージする方が多いかと思います。

髪は1ヶ月で約1cm伸びると言われているため、基本的に白髪染めの場合は、だいたい1ヶ月もすると、髪の生え際や耳周りなどに、白髪が現れてしまいます。

例えば、一ヶ月前に美容院で白髪染めをした髪が、部分的に白くなってきたとして、またわざわざ美容院で全体を染めるのは、コストがかかりますし、髪の毛にも良いとは言えません。

その一方で、リタッチとは、髪の根元から新たに伸びてきた部分を、染めた髪の毛と色を合わせるために染めることを言います。

伸びてきた部分的な箇所を染めれば良いので、髪全体を染めるよりは時間もかからず、手軽に行えます。

しかしながら、他の髪の毛全体と色を合わせて染めなければならないため、自分で行うにはやり方にコツやテクニックが必要になってきます。

そこで次に、自宅でできるリタッチについて知るために、メリットとデメリットをご説明していきます。

リタッチのメリット・デメリットを知っておこう!

では早速、セルフでできるリタッチのメリット・デメリットを、それぞれご説明していきましょう。

【メリット】

・髪全体を染める必要がないため、比較的安価で済む

・やり方のコツをつかめば、短時間で行うことができる

・自宅で好きなときにできる

【デメリット】

・既に染まっている髪色と合わせる必要があるため、同じ色でリタッチしないと髪全体の色がまとまらなくなる

・やりすぎると、頭皮が痛んで白髪増加に繋がる可能性がある

・色落ちしやすい

以上のように、リタッチは金銭的に優しく、自分で好きなときにできるので手軽ではあります。

しかし、それと同時に、髪全体の色を統一するリタッチの技術も問われてきますので、何度もやり直して頭皮を傷つけてしまうのであれば、美容院でリタッチするか、いっそ全部染めてしまうことをおすすめします。

リタッチはリーゾナブルで利便性はありますが、上記のデメリットには注意が必要です。

では、セルフでリタッチの白髪染めをする場合、どのようなタイプのヘアカラーがより良いのでしょうか?

次項で詳しくご説明していきます。

リタッチにはどんなタイプの白髪染めがベスト?

リタッチの白髪染めをする場合、ヘアカラーのタイプには「泡タイプ」と「クリームタイプ」があります。

結論から言えば、比較的「クリームタイプ」がリタッチにはおすすめです。

確かに、泡タイプの白髪染めは色ムラが出にくくなっており、その点は、クリームタイプと比べると優れています。

しかしながら、泡タイプは性質的に、カラー剤に髪の毛をケアするトリートメント成分を配合することが難しいため、髪への刺激は強くなる傾向にあります。

また、泡タイプはカラー剤の伸びの良さが災いして、部分的な塗り分けがより難しくなります。

そのため、何度も塗り治してしまうことが多くなり、その結果、色ムラの原因だけでなく、髪への負担も大きくなってしまうのです。

したがって、髪の毛のダメージケアから見れば、クリームタイプの方がリタッチには向いており、実際、美容院でリタッチを行なう際も、ほとんどの美容院がクリームタイプを使用しています。

セルフでリタッチを行う際は、できるだけクリームタイプを使うのがより良いと言えますね。

これで、リタッチをする上でのメリット・デメリット、より良い白髪染めのタイプが分かったと思います。

では次に、これらを踏まえた上で、リタッチのやり方をご紹介していきます。

白髪染めをムラなくきれいに!リタッチの理想のやり方

それでは早速、セルフで行う、白髪染めのリタッチ方法をご紹介していきましょう。

①ブロッキング

カラー剤をきれいに塗りやすくするために、ヘアクリップなどで何ヶ所か小分けにします。

②カラー剤の塗布

リタッチの場合は、白髪の根元から毛先に向かってカラー剤を塗布していき、白髪の終わりでピタッと止めます。

白髪を過ぎたらしっかりと止めることが重要で、すでにカラーリングされている部分にまで塗ってしまうと、その部分に余計な負担を与えてしまいます。

塗り分けが一番難しいところですが、初めて行う方は、焦らずゆっくり塗っていきましょう。

③乳化、洗い流し

カラー剤の説明書通りの時間が経ったら、洗い流しに入りますが、まずは「乳化」という作業を行います。

頭の染剤を流す前に、少量のお湯(38度程度)を用意し、そのお湯を手に取りながら、塗布した髪を揉み込んでなじませていきます。

これによって、皮膚への色移りを予防することができ、同時にムラなく仕上げられます。

この「乳化」の作業が終わったら、しっかり洗い流しましょう。

以上が、リタッチのより良いやり方です。

乳化作業に関しては、少し面倒と感じるかもしれませんが、きれいに仕上げるためには、できるだけ行うのがベターですね。

では、リタッチを行う頻度は、どれぐらいを目安にすればよいのでしょうか?

髪や頭皮のダメージを軽減!リタッチの頻度を減らすやり方

前項では、塗布するやり方のコツを踏まえながら、できるだけムラなく仕上げるリタッチ方法が、お分かりいただけたかと思います。

そこで、これからリタッチを始めるという方も、現在リタッチを行っている方も、やはり気になるのはリタッチの頻度だと思います。

リタッチは、根元の白髪を部分的に染めるため、毛先などへのダメージは頭皮ほどではありません。

しかし、カラー剤を使用することには変わりはないので、髪や頭皮への刺激は避けられませんし、先にも述べたように、やりすぎには尚のこと注意が必要です。

一般的に、リタッチを行う方では、自身が気になってきたら染めるというような、視覚的な目安を基準にしている方が多く見受けられます。

髪の毛の伸びる速さには、人それぞれに個人差がありますが、日本人の場合、1日に平均して0.3~0.4mm、一ヶ月にはおおよそ1.0~1.3cmは伸びると言われています。

それに加えて、気温や日光を浴びた時間、体調などによっても、伸びる速度に変化が生じます。

したがって、上記のことを踏まえれば、頭髪全体の白髪染めをしてから、一ヶ月ほどでリタッチをするのがベストと言えるでしょう。

しかし、その一方で、やはり髪や頭皮のことを考えたら、極力白髪染めは抑えたいと思います。

では次に、リタッチや白髪染めの頻度を減らす方法を、ご紹介していきます。

リタッチの頻度を減らすには!カラー後のヘアケアのやり方

リタッチや頭髪全体の白髪染めの頻度を減らすには、白髪染めを長持ちさせることが重要で、染めた後のヘアケアが鍵となります。

リタッチの方法から乳化方法までは、前述にありますが、乳化後のヘアケアのやり方を、ご紹介していきましょう。

①乳化後の洗い流し

シャンプーをする前に、まずはカラー剤が完全に落ちるまで、十分にお湯ですすぎます。

目安としては、洗い流すお湯が透明になるまで洗い流しましょう。

【その理由と解説】

カラー剤は髪をアルカリ性に傾かせてから、キューティクルを開いてその中に色を入れていきます。

キューティクルは、髪の表面を覆っている部分で、外部の刺激から内部を守るのと同時に、水分を保持することで髪に艶を与えています。

余分なカラー剤がキューティクル間にある状態だと、髪は非常に痛みやすくなります。

したがって、シャンプーの前はしっかりとカラー剤を洗い流して、元の弱酸性に戻すことが大事です。

②シャンプー

シャンプーは、できるだけヘアカラー後専用の、弱酸性シャンプーを使うのが好ましいです。

弱酸性シャンプーで二度洗いを行うことで、カラー剤のアルカリ性で開いているキューティクルを、閉じやすくしてくれます。

頭皮や髪の毛が弱酸性に戻るまで、少なくとも3~4日は専用のシャンプー、トリートメントを使いましょう。

③ドライヤーの温度を調節する

髪は水分が不足すると、同時に温度が上がり、キューティクルも剥がれやすくなります。

ドライヤーはなるべく低温で乾かし、高温で乾かす場合は、できるだけ髪から離して行いましょう。

以上が、白髪染めやリタッチを長持ちさせるための方法です。

頭皮や髪のダメージを軽減させるためには、カラー後のヘアケアを怠らないようにするのが良いと言えますね。

リタッチをよりきれいに仕上げるために

自宅でできるリタッチについてご紹介してきましたが、ムラなく仕上げるためには、コツやちょっとしたテクニック、そしてカラー後のヘアケアも重要なことが分かりましたね。

慣れてしまえば、美容院で染めるよりもはるかにリーゾナブルでできますし、短時間で行うことができます。

ただ、やはり色ムラに心配があるという方は、美容院でリタッチだけをしてもらうのもアリですし、その際に、リタッチのコツを教えてもらうのも良いかもしれませんね。

 - 髪の悩み