SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

汗をかくと頭から臭いがするのはなぜ?原因と対策とは!

2018.9.9

だんだんと気温が高くなり、汗をかきやすい季節となってきました。

汗をかくと、臭いが気になる方も多いと思います。

そして、この頭からの臭いは、自分では気づきにくいため、厄介です。

そこで今回は、頭にかいた汗が臭う原因とその対策についてご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

痒くて堪らないあせもの原因は?背中のあせも対策について!

汗をたくさんかく男性にとって、びっしょりかいてしまう背中の汗も悩みの一つですよね。 特に、高温...

足の臭いが靴下について取れない!洗濯の仕方で臭いをなくす

きちんと洗濯しているのに、靴下から嫌な臭いがしてしまうことはありませんか。 一日履いた靴下...

ゴミ箱のイヤな臭いを消したい方必見!効果的に洗う方法は?

燃えるゴミの日に、ゴミをまとめて捨てたはずなのに、「ゴミ箱自体が臭い…」というお悩みをお持ちの方...

ミョウバン・重曹・クエン酸、気になる臭いにはどれが効く?

男性にとって悩みの種である「臭い」問題。 ワキの臭い・足の臭い・加齢臭など、お悩みはそれぞれあ...

汗による脇部分の黄ばみの原因!染みついた黄ばみは取れる?

汗をかくと、衣類の脇部分が黄ばんでしまうことがありませんか? この黄ばみは白い衣類だと特に目立...

臭い靴下をどうにかしたい!効果的な洗濯方法やその対策は?

「毎日ちゃんと洗濯をしているはずなのに、靴下の臭いが落ちない!」 このようなことは、特に男性に...

lushの洗顔料を使ってみよう!毛穴の見えないきれいな肌へ

「lush」の洗顔料を使ったことがありますか? lushの洗顔料は合成保存料を使用しておらず、...

汗をかくと服の色が変わる!汗をかいても目立たない色とは?

汗をかいたことにより、着ていた服の色が変わったという経験がある男性は多いのではないでしょうか。 ...

バスタオルの臭いを解消しよう!驚きの重曹の消臭力

きちんとバスタオルを洗濯したはずでも、体を拭いている時に嫌な臭いに気が付くことはありませんか? ...

匂いで相性が分かる?異性や同性の知人の匂いが気になる方に

近年の遺伝子学の観点などから、男性と女性の相性が匂いで判別できるということが分かり、大変話題となり...

汗で前髪がベタベタ!そんなお悩みの対策と解決方法とは?

男性の中には、前髪がおでこにかかっているヘアスタイルの方も多いと思います。 汗をかくと、気にな...

自分で洗濯する男性必見!洗ったバスタオルが臭い原因とは?

入浴後に、バスタオルを使おうとして顔に近づけると、「何だか臭い!」ということはありませんか? ...

かきたくない場面に限って大量の汗!困った脇汗の対策とは!

暑い時期はもちろんですが、仕事で緊張する場面や、デート中など、大事な時に限って、脇に汗をかいてし...

ミョウバン水を使っての消臭!ペットの気になる臭い対策に!

ペットを家の中で飼っているご家庭は多いですよね。 家の中でペットを飼っていて困ることのひとつに...

ミョウバンの優れた消臭効果を実感!洗濯での使い方

ミョウバンと聞くと、食品添加物というイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ミョ...

スポンサーリンク

汗にも種類がある?臭う汗と臭わない汗

人間の汗は大きく分けて2つあり、それぞれ別々の汗腺から分泌されています。

2つの汗腺は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺と呼ばれており、特有の臭いを放つとされているのはアポクリン汗腺から分泌される汗です。

アポクリン汗腺は、わきなどの限定された部位に存在し、頭にはほぼ存在していません。

また、アポクリン汗腺は外国の方と比較して、日本人には少ないとされています。

頭に存在する汗腺は主にエクリン汗腺で、基本的にさらさらとした汗で嫌な臭いは持っていません。

では、本来臭いのないはずの汗でなぜ頭が臭うのでしょうか?

汗から臭いがする原因はいくつか考えられ、汗そのものが原因ではないことが多いです。

まず始めに、人間が汗をかく理由について考えてみましょう。

汗は大切!頭の汗の役割とは?

汗にはいくつかの役割がありますが、その中で一番重要なのは体温の調節です。

汗を蒸発させ気化熱を奪うことによって、私達の体温は一定の値を保つことができています。

特に頭部は直射日光にさらされ、下部に脳が存在しているため、発汗量が増える傾向にあります。

また、汗とともに分泌される皮脂は細菌などへの防御機能があり、適量であれば臭いを抑える効果をもっています。

このように、汗は人間の体を一定の環境に保ち細菌や高温から守る働きを持っています。

そのため、極端に汗を抑えることは体調を崩したり、臭いを強めたりすることにつながります。

先程ご説明した通り、頭にかく汗は本来臭いません。

頭が臭う原因は、頭部の環境が影響していると考えられます。

臭いの原因は頭の環境と時間?

汗をかいた直後は基本的に臭いはありませんが、時間の経過と共に少しずつ臭いがするようになっていきます。

その原因として一番考えられるのは、雑菌の繁殖です。

人間の頭には多くの雑菌が生息しています。

清潔状況下では常在菌同士がせめぎ合い、一定のバランスを保っていますが、多量の汗をかくことにより環境が変化するとバランスが崩壊し、雑菌の繁殖がはじまります。

特に頭は毛髪の影響により、長時間汗が存在することになり、雑菌の好む多湿環境になってしまいます。

さらに、皮脂の分泌が過剰になると毛孔が閉塞してしまうことがあり、皮脂腺の中に皮脂が溜まってしまいます。

すると、頭皮の殺菌力が低下し、雑菌の繁殖力が強くなり、臭いの発生につながってしまうことがあるのです。

そのうえ、時間の経過は雑菌の繁殖だけでなく、汗自体にも変化をもたらします。

汗には皮脂が含まれており、皮脂は空気に触れると徐々に酸化していきます。

酸化した皮脂は独特な臭いを放つようになり、加齢臭の主な原因ともされているのです。

このように、頭が臭う原因は汗だけではなく、雑菌や時間などの要素が絡み合っています。

次に、汗を抑える方法についてご説明していきます。

頭の汗を減らす方法とは?

頭の環境を整えるには、過剰な発汗を防ぐ必要があります。

汗が増える要因としては、周囲の気温や精神状態があります。

気温に関しては、職場や外回りの仕事では対策が難しいと思いますが、なるべく直射日光を避け、周囲の気温を下げるようにしてみてください。

扇子などを使って、汗の蒸発を促すのも良いでしょう。

汗の停滞を防ぐことで、頭の臭いの発生を抑えることができます。

また、帽子などを着用する場合は、通気性の良いものを選択してください。

蒸れた環境は雑菌にとって好条件となり、臭いの発生につながります。

そして、意外かもしれませんが、水分はしっかりと摂取することも大切です。

体温を下げる効果もありますし、汗の濃度も下がり蒸発しやすくなります。

このように頭の環境を整えることが、過剰な発汗を抑えるポイントです。

また、精神的な状態でも汗が増えるとお伝えしたとおり、精神面によっても発汗しやすくなります。

その理由は、汗の分泌は自律神経によって調節されている、とされているからです。

皆さんも緊張して汗をかいた経験があると思いますが、このときの汗はエクリン汗腺が主な分泌場所であるため、頭も汗をかいているのです。

この発汗を抑える方法としては、交感神経を刺激する物質を控えることです。

コーヒーや煙草は、交感神経を強く刺激するといわれています。

煙草の煙はそれ自体が頭の臭いにつながるため、控えたほうが良いといえるでしょう。

頭の雑菌を抑えて臭いを抑えるには?

雑菌の繁殖を抑える簡単な方法は、頭に汗をかいたらすぐ拭き取ってしまうことです。

雑菌の繁殖する環境を取り除いてしまえば、臭いの発生を抑えることができます。

このとき、大切なのは清潔なタオルを使用し、頭を強くこすらないことです。

不衛生なタオルは、新たな雑菌の付着につながるため逆効果となります。

また、強くこすると、頭を傷つけてしまうことがあり、雑菌に対する免疫が低下し、臭いの発生につながることがあります。

そして、雑菌対策には洗髪も重要です。

増えすぎた雑菌は拭き取るだけでは落ちないことがほとんどです。

汗の増える時期は可能であれば毎日、少なくとも二日に一度は洗髪することをおすすめします。

しかし、誤った洗髪は逆効果です。

誤った洗髪をしないためにも、次では正しい洗髪についてご説明していきます。

臭いを抑える頭の洗い方とは?

人間の頭は、汗や皮脂の影響により弱酸性に保たれています。

それにより雑菌の繁殖が抑えられているのですが、一般的なシャンプーはアルカリ性であることが多いです

アルカリ性のシャンプーは、汚れを落としやすい性質を持っているため、洗浄効果はとても高いです。

しかし、その洗浄力の高さがあるゆえ、髪の毛を覆うキューティクルをはがしてしまったり、頭皮に必要な皮脂までをも洗い流してしまう恐れがあり、注意が必要です。

そして、シャンプーしたのに頭が臭いという方は、正しく洗髪できていない可能性があります。

大切なのは、シャンプーやコンディショナーを使ったらしっかりと洗い流すということです。

また、使用するものは弱酸性のものを選ぶことをおすすめします。

弱酸性のものを使用することで、アルカリ中和機能が発生し、頭の環境を正常に戻す働きがあります。

それでは、洗い方をご説明していきましょう。

頭を洗うときは、洗剤をしっかりと泡立て、「指の腹でマッサージするように」洗うことを心がけてください。

このとき、強くこすりたくなる方もいるかと思いますが、汚れは泡に吸着するため、強くこする必要はありません。

このように頭皮を傷付けないように、「しっかりとした泡を立てて、指の腹でマッサージするように洗う」ことがポイントです。

気持ち良いからと、爪を立てて洗わないようにしましょう。

そして、男性の中には面倒で、ささっと済ませてしまう方もいるかもしれませんが、臭いを防ぐためにも、しっかりと洗い流すことを心がけてください。

このようにするだけで、頭皮の皮脂が取れやすくなります。

また、ドライヤーを使う際は、なるべく頭皮から離して使うようにしましょう。

頭皮に直接熱を与えることは乾燥を招き、頭皮に良くありません。

頭皮が乾燥すると、皮脂を分泌しようという働きが起こるので、雑菌が繁殖しやすくなります。

頭皮が乾燥し過ぎることのないよう、十分注意しましょう。

また、シャンプーには洗浄効果があるだけでなく、香りづけの効果も期待できます。

適度な香りを選択することで、嫌な臭いを軽減できるかもしれません。

しっかりとした洗髪を行い、頭皮の環境を整えていきましょう。

頭の汗の臭いに悩まない

いかがだったでしょうか。

今回、汗の機能や臭いの原因、その対策についてご説明してきました。

汗の臭いに悩んできた方は少なくないと思います。

しかし、正しく対策すれば臭いを抑えることが可能です。

そして、汗対策には悩みすぎないことも大切です。

しっかりと対策して汗ばむ季節を乗り切っていきましょう!

 - 体臭の悩み