石鹸を活用して洗顔してみよう!魅力・やり方・注意点は?

洗顔アイテムとして利用されているものは、洗顔料の他にも石鹸があります。

石鹸にはいろいろな魅力があり、お肌に嬉しい効果も期待できますよ。

そこで今回は、石鹸の魅力や、洗顔のやり方、洗顔の際に行いがちなNG例についてお伝えしていきます。

正しい洗顔方法を施して、石鹸の魅力を引き出してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「エラ」は男の悩み?かっこいいを目指す「エラ」対処法!

エラをコンプレックスとしている男性は多くいます。しかし、エラは悪いことばかりではありません。...

汗をかいたら服が塩をふくように!?原因や洗濯方法をご紹介

これまでに仕事などで汗をかいたときに、「汗で服に塩をふく」ような跡がついてしまった経験はありませんか...

あなたの耳垢はカサカサ?ベタベタ?適切な耳掃除とは?

まさに、痒いところに手が届く気持ちよさがある耳掃除ですが、毎日していませんか?頻繁に耳掃除をして...

汗や湿気で前髪がうねる!改善策やアレンジ方法をご紹介!

汗をかいた日や、湿気が多い日に前髪のセットをしても「崩れてしまった」そんな経験はありますか?男性...

眉毛を細くしたい太眉メンズ必見!眉毛の細さより形が重要!

眉毛は、顔の印象で重要なパーツです。もともと眉毛が太いメンズは、「細くしたい!」という願望が少な...

顎が小さいと二重顎になりやすい?!二重顎になる原因とは?

年齢とともに気になってくるのが、顎まわりについた脂肪です。「最近太ったかな?」と思っているうちに...

皮膚に瞬間接着剤がついて取れない!強力な接着剤を取る方法

子供との工作や家にあるものを修繕するために接着剤を使うことは、多くの男性なら経験していますよね。...

何をやってもクサイ!「足の臭い対策」まずは靴を見直そう!

靴を脱いだ時に漂う、自分の足の臭いに「ドキッ!」とした経験はありませんか。「毎日、靴下を替えて、...

ミョウバンの売り場がドラッグストアにない?その理由とは

体のニオイを抑える効果があると言われるミョウバンを、ドラッグストアの売り場で探したけれど見つからない...

眉毛を剃ったら青い!男性にあるあるの困った悩みを解決!

「眉毛を剃った場所が青い!」こんな失敗をしてしまった男性は、少なくないのではないでしょうか。...

耳垢のカサカサとした音が気になる!取れない耳垢の対処法

ふと頭を動かしたときに、耳垢のカサカサとした音が気になることがありませんか。ちょっとした音でも、...

さまざまな用途で使われるマスク!着用は接客マナー違反?

マスクは最近ではさまざまな用途で使われるようになっています。風邪の引き始め、花粉症、インフルエン...

健康的に脂肪を燃焼させるにはカロリーに関する知識が不可欠

ダイエットとは、つまるところカロリーとの戦いです。いかに摂取カロリーを抑え、いかに消費カロリーを...

眉毛のお手入れ!自宅のバリカンで簡単にきれいにするやり方

「目鼻立ち」という言葉がありますが、顔の印象を決めるポイントはまず目元だと言われています。眉毛は...

エラの筋肉をなくすと小顔になれる!?その秘訣とは!

エラが張って顔が大きく見えるのには、エラの筋肉が関係している場合があるということをご存知でしょうか?...

スポンサーリンク

魅力的な「石鹸」で洗顔を始めてみよう①

洗顔用のアイテムといえば洗顔料が一番印象的かもしれませんが、今回おすすめするのは「石鹸」です。

石鹸は手や体を洗浄するためのものというイメージが強いかもしれないですが、石鹸で顔を洗うことも十分に可能なのです。

それだけでなく、実は石鹸には様々な魅力があるのです。

石鹸での洗顔のやり方をお伝えする前に、最初に石鹸の魅力についてお話ししていきます。

まずは、「ほどよい洗浄力であること」を挙げます。

石鹸に配合されている成分には脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムなどが存在しますが、これらは天然の界面活性剤で、合成界面活性剤とは違うある特徴があります。

その特徴はというと、先ほど挙げた通り洗浄力がほどよいということなのです。

合成界面活性剤が配合されている洗顔料は、本来ならば除去すべきではない皮脂までも落としてしまうほどの洗浄力がある傾向があります。

皮脂を落としすぎてしまうと、どうしても皮膚のつっぱり感が生じやすくなってしまうので、乾燥肌へ発展してしまう恐れもあります。

一方石鹸は、肌にかかる刺激が軽減されているのにも関わらず、表皮にあるいらないゴミ、汚れ、皮脂の除去が十分に行える能力を持っています。

皮膚の弾力性を保ちつつ、ほどよい洗浄効果が見込めるのが石鹸というわけですね。

魅力的な「石鹸」で洗顔を始めてみよう②

前項の続きとして、石鹸で洗顔を行う魅力についてお伝えしていきます。

その他の魅力として、「どんなタイプの肌にでも活用しやすいこと」を挙げます。

お肌のタイプによって、引き起こされやすいトラブルも変わってきます。

そのため、洗顔料を利用するとなればご自身のお肌のタイプに合ったものを探す必要性が出てきますよね。

洗顔料が肌に合うかどうか、いくつもの商品の中から比較して探すのは手間に感じてしまう男性の方もいるかもしれません。

ですが、石鹸はどのタイプの肌にでも合いやすく、活用のしやすさは抜群だといわれています。

また、大人よりもお肌がデリケートな赤ちゃんにも石鹸を活用することが良いとされています。

どんな肌質にも合いやすく、なおかつ刺激が少ないといった理由からこのような意見があるのです。

さらに、「洗顔終了後の保湿効果が高まること」も石鹸の魅力のひとつです。

前項でも少し触れましたが、適切な皮脂量をお肌にとどまらせてくれる一方で、不要な皮脂やゴミ、汚れ、角質はきちんと洗い流せるのが石鹸で洗顔をするメリットでした。

その結果、洗顔後に行う保湿アイテムの栄養がぐんぐんお肌全体に行き渡りやすい状態になるのです。

栄養成分の浸透率がアップするとなると、お肌の健康状態が良くなることにもつながります。

それでは次項からは、石鹸での洗顔のやり方について具体的にお話を進めていきます。

石鹸で洗顔を行う前に手洗いのやり方をマスター!

いざ石鹸で洗顔をしようとして、いきなり顔を洗ってしまうのは厳禁です。

顔の洗浄を行う前に、手洗いをしておくのが基本です。

顔を洗浄するときには、もちろん手を使いますよね。

そんな手は、普段いろいろなものと接触する部分でもあります。

そのため、細菌やゴミ、汚れなどがたくさん付着していることが多いので、洗顔前にはそれらを排除する必要性があるといえますよね。

汚れてしまったままの手で顔を洗ってしまうと、いくら丁寧に洗顔をしても効果が半減してしまうので、今まで手洗いをおろそかにしてしまうことが多かった男性の方は意識的に行いましょう。

では、肝心な手洗いのやり方についてお話ししていきます。

手も石鹸を利用して洗浄してみましょう。

まず、水で手を素洗いして濡らしておきます。

次に、石鹸を手に取り、たっぷりのキメ細かい泡を作ってください。

その泡で手の平、手の甲をはじめ、細かいところまで全体的に洗浄していきましょう。

見落としがちな部分である手首や指と指の間も丁寧に洗浄していってくださいね。

できたら、石鹸が手に残ったままにならないように注意して、水で入念にすすぎます。

仕上げに、乾いたタオルなどで水気をとって完了です。

いよいよ石鹸で洗顔しよう!そのやり方をご紹介!

石鹸を利用して手の洗浄を終えたら、いよいよ洗顔にうつりましょう。

顔の皮膚は、手と比較しても敏感になりやすいといわれています。

ですから、間違ったやり方で洗顔を行ってしまうと肌トラブルを招いてしまう恐れがあるので要注意ですよ。

こちらの項では、石鹸を活用した洗顔のやり方をお伝えしていきますね。

まずは、ぬるめに設定したお湯で顔全体を素洗いするのが基本です。

次に、石鹸を手に取り、十分な量の泡を作り上げてください。

この作業が手間に感じる男性の方は、市販の洗顔ネットを有効活用するのも良いでしょう。

洗顔ネットは、素早くたっぷりの泡を立てることができる優れものですよ。

できたら、泡を顔全体に広げて馴染ませるようなイメージで洗浄していきましょう。

力を抜いて優しい力で洗浄するように意識してくださいね。

仕上げに、顔のすすぎを行って、泡を全て落とし切りましょう。

すすぎ残しがあるとお肌に悪いので注意が必要です。

最後に、乾いたタオルなどで顔全体の水気を吸い取っていきます。

軽く押し当てるイメージで行うと良いですよ。

NGなやり方をしてしまわないように気をつけよう①

一度石鹸で洗顔をしてみると、石鹸洗顔の魅力に気づくことができるはずです。

上記でご説明したやり方で行ってみてくださいね。

ここからは、石鹸での洗顔を行う際にやりがちなNG例をご紹介しますので、心得ておきましょう。

まず、行いがちなことは「洗顔する回数を多くすること」ではないでしょうか。

脂性肌である男性やにきびが発生してしまった男性は、たくさん洗顔してしまいたい衝動にかられてしまうこともあるでしょう。

ですが、1日にたくさん洗顔を行ってしまうのは、肌トラブルに対して逆効果だと考えられています。

一見、たくさん洗顔を行ったほうが肌が清潔な状態になると思い込みやすいですが、そうではありません。

いくら石鹸がほどよい洗浄力で皮脂の除去のし過ぎを防いでくれるアイテムだといっても、何回も使うとなると必要な皮脂まで除去してしまうことにつながります。

その結果、お肌の乾燥を招き、それを緩和させるために皮脂分泌が盛んに行われてしまいます。

このような事態になってしまうと、ますますテカりが目立ったり、にきびの治りが遅くなったりしてしまうので避けた方が無難と言えるでしょう。

NGなやり方をしてしまわないように気をつけよう②

他にも、石鹸で洗顔を行う際にしてしまいがちなNG例を挙げていきます。

前項でお伝えした誤ったやり方の他に、「1回の洗顔に時間をかけ過ぎてしまうこと」が挙げられます。

ずっと石鹸を顔に広げた状態でいると、どうしても肌への刺激になってしまうため、乾燥肌の促進につながります。

乾燥はお肌の天敵とも言い表されているくらい、注意したいことです。

肌トラブルを予防するためにも、洗顔に要する時間はかけ過ぎないように意識してくださいね。

時間の目安としては、1分程度を推奨します。

また、「水分量が欠如したまま泡を作っていること」もNGなやり方のひとつですよ。

一見、たっぷりのキメ細かい泡を完成させたと思えても、水分量が欠如した泡はお肌に悪い影響を与えてしまうのです。

そのくらい顔の肌は刺激に弱いのが特徴なのです。

そのため、お肌の刺激を最小限にするために、十分に水分を加えながら泡を完成させることが重要と言えますね。

2項にかけて、洗顔の誤ったやり方についてお伝えしました。

このような事柄に注意できれば、より石鹸での洗顔効果が高まるはずです。

美容に関心のある男性に石鹸はおすすめ!

洗顔を行うとなると、洗顔料のほうが馴染み深いのかもしれません。

ですが、石鹸を利用した洗顔は、美容に関心を持つ男性にとてもおすすめな方法なのです。

洗顔の際には、まずは丁寧な手洗いをしてから顔の洗浄にうつるという流れが鉄則ですよ。

誤ったやり方をしてしまうと、石鹸での洗顔効果が半減してしまう恐れがあるので気をつけましょう。