肌に優しい髭剃りがしたい!敏感肌用シェーバーランキング

髭剃りを行ったあと、いつも肌が荒れてしまうという敏感肌の男性はいませんか?

実は髭剃りのトラブルで、最も多いのがカミソリ負けといわれています。

ここでは、髭剃り用品の中でも、敏感肌の男性におすすめしたいシェーバーをランキング形式でお伝えしていきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

t字カミソリの特徴を覚えて髭剃りのやり方をマスターしよう

毎日の髭剃りに、多くの方がt字カミソリを使用していると思います。しかし、t字カミソリは手軽に髭を...

髭にも育毛剤があるって知ってた?中でもおすすめはこれ!

「髭と育毛剤」この二つが結び付く方は、とてもお洒落な髭マイスターかもしれませんね。実は髭にも、髭...

髭剃り用カミソリの刃を復活させて長く使おう!その方法とは

髭剃りに使うカミソリ、すぐに切れないと感じることありませんか?実は、カミソリの刃の寿命は2週間ほ...

髭剃りに使うシェービング剤は泡かジェルどちらがいい?

髭剃りに使用するシェービング剤には、いくつか種類がありますが、代表的なのは「泡タイプ」と「ジェルタイ...

毎日の髭剃りを気持ち良く!最も重要なのは「刃の手入れ」!

髭剃りで大事なのは「刃の切れ味」ではないでしょうか。T字カミソリでも電気シェーバーでも、「刃の切...

毎日の髭剃りにおすすめ!肌弱い人にも大丈夫な髭の剃り方

肌の弱い人にとって、毎日の髭剃りは辛いですね。そんなに強くやっていないのにヒリヒリしたり、ひどい...

髭剃りは機内持ち込みできる?!国内線と国際線の違いは?

仕事やプライベートで飛行機に乗るとき、気になるのは手荷物検査です。なかには飛行機の機内持ち込みが...

T字カミソリを使った髭剃り!おすすめの方法と選び方

「朝から、髭を剃るの面倒くさい!」って思われたことないですか?しかし、男性にとってカミソリは日常...

髭剃り頻度はどのくらい?高校生で毎日剃っている人へ

「高校生になってから髭がやたら濃いんだけど、髭剃りってみんなどのくらいやってるの?」こんな風に疑...

髭剃りに使うシェーバーとカミソリ!その種類や特徴は?

男性は、身だしなみを整える上で髭剃りは欠かせません。髭剃りに使う道具といったら、「シェーバー」か...

髭剃りの刃は交換してる?交換タイミングと古い替刃の捨て方

皆さんは日頃髭剃りに使っているカミソリを、定期的に新しいものに交換していますか?使い捨てでも、替...

男でも髭面は嫌だ!生えないようにする方法はあるの?

最近、「メンズ脱毛」という言葉が流行っていますよね。「仕事や就職先で清潔な印象を与えたい」、「髭...

髭剃りアイテムのブラシやカミソリ、100均商品のおすすめ!

男性のみなさんは、髭剃りにどんなアイテムを使っていますか?理容室で使われているような、石鹸を泡立...

敏感肌の男性必見!髭剃り用シェーバーでおすすめなのは?

敏感肌の男性の場合、シェーバーを使って髭剃りを行ったとしても、カミソリ負けをしてしまうことがあります...

あなたの髭剃りは電動?手動のカミソリ?どっちが良いの?

清潔感を出すために、男性には欠かせない、毎日の髭剃りですが、電動とカミソリのどっちを使おうか迷ってい...

スポンサーリンク

髭剃りのあとカミソリ負けしてしまう理由は?

髭剃り後、肌が赤くなってしまったり、ヒリヒリとした痛みが出てしまうことってありますよね。

ひどい場合は、出血したりボツボツしたできものやかゆみを伴うこともあります。

このような症状を俗に「カミソリ負け」といいます。

カミソリ負けは、敏感肌の方のみに現れる症状かといいますと、実際はそんなことありません。

カミソリ負けが起こってしまう原因は、刃を強く肌に押し当てたり、何度も同じ場所を往復したりするなど、肌に大きな負荷を与えることが主な原因です。

無理な髭剃りによって肌が傷つくと、その傷口から細菌が侵入しこれらの症状が起こってしまいます。

さらにカミソリやシェーバーが不衛生な場合、これらに細菌が繁殖しさらに肌へのダメージを与えてしまうことになりかねません。

髭剃りに使う道具といえば、電動シェーバーとカミソリがありますが、一般的にカミソリの方が肌への負担が大きいといわれています。

もし敏感肌の男性の中で、カミソリを使用しているのならすぐに電動シェーバーに替えることをおすすめします。

ここでは、敏感肌の男性でも安心して使用できる、おすすめのシェーバーをランキング形式でお伝えしていきます。

敏感肌におすすめ!髭剃り用シェーバーランキング:第4位フィリップス「5000シリーズ」

まず、はじめにご紹介するのは、「フィリップス:5000シリーズ 27枚刃 S5050/05」です。

一般的なシェーバーは往復式といってその名前の通り、往復させることで髭を剃り落とします。

しかしフィリップスは、独自の3つの刃がそれぞれ動く回転式であるため、肌への負担を大幅に減少しています。

こちらのシェーバーは、カミソリと比べると約10倍も肌への優しさを実現したといわれており、敏感肌の方にもおすすめできるシェーバーです。

独自の3つのヘッドが肌に密着し、より多くの髭を剃り落とします。

さらに、お風呂でも使用できるため、髭が柔らかい状態で剃ることができ、さらに同時に保湿もできるため、カミソリ負けしやすい敏感肌の方にもおすすめできる商品です。

これは、敏感肌の男性にとっては非常に重要なポイントとなるでしょう。

参考価格:¥4,337

ただし、深剃りは向いていないので、髭が濃い男性には不向きかもしれません。

今までのシェーバーでは、カミソリ負けしてしまうという方でも、手軽に取りやすい価格帯であること、また、肌に優しい髭剃りができるという点から、ランキング第4位という結果になりました。

敏感肌におすすめ!髭剃り用シェーバーランキング:第3位パナソニック「ラムダッシュ」

日本ブランドであるパナソニックは、日本人の肌質や環境に合わせた物作りをしています。

その中でも、敏感肌におすすめなシェーバーは「ラムダッシュ 【5枚刃】 ES-CSV6Q-A」です。

こちらのシェーバーも、完全防水ですので、お風呂での髭剃りが可能です。

また、シェーバーの中でも最も刃数が多い5枚刃を採用しており、肌への負担を軽減しています。

さらに、ヘッド部分が全方向に動くため、肌の凸凹面もしっかりと密着し、剃り残しがしにくくなっています。

パナソニックは、深剃り、早剃りを得意としているメーカーではありますが、そういったメリットを残しつつ、肌への負担が少ないシェーバーとなっております。

以上の結果から第3位にランキングとなりました。

参考価格:¥25,026

敏感肌におすすめ!髭剃り用シェーバーランキング:第2位フィリップス「9000シリーズ」

ここでは、第2位にランキングづけしたシェーバーをご紹介します。

「フィリップス:9000シリーズ 72枚刃 S9551/12」

フィリップスのシェーバーは、肌に優しいことで有名ですが、その反面深剃りが苦手であることがデメリットとして挙げられることが多くありました。

しかし、この9000シリーズはその深剃り性能を飛躍的に向上させたモデルになります。

その理由に、「ダブルV字トラック刃」が採用されたことにあります。

ダブルV字トラック刃は、V字の内刃と外刃が髭を挟み込んで剃るというもので、より深剃りができるようになりました。

さらに、従来のモデルに比べ、外刃の厚みが3割ほど薄くなったことで、髭剃りへの性能もアップしています。

これまで「深剃りが苦手」というイメージを持たれがちだったフィリップスの概念を振り払ったモデルともいえるでしょう。

もちろん、お風呂場でも髭剃りが可能です。

敏感肌だけど深剃りしたいという人には、非常におすすめなモデルです。

参考価格:¥25,180

敏感肌におすすめ!髭剃り用シェーバーランキング:第1位フィリップス「7000シリーズ」

いよいよ、ランキング1位に位置づけしたおすすめのシェーバーをご紹介していきます。

「フィリップス:7000シリーズ 72枚刃 S7520/26」

フィリップスには、大きく分けて5000シリーズと7000シリーズ、そして9000シリーズがありますが、肌に最も優しいモデルとなるのが、この7000シリーズです。

こちらのシェーバーは、肌との摩擦を軽減させるために、シェービングヘッドに細かいビーズコーティングがなされています。

また敏感肌の方でも安心して髭剃りができるように、ジェントルプレシジョン刃を採用しています。

この刃は、肌当たりがよくなるように調整された外刃と、髭を根元から引き上げる内刃の作用によって肌に優しく深剃りができるようになっています。

さらに、ウェット剃りも可能なのでお風呂場での髭剃りにも対応します。

そのため、より一層優しく髭剃りをすることもできます。

こちらのシェーバーをランキング1位にした理由は、なによりも肌に優しいことです。

超敏感肌という男性や、どんなシェーバーでもカミソリ負けしてしまうというような方には、最もおすすめしたいモデルです。

参考価格:¥24,800

髭剃りの前に行っておきたいこと

ここまで、ランキング形式で敏感肌の男性でも安心して使えるシェーバーをご紹介してきました。

しかし、敏感肌の男性の場合、肌に優しいタイプのシェーバーといっても、肌荒れを引き起こすリスクは他の方に比べると高くなります。

ここでは、敏感肌の男性が髭剃り前に行っておくべきことをお伝えしておきます。

まず、髭剃りの前に、髭を柔らかくしておくことからはじめましょう。

実は髭は、銅線並みの硬さがあるといわれています。

そのため、髭を柔らかくしておかないと刃がつっかかり、肌へのダメージも大きくなります。

手っ取り早く髭を柔らかくするためには、まず洗顔をすることです。

洗顔をすることで、髭に水分が含まれ柔らかくなります。

さらに、柔らかくする方法として、蒸しタオルを使うことも有効です。

そして、シェーバーでもシェービング剤を利用したウェット剃りを行いましょう。

基本的にシェーバーはドライ剃りでも十分といわれていますが、やはりシェービング剤を使用した方が肌への負担は少なくなります。

ただし、シェーバーは機種によっては、ウェット剃りに対応していない機種もあります。

そういったシェーバーにシェービング剤を使用すると、故障の原因になりますので注意しましょう。

ここまでご紹介してきたシェーバーは、どれもウェット剃りに対応している機種ですので、もし選んでいただいた際は安心してシェービング剤をお使いいただくことができます。

肌の負担を軽減した髭剃り

敏感肌の男性の方は、髭剃り後のカミソリ負けに悩まれている方も多いと思います。

ここでご紹介したシェーバーは、どれも肌に優しいモデルになりますが、やはり肌への負担をより軽減させるためにも、しっかりと事前準備をして最高のコンディションで髭剃りを行ってください。

肌の負担が少しでも軽減できれば幸いです。