SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

毎日の髭剃りにおすすめ!肌弱い人にも大丈夫な髭の剃り方

2018.6.25

肌の弱い人にとって、毎日の髭剃りは辛いですね。

そんなに強くやっていないのにヒリヒリしたり、ひどいときには出血したり、肌トラブルが絶えないことでしょう。

しかし、毎日髭剃りで肌に刺激を与え、肌トラブルをかかえていても、正しいスキンケアをしていない人は多いのではないでしょうか。

そもそも、正しい髭剃りの仕方やスキンケア方法を知らないという人もいるでしょう。

それでは、肌弱い人でも大丈夫な「おすすめの髭剃り方法」と「スキンケア」をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りをきちんと片づけてますか?知ってほしい収納アイデア

ほとんどの男性が毎日行う髭剃りですが、あなたは髭剃りを使った後きちんと片づけていますか? 電気...

ヒゲトリマーで男を磨く!おすすめメーカーはパナソニック!

ビジネスマンにとって、フェイスケアはかかせないものです。 しっかりフェイスケアがされている...

髭が伸びるのが早いのはなぜ?その原因と対処法!

男性にとって、毎日処理しなければならない髭を厄介に感じる方のほうが圧倒的に多いと思います。 ま...

髭剃りを清潔にしたい!ブラシなどの掃除やメンテナンス方法

普段、電気シェーバーで髭剃りをしている人は、定期的に電気シェーバーのメンテナンスが必要です。 ...

髭剃り用カミソリの人気ランキング!剃れるT字カミソリは?

毎朝の髭剃りにT字カミソリを使っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、カミソリにもたく...

髭剃りの刃はその捨て方で大丈夫?その処理方法をご紹介!

男性の皆さんにとって、日頃の身だしなみには髭剃りが欠かせないですよね。 不要になった髭剃りの刃...

髭剃りで肌荒れを防ぐために!電動シェーバーの肌対策とは?

髭剃りの肌への負担を軽減させるために、電動シェーバーを使う方も多くなってきています。 しかしな...

髭剃りに使うカミソリの刃っていつが交換時期なの?

髭剃りに使用する道具について、カミソリ派とシェーバー派に分かれると思いますが、どちらも髭を剃る上...

髭剃り用のT字型替え刃式安全カミソリは「ジレット」が発明

長い間、髭剃り製品の世界シェア1位を誇る、ジレットの替え刃式のT字カミソリは、日本でも愛用されて...

髭剃りの刃はどのくらい使える?正しい交換のタイミングは?

髭剃りの刃は定期的に交換していますか? 剃り味が悪くならない限り、刃を変えるタイミングは意外と...

気持ちいい髭剃り!床屋さんの道具「カミソリ」の違いとは?

床屋さんで行ってくれる髭剃りは、とても気持ちよく、仕上がりもさっぱりするため、男性の間でとても人...

髭剃りは飛行機に持ち込める?預けられる?髭を剃りたい場合

飛行機には、危険物や発火物は持ち込みできませんが、髭剃りカミソリや電気シェーバーなどはどうなので...

髭剃りで人気のジレットを使い捨てと替え刃タイプでご紹介!

髭剃りのアイテムとして主流なカミソリですが、みなさんはどんなカミソリをお使いでしょうか。 「な...

髭剃りに使うシェーバーにオイルは欠かせない!使い方は?

髭剃りをする方法としては、カミソリかシェーバーがあります。 カミソリの刃のメンテナンスは基本的に...

髭剃りに両刃カミソリを使って床屋のような剃り心地を再現!

床屋で髭剃りを行ってもらった経験がある方は分かると思いますが、剃ってもらったあとはびっくりするほど...

スポンサーリンク

髭剃り前におすすめ!「肌弱い人」はまずこれをやろう!

毎日の髭剃りをどのように行っていますか。

忙しい出勤前なので、時間をかけられず、さっさとすませている人も多いと思います。

しかし、「髭剃り前の準備」はとても大切で、肌へ大きな影響を与えます。

特に「肌弱い」と自覚されている方は、髭剃り前のスキンケアをおすすめします。

では、早速、「髭剃り前の準備」をご紹介しましょう。

【洗顔】

髭剃り前の洗顔はとても大切です。

皮脂や老廃物を洗い流すことで、髭をやわらかくする効果があります。

ポイントは、「温かいお湯で洗う」です。

温かいお湯を使うことで、髭に水分が浸透しやすくなり、皮脂も落としやすくします。

【蒸しタオル】

さらに蒸しタオルを使って、しっかり毛穴を開き、髭をやわらかくしましょう。

*蒸しタオルは、水にぬらしたタオルを軽く絞って、電子レンジで温めれば簡単に出来ます。

【シェービング剤】

シェービング剤は、肌との摩擦を軽減し、髭をやわらかくする効果があります。

髭の根元まで浸透させるために、シェービング剤をつけたら30秒ほど置きましょう。

特に「肌弱い」方へは、肌への摩擦が少ないフォームタイプをおすすめします。

この3ステップを行うことで、肌への負担はかなり軽減されます。

肌弱い人におすすめする髭剃り「カミソリ編」

さきほどご紹介した、髭剃り前の準備をしたら、次はいよいよ髭剃りです。

まずは、カミソリ編です。

安価で手軽なカミソリですが、肌弱い人にとっては使い方を間違えると、出血してしまいます。

なぜなら、カミソリは刃が直接肌に触れるので、肌を切りやすいからです。

「肌弱いけど、髭は濃い」という人は、悩ましいですね。

肌弱い人は、肌に刺激を与えないために「剃る回数を少なくする」ことが重要です。

そこで、肌弱い人でも使えるおすすめのカミソリをご紹介しましょう。

それは、ひとつのカミソリに二枚、三枚と複数カミソリがついている、「多枚刃カミソリ」です。

多枚刃で剃れば、一回剃っただけで二枚目、三枚目の刃が剃り残した髭を剃ってくれるので、剃る回数を減らせます。

また、多枚であれば、一枚のカミソリの刃にかかる圧力を分散させるので、肌への刺激も軽減出来ます。

多枚刃を使っても同じところを何度も剃れば、肌に刺激を与えてしまいます。

鏡を見ながら無駄のないようにカミソリを動かしましょう。

肌弱い人におすすめする上手な髭剃り方法「カミソリ実践編」

それでは、さきほどご紹介したポイントを抑えて実際に髭剃りをしてみましょう。

【実践編】

*髭剃り前の準備をしっかり行います。

1.手に余分な力を入れずに、髭の生えている向きにカミソリの刃を滑らせるようにします。

*髭剃り前に髭の生えている方向を指先で確認しておきましょう。

*特にあごから首にかけての髭の生え方には個人差があるのでよく確認してください。

2.剃りやすいもみ上げや頬から剃っていきましょう。

3.比較的髭が硬い、口まわりやあごは、水分で髭が充分膨張するよう最後に剃りましょう。

4.全体に上から下へ、髭が生えている向きに剃っていきます。

5.剃り残しが気になったら、もう一度シェービング剤をつけて「逆剃り」をしましょう。

*このとき、肌の刺激を最小限に抑えるよう、ピンポイントで無駄なく行ってください。

カミソリを使っての髭剃りは、肌を傷つけやすいので気を付けましょう。

特に逆剃りは肌を傷めるので、肌弱い人にはおすすめしません。

それでも、剃り残したが気になる時は、さきほども言いましたように、肌に刺激を与えないようにピンポイントで行ってください。

また、カミソリを押し付け過ぎると、肌を削ってしまいます。

「髭剃りは力を入れずに肌に滑らせるように」行ってください。

肌弱い人におすすめする髭剃り「電気シェーバー編」

次は、電気シェーバーについてご紹介しましょう。

電気シェーバーは、カミソリと違い、刃が直接肌に触れることはありません。

そのため、肌弱い人には電気シェーバーはおすすめです。

それでも、肌がヒリヒリしてしまう人は、肌に合わないシェーバーを使っている可能性があるので、見直すことをおすすめします。

電気シェーバーには「回転式」「往復式」「ロータリー式」の三種類ありますが、肌弱い人におすすめなのは「回転式」です。

回転式電気シェーバーは、振動が少ないので肌への刺激が軽減され、ヘッドも肌に触れる面積が大きいため、圧力が分散されます。

最近では、「往復式」や「ロータリー式」でも、肌に刺激の少ないものが出ていますが、やはり肌弱い人には「回転式」がおすすめです。

電気シェーバーで髭剃りをする場合でも、肌の刺激を軽減するために、髭剃り前の準備は必ず行ってください。

肌弱い人におすすめする髭剃り方法「電気シェーバー実践編」

それでは、電気シェーバーでの髭剃り実践編です。

自分に合った電気シェーバーを選んで、実際に髭剃りをしてみましょう。

【実践編】

*髭剃り前の準備をしっかり行います。

1.電気シェーバーを肌に垂直にあて、肌にやさしく触れるように動かします。

2.髭の生えている向きに逆らうようにゆっくり滑らせます。

3.あごの下など、剃りにくいところは反対の手で肌を伸ばすようにすると髭が立ち上がり、剃りやすくなります。

4.鼻の下や口のまわりなど、細かいところは電気シェーバーを小刻みに動かしましょう。

電気シェーバーは、カミソリと違い逆剃りが基本です。

しかし、基本は同じく「髭剃りは力を入れずに肌に滑らせるように」です。

肌に強く押しあてても効果はほとんど変わらないだけでなく、肌に刺激を与えることになります。

肌弱い人にとっては、刃が直接肌に触れない電気シェーバーはおすすめですが、使い方を間違えれば肌に良くありません。

基本を守って正しく使いましょう。

髭剃り後が肝心!「肌弱い人」におすすめのアフターケア

さて、髭剃りをしてすっきりした後は、アフターケアが肝心です。

特に肌弱い人にとっては、アフターケアを怠ると肌が乾燥して、より肌を敏感にしてしまいます。

アフターケアで大切なのは、「洗顔」と「保湿」です。

まずは、シェービング剤をしっかり落とします。

しっかり落としておかないと、肌への刺激になってしまうので念入りに行ってください。

タオルで顔を拭くときは、ゴシゴシせずにポンポンと水分を吸い取るようにやさしく拭きましょう。

ゴシゴシと強く拭くと肌の角質も落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。

最後に乾燥や肌荒れを防ぐために、アフターシェービングローションなどで保湿しましょう。

乾燥のひどい人や冬場など乾燥しやすいときは、アフターシェービングローションを塗った後にクリームや乳液でさらなる保湿をすることをおすすめします。

また、カミソリや電気シェーバーを清潔に保つことも肌への刺激軽減になります。

肌も髭剃り道具も、毎日のお手入れを欠かさないようにしましょう。

肌弱い人におすすめな髭剃りを実践して毎日快適に!

毎日の髭剃りは少なからず、肌を刺激します。

肌弱い人にとっては、大変な問題でしょう。

しかし、正しい髭剃りの方法や、ケアの仕方を実践すれば、肌への刺激を軽減することがお分かりいただけたかと思います。

これまでおすすめしてきた方法で髭剃りを実践すれば、カミソリ負けしないきれいな肌を保てるでしょう。

ぜひ、毎日の習慣にしていくことをおすすめします。

 - 髭の悩み