休日は手作り石鹸や泡アートで子供とたくさん遊ぼう!

DIY

仕事がない休日は、子供とたくさん遊んであげたいですよね。

しかし、いざ遊びに行こうと思うと、天候が不安定で外に出られないということもあります。

アクティブな遊びが得意とするお父さんたちが困ってしまうのが、室内での遊びかたです。

そこで今回は、石鹸を使った遊びかたをいくつかご紹介します。

楽しいだけじゃなく、石鹸アートで子供の感性を刺激してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミョウバンで嫌なニオイを消臭!靴のニオイ対策に最適!

男性の悩みの中でも上位に食い込んでくるであろう、靴のニオイ。靴のニオイにお悩みの方は、足が蒸れる...

衣類から漂う雑巾のような嫌な臭いの原因と対策を徹底解説!

掃除のために使う雑巾が臭いこと、よくありませんか。でも、雑巾臭はそれだけではないのです。汗を...

美容のためにマッサージをしよう!小顔効果が期待できる?

様々な美容方法がありますが、その中で今回おすすめしたいのがリンパマッサージです。リンパの流れを改...

初めのヘルスケアはウォーキング!歩数と距離の関係はある?

歳を重ねるごとに気になってくるものにヘルスケアがありますよね。「若い頃は健康なんて気にせずに元気...

汗をかくほどカロリーが消費できる!?汗とカロリーの関係

汗をかけばかくほど、カロリーが消費されるイメージありませんか?「夏などに暑くて出る汗は、カロリー...

鼻毛ワックス脱毛でスッキリしよう!痛みを軽減するコツは?

鼻毛は、いつの間にか静かに出てくる割に、抜群の存在感を示す嫌われ者です。鼻から毛が出ているだけで...

バスタオルの嫌な臭いも今話題の「オキシクリーン」で除去!

真っ白に洗い上がり、魔法のようにキレイにしてくれると評判のオキシクリーン。汚れを落とすだけではな...

すね毛をカミソリで剃ると濃くなる?正しい剃り方とは!

すね毛が濃い男性は、カミソリを使用してきれいに剃ろうとする方が多いと思います。しかし、その剃り方...

健康な髪の毛には豊富な栄養が必要!髪に良い食べ物とは?

薄毛・抜け毛・白髪など、髪の毛に元気が無くて困っている男性はいませんか?もしかすると、髪の毛に必...

髪の毛を食べる虫なんているの!?それはお宅に潜む○○○○

「髪の毛を食べる虫がいる!」と聞くと驚きますよね。それは、あの黒い魔物の「ゴキブリ」です。男...

使っても身体に害はない?石鹸に含まれる成分は危険なの?

身体の汚れを取り除いてくれる石鹸は、私たちの衛生的な日常の暮らしに欠かせません。しかし、その成分...

男性でも紫外線対策は必須!日焼け止めを効果的に塗るには?

女性は日頃から紫外線を気にして、日焼け止めを利用している人が多いですよね。しかし、男性のみなさん...

顎が長いと非イケメンとは限らない!顎の長さを活かす髪型

「顎が長いね。」と言われて、誉め言葉だと受け取れる人は少ないかもしれませんが、顎が長くてもイケメンな...

耳垢のカサカサとした音が気になる!取れない耳垢の対処法

ふと頭を動かしたときに、耳垢のカサカサとした音が気になることがありませんか。ちょっとした音でも、...

石鹸の泡立ては必要ない!手も顔も体も泡ポンプで時短する!

石鹸を泡立てるのは意外と大変です。時間もかかりますし、きめ細かい泡をつくるのも難しいですよね。...

スポンサーリンク

子供と一緒に作る手作り石鹸

はじめにご提案するのは、手作り石鹸です。

学校の自由研究にもなりそうな遊びですよ。

石鹸の作り方はたくさんありますが、そのなかでも比較的簡単に、そして子供と作れる石鹸の作り方をご紹介します。

★グリセリンソープ

グリセリンは、バーム油などを原料にしたアルコールの一種です。

石鹸に使われるほか、化粧品の保湿剤としても利用されています。

水やお湯に溶けやすく、肌に石鹸の成分が残りにくいので、赤ちゃんや肌の弱い子供でも使える石鹸ですよ。

ただし、グリセリンが肌に合わないかたもいらっしゃるので、その場合は水を使用しましょう。

透明な石鹸がベースになるため、色付けをしたり、アロマオイルを入れて香りを楽しむこともできます。

ひとつとして同じものがないので、子供のアート性も刺激できることでしょう。

子供と一緒に簡単に作れるグリセリンソープの作り方をご紹介します。

子供のアート性を育むために見守る

ではさっそく、グリセリンソープの作り方を解説していきます。

【用意するもの】

・グリセリンソープクリア
・シリコン型
・ナイフ(包丁)
・耐熱容器
・割り箸などの棒

〈オリジナル石鹸にするアイテム〉
・食紅
・アロマオイル

【作り方】

①グリセリンソープを細かく刻み、耐熱容器に入れて電子レンジで10秒加熱して溶かしていきましょう。

溶けていないようなら、様子を見ながら再度加熱します。

電子レンジでなくても、湯煎でも溶かすことができますよ。

②グリセリンが溶けたら食紅で色を付けたり、アロマオイルをたらして香り付けしましょう。

色を付けるときは気泡ができないように気を付けて、棒を使ってしっかりと混ぜ合わせてください。

たくさんの色付けをしたい場合は、溶けたグリセリンを何個かに分けて、それぞれに色付けをしてみましょうね。

アート性を育むためにも、お父さんは子供のやりたいように見守ります。

③お花や動物などのシリコン型に、②を流し入れます。

意外とすぐに固まってしまうので、混ぜて型に流し込む工程は素早く行いましょうね。

このときヤケドをしてしまったら大変なので、子供ではなくお父さんが手伝ってあげてください。

冷蔵庫に入れて一晩置き、固まったら取り出して完成です。

アート性がアップするアイデア

はじめての石鹸作りだと、どのようにデザインしていけばいいのか、子供もお父さんも悩んでしまいますよね。

そこで、前項でご紹介したグリセリンソープの作り方で、アート性を高めるアイデアをこっそりお伝えします。

子供がどんなデザインにしようか手が止まってしまったとき、参考にしてみてくださいね。

★まるでアイスキャンディー

アイスキャンディーを作る型に、溶かしたグリセリンソープを流し入れます。

そこに、よく洗って乾かしたアイスの棒を付けて固めれば、見た目にも楽しいアイスキャンディー型の石鹸ができあがります。

個人で楽しめることはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。

★ハーブでアート性がアップ

アロマオイルで香りをつけるのと同時に、ハーブを加えてみると、おしゃれな石鹸ができあがります。

石鹸のなかにハーブが入っていると、なんだか幻想的でアート性がグッとアップしますよ。

お風呂で楽しむ石鹸泡アート

手作り石鹸は、グリセリンソープを溶かす工程と、流し入れる工程をお父さんが手伝ってあげれば、小さな子供でも一緒に作れます。

しかし、危険や事故が子供に及ばないように、しっかりと見守ってあげましょうね。

なにかを作るときは、事前に危険なこと、してはいけないことを子供に話します。

約束を守れてこそ、楽しく遊べることを教えてあげましょうね。

次にご提案するのは、お風呂での楽しみかたです。

モチモチとした石鹸の泡を使った泡アートが、インターネットで話題になっています。

気温の高い夏は昼間にお風呂プールで楽しむのもよし、寒い冬は泡アートをしながら体を芯から温められますよ。

石鹸の泡を子供の頭や顔、体に付けて、楽しんでみましょう。

それでは、石鹸を濃厚なモチモチ泡にするコツをご紹介します。

①洗面器を用意して、水を50~80ccほど入れます。

より濃厚な泡にしたいときは、水の量を減らしてみてください。

②①の水に泡立てネットを浸して、水を含ませます。

③石鹸を手に持ち、泡立てネットにこすり付けていきましょう。

途中、洗面器に残っている水を加えながら泡立てていきましょうね。

1~2分ほどで、クリーミーな濃厚泡ができあがります。

できあがった泡を使って、泡アートを楽しんでみましょう。

ナイフ1本で石鹸アート

ここからは、少し難易度の高い石鹸アートをご紹介します。

専用のナイフを使っていくので、ナイフの危険性について理解できる年齢の子供と行いましょう。

子供のみならず、大人もはまってしまうほど楽しめますよ。

石鹸を専用のナイフで彫っていくソープカービングは、市販で販売されている石鹸でもできますが、できるだけ柔らかい石鹸を使いましょう。

そのほうが、彫りやすいからです。

硬い石鹸でも、電子レンジで10秒程あたためると扱いやすくなります。

ただし、何度も加熱すると硬くなってしまうので注意してください。

石鹸を削っていくナイフですが、カービングナイフを使いましょう。

刃の長さや素材など多数存在しますが、どれも刃がうすくて切れ味が鋭いので、子供の取り扱いには十分に気を付けてください。

学校の図工で使う彫刻刀でもできますが、専用のナイフを使ったほうが細かい細工はできます。

子供も大人も夢中になるソープカービング

石鹸アートではじめに取得しておきたいのが、カービングナイフの持ち方です。

ひとつめの持ち方としては、鉛筆を持つのと同じようにナイフを持ちます。

薬指を石鹸に付けて固定し、彫り進めてみましょう。

細かいところや曲線で切り込みを入れるときの握り方です。

ふたつめの持ち方は、柄の部分を握る持ち方になります。

石鹸に人差し指を付けて固定し、親指でナイフの背を押しながら奥に削っていきましょう。

薄く彫りたい場所や、小さな石鹸を彫るときに便利な持ち方です。

ソープカービングの彫り方やデザインは色々あるので、インターネットやソープカービングの講座で学んでみましょう。

バラやダリアなどの花を彫ることもできますし、子供の好きなキャラクターも彫れるので飽きません。

鑑賞用に部屋に飾ると、石鹸のいい香りがしてきますよ。

子供と一緒に作ることで愛着が持てますし、たまには集中して過ごす時間があってもいいですよね。

真剣に楽しく遊ぼう

普段は仕事が忙しく、子供との時間がなかなかとれないかと思います。

休みのときこそ、子供と向き合って楽しく遊びましょう。

子供も大人も夢中になってできる手作り石鹸や泡アート、ソープカービングをして、楽しい休日にしてくださいね。

大人も真剣になって取り組む姿勢は、子供の目にも映っていますよ。