SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

「ミョウバン」は水虫対策に効果的?正しい予防方法を知る!

2018.8.19

痒くてつらい「水虫」の菌は、わたしたちの身近に潜んでおり、裸足で利用する銭湯やプールなどの施設に行くと、感染してしまうことがあります。

さらに、働き盛りの男性は、靴を履いている時間が長いため、菌が繁殖しやすく「水虫」になるリスクが高いといわれているのです。

そこで今回は、「水虫」の詳細から、予防効果がある「ミョウバン」を使用したケア方法について、お話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

汗で前髪がベタベタ!そんなお悩みの対策と解決方法とは?

男性の中には、前髪がおでこにかかっているヘアスタイルの方も多いと思います。 汗をかくと、気にな...

ストレスにより血圧が上がる?頭痛の症状には注意が必要!

「会社や家庭などで最近ストレスが溜まっている」という男性の方も多いのではないでしょうか? スト...

汗をかいたら拭く?拭かない?どちらが良いのかを解説!

汗をかいたらすぐタオルなどで拭くという男性も多いのではないでしょうか。 ダラダラと流れてくる汗...

加齢臭対策を知りたい人必読!臭わない男になるための予防法

アラフォー世代になってくると、加齢臭が出始める人が多いと言われています。 加齢臭を気にせず...

足の臭いは「重曹」にお任せ!取れない臭いはない!?

足の臭いにお悩みの方は多いと思います。 さまざまな対策方法がちまたにあふれていますが、中で...

顎のたるみはなぜ起こる?たるみを解消するトレーニング法

女性だけでなく、男性も多くの方が悩みを抱えているのが顔のたるみ。 特に、顎周りのたるみは、顔を...

痒くて堪らないあせもの原因は?背中のあせも対策について!

汗をたくさんかく男性にとって、びっしょりかいてしまう背中の汗も悩みの一つですよね。 特に、高温...

ストレスが原因でかゆみが?!足にできた発疹の正体は?

毎日の仕事疲れの中、ある日突然、足に強いかゆみを感じたことのある男性の方はいらっしゃいませんか。...

生活習慣やストレスが原因?瞼の筋肉が痙攣するのは何故?

瞼がピクピクと痙攣したことはありませんか? 瞼の痙攣は、何かしらの原因によって目の周りの筋肉に...

洗顔の仕方にはコツがあった!メンズスキンケアについて

女性だけではなく美容に詳しい男性、興味がある男性の方も多くいらっしゃいますよね。 そのような人...

目の下が黒い?老け顔の原因「くすみ」や「クマ」を撃退!

美容に関心の高い女性だけに限らず、男性にとっても「くすみ」や「クマ」は気になるものですよね。 ...

耳垢がたまりやすい原因は?湿った耳垢は耳垢栓塞にも注意!

「耳垢がたまりやすい」「耳垢が湿っている」と悩んでいる方はいませんか? このような状態が続くと...

顎のラインをすっきり!男の小顔トレーニングとマッサージ

イケメンを見たときに女性が「顔小さい!」「シュッとしてる!」と褒めることを聞いたことはありません...

あせもなの?ニキビなの?男性の背中のできものの見分け方!

男性は汗をかきやすく、そのために肌トラブルが起きがちです。 その中で、あせもやニキビがあります...

ダイエットブログが参考になる!男性はどこに気をつける?

痩せたいという願望を持っているのは女性だけではありませんよね。 しかし、どんなダイエットをした...

スポンサーリンク

そもそも「水虫」ってどんな病気?

まずは、「水虫」について詳しく学んでいきましょう。

水虫とは、白癬菌(はくせんきん)というカビが、皮膚に付着して繁殖することで起こる病気です。

なんと、「日本人の約20%が感染している」という、驚きのデータもあります。

そのため、水虫は「かかりやすい皮膚病」の代表格ともいえるでしょう。

そして、この白癬菌は、「高温多湿の環境」や皮膚の表面に残ってしまう「アルカリ性の汚れ」を好みます。

手よりも足に感染しやすいのは、普段履いている靴の中が「白癬菌の繁殖に好都合だから」という理由からなのですね。

それではここで、水虫になりやすい人の特徴を見てみましょう。

□足を丁寧に洗っていない

□靴を履いている時間が長い

□足の指が太く、指と指の隙間が少ない

□汗をかきやすい

□汗がベタつきやすい

□免疫力が低下している

□素足で歩く機会が多い施設に通っている(銭湯・プール・スポーツジムなど)

□共用のスリッパを履くことが多い

□家族に水虫の人がいる

上記で、あてはまる項目の多かった人は、残念ながら「水虫予備軍」です。

感染してしまう前に、水虫対策をはじめていきましょう。

そこで、水虫予防に効果的だといわれているのが「ミョウバン」ですが、いったいどのような特徴があるのか、ご存知ですか?

次項でご紹介していきます。

水虫に効果アリ?ミョウバンのパワー

ここでは、「ミョウバン」についてお話ししていきます。

ミョウバンとは、硫酸アルミニウムなどの「金属」と、アンモニウムなどの「硫酸塩」が複合してできた化合物の総称です。

白色の正八面体をした結晶のような形状をしており、味には少し渋みがありますが、ニオイはほぼ無臭です。

日本では、漬物の発色剤として使用される「食品添加物」というイメージが強いのではないでしょうか。

ミョウバンは、食品にも使用されるほどなので、安全性が高いといわれています。

ここで、水虫にも有効とされている、ミョウバンの特性をご紹介していきましょう。

【殺菌効果】

ミョウバンは、水に溶かすことで「弱酸性」になります。

皮膚に付着した雑菌は、弱酸性の環境を好まないため、殺菌には効果的です。

【消臭効果】

アルカリ性の成分を中和してくれる作用がありますので、アンモニア臭などの、きついニオイをやわらげることができます。

【制汗効果】

ミョウバンには、発汗量を抑える作用もあります。

汗をかきにくくなることで、雑菌の繁殖抑制にもつながります。

このような特性を持つミョウバンは、水虫予防だけではなく、足のニオイ対策にも有効だということがわかりましたね。

さらに、あせもやアトピー性皮膚炎といった、皮膚トラブルの改善も期待できるため、日頃からミョウバンを取り入れたケアを行うことは、清潔な肌を保つためにも最適でしょう。

それでは次項から、具体的な対策方法をご紹介していきます。

ミョウバン効果で水虫予防!①ミョウバンスプレー

水虫予防に効果があるミョウバンには、さまざまな用途があります。

特に、不衛生な環境になりやすい足元には、「ミョウバンスプレー」を吹きかけると良いでしょう。

このミョウバンスプレーは、通販やドラッグストアなどで購入することができますが、自分でも簡単につくれますので、試してみてください。

●ミョウバンスプレーのつくり方

【用意するもの】

・ミョウバン(焼ミョウバンでも使用可能)
・水道水(ミネラルウォーターや精製水は適さない)
・スプレーボトル
・計量スプーンまたは計量器

水道水とミョウバンを混ぜる比率は、水道水(15):ミョウバン(1)です。

用意したスプレーボトルに、水道水とミョウバンを入れて、何度か振りましょう。

ミョウバンは溶けにくいため、一晩寝かせます。

早く使用したい場合は、水の中に少しお湯を混ぜることで、ミョウバンが溶けやすくなります。

このミョウバンスプレーは、長期間保存することも可能ですが、肌に使用するものですので、1週間ほどで使いきれる分量にしたほうが衛生的です。

そして、使用する際には注意点もあります。

・体温の調整機能が低下する可能性があるため、顔や体には吹きかけないようにする

・肌の弱い人は、炎症を起こすケースがあるため、異常を感じたらすぐに使用を控える

・こどもに使用する場合は、配合するミョウバンの濃度を下げる

以上の点に気をつけながら、ミョウバン効果で正しく水虫を予防していきましょう。

ミョウバン効果で水虫予防!②ミョウバン足湯

ミョウバンスプレー以外で、おすすめなのが「ミョウバン足湯」です。

足湯ですと、ミョウバンの成分が浸透しやすくなりますし、足全体を殺菌できるので好都合です。

●ミョウバン足湯のやり方

【用意するもの】

・ミョウバン水
・40℃程度のお湯
・洗面器(両足が入る大きさ)

まずは、ミョウバンスプレーをつくる要領で、ミョウバン水をつくります。

用意できたところで、洗面器にお湯とミョウバン水を混ぜていきます。

今回の比率は、お湯(10):ミョウバン水(1)です。

よく混ぜたところで、足を入れて10~20分程度浸しましょう。

もしも、足に痛みや刺激を感じる場合は、ミョウバン水の濃度を調整してください。

このミョウバン足湯は、水虫予防だけでなく、消臭にも効果を発揮するため、足のニオイにお悩みの方にもおすすめしたいケア方法です。

是非、お試しください。

水虫対策!靴や靴下にも注目しよう!

ここまで、ケア方法についてお話ししてきましたが、水虫を予防するためには、日中履いている「靴」や「靴下」を清潔に保つことも重要です。

先ほどご紹介した「ミョウバンスプレー」は、足に吹きかけるだけではなく、靴や靴下の殺菌にも効果があります。

出かける前や帰宅後、気になる時にミョウバンスプレーを使用してみましょう。

吹きかけたあとは、よく乾かすことを忘れないでください。

こうすることで、靴の中を清潔な状態に保ちやすくなり、雑菌の繁殖を抑えることにつながります。

さらに、通気性や速乾性に優れている製品を選ぶことも大切です。

靴の場合は、靴底に通気機能がついているものや、インソールがメッシュ素材になっているものが良いでしょう。

特にビジネスシューズは、蒸れやすいことが多いので配慮が必要ですね。

また、靴下は「5本指ソックス」が、水虫対策に有効であるといわれています。

この5本指ソックスは、汗を吸収しやすく、蒸れにくいのが特徴です。

さらに、足の指が密着することを防いでくれるため、水虫の感染も抑制します。

是非、靴や靴下を購入する際には、参考にしてみてください。

水虫になったらどうする?種類と治療法について

予防効果のあるミョウバンを使っていても、水虫になってしまうこともあるでしょう。

最後に、もしも水虫に感染してしまった場合、どのような治療を行っていくのか、ご説明します。

なお、手や爪にも感染することもある水虫ですが、今回は足にできる症状についてお話しします。

それでは、主な水虫の種類から見ていきましょう。

●趾間型(しかんがた)

ジュクジュクとした水虫のイメージは、この趾間型のケースであるといえます。

足の指の間に発症し、赤くなったあと、白く皮がむけて液体が出ます。

強いむず痒さを伴うのが特徴です。

●小水疱型(しょうすいほうがた)

足の裏に、沢山の小さな水ぶくれができます。

小水疱型の場合も、強い痒みを伴うことが多いでしょう。

●角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

足の裏や、かかとの角質が厚くなり、皮がボロボロと剥がれ落ちていきます。

痒みなどの症状がないので、自分が水虫に感染していることに気がつかないケースもあります。

以上が、主な水虫の種類ですが、基本的には、塗り薬で完治することが多いです。

ただし、角質増殖型の場合は、塗り薬の吸収が悪くなり、治療に時間がかかるため、飲み薬で治療することもあります。

いずれも、足に異常を感じたら、皮膚科を受診し、医師から指示を仰ぐことがベターです。

市販の塗り薬も多く発売されていますが、「足の痒み=水虫」という訳ではないので、薬の種類を選ぶ際には注意が必要でしょう。

ミョウバンを使って正しい水虫予防を!

いかがだったでしょうか。

日頃忙しいビジネスマンは、汗をかきやすく、靴の中も蒸れてしまっているケースが多いです。

厄介な水虫に感染してしまう前に、ミョウバンを使って正しくケアしていくことが大切ですね。

ミョウバンは、気軽に手に入れることができますし、安全性が高いところも魅力的です。

是非、今回ご紹介したことを参考にしてみてください。

 - 体臭の悩み