マウスウォッシュの小分けタイプが便利!薬局でも手に入る?

口臭対策や、虫歯・歯周病予防に効果的なマウスウォッシュ。

薬局やドラッグストアに行くと、たくさんの種類の商品がずらりと並んでいますね。

最近では、小分けされた携帯用のマウスウォッシュもあり、職場や外出先に持参しているという男性も多いようです。

自宅では、大きなボトルを使い、外出先では小分けを持ち歩けば、いつでも使えてよいですね。

今回は、マウスウォッシュの種類と効果、また、小分けタイプのおすすめ商品をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

歯医者が選ぶから間違いなし!歯ブラシのおすすめ品教えます

毎日する歯磨きの必需品は歯ブラシですが、みなさんはどんな基準で歯ブラシを選んでいますか。歯ブラシ...

マスク姿で接客するのは失礼?マスク許容派が増える理由

以前、接客業をしていたときに、風邪をひいてマスク姿で出勤したら先輩に注意されたことがありました。...

舌で分かる健康状態!全体がつるつる?一部だけざらざら?

ご自分の舌を鏡で観察してみてください。舌の状態はどうなっているでしょう。つるつる、あるいはざ...

歯ブラシの持ち歩き用ケースは「歯磨き男子」の必需品!

ランチタイム後に洗面所で歯を磨くのは、今や女性だけではありません。身だしなみに気を使う男性も、オ...

歯ブラシスタンドが使える!無印の歯ブラシスタンド活用術

無印良品の中で人気商品の1つ「歯ブラシスタンド」をご存知でしょうか。その名前の通り、歯ブラシの収...

外出時でもマウスウォッシュを!携帯に便利な容器をご紹介!

ビジネスマンの大事な身だしなみの1つに、口臭が挙げられます。そんな口臭ケアにオススメのアイテムは...

歯磨き粉を飛行機機内に持ち込みたい!その方法を知ろう!

遠方や海外に行く際、旅行に向けて荷造りするのはわくわくしますが、その一方で少しややこしくなってくるの...

前歯の隙間が茶色になっている!これって虫歯?その原因とは

「歯の隙間が茶色い」「磨いても茶色い部分が取れない」など、歯の悩みをお持ちの男性はいらっしゃいません...

歯並びのガタガタは自力で治せる?矯正方法を紹介

子供の頃には気にならなくても、思春期や大人になってから気になりだすことってありますよね。歯並びも...

歯茎のマッサージしてますか?指を使った簡単な方法をご紹介

お口の健康のために、虫歯予防はもちろんのことですが、歯茎も気にしてみませんか。健康な歯を保つため...

舌の磨きすぎは気になる口臭が悪化する?適切な舌磨きの仕方

体臭が気になる男性は多いですが、口臭もまた気になる身体の臭いですよね。口臭予防として歯磨きも大事...

おすすめの歯ブラシケースは?持ち運び時の清潔さもキープ可

歯を清潔に保つことで得られるメリットは沢山ありますね。近年においては、口腔内の様々な細菌が全身の...

口臭の原因の臭い玉って何?!取り方や予防法もご紹介!

自分の口臭がくさいと感じたことはありませんか?ただくさいのではなく、ドブのような不快な臭いを感じ...

臭い玉を口の中に発見!気になる正体と対処法

疲れが溜まっているとき、口の中、喉の奥に何か詰まっているような違和感を感じて咳ばらいをしたら、白い小...

男性向け歯ブラシ収納術!吊るすのはアリ?役立つアイディア

歯ブラシをどのように収納したり、置いておくかは人それぞれですが、なるべく衛生的に保っておきたいですよ...

スポンサーリンク

マウスウォッシュの種類とその効果とは!?

薬局やドラッグストアで販売されているマウスウォッシュは、「デンタルウォッシュ」「デンタルリンス」「洗口剤」「洗口液」などと呼ばれることもあります。

厳密に言うと、大きく二つに分けることができます。

①洗口液:口内をすすぐための液体

・商品名は、「マウスウォッシュ」と表記されていることが多いです。

・ゆすぐことで清涼感を得たり、口内トラブルを予防するためのものです。

・一般的には、歯磨き後の仕上げとして使われます。

②液体歯磨き:歯磨きのときに使う液体

・商品名は、「デンタルリンス」と表記されていることが多いです。

・一般的には、歯磨き粉の代わりとして、歯磨き前に使われます。

製品によって特長はそれぞれ違いますが、「マウスウォッシュ」も「デンタルリンス」も、基本的には口内をすっきりさせて口臭を予防する効果があります。

さらに、配合される成分により、虫歯や歯周病を予防する効果が期待できます。

このように、マウスウォッシュは歯磨きの代わりとまではなりませんが、一時的な口臭対策になり、口内のリフレッシュができます。

携帯用に小分けしてあるマウスウォッシュは、外出先でも気軽に使うことができるので、カバンの中に常時しておけば、口臭が気になったときにも安心ですね。

薬局ではあまり見かけない!?小分けタイプのマウスウォッシュとはどんなもの?

携帯用に小分けしてあるマウスウォッシュは、成分や効果だけではなく、容器の形状もいくつかあります。

コーヒーフレッシュのようなカップ容器に入っているものや、コーヒーシュガーのような形状のパウチタイプのものが一般的ですが、中にはペーパータイプのものもあります。

カップ容器のものは多少かさばりますが、種類が多くあるので、目的や効果に合わせて選びやすいかもしれません。

一方、パウチタイプはかさばらないので、小さなカバンやポケットに入れても、違和感なく持ち運ぶことができます。

どちらも1回分の使い切りとなっているので、わざわざ適量を測らなくてもよく、使用後の容器はゴミ箱に捨てることができるので、とても便利ですね。

また、大容量のボトルで販売されているマウスウォッシュでも、小分けタイプのものは販売していないことがあります。

さらに、薬局やドラッグストアでは、小分けタイプのマウスウォッシュは、取り扱いが少ないのも事実です。

そのようなときは、インターネットの通販サイトをチェックしてみてくださいね。

小分けタイプでも、数多くの商品が販売されています。

次項では、マウスウォッシュの選び方のポイントをご紹介しますので、購入の際に参考にしてみてください。

薬局でも売ってる!?小分けタイプのマウスウォッシュの選び方!

薬局やドラッグストアでは、取り扱いが少ないものの、インターネットの通販サイトを覗くと、商品の多さに悩んでしまうかもしれません。

そんな時は、二つのポイントに注目してみてください。

①アルコールの有無

マウスウォッシュには、そのもの自体の味を隠すために、アルコールが含まれているものが多いです。

そのため、口の中に入れると、ヒリヒリとした刺激を感じることがあります。

アルコール度数が高いものでは、27度のものも販売されていますが「アルコール度数が高いから」といって、殺菌効果が高いというものではありません。

ヒリヒリとした強い刺激が苦手な方は、アルコール度数が低いものや、ノンアルコールのものを選びましょう。

②求める効果に合った成分

もしも、口内のネバネバや口臭が気になるようでしたら「殺菌成分が含まれるものを使用してみる」など、口臭対策ができると良いでしょう。

また、歯槽膿漏や歯肉炎などの、歯茎のトラブルを予防をしたいのであれば、抗炎症成分が含まれたものを使いましょう。

グリチルリチン酸の成分が入ったものは、歯周病の予防にも繋がります。

このような、二つのポイントに注目して、マウスウォッシュを選んでみてください。

次は、特におすすめしたい、ます小分けタイプのマウスウォッシュをご紹介します。

薬局になかったら通販サイトでチェック!おすすめの小分けマウスウォッシュ!

ここでは、おすすめの小分けタイプのマウスウォッシュをご紹介します。

【ボタニカルマウスウォッシュ(diem)】

植物・天然由来でつくられ、ジンジャー、ローズ、ライムベルガモットの3種類のフレーバーがあります。

ブラッシングと併用することで、口臭、歯周病、歯肉炎の予防など、9つの効果と効能が期待できます。

また、ヤニを取り除く効果もあるので、タバコを吸う男性にはうれしいですね。

【クチュッペ ソフトミント(キャンパスメディコ)】

アルコール入りの「爽快ミント」と、ノンアルコールの「ソフトミント」があります。

虫歯・歯周病の菌を減らす「乳酸菌」が配合されていて、口内を洗浄して清潔に保てます。

スティックタイプと、ポーションタイプの両方があります。

【モンダミン ペパーミント(アース製薬)】

マウスウォッシュの大定番な商品です。

刺激が強めで爽快感があり、口の中をさっぱりとさせてくれます。

口内のネバネバ感や口臭が気になる方には、特におすすめです。

このように、商品によって特徴があります。

薬局やドラッグストアに直接足を運び、商品を手に取り選べると良いのですが、取り扱いが少ないこともあります。

そのため、通販サイトで購入される際は、上記のような特徴が自分と合うものを選ぶとよいでしょう。

小分けタイプのマウスウォッシュはこうして使う!

ここでは、小分けタイプのマウスウォッシュの使い方についてお話をします。

使い方自体は、薬局でよく目にするボトルタイプのマウスウォッシュと同じです。

先にも触れましたが、マウスウォッシュには、「洗口液」と「液体歯磨き」があります。

外出先で使用する場合は、小分けタイプでも多い「洗口液」を使うケースがほとんどですね。

その場合、可能であれば、口の中を綺麗にした上で使うと良いでしょう。

しかし、外出時には歯磨きができない場合もあると思います。

そんな時は、軽く水で口をゆすいでから使用してください。

口の中にマウスウォッシュを含んだら、15秒~30秒ほど口の中全体にいきわたるように、グチュグチュとゆすぎ、はき出してください。

その後に、水で口内をすすぐと殺菌作用がなくなってしまうので、なるべくマウスウォッシュを使ったあとは、水ですすがないようにしましょう。

効果が持続するのは、長くても30分程度です。

小分けタイプは、使い切り量となっているので、容器はゴミ箱へ捨てられます。

次は、マウスウォッシュを使う時の注意点のお話をします。

マウスウォッシュを使うときの注意点!

マウスウォッシュは、毎日おこなう歯磨きと合わせて使うことで、効果を発揮します。

かと言って、過剰に使用すると、口内の細菌バランスが崩れてしまいます。

用法・用量を守って、洗浄のしすぎには注意してください。

また、口臭対策や虫歯、歯周病予防の一環にはなりますが、治すものではありません。

すでに虫歯や、歯周病などの可能性がある場合は、早めにかかりつけ医の治療を受けてくださいね。

さらに、口内炎などがあるときは使わないようにしましょう。

アルコールが含まれているものが多く、刺激になり痛みを感じることもあります。

口内になんらかの異常があるときは、しっかり治してから使うようにしましょう。

また、薬局やドラッグストアで、小分けタイプのマウスウォッシュが見つからない場合は、通販サイトで商品を探すこともあるかもしれません。

その際は、商品の評価やレビューを参考にしてみるのもよいでしょう。

マウスウォッシュを持ち歩いて気軽に口臭対策!

口臭が気になって、人前で話すことに消極的になってしまっているのは、もったいないことです。

小分けされたマウスウォッシュを持ち歩けば、いつでもどこでもサッと口臭対策ができますよ。

また、虫歯や歯周病の予防になるものもありますので、マウスウォッシュを習慣化するのも良いですね。

そのためには、毎日丁寧にブラッシングすることを心がけて、健康な口内を保つことが基本となります。