皮脂でテカってしまう顔!男の顔の皮脂を取りのぞく方法は?

朝、顔をしっかり洗っても、お昼頃になると脂で顔がテカってきませんか?

それは、顔から余分に分泌される皮脂が、顔をベタつかせているからなのです。

この皮脂による顔のテカり、気にしている人は多いのではないでしょうか。

実際に、大量の皮脂で顔をテカらせている人を見かけませんか?

なぜ、男の顔はテカりやすいのでしょう?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小鼻の産毛の処理方法を知って黒ずみ毛穴を改善しよう!

いつの間にか小鼻の毛穴が黒ずみを引き起こしていて毛穴を強調しているとなると、どうにかしたいものですよ...

石鹸を食べるとどうなる!?体の害になり得る3つの成分

石鹸は食べることはできません。その理由をご存知でしょうか?石鹸は界面活性剤、香料、防腐剤、酸...

眉毛が剛毛のときの脱色!ムラなく色を抜く方法とコツを伝授

男性の中には、眉毛が剛毛の方もいることでしょう。男性の場合は、剛毛の方が男らしい印象があるので、...

眉毛と目が近いとイケメン度が増す!?その方法とは

日本人は外国人に比べると、目と眉毛の感覚が広い傾向にあります。実は、この眉毛と目の位置が近いとイ...

眉毛の生え方が変でも大丈夫!眉毛の整え方をご紹介!

若い男の子たちが眉毛のお手入れをするのは当たり前になってきていますが、年齢に関係なく、眉毛を整えるこ...

脂肪でお腹がポッコリ!脂肪を少なくするマッサージ方法

みなさんのお腹周りはポッコリしていませんか。顔や手足はスリムなのに、お腹だけ出ている男性は意外と...

エラの筋肉をなくすと小顔になれる!?その秘訣とは!

エラが張って顔が大きく見えるのには、エラの筋肉が関係している場合があるということをご存知でしょうか?...

洗顔のし過ぎで乾燥肌になる!乾燥肌が招く大人ニキビの対策

清潔の肌を保ちたいという意識は、悪いことではありません。しかし、洗顔のし過ぎはかえって悪影響にな...

すね毛をカミソリで剃ると濃くなる?正しい剃り方とは!

すね毛が濃い男性は、カミソリを使用してきれいに剃ろうとする方が多いと思います。しかし、その剃り方...

理想の眉毛の形はへの字?男性の眉はどんな形が良いの?

男性の身だしなみの1つでもある「眉毛」。眉毛の形だけで顔の印象は大きく変わります。そこでここ...

汗をかいたら拭く?拭かない?どちらが良いのかを解説!

汗をかいたらすぐタオルなどで拭くという男性も多いのではないでしょうか。ダラダラと流れてくる汗を、...

不眠や動悸で不安なあなたへ!超簡単!不眠・動悸改善法!

仕事のストレスや不安から不眠や動悸を感じたことのある男性は意外と多いのではないでしょうか?こうし...

なぜ汗がアンモニア臭い?臭いが落ちない服の洗濯法も伝授!

体臭が気になると言う方は、特に男性の中には多くいらっしゃることでしょう。なかには、汗をかくとアン...

汗を拭くタオルは濡れた状態がベスト!?その理由とは

暑い夏の時期になると、汗がだらだらと流れてしまうことありますよね。汗は放っておくとニオイの原因に...

皮脂が多いことでお悩みのあなたへ!簡単・頭皮の皮脂対策!

皮脂は皮脂腺から分泌され、私たちの皮膚と毛髪を守る働きがあります。皮脂は悪臭の元にもなり得るので...

スポンサーリンク

男の顔をテカらせる皮脂の役割とは?皮脂は肌に必要?

洗顔後、しばらく経つと、顔が脂でベタついてきませんか?

あのベタつきは、本当に不快ですよね。

しかも、顔を洗っても時間が経てば、また皮脂でベタついてしまいます。

そもそも、この皮脂はなぜ肌から分泌されるのでしょうか。

実は、この肌から分泌される皮脂には、きちんとした役割があるのです。

皮脂は、肌の毛穴に侵入してくる雑菌を防いでくれる働きがあります。

肌の毛穴は、皮脂がないと雑菌にさらされている状態になります。

皮脂は、そのような無防備な状態を防ぐため、肌を守るために分泌されるのです。

そして、皮脂のもう一つの役割が、乾燥を和らげる機能です。

入浴後や洗顔後、顔の肌がつっぱっている状態を経験した事、ありませんか?

あのつっぱり感は、洗顔により皮脂が洗い流され、肌が乾燥している時に起きます。

しかし、時間が経つと、肌のつっぱりは治まってきますよね?

これも、皮脂の機能です。

肌が乾燥を感知し、皮脂の分泌を促すと、肌が皮脂で覆われ乾燥が和らぎます。

しかも、肌の乾燥は、雑菌を肌に侵入させやすくします。

乾燥を和らげると同時に、雑菌から肌を守る、これが、皮脂の重要な役目なのです。

ただ、肌をベタつかせる、顔をギラつかせるだけの皮脂ではありません。

皮脂には、きちんとした仕事がある訳ですね。

では、なぜこの皮脂は顔をテカらせるほど分泌されてしまうのでしょう。

適量の、程よい皮脂だけが顔にあれば充分なのですが、なぜか男の顔は脂でベタついてしまいがちです。

何かしらの理由があるのでしょうか?

顔の肌が乾燥しているから皮脂が多くなる?

脂でギトギトの男の顔は、見栄えのいいものとは言えませんよね。

皮脂が目立たない、サラサラの肌はやはりきれいに見えますよね。

しかし、男の顔は、なぜか多量の皮脂でテカりやすいようです。

顔がテカってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

実は、肌の乾燥が、皮脂の過剰な分泌を促進させてしまう場合があるのです。

乾燥は、肌にダメージを与えたり、肌をつっぱらせたり、肌にあまり良いとは言えない影響を及ぼしてしまいます。

肌が乾燥した時、肌は皮脂を分泌し、乾燥から肌を守るよう防御態勢に入ります。

この時、肌が非常に乾燥している状況だと、皮脂を大量に出してしまうのです。

この過剰に分泌された皮脂が、「顔のテカり」につながってしまう時があるのです。

これが、「乾燥肌が影響して顔の肌がテカる」状態です。

本来なら、乾燥肌は皮脂でベタつきにくいはずなのですが、これは、肌の乾燥対策により起こってしまった皮脂の過剰分泌ですね。

乾燥が、逆に顔のテカりを生み出してしまった状況です。

そして、男性ホルモンも皮脂に関連性がありますね。

男性ホルモンには、皮脂を分泌させる作用があります。

しかも、加齢により男性ホルモンは増えていきます。

男性でも、幼い頃は、顔が脂でギトギトの状態になる人は少ないでしょう。

男性ホルモンが、体内でそれほど生み出されていないからです。

しかし、年を重ねると男性ホルモンが増加し、皮脂を分泌させてしまいます。

ただ、この男性ホルモンの増加による皮脂の分泌については、どうしようもない部分もあるでしょう。

このように、肌の乾燥や男性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌され、男の顔はテカりやすくなってしまいます。

では、この男の顔のテカり、改善する方法はないのでしょうか?

皮脂が多い男の顔を上手に洗顔する方法とは?

男の、多量の皮脂でテカっている顔を改善する方法はいくつかありますが、やはり、洗顔が最も重要だと思われます。

洗顔は、皮脂を落とすだけではなく、スキンケアにもつながります。

では、実際にどのように洗顔すればいいのでしょうか?

見ていきましょう。

①洗顔料は泡立てて使用する

洗顔料を手に取り、いきなり肌に擦りつけるような洗い方は、肌を傷つける場合があります。

しっかりと泡立て、きめの細かい泡を作り、洗顔しましょう。

イメージとしては、皮脂や汚れを肌から浮かび上がらせる落とし方です

②力をこめて、ゴシゴシとは洗わない

洗顔料を泡立て、その泡を肌に優しくなじませるような洗い方がいいですね。

力まかせに洗ってしまうと、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥の原因にもなります。

このようなソフトな洗い方でも、余分な皮脂は取り除けるようです。

③洗う時間は1分

長い時間をかけて洗顔すると、やはり肌に必要な皮脂まで落としてしまうようです。

1分以内で充分だと言われています。

どうやら、3分以上の洗顔時間は、長すぎると言われているようです。

④洗顔は朝と夜の2回まで

何度も何度も洗顔をしていると、肌の乾燥を招いてしまうようです。

脂でギトギトになった顔はすぐ洗いたくなってしまいますが、何度も洗顔すると肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

3回も4回も洗顔せず、朝と夜の2回にしてみましょう。

これが、顔のテカりを改善する洗顔方法です。

きめの細かい泡で優しく洗顔する方法は、むしろ女性向けの洗顔法のような感じですが、男性にも効果がある洗い方です。

そして、力まかせに洗ったり、長時間の洗顔は、逆に肌に負担を与え、乾燥を招いてしまうおそれもあります。

洗顔で顔のテカりを悪化させたのでは、せっかくの洗顔も意味がなくなってしまいますね。

では次に、洗顔後の顔の肌の保湿について見ていきましょう。

この保湿も、非常に重要です。

男の顔のテカりを保湿で改善できる?

肌が乾燥を察知すると、肌は皮脂を分泌し、肌を雑菌や乾燥から守ろうとします。

これは肌にとって、乾燥は悪影響を及ぼすということですね。

すなわち、顔の肌は乾燥が非常に苦手であり、乾燥を感じると肌の水分を失わないよう、自然と保湿を行うという事です。

洗顔後や入浴後、顔の肌のつっぱりが自然と治まるのは、肌がきちんと皮脂を分泌し、保湿するからなのです。

しかし、洗顔料を使った洗顔は、肌にとって、必要な皮脂まで落としてしまうようです。

洗顔料の基本的な役目は、顔の汚れを落とす事ですが、皮脂もきれいに洗ってしまう効果があります。

ここで重要なのが、洗顔後、入浴後の保湿なのです。

洗顔料で皮脂を落とされた肌は、すぐに乾燥していきます。

洗顔後、入浴後に、できるだけ早く保湿すれば、肌は乾燥していないと判断し、余分な皮脂を出しにくくなります。

では、どのように保湿すればいいのでしょう?

ここで有効な保湿法は、化粧水や乳液、クリームを使った保湿です。

洗顔後、化粧水を手に取り、ゆっくりと顔の肌にしみこませていきましょう。

次に、その化粧水が蒸発しないよう、乳液、クリームを塗ります。

もし、自分は皮脂が多いと感じている人は、クリームを使わなくてもいいでしょう。

この、化粧水、乳液、クリームを使った保湿が、いわゆる「基礎スキンケア」です。

基礎スキンケアは、女性にとっては、ほぼ当たり前の保湿法なのですが、男性で詳しく知っている人はあまりいないでしょう。

洗顔後、基礎スキンケアを実際に取り入れれば、乾燥による皮脂の過剰な分泌を抑えられるのではないでしょうか。

肌は、乾燥を感じると皮脂を分泌し、肌を守ろうとします。

基礎スキンケアは、化粧水や乳液で、あらかじめ乾燥を予防する方法です。

女性だけではなく、男性にも基礎スキンケアは効果があります。

基礎スキンケアは、洗顔後の保湿法では、ベストの方法ではないでしょうか。

では次に、皮脂でベタつく男の顔と、生活習慣の関連性について見ていきましょう。

食生活や睡眠は、肌のテカりとどのような関係があるのでしょうか?

生活習慣と顔の皮脂の関連性

毎日、どのような食事のメニューなのか、睡眠時間は足りているか、仕事は忙しいか、これらの生活習慣は、人により異なります。

年齢や、職業、その人の性格なども、生活習慣に影響を与えるでしょう。

しかし、生活環境や生活習慣が完全に違っても、顔が皮脂でテカってしまう人は、なぜか現れてしまいます。

では、どのような生活習慣が、顔の皮脂の量に関係しているのか、見ていきましょう。

①中性脂肪

皮脂の主な成分は中性脂肪(トリグリセリド)です。

この中性脂肪を食事で摂り過ぎると、自然と皮脂の量も増えるでしょう。

中性脂肪は、いわゆるジャンクフードと呼ばれる食べ物に多く含まれています。

②運動

運動には、筋肉増加、血行促進、体内の脂肪の減少など、様々な効果があります。

若い頃は痩せていたのに、今は運動不足と感じている人も多いのではないでしょうか。

③ストレス

人はストレスを受けると、交感神経が働くのですが、この交感神経が強く働くと男性ホルモンが分泌されます。

この男性ホルモンが、皮脂の分泌までも促してしまうようなのです。

④睡眠

睡眠不足、寝不足は肌荒れにつながります。

睡眠は、疲労回復、体の修繕なども行い、人にとって非常に重要です。

以上の4つが、皮脂の関連する生活習慣です。

他にも、飲酒や喫煙も、顔の皮脂の量に関連があります。

やはり、バランスのとれた食事と、規則正しい生活が、脂でギトギトの男の顔を改善してくれるようですね。

運動不足も改善されれば、体内の中性脂肪も少しずつ減っていくでしょう。

確かに、いきなり自分の生活習慣を一気に変える事は、至難のわざです。

仕事で忙しい人に、「きちんと睡眠をとりましょう」と言っても、無理がありますよね。

まず、自分の出来る事から、ゆっくりと生活習慣を変化させていきましょう。

野菜を少しずつ増やす、電車は使わず、ちょっとだけ歩いてみる、といった感じです。

無理をして生活習慣を変えても、後で反動が来てしまう可能性が大です。

焦らず、じっくりと生活習慣を見直しましょう。

皮脂でテカる男の顔を改善してみましょう!

ここまで、顔でベタつく皮脂の情報や、洗顔法や肌の保湿、皮脂に関連した生活習慣などを見てきました。

意外な事に、顔の皮脂は肌への雑菌の侵入や、肌の乾燥を防いでくれる役割があります。

ただ、男の顔を、脂でベタつかせるだけではなかった訳ですね。

しかし、顔の皮脂が過剰に分泌されると、見栄えの悪い「顔のテカり」となります。

これを改善するには、やはり洗顔と保湿がカギとなるでしょう。

ところで、この保湿ですが、男性で化粧水や乳液を使う事に、抵抗を感じる人もいるかもしれません。

男で、入浴後に肌のお手入れをする人などいないのではないか、と思う人も多いでしょう。

しかし、今では、顔のテカりを抑えるための男性の基礎スキンケアは、それほど珍しい事でもありません。

男性用の化粧水や乳液は、様々なメーカーから販売されています。

たとえ、店頭で化粧水を購入しても、恥ずかしがる事はありません。

そして、皮脂を抑えるための生活習慣の改善です。

食生活、日頃の運動、睡眠など、まずは今の生活習慣を見直してみる事から始めるのもいいでしょう。

いきなり、今の生活習慣を変えて、規則正しい生活を送る事は、なかなか難しいと思われます。

ここで重要な事は、生活習慣を無理やり変化させて、逆にストレスを溜めてしまう最悪の場合がある事です。

そうならないよう、ストレスを溜めない改善法を見つけましょう。

顔のテカりを改善しようとしても、その方法が長続きしなければ、あまり意味はありませんよね。

皮脂の多い顔をいきなり変えようとはせず、少しずつ改善していければいいでしょう。

焦らず、ゆっくりと余分な皮脂を除去していけば、皮脂による顔のテカりもきっと改善されるのではないでしょうか。

男性の肌は女性より皮脂が多く分泌される

基本的に、脂ギトギトの顔は男性に多く、女性は少ないでしょう。

これは、男性ホルモンの量も関係していますが、ほとんどの女性は、やはり「お肌のお手入れ」をしっかり行っています。

しかも、どうやら女性の肌より、男性の肌の方が乾燥しやすいようです。

この事を考えると、やはり、男性の顔は皮脂でテカりやすいとなってしまいますね。

だからといって、顔のテカりを全く改善できない訳ではありません。

たとえ男性でも、洗顔、保湿をしっかりと行い、規則正しい生活を送れば、きれいな顔を取り戻せるはずです。