SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

洋服についた汗の黄ばみは自宅クリーニングでも取れる!?

2018.7.14

暑い時期は、汗じみが気になりますね。

汗じみを放置しておくと、黄ばみの原因にもなります。

洋服についてしまった黄ばみは、自宅クリーニングでも取れるのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

汗をかいたら服が塩をふくように!?原因や洗濯方法をご紹介

これまでに仕事などで汗をかいたときに、「汗で服に塩をふく」ような跡がついてしまった経験はありませ...

汗や湿気で前髪がうねる!改善策やアレンジ方法をご紹介!

汗をかいた日や、湿気が多い日に前髪のセットをしても「崩れてしまった」そんな経験はありますか? ...

男性のムダ毛処理はどこをすべき?その頻度はどのくらい?

近年では、男性の美意識がとても高く、清潔感のある男性が増えています。 そのような男性の中には、...

愛用品になるかも!ミョウバン水の作り方はとても簡単

ミョウバンというと、ウニを固めたりナスの漬物の発色を良くしたりするアイテムでもありますが、ミョウ...

睡眠不足と心臓の違和感にはどんな関係が?原因と改善法とは

みなさんは、睡眠をしっかり取れていますか? 仕事を頑張る多忙な男性など、睡眠不足になりがちで、...

バスタオルが臭い?嫌な臭いを取る方法や洗濯槽の掃除方法

普段使っているバスタオルで、生乾きなどの嫌な臭いがするということはありませんか? 嫌な臭いがす...

汗をかいたら拭く?拭かない?どちらが良いのかを解説!

汗をかいたらすぐタオルなどで拭くという男性も多いのではないでしょうか。 ダラダラと流れてくる汗...

汗による脇部分の黄ばみの原因!染みついた黄ばみは取れる?

汗をかくと、衣類の脇部分が黄ばんでしまうことがありませんか? この黄ばみは白い衣類だと特に目立...

ゴミ箱のイヤな臭いを消したい方必見!効果的に洗う方法は?

燃えるゴミの日に、ゴミをまとめて捨てたはずなのに、「ゴミ箱自体が臭い…」というお悩みをお持ちの方...

水虫がうつるのを予防するために!その対策法と足ケアとは!

朝から晩まで働く男性にとって、水虫は足トラブルの一つです。 特に、高温多湿で蒸れやすい夏の時期...

紫外線の量は時間帯や天気で違う?日焼け防止など対策が大切

紫外線はしわやたるみなど肌トラブルを招く最大の敵と言えます。 紫外線によるお肌の悩みを持ってい...

ストレスにはチョコレートに含まれるgabaがいいって本当!?

「gaba(ギャバ)」には、ストレスを軽減する効果があると言われています。 gabaがたくさん含...

加齢臭対応のボディソープをご紹介!資生堂と加齢臭の関係

「最近、枕が臭い…」と奥様に言われたことのある男性もいらっしゃるのではないでしょうか。 40歳...

ミョウバン水で靴を除菌!その他さまざまな消臭方法もご紹介

たとえどんなにイケメンだとしても、飲食店などで靴を脱いだ瞬間に足の臭いが漂うような人は幻滅してし...

汗をかくほどカロリーが消費できる!?汗とカロリーの関係

汗をかけばかくほど、カロリーが消費されるイメージありませんか? 「夏などに暑くて出る汗は、カロ...

スポンサーリンク

汗をかくとなぜ洋服が黄ばむのか?

毎日洗濯をしていても、汗によって洋服が黄ばんでしまうことは珍しいことではありません。

洋服が黄ばむと、どうしても不潔な印象を与えてしまいます。

ではなぜ、このように黄ばんでしまうのでしょうか。

黄ばみの原因は、汗から出る「皮脂と汚れ」です。

皮脂は、空気に触れて酸化すると黄ばみを引き起こします。

また、黄ばみを放置していると、黒ずみに発展します。

この黒ずみは、皮脂汚れが蓄積することでできる汚れです。

これらの汚れが洗濯では落ちきらないのには、いくつか理由があります。

まず、洗濯を時短で行っている場合です。

洗濯時間を短縮した時短コースは、「洗い」や「すすぎ」の回数が標準コースよりも少ないです。

そのため、汚れがしっかりと落としきれないことがあります。

黄ばみが気になる人は、「標準コース」を選択して洗うようにしましょう。

また、長い間洗濯せずに放置してしまったことも原因の1つです。

洗濯までの時間が空いてしまうと、皮脂の酸化が進むので汚れが落ちにくくなります。

1人暮らしの方ですと、どうしてもまとめて洗うという方も多いかと思いますが、黄ばみが気になるTシャツやワイシャツなどはすぐに洗濯することが黄ばませないポイントです。

しかし、一度黄ばみがつくと洗濯ではなかなか落とすことができません。

今回は、自宅でできるクリーニング法について考えてみましょう。

汗の黄ばみを落とすためのアイテムと注意点

自宅クリーニングに使用するアイテムをご紹介していきます。

汗によってできてしまった黄ばみを落とすには、漂白剤が効果的です。

ですが、洋服の中には、漂白剤の使用を禁止しているものもあります。

まずは、洋服についているタグの標識を確認してみましょう。

今までは、漂白の記号に三角フラスコが使用されていましたが、今では三角形のマークが漂白の意味を示しています。

また、三角マークの中にも斜め線が引いてあるものがあります。

これは、酸素系漂白剤は使用できますが、塩素系漂白剤は使用できないことを表しています。

そして、三角マークに×が書かれているものは、どちらの漂白剤の使用も禁止ということです。

先ほど少し触れましたが、漂白剤には2つの種類があります。

1つは、「塩素系漂白剤」です。

この漂白剤は最も漂白力が強いので、白いTシャツやワイシャツに適していますが、効果が高いゆえに服の生地を傷めてしまうこともあります。

また、色ものや柄の入ったシャツでは使うことはできないので注意してください。

もう1つが「酸素系漂白剤」です。

こちらの漂白剤は、基本的には生地を傷めることなく、汚れを落としてくれる漂白剤です。

また、色ものや柄の入ったシャツでも使用が可能です。

軽度から中度の黄ばみを落とす!自宅クリーニング方法

まずは、軽度の黄ばみを落とす自宅クリーニングの方法からお伝えしていきます。

●軽度な黄ばみ

1.洗面器などにお湯をため、規定量の漂白剤を溶かします。(ここでは酸素系漂白剤を使用)

2.軽度の黄ばみのTシャツやワイシャツを入れ、20~30分つけおきします。

3.黄ばみが落ちたら、よくすすぎ、洗濯機でいつもどおり洗濯をして完了です。

漂白剤は40度以上のお湯を使用することで、本来の効果を発揮します。

つけ置きするときは、必ずお湯を使用しましょう。

そして、この方法はあくまでも軽度な黄ばみに対しての方法です。

日にちが経ってしまったものは、この方法では黄ばみが落ちない可能性もあります。

●中度な黄ばみ

単純につけ置きだけでは、落とせなかった黄ばみを落とす方法をご紹介します。

1.黄ばみが気になるところに、食器用洗剤を直接かけ、歯ブラシなどで軽く擦ります。

2.汚れが浮き出たら、漂白剤を溶いたお湯の中にいれ、20~30分つけ置きします。

3.洗濯機でいつもどおり洗濯をして完了です。

中度な黄ばみには、食器用洗剤を使って歯ブラシなどで汚れを掻き出しましょう。

その際、強くゴシゴシと擦ると、生地を傷めることになりますので、優しく擦ることが大切です。

また、柄ものや色ものは色落ちしてしまうことがあるので、注意しましょう。

しかし、汗や汚れを長らく放置してしまった場合、上記の方法でも黄ばみが落ちない場合もあるでしょう。

ガンコな黄ばみの洗濯方法をお伝えします。

重度な黄ばみを落とす!自宅クリーニング方法①

汗から出る皮脂の汚れは、時間が経てば経つほどに落ちにくくなります。

黄ばんでしまってからだいぶ時間が経ってしまったものは、煮洗い、または重曹を使って落としていきましょう。

早速、自宅クリーニング方法をご紹介します。

●煮洗いの方法

「洋服を煮る」と聞くと驚かれる方も多いかと思いますが、ガンコな黄ばみにはこの煮る作業がとても効果的です。

というのも、人の皮脂は、高温で煮ることで汚れが落ちやすくなるといわれています。

この方法は、クリーニング屋さんでも行っている作業なので、その効果の高さが分かりますね。

しかし、煮洗いは生地に大変負担をかける洗い方です。

そのため、生地の痛みや色落ちの原因にもなってしまうことがあるので、それを理解した上で行ってください。

1.まず鍋1リットルにつき、漂白剤を小さじ1杯、洗濯用洗剤を小さじ2杯溶かします。

2.溶けたら、弱火にして火をかけます。

3.黄ばんでしまった服を入れ、30分程度弱火で煮ていきます。

4.30分経ったら、火を止めその状態のまま1日放置します。

煮洗いは、生地を傷めてしまうなどのデメリットもありますが、黄ばみを落とす効果としては非常に高いものです。

また、煮沸することで、殺菌消毒ができるので嫌な臭いを消す効果も期待できます。

重度な黄ばみを落とす!自宅クリーニング方法②

洋服についてしまった重度な黄ばみには、重曹もおすすめです。

重曹は、洋服だけでなく掃除などにもいろいろ活用できる万能アイテムです。

また、100円ショップやホームセンターでも手軽に入手することができます。

早速、重曹を使った自宅クリーニング方法をお伝えしていきます。

1.重曹と漂白剤を1:2の割合で混ぜ、ペースト状を作ります。

2.気になる黄ばみに、先ほど作ったペーストを塗っていきます。

3.黄ばみを浮き上がらせるために、ドライヤーの温風を当てます。

4.通常の洗濯をして完成です。

汗による黄ばみを除去する方法としては、先ほどご紹介した煮洗いも効果的なのですが、生地への負担は大きくなってしまいます。

重曹を使った方法は、黄ばみ部分だけにつけるので生地への負担は少なくなります。

黄ばみだけでなく、臭いや殺菌効果を得るためには煮洗いを、他の場合は重曹を使ってガンコな黄ばみを落としていきましょう。

汗からの黄ばみを予防する方法

1人暮らしなどの場合、洗濯はまとめて洗う方も多いと思います。

しかし、汗から出る皮脂や汚れは時間が経つごとに落ちにくく、黄ばみの原因になってしまいます。

洋服の黄ばみを防ぐためには、やはりこまめに洗濯することが重要になります。

また、洋服を着る前にある工夫をすることで、黄ばみにくくなります。

対策としては、以下の通りです。

・防水スプレーをかける
・ベビーパウダーをつける

防水スプレーは防水の名の通り、汗を弾きますので、黄ばみや汚れがつきにくくなります。

また、ベビーパウダーは汗や皮脂を吸収する効果があり、生地も傷めることがないのでおすすめです。

これらの予防策にいたっては、洋服を着る前に行うとよいでしょう。

さらに、自宅クリーニングを行うときは、黄ばみにくい洗剤や漂白剤を塗布して洗濯すると、汚れ落ちがよくなる上、黄ばみにくくなる効果が期待できます。

洋服の黄ばみは自宅でも取れる

お気に入りの洋服が黄ばんでしまったら、ショックですよね。

自宅の洗濯でもきれいにならない場合は、クリーニング店に出すか、処分するかで悩まれると思います。

ここでご紹介した方法は、どれも簡単にできるものばかりです。

諦める前に、自分で黄ばみをスッキリと落としてみませんか?

 - 体臭の悩み