SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

眉毛はメンズも書く時代!あなたも理想の眉を手に入れよう!

2018.6.24

あなたは【眉毛のお手入れ】していますか?

眉毛は思っているよりも、人からよく見られているパーツです。

しかし、「お手入れの方法がわからない…」、「やってみたけれど、上手に書くことができなかった…」といったお悩みを持つ男性は多いようです。

今回はそんな悩めるメンズの皆様に、整った眉毛を手に入れるための情報をいくつかお届けします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

濃い眉毛を薄くするには?清潔感のある眉の切り方

眉毛が濃いとそこばかりが強調されてしまい、思いのほかキツイ印象を持たれてしまいます。 「整えた...

理想の眉毛の形はへの字?男性の眉はどんな形が良いの?

男性の身だしなみの1つでもある「眉毛」。 眉毛の形だけで顔の印象は大きく変わります。 ...

モテる眉毛の整え方とは?男性でも簡単にできる!

男性のみなさん、眉毛をきちんと整えていますか? 眉毛は、顔の印象を大きく左右する重要なポイント...

眉毛をチェンジ!角度や太さを変えて「脱!きつい印象!」

周囲から「近寄りにくい」や「話かけづらい」といった、きつい印象を持たれていませんか? 「第一印...

眉毛の書き方をマスターしよう!男性も手入れでカッコよく!

ひと昔前は、男性はお肌や眉毛の手入れをすることはあまりありませんでした。 しかし、今では男性も...

眉毛からイメチェン!長さをmmごとに変えると印象も変わる!

人の第一印象は、「見た目」でほとんど決まってしまうことをご存知ですか? 特に、眉毛はその人がど...

眉毛の形でイメージチェンジ?角度を変えると印象も変わる!

女性だけでなく、男性でも眉毛を整えている人はいるでしょう。 男性が眉毛を整える際、ただムダ毛を...

眉毛が太いというお悩みに!細くしたい眉毛の上手な整え方!

眉毛が太いことに悩んでいる男性は多いと思います。 また、「眉毛を細くしたいけれど、いざ手入れを...

眉毛は理容室や美容院で整えられる?男性必須エチケット!

みなさんは、眉毛のお手入れをしていますか? 眉毛のお手入れは男性にも必要なエチケットの一部とな...

眉毛白髪を何とかしたい!黒染めの方法とやり方・注意点

眉毛の白髪が増えてきたら、顔の印象が老けて見えてしまうので、早めに対処したいものですよね。 抜...

眉毛の染め方は?髪との違和感をなくして男の眉毛を作ろう

男性であっても日常的に髪を染めていれば、髪の色を含めた全身でのオシャレを楽しむことができます。 ...

眉毛のお手入れで印象が変わる?!パッとしない男性必見!

みなさんは、眉毛のお手入れをしていますか? 年代によっては、男性はお手入れをしていないという方...

眉毛が剛毛で困っている男性必見!正しい整え方をご紹介

男性で眉毛が剛毛な場合、ひと昔なら「男らしい眉毛!」と思われたかもしれません。 しかし、現在は...

眉毛が整っていない男性は時代遅れ?手入れでイメージアップ

近頃は、男性でも眉毛の手入れをしている人が増えています。 眉毛が整っていると清潔感があることか...

【モテ眉デビュー】眉毛のお手入れ道具は100均で買える!

生まれてからこのかた、眉毛をいじったことがない、という男性の方も多いかもしれません。 放って置く...

スポンサーリンク

メンズが眉毛を書くメリットってなんだろう?

そもそも、眉毛を書いたり整えたりすることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

実は、眉毛は顔の中でも、印象を左右させる重要なパーツだと言われています。

【顔の印象の8割が眉毛で決まる】という検証結果もあるほどです。

眉毛には、左右のバランスはもちろん、長さや太さ、濃さや薄さなど様々な個性があります。

こういった個性を捉えて、きちんと整えることで好印象を与えることができます。

例えば、もし眉毛が太くてボサボサしている場合、切り揃えて足りない箇所を書き足してみます。

すると、一気に清潔感が増して、さわやかな好印象になります。

眉毛が薄い場合は、全体的に足りない部分を補っていくイメージで書くことによって、信頼感のあるキリッとした顔立ちに変わります。

このように、それぞれの人に合った整え方や書き方をすることで、顔の印象を一気に改善することができます。

自分に合ったメンズ眉毛のお手入れ方法を見つけていくこともポイントです。

一度鏡を見て、ご自身の眉毛を観察してみるのも良いかもしれません。

女性の目が気になる!眉毛を書くメンズの印象は?

やはり気になるのは、何と言っても【女性の視線】ですよね。

眉毛を書くこともメイクの一種であり、なんとなく抵抗感を持つ男性もいらっしゃるかもしれません。

しかし、恥ずかしがる必要はありません。

ファンデーションをベタベタ塗っているわけではありませんし、眉毛を書いている男性は意外と多いです。

男性専用の化粧品やスキンケア用品も、気軽にドラッグストアで手に取れる時代になってきています。

しかし、実際のところ、お化粧をする男性のことを女性はどう思っているのでしょうか。

あるアンケートの結果では、好印象を抱く女性が過半数となったとあります。

その中には、「見た目に気を使うのは良いことだ」、「意識が高くてカッコイイ」といった意見が多いようです。

また、一方で「メンズがお化粧をしているのはちょっと苦手…」といった、マイナスイメージを持たれる方も少なくはありません。

でも、大丈夫です。

【化粧をしている】ということがバレなけば良いのです。

ナチュラルな仕上がりになるよう工夫をすれば、疑われる心配はありません。

不自然にならないよう、注意しながら書いていきましょう。

それでは次に、眉毛を書くために必要な準備やアイテムをお教えしていきます。

イケてる眉毛を手に入れよう!眉毛を書くための準備

では実際に、眉毛を書くための準備をしていきましょう。

まず眉毛の長さが均一になっていなかったり、ボサボサとしている場合は、切り揃える必要があります。

眉用ハサミ、眉用カミソリなどを使用して長さを揃えていきましょう。

眉用のコームで毛流れを整えると、切りやすくなりますし、短く切りすぎてしまう心配も少なくなります。

是非活用してみましょう。

また、眉毛は生えるのが早いので、毛抜きを使ってしっかりと抜いてしまえば、お手入れが楽になります。

眉毛の長さを整えることができたら、いよいよ眉毛を書く道具を用意していきましょう。

まず用意していただきたいのは、【アイブローブラシ】です。

スクリュー式のブラシの方が使いやすいです。

次に用意したいものは、色鉛筆のような見た目をしている、【アイブローペンシル】です。

やや硬めの芯のほうが、1本1本自然な眉毛を書くことができます。

小さなハケで粉を乗せていく、【アイブローパウダー】も使用していきますので、こちらも用意しておきましょう。

必ず髪の毛の色に合ったカラーをチョイスすることがポイントですので、注意しながら選んでください。

黒髪の方には、ダークグレーがおすすめです。

髪色の明るい方は、【眉マスカラ】を使用するとナチュラルな仕上がりになりますので、手に入れてみましょう。

これらのアイテムは、ドラッグストアや100円均一のお店でも販売していますが、店頭で購入することが恥ずかしい場合は、ネット通販を利用するのをおすすめします。

メンズ専用のアイテムを探してみるのもいいですね。

準備ができたら、いよいよ眉毛を書いていきましょう。

準備ができたら実践してみよう!正しい眉毛の書き方

ここでは、自然な眉毛の書き方をレクチャーしていきます。

是非参考にしてみてください。

①油分のオフ

ティッシュや油取り紙で、眉毛に付着している油分を取り除きます。

こうすることで、書き足した眉毛をより長持ちさせることができます。

②毛流れを整える

アイブローブラシを使い、眉毛の流れを整えます。

眉頭から眉尻に向かって優しくブラシを流していきます。

流れを整えることで、眉毛の足りない部分も書きやすくなります。

この一手間が自然な眉毛を書くためのポイントです。

③眉毛の形を縁取る

まず最初に、眉毛の上側のラインを縁取っていきます。

眉山の位置を決めて、眉山から眉尻にかけてラインを引きます。

その後、眉毛の形に沿って、眉頭から眉山までのラインを引きます。

これで上側の眉毛のラインが繋がりました。

そうしたら、次は眉毛の下側のラインを縁取ります。

上側の時と同様の手順で、眉山の下から眉尻までのラインを引き、最後に眉頭から眉山へとラインを繋げます。
これで眉毛の縁取りができました。

眉の角度が急になると、キツめの印象になってしまうので、眉山の位置取りには気をつけましょう。

④縁取りの中を埋める

先ほど縁取った枠の中を埋めていきます。

まずはアイブローペンシルで足りない部分を書き足します。

その後、軽くぼかしながらアイブローパウダーで埋めていきます。

以上がメンズの基本的な眉の書き方です。

初心者必見!メンズが眉毛を書くときのアドバイスを伝授!

初心者の方に意識していただきたい、メンズ眉毛の書き方のポイントはこちらです。

【1】1本1本、眉毛を書き足していく気持ちで書いていきましょう。

一気に書くと不自然な仕上がりになってしまいます。

やり過ぎは禁物ですので、あくまでも元の形を変え過ぎないよう眉毛の輪郭に沿って書き足しましょう。

【2】眉頭は薄めに書きましょう。

濃すぎると、いかにも書いている風の眉になってしまいます。

うまくできない方は、なるべくアイブローペンシルを使わずに、アイブローパウダーで仕上げてみましょう。

肩の力を入れずに、優しく握ると上手にできます。

【3】自分が書きにくいと思う眉の方から書きましょう。

自分が書きにくいと思う眉から書くと、バランスがとりやすくなります。

両方書けたら、左右のバランスがおかしくなっていないか比較してみましょう。

以上の3点がポイントです。

眉毛を書くことは、女性でも苦手な方が沢山いるほど難しいものです。

最初はうまくいかなくても、何度も練習することでコツを掴むことができます。

「自分でできない…」だったらメンズ眉毛のプロに任せよう!

「自分で頑張ってみたけれど、どうしても上手に書くことができない」という方には、メンズ専用の眉サロンに行くことをおすすめします。

メンズ専用の眉サロンなんて、聞いたことがないという方もいらっしゃると思います。

しかし、男性の【眉毛に対する意識】が変わってきているようで、どんどん店舗数が増えてきています。

試してみたいと思われた方は、是非一度足を運んでみてください。

まずは、ご自身のお住いの地域や通勤先の付近に、眉サロンがあるか調べてみましょう。

眉サロンでは、眉毛のタイプを診断し、その人に合った眉をデザインしてくれます。

もしも眉サロンが見つからない場合は、眉メニューがある美容室や美容院を探しましょう。

専門的な技術や施術法は、眉サロンよりも若干劣るかもしれませんが、十分に満足いく仕上がりが期待できます。

個人差はあるものの、およそ2週間~4週間は整った状態の眉毛がキープできるようです。

プロに任せれば、誰でも簡単に素敵な眉毛をゲットすることができますね。

眉毛が変われば、人生も変わる!

眉毛を整えると、顔のイメージが変わり、周囲からの印象も良くなります。

お手入れが慣れないうちは大変かもしれませんが、今回ご紹介した方法をマスターできるよう、練習してみてください。

【不自然にならないよう、あくまでも自然に】というポイントは絶対に守りましょう。

不器用な方は、プロに任せてしまいましょう。

きっと理想の眉毛を手に入れることができますよ。

 - 眉毛の悩み