カミソリで髭剃り負け!血の止め方とその予防対策を知ろう!

毎朝、カミソリで髭剃りをする男性にとって、肌の髭剃り負けに悩む方も多いはずです。

特に、肌の弱い敏感肌の方、そして、乾燥する季節は、髭剃り負けしやすい肌環境を促し、肌が血まみれなんてこともあるかと思います。

外出前に、肌からの出血がなかなか止まらないと、困ってしまいますよね。

そこでこの記事では、髭剃り負けした血の止め方から、その原因や対策までご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髭剃りは機内持ち込みできる?!国内線と国際線の違いは?

仕事やプライベートで飛行機に乗るとき、気になるのは手荷物検査です。なかには飛行機の機内持ち込みが...

T字カミソリを使った髭剃り!おすすめの方法と選び方

「朝から、髭を剃るの面倒くさい!」って思われたことないですか?しかし、男性にとってカミソリは日常...

「髭剃りについて考える」 あなたは電動派?それとも手動派?

男性の身だしなみである「髭剃り」ですが、あなたは電動派ですか?手動派ですか?それぞれこだわりがあ...

t字カミソリの特徴を覚えて髭剃りのやり方をマスターしよう

毎日の髭剃りに、多くの方がt字カミソリを使用していると思います。しかし、t字カミソリは手軽に髭を...

そうだ、髭の永久脱毛をしよう!でも後悔したくない

最近、清潔感を出すことやオシャレのために髭の永久脱毛を行う男性も増えてきているようです。毎朝の髭...

髭にも育毛剤があるって知ってた?中でもおすすめはこれ!

「髭と育毛剤」この二つが結び付く方は、とてもお洒落な髭マイスターかもしれませんね。実は髭にも、髭...

髭の剃り残しをなくす方法は?なぜ髭を剃り残してしまうの?

毎日きれいに髭剃りをしたはずなのに、会社や外出先で髭の剃り残しが見つかることはありませんか?そん...

髭剃りに使うシェービング剤は泡かジェルどちらがいい?

髭剃りに使用するシェービング剤には、いくつか種類がありますが、代表的なのは「泡タイプ」と「ジェルタイ...

髭剃りには電動シェーバー?それともカミソリ?違いを検証!

男性の毎日の習慣に「髭剃り」がありますよね。その髭剃りを普段、電動シェーバーとカミソリのどちらで...

老け顔からの脱出!髪型から始める魅力的な男性になる方法

「老け顔」というお悩みをお持ちの方もいるでしょう。しかしそれは、「大人っぽい」とも言えます。...

髭剃りにシェービングクリームは必要?代用できるものとは?

毎日髭剃りをする男性にとって、シェービングクリームは必需品という方も多いことでしょう。しかし、シ...

整髪料の特徴!ジェルの使い方に気をつけないと薄毛の一因に

ヘアスタイルをばっちり整えてくれるワックスやジェルですが、使い方に気をつけないと頭皮に良くない、とい...

髭剃りの替え刃交換時期はいつ?交換しないとどうなる?

日頃髭剃りにカミソリを使っている方も多いと思いますが、きちんと替え刃を交換していますか?ほとんど...

あなたは敏感肌?ならば髭剃りは電気シェーバーがおすすめ!

敏感肌の人にとって、髭剃りは厄介事の一つでしょう。カミソリ負けによって肌を痛めてしまいがちではな...

髭剃りに使うシェーバーが臭い原因は?重曹で臭いは消える?

髭剃りに使用する「電動シェーバー」がありますが、使用しているうちに臭うことありませんか?また、髭...

スポンサーリンク

髭剃り負けの血の止め方って?そもそも髭剃り負けとは?

カミソリの髭剃り負けによる、出血の止め方を知る前に、まずは、髭剃り負けについて見てみましょう。

髭剃り負けとは、カミソリによって肌の角質層に細かい傷がつき、その傷から引き起こされる皮膚の出血や痛み、そして痒みなどの症状を指します。

この細かい傷は数日で完治するものですが、その一方で、髭剃りは男性にとっては毎日行う習慣的なものです。

したがって、傷が完治しないまま髭剃りをすることで、髭剃り負けの症状を進行させてしまいます。

また、定期的な交換を怠り、長期に渡ってコンディションの悪いカミソリを使うことは、更に肌へのダメージを大きくします。

特に、敏感肌の方や髭の濃い方は、髭剃りのダメージも大きいため、肌から出血をしたり、痛みを感じやすい傾向にあります。

では、より詳しい髭剃り負けの原因を、次項で見ていきましょう。

髭剃りの出血の止め方とは?まずは出血の原因を知ろう!

カミソリによる髭剃りの出血には、主に二つの原因があります。

①定期的な交換を怠ったカミソリを使う

先にも述べましたが、交換を怠った、不衛生なカミソリを使い続けることは、肌にとって良くありません。

長期間使っているカミソリは、錆び付いたり、切れ味も悪くなります。

それが原因で、肌から出血を招くだけではなく、更にその傷口から細菌を侵入させやすくしてしまいます。

②肌の乾燥

カミソリは、髭だけではなく、肌表面にある角質層も削ってしまいます。

そもそも角質層は、外部のダメージから肌を守る、バリア機能の役割があります。

また、肌の水分を保湿する役割も担っています。

したがって、その角質層を削ってしまうことで、肌は刺激に弱くなり、乾燥しやすくなります。

さらに、髭剃りは毎日行うものなので、ますます肌は傷ついていき、肌の保湿機能も失っていきます。

これが肌からの出血に繋がり、乾燥による痒みなどを引き起こす原因になるのです。

以上が、髭剃り負けによる出血の原因です。

では、出血してしまった場合、どのような血の止め方がより良いのでしょうか?

次項で詳しくご説明していきます。

髭剃りでの出血!正しい血の止め方とは?

髭剃り負けで、肌からの出血が止まらないとき、どのような血の止め方が正しいのか、皆さん知りたいところだと思います。

では早速、出血の止め方についてご紹介していきましょう。

・圧迫止血

一番簡単で有効な血の止め方が、「圧迫止血」です。

切り傷が浅いときは、ガーゼやティッシュなどで抑えて圧迫しましょう。

・冷却しながら圧迫

さらに効果的なのが、ガーゼなどの上から冷却することです。

冷却することで血管は収縮し、血を止めていきます。

ただ、切り傷に氷を直接当てるのは控えましょう。

・オロナインを塗る

止血効果は期待できませんが、あくまでも殺菌効果としてオロナインを塗ることは、おすすめできる処置です。

ただ、これは浅い傷の場合に限り、深い傷の場合には、殺菌成分の強いオロナインが細胞を壊してしまう恐れがあります。

オロナインを塗った際に、痛みなど刺激がある場合は、直ちに中止してください。

以上が、効果的な血の止め方です。

しかし、髭剃りのほとんどは、出勤前や外出前に行われることが多いですから、ゆっくり止血している余裕もないことだと思います。

そういった場合は、とりあえずティッシュなどで圧迫し、止血できてから絆創膏を貼るのが良いでしょう。

髭剃り負けで出血してしまった際は、是非上記を参考にしてみてくださいね。

髭剃り負けしないための予防方法とは?

前項では、髭剃り負けした際の正しい血の止め方をご紹介しました。

しかし、できることなら、毎日の髭剃りは出血させることなく、快適に行いたいですよね。

そこで次に、髭剃り負けしないための予防方法をご紹介していきましょう。

・定期的にカミソリ刃の交換をする

先にも述べた通り、交換を怠ったカミソリを使い続けることは、肌を傷つけやすいカミソリを使い続けることを意味します。

したがって、カミソリ刃は、1~2週間に1度を目安にした交換が必要です。

・カミソリから電気シェーバーに替える

カミソリは電気シェーバーと比べると、摩擦面が大きいために、肌へのダメージも大きくなってしまいます。

一方で、電気シェーバーは、外刃と内刃で成り立っており、この外刃を肌に押し当てることで髭を押し出し、内刃で髭を剃っていきます。

髭を剃る仕組みから分かるように、比較的肌への負担を抑えることができ、敏感肌の方にも優しいので、カミソリが肌に合わない場合は、電気シェーバーに替えるのも良いでしょう。

・シェービングフォームなどを使う

髭剃り負けしないためには、髭剃りの前にしっかりとシェービングフォームを塗ることが大切です。

また、これはカミソリだけに限らず、電気シェーバーの場合も同じです。

忙しい朝だと、どうしても面倒臭くなって敬遠しがちですが、できるだけ塗ることをおすすめします。

以上が、髭剃り負けの予防方法になります。

髭剃り負けしないためには、髭剃り前のひと手間や、定期的な刃の交換が重要で、そしていっそのこと電気シェーバーに替えることも一つの方法です。

肌への負担を軽減!カミソリの正しい髭剃りをご紹介!

これまでに、髭剃り負けの原因や正しい血の止め方、そして髭剃り負けの予防方法をご説明してきました。

では次に、肌への負担をできるだけ軽減させる、カミソリの正しい髭剃りのやり方をご紹介していきましょう。

①髭にお湯を馴染ませる

髭剃りの前に、髭にお湯を馴染ませることで、髭は水分を含んで柔らかくなります。

これをすることで、髭が剃りやすくなり、同時にカミソリ刃への負担も少なくなります。

②シェービングフォームを髭に塗布する

しっかりと髭をふやかしたら、シェービングフォームを塗布していきます。

この際、フォームをよく泡立たせることが大切で、これにより肌へのダメージを軽減させます。

③髭の生えている方向に沿って剃る

髭を剃る際は、まずは、髭の生えている方向に沿って剃るようにします。

最初から逆剃りをしてしまうと、肌を傷つける原因に繋がります。

またこのとき、カミソリ刃に力を入れすぎないように剃っていきましょう。

④剃り残しを逆剃りする

剃り残しがある場合は、逆剃りで処理をしていきます。

ただ、逆剃りはどうしても髭剃り負けを起こしやすいので、軽く剃ることが大切です。

また、剃り残しには、もう一度シェービングフォームを塗ることで、肌への負担を抑えていきます。

以上が、カミソリで髭を剃る場合の、正しいやり方です。

では続いて、髭剃り後のケアを見ていきましょう。

髭剃り後のケアが大事!正しいアフターケアをご紹介!

前項では、肌への負担を極力抑える髭剃り方法をご紹介してきました。

それでは引き続き、髭剃り後のケアのやり方をご説明していきます。

①すすぎ

髭剃りが終わったら、ぬるめのお湯でしっかり洗い流してください。

シェービングフォームなどの洗い残しがないように、十分にすすいでいきます。

②冷水ですすぐ

ぬるめのお湯ですすいだ後は、冷水で肌を鎮静させます。

髭剃り後の肌は、少なからず細かい傷が付いており、軽い炎症を起こしているデリケートな状態なので、この時点で肌を鎮静させてあげましょう。

③保湿

すすぎ終わってタオルで水分を取った後は、化粧水や乳液、アフターシェーブローションなどでしっかりと保湿することが大切です。

ただ、アフターシェーブローションは、殺菌作用があるために刺激が強いので、敏感肌の方や髭剃り負けがひどい場合には、あまりおすすめできません。

以上が、より良い髭剃りのアフターケアです。

上記のことを日頃しっかり行うことで、髭剃り負けによる血の止め方を心配することも、かなり少なくできるはずです。

ただ、やはり朝は忙しくて時間がないことも多いので、上記を参考に、自分に合った方法でアフターケアをしていきましょう。

髭剃り負けをしない環境に

髭剃り負けしてしまうのには、カミソリからの負担が大きいだけではなく、日頃の髭剃りのやり方や、カミソリ刃の交換の怠りが影響していることが分かりましたね。

出血を起こしてしまう髭剃り負けを防ぐには、定期的なカミソリ刃の交換、そして髭剃り前後の十分なケアが重要になってきます。

忙しいとどうしても怠りがちになってしまいますが、できるだけ今回の記事を参考に、髭剃り負けをしない環境を整えていきましょう。