ミョウバンを購入して自宅で行うニオイ対策!100均でできる

皆さん、ニオイの対策ってどうされていますか?

薬局に行くと、「銀イオン」や「柿渋」、「緑茶成分配合」など、効果がありそうな商品が並んでいます。

お値段も色々ありますので、どれを購入すべきか、悩まれた経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は、100均でも売っている「ミョウバン」を使っても、十分な効果を得ることができます。

そこで今回は、毎日のニオイ対策として、手軽な100均を利用する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

脂肪の蓄え!食べ物の吸収は食事の時間でコントロール可能?

皆さんは食事をする時間を気にしたことがあるでしょうか?もしかしたら、脂肪が吸収されやすい時間に食...

糖質制限中でもOK!コンビニのおにぎりを上手に食べる方法

糖質制限ダイエットをされている方、男性でも非常に多くなりました。しかし、コンビニは便利な事もあり...

糖質の代謝を促す栄養素って?うまく摂取するコツ!

男性でも、糖質ダイエットという言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。ダイエットと...

毛穴を塞いでいる白い角栓!気になる原因と改善策のご紹介

「毛穴に詰まっている白いものは何なんだろう…」と疑問に思っている男性の方もいらっしゃるのではないでし...

男性の乾燥肌にパックは有効?ヒリヒリしているときの対処法

男性は女性よりも肌が乾燥しにくいような気がしますが、実は乾燥肌なのに気づいていない場合があります。...

鼻毛がはみ出る!?鼻の内側の毛の処理や鼻毛の役割を知ろう

鼻毛は出ていることに気づかなければ、男性でも恥ずかしい思いをしますよね。「仕事で会ったお客さんに...

耳垢が湿っている原因とは?知っておくべき耳垢の実態!

男性の皆さんは、自分の耳垢(みみあか)を気にしたことはありますか?耳垢には「乾いているタイプ」と...

鼻毛脱毛ワックスの効果と痛みは?どんなことに注意すべき?

鼻毛脱毛を行う際、あなたはどのような方法を実践されていますか?最近では鼻毛脱毛と聞くと、多くの男...

汗を拭くタオルは濡れた状態がベスト!?その理由とは

暑い夏の時期になると、汗がだらだらと流れてしまうことありますよね。汗は放っておくとニオイの原因に...

男性にも多い乾燥肌!ケアするには体の洗い方にも気をつけて

乾燥肌は女性だけの問題ではなく、男性でも悩んでいる人は年々増加しています。特に冬場は痒みが増した...

汗っかきな背中はなぜ?タオルがズレ落ちない優れたグッズ!

顔の汗や脇の汗も気になるけれど、「背中の汗」は一段とびっしょりかいてしまうという男性は多いようです。...

ミョウバンと重曹で体臭対策!この2つに消臭効果はあるの?

男性の多くが、自分の体臭や足の臭いに悩んでいるのではないでしょうか。その気になる臭い、ミョウバン...

毛穴に白いポツポツがあった!発生理由と取り除くケアは?

すべすべで健やかなお肌は、若々しく健康的な印象を抱かせることにも直結しますよね。なるべく肌や毛穴...

どんなに頑固な鼻毛でも、鼻毛ワックスゴッソで一発退治!

どんなにばっちりおしゃれを決め込んでも、一本の鼻毛で全てが台無しに。このような経験は誰でも一度は...

ヘルスケアなるアプリはご存知?まさにスーパー歩数計!

「最近運動不足だなぁ」なんておなかの肉をつまんで嘆いている方はいませんか?仕事や用事に追われる日...

スポンサーリンク

100均で簡単に購入できるミョウバンとは

ミョウバンってどのようなものかご存知ですか?

「ニオイ対策で利用できる」というくらいですから、特殊な薬品かというと、そのようなものではありません。

特に今回は、「100均を活用してできますよ!」というくらいですから、とても身近なものです。

ちなみにホームセンターやスーパーでも購入することができます。

その理由は、ミョウバンを消臭効果以外にも、根菜類などの食品のアク抜きにも利用することができるからです。

昔は、井戸水がきれいでない時にミョウバンを投入して、不純物を沈殿せて水質改善させて、飲用として利用するために使っていたとも言われています。

このことから、用法用量さえ間違わなければ、ミョウバンはと身近で安全なものと言えます。

ミョウバンでなぜにおい対策ができるのか

ミョウバンが身近な商品である、ということはご理解いただけたと思います。

では、「100均で簡単に購入できるような商品が、なぜ消臭対策として有効になるのか?」という疑問について、そのメカニズムについてご説明します。

ミョウバンとは、硫酸アルミニウムと硫酸カリウムの硫酸塩の複合体で、無色透明の結晶体のことです。

この結晶が、水に溶けると酸性の液体になります。

体のニオイは、体に付着している雑菌が汗の成分を分解するときに起こる、化学反応によって引き起こされます。

ここで、酸性であるミョウバン水が、雑菌の繁殖を抑えるためニオイを発生させる反応を抑制しますので、「ニオイの発生も抑制することができる」ということになります。

その上で、ニオイを抑制するだけではなく、殺菌作用もありますので、ニオイの発生の原因そのものを縮小化することが可能になります。

また、ミョウバンには汗の発生そのものを抑制する効果もあることが分かっています。

こちらについては、細かいメカニズムは明らかになっていませんが、アルミニウムが汗腺に炎症を引き起こし、汗腺の導管を縮小、またはアルミニウムが導管に詰まり、汗の発生を抑制するのではないかと言われています。

そして、ミョウバンには様々な金属成分が含まれていますので、酸化還元反応により金属消臭が行われます。

汗の原因であるアンモニアはアルカリ性ですので、酸性であるミョウバンは中和反応を起こし、消臭にもつながります。

ミョウバンは、殺菌をしてくれて、汗の発生を抑制し、なおかつ消臭効果もある優れものであることが、ご理解いただけたのではないでしょうか。

100均で購入したミョウバンで消臭剤を作る方法

では、そんな優れモノのミョウバンをどのように使えばよいのかをご説明していきます。

【用意するもの】

■ミョウバン:30グラム程度

■水道水:1リットル

■ペットボトル:1リットル以上のもの

■ボトル:霧吹きの機能があるもの

これだけで十分です。

100均で、すべて購入できますので、ワンコインで準備完了です。

しかも、1リットルの消臭剤ができますので、とっても経済的ですね。

【作り方】

①まずは、ミョウバンをペットボトルに入れます。

このペットボトルは事前にきれいに洗浄し、乾燥させておいてください。

②ミョウバンを入れたペットボトルに、水道水を1リットル入れます。

ここで水道水としている理由ですが、水道水には塩素が含まれていますので、保存期間をより長くすることができます。

わざわざミネラルウォーターを使うのは逆効果です。

また、製氷機で氷を作るときも、ミネラルウォーターは逆効果です。

塩素が入っていないため雑菌が繁殖し、お腹を壊す原因になり得ます。

③ペットボトルをよく振ります。

この時に、すべてのミョウバンを溶かすのは難しいです。

残っていても、気にしなくてかまいません。

このまま丸一日置きます。

そうすると、残ったミョウバンもきれいに解けた、透明な液体ができ上がります。

万が一溶け残りがあった場合は溶けるまで、もうしばらく放置しておいてください。

これで、原液の完成です。

保存方法は、冷蔵庫に入れる必要はありませんが、なるべく涼しいところで保存するようにしてください。

そのほうが日持ちします。

100均で購入した商品だけでできたミョウバン水の使い方

さて、いよいよミョウバン水を使って消臭対策をしていきましょう。

まず、最初にご注意いただきたいのは、先程作った原液は「そのままで利用するには濃すぎる」ということです。

100均で購入できたコスパの高い商品ですが、贅沢に使いたいという気持ちで、必要以上に濃度の高いものを利用されれば、それは逆効果です。

原液をおよそ20倍から50倍に薄めて利用してください。

そして、薄めた液体は、冷蔵庫で保存するようにしてください。

【用途別の利用方法について】

■脇や足の裏への利用方法

スプレーボトルで直接、噴霧しても良いですが、コットンなどに少量つけて直接塗りつける方法が効果的です。

また、アロマオイルを少量混ぜると消臭効果に合わせて香りを楽しめるため、より効果的です。

夏などのニオイが特に気になる季節は、肌の様子を確認しながらですが、数時間置きに付けるようにしましょう。

■衣服のニオイへの対策としての利用方法

衣類を洗濯するときに、すすぎの段階で100cc程度を混ぜると、衣類のニオイを取ることができます。

また、天気が悪いときには部屋干しをされる方もいらっしゃると思いますが、部屋干しで出る特有のニオイも、ミョウバン水の効果で想像以上に抑制することができます。

梅雨時期など、ぜひ試してみてください。

■体全体のニオイへの対策としての利用方法

こちらも、とても簡単です。

入浴の際に、入浴剤として50ccほどお風呂に入れてください。

ニオイへの対策としても極めて有効ですが、アトピーやあせもへの対策としても有効です。

ただし、小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、濃度を薄くして利用してください。

お子様の肌に異常が無いことを確認して利用するようにしましょう。

【番外編】ミョウバン水の効果を体以外へ活用

ミョウバン水の原液の保存期間はおおよそ、1ヶ月を目安にしてください。

薄めたミョウバン水でしたら、1週間を目安に使い切るようにしましょう。

また、「ミョウバン水から異臭がする」「浮遊物がある」といった場合は、使用せずに破棄するようにしましょう。

100均で購入したもので作ったものだとしても、無駄にはしたくないですよね。

ミョウバンの効果を、日常生活に有効に活用する方法をここでは、ご紹介します。

■室内の掃除として利用する方法

ミョウバンの持っている殺菌効果は、水周りに発生した、カビの除去にも利用できます。

また、発生しやすい場所にあらかじめ噴霧することで、カビの発生を抑制することもできます。

この場合は、薄めたりせず原液で利用されても問題ありません。

使用しなくなった歯ブラシなどを利用して発生したカビを落とすと、思った以上の効果を感じることができると思いますよ。

■鍋やフライパンの焦げ落としに利用する方法

ミョウバンの持っている洗浄効果は、焦げのついた鍋やフライパンの掃除にも有効です。

掃除のやり方としては、焦げの付いてしまった鍋やフライパンにミョウバン水の原液を入れます。

この時に、焦げの部分が隠れるまで原液を入れてください。

その後、火に掛けて沸騰するまで待ちます。

沸騰したら、火を止めてそのまま冷えるまで待ちます。

その後、いつも通りにスポンジなどでこすると、焦げが落ちやすくなっていることが確認できると思います。

■室内でペットを飼われている方へ

ペットのおしっこのニオイ、気になっている方はいらっしゃいませんか?

おしっこのニオイの原因も、汗と同じアンモニアです。

酸性のミョウバン水には、中和により消臭効果がありますので、ニオイの気になるところへ、原液を直接噴霧してください。

ミョウバン自体は、私たちが口にする食品にも含まれていますので、大事なペットが舐めてしまっても安全です。

おしっこの嫌なニオイが少なくなっていることが、確認できると思います。

100均でも購入できるミョウバンに危険性は無いのか

ここまで、100均でも購入できて、簡単で便利なミョウバン水についてご紹介しましたが、ミョウバンは本当に体に害が無いのでしょうか?

ミョウバンは、昔から食品のあく抜きに利用していたり、井戸水の浄化に利用していましたので、人体には影響が無いとされていました。

近年の研究では、ミョウバンにはアルミニウムが含まれているため、人体に影響がある懸念が示される結果も出ているようです。

しかしながら、厚生労働省によると、食料に含まれるアルミニウムの摂取は体重1kg、1週間で2mgという基準を設けています。

この量を超える可能性は、ほぼありえない数値です。

たとえば、体重60kgの方の場合、アルミニウムの1週間の摂取量は12gとなります。

ミョウバン、100gに含まれるアルミニウムの量はおおよそ、10gです。

となると、基準を超える量を直接口から体内に取り入れるわけではなく、消臭・殺菌効果として利用する場合においては、「副作用につながる可能性は考えにくい」と言えるでしょう。

手軽で安く便利なミョウバンを快適な生活に役立てよう!

毎日の体のニオイの対策に、高価な石鹸や消臭スプレーを使い続けるのは、大変ですよね。

特に汗の気になる季節は、こまめに対策をしたいものです。

100均でも購入できる手軽な対策として、ミョウバンはとても有効です。

体に直接噴霧するだけではなく、日常生活の至るところで利用できますので、正しい利用方法を理解して、気になるニオイ対策に有効に活用してください。