前髪はどこまで?プロに聞いたセルフカットの横の幅!

誰もが1度は経験あるかもしれないセルフカット。

男性で多いのが「美容室に行くのがめんどくさい」という悩みだと思います。

面倒だから自分で髪を切ってしまった時に「失敗した」という経験があるのではないでしょうか。

特に前髪は、誰からも見られる場所ですので失敗は絶対にできないですよね。

でも、どこまでが前髪の横の幅になるのかわからない…。

そこで、自宅でも髪の毛のプロ「美容師さん」のように上手にできる前髪カットをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自宅でヘアカラー!初めてのセルフで失敗しないための方法!

セルフカラーリングは、何より安く簡単にできるので、節約しながらオシャレをしたい男性の方には便利ですよ...

フケはホホバオイルでさようなら!ドクタートウヒの効果とは

毎日ちゃんと髪の毛を洗っているのに、髪の毛や頭皮から大量フケが出てくるのはショックですよね。そこ...

髪の毛を溶かす商品でパイプ詰まり解消!ヘアケア法もご紹介

洗面所は、トイレやキッチンの流しとは違い、汚れが目立ちにくいため、気付かないうちに少しずつ汚くなって...

髪の毛のベタベタは直すことができる!対処法を伝授!

髪の毛がベタベタしてしまうことに悩んでいる男性、実は多いのではないでしょうか。髪の毛がベタベタし...

白髪は紫に染まるの?パープルヘアになってしまう理由

上品なマダムが白髪を紫に染めているのを、見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。徐々に減っ...

エラ張り・ベース型に適したショート!お悩みメンズは必見!

メンズの髪型の悩みは沢山あります。その悩みの中でも、「エラ張りをカバーできる髪型にしたい」「ベー...

薄毛の方はシャンプーリンスの使用に要注意!混ぜるのはOK?

毎日の洗髪はどのようになされていますか?じつは、薄毛になってしまう原因の1つに、毎日の洗髪のしか...

前髪を分ける位置を決めてスタイリング!トップってどの辺?

ヘアスタイルを変えたい場合に、前髪を分ける位置で悩む方もいるのではないでしょうか。また、分けたい...

髪の毛を守ってくれる?寝る時にかぶる夜の帽子とは

日本では、帽子というと日光を遮断してくれたり、おしゃれ目的でかぶることが一般的です。家の中で帽子...

髪型に悩んだらレイヤーボブに!30代はどんな髪型が良いの?

仕事もプライベートも、軌道にのってくるのが30代。仕事で重要なことを任されたり、取引先の方と会う...

エラ張りで悩んでいる男性に似合う髪型!ショートは要注意!

男女関係なくエラ張りで悩んでいる方はたくさんいます。このエラ張りで、特に困るのがショートの髪型で...

薄毛の髪型でお悩み?ツーブロックでおしゃれな変身を!

薄毛でお悩みの方の多くは、似合う髪型に苦労しているようです。確かに薄毛によるお悩みの中には、「髪...

エラ張りで悩むのは髪型!解決できるのは「ミディアムヘア」

男性でエラ張りの方は、目立たせないようにするために色々悩むと思います。女性の方は、これを少しでも...

ドライヤーとブラシの上手な使い方を知ろう!~男性版~

髪の毛の短い男性にとって、「ドライヤー」と「ヘアブラシ」は無縁だったかもしれません。しかし、状況...

白髪も改善!メカニズムから知るドクタートウヒとは?

男性の皆さんは、若いうちを過ぎると、年齢を重ねていくごとに薄毛や白髪に悩まされますよね。薄毛では...

スポンサーリンク

前髪はどこまでの横幅が正解?

前髪は、どこまでの横幅がいいのかについては、実は正解がありません。

それは、人によって好みも違うので絶対に「この長さが正解」とか「この幅が正解」などはありません。

しかし、大体の方が目にかからないくらい(最近は眉が出るくらいの方もいる)で切る方が多いです。

ショートなど、髪型によって切り方も変わりますが、おろした時の横幅の標準をご紹介いたします。

基本的にプロの方が切る場合には、「両目の黒目の真ん中あたりをつないだ線」までが横に真っすぐ切っていい横幅です。

「え?そんなに幅は少なくていいの?」と思うかもしれません。

大体の人は、前髪が目に入ってしまう部分をすべて切ってしまおうと考えがちです。

目じりあたりまで真っすぐに切ってしまったほうが絶対に邪魔にならないと思うはずです。

しかし、この黒目より外側に切ってしまうと、実は「○○」が目立ってしまいます。

その「○○」とはなんでしょうか?

前髪を黒目より外側に切ると○○が目立ってしまう!

前髪を黒目よりも外側に真っすぐに切ると、横の幅が広くなってしまうためワイドな前髪になります。

通称「ワイドバング」と呼ばれています。

どこまでも横に広げて前髪にしてしまうと、どんどんワイドになるので1つ問題が生じます。

それは、「顔が大きく見えてしまう」という問題です。

顔が大きくなるように目立って切ってしまっているということです。

前項の〇〇は「顔の大きさ」だったのですね。

実は美容師さんが前髪を切るときには、黒目の外側をラウンド(丸みを出して)させて切っていきます。

このラウンドによって黒目より外側のほうが丸みが出てくれるので、ワイドバングにならないようにしています。

つまり、自分で前髪を切るときには黒目から外側の部分は、真横に切るのではなく丸みを出して切ればいいのです。

では、真横に切るとどうして顔が大きく見えてしまうのでしょうか?

前髪を真っすぐ横に切ると顔が大きく見えてしまう原因

前髪をどこまでも横に切ってしまうと、こめかみの位置まで前髪になってしまいます。

こめかみの位置まで切られてしまうことにより、顔の肌の露出が多くなってしまうのです。

つまり、肌の露出が多くなってしまうことにより「顔が大きく見える」原因になります。

素人であるほど、黒目よりも外側に向かって真っすぐ真横に切るということは普通にやってしまいがちです。

美容師さんは、肌の露出を小さくすることを意識して切っているので、丸みを出して切るという技術を使っているのです。

お客様を「キレイにする」「カッコよくする」この意識はさすがプロです。

何年もかけて、大変な修行して習得した「プロの技」をさりげなく使っています。

やはり、素人ではできない価値提供をしてもらえるということもあり、セルフカットをしない方も多いわけです。

美容師さんは、顔が大きく見える原因を解決するために意識していることがあります。

これには「○○効果」を狙っているからなのです。

前髪に丸みを出すことにより「○○効果」

美容師さんは、男女関係なく共通することを意識して髪を切ってくれています。

実は、前髪に丸みを出すことで「小顔効果」を狙って切ってくれているのです。

前髪を自分で切るときに、どこまでも真横に真っすぐ切るとこめかみの部分肌が出てきます。

その真っすぐ切った状態では正面から見たときに、こめかみまで肌が露出されてしまいます。

つまり、前髪から下の肌の部分が逆三角形になってしまっているので肌の露出部分が気になるのです。

その逆三角形の角の部分を丸みを出して前髪にするだけで、肌の面積が少なくなるので小顔に見えるわけです。

この角の部分だけを意識してセルフカットをするだけで、自分でも上手な前髪を切れるようになります。

しかも、ついでに小顔効果も自分で作ることができてしまうのです。

「たったこれだけのこと?」と思うかもしれませんが、ちょっとしたことで印象が変わってくるのも事実です。

では、前髪だけで印象がどれだけ変わるものなのでしょうか。

前髪がどこまでも横に広がっていると印象が変わる?

初対面の方と対面で会ったときに、あなたはどこを見るでしょうか?

初対面でいきなり「手の大きさや足の大きさがどのくらいだろう?」とはなりませんよね。

大体の方が「顔」を見ると思います。

人は、第一印象は「顔の表情」を見て判断する人がほとんどですので、顔を最初に見るはずなのです。

そして、次に見るのが「身だしなみ」です。

この時に、もちろん髪型も見られてしまうのです。

中には違うという方もいるかもしれませんが、最初は顔を見て全体の雰囲気を確かめてしまう方がほとんどです。

この時に前髪が横にパツンと切られていれば、初対面の方に印象を残すことはできるかもしれません。

しかし逆に、そのどこまでも広がっている前髪のせいで「顔の大きな人」という印象を与える可能性もあります。

そのようにならないためにも、小顔効果を利用して与える印象を変えていきたいものです。

前髪は下ろすだけの種類だけではないので、それによって与える印象も変わります。

前髪の種類により、どのように変わるのでしょうか?

前髪の種類だけでどこまでも印象は変えられる

前髪は横に切って下すだけではありません。

他にもこのような種類があります。

1.真ん中で分ける
2.横に流す
3.眉より上でザクザクのアシンメトリー(斜め)にする
4.上にすべて上げてしまう

前髪も何種類かあるので、人に与える印象も大きく変わってきます。

では、それぞれどんな印象を与えるのでしょうか?

1.真ん中で分ける

真ん中で分けることにより落ち着いた雰囲気を出してくれて、顔の面積を小さくできるので小顔効果もある。

2.横に流す

横に流すと大人っぽさが演出できるので、童顔で悩んでいる方は流すだけで印象が変わります。

3.眉より上でザクザクのアシンメトリー(斜め)にする

この種類は、ほぼ10代~20代の方がやっていますが、活発的で元気な印象を与えてくれます。

3の前髪は、とても勇気が必要になるので大人っぽく見せたい方にはオススメできません。

4.上にすべて上げてしまう

上にあげることで、おでこをみせて清潔感やさわやかさを演出できるため、初対面の方には好印象を与えます。

4に関しては、おでこ全開に見せると面積が多くなってしまいがちです。

そうならないように、「黒目から外側にあたる部分の前髪を両方下におろす」ことで小顔効果も出せます。

このように、ちょっとした前髪の種類によっても印象を変えてしまいます。

セルフカットをして、どこまでも横に広がる前髪よりも、このような印象を与えた方が断然いいですよね。

前髪をうまく切るコツは「黒目より外側を丸みを出して切る」

美容師さんが、前髪を切ってくれる時に気を付けているコツをご紹介いたしました。

自分で前髪を切るときには、どこまでも横に広がった前髪に切るのではなく「丸みを出す」ことを意識していくだけで上手に切れるようなります。

小顔に見せる効果の他に、相手に与える印象を変えてくれる効果もあるので参考にしてみてください。