制汗剤で脇がかゆいのはなぜ?かゆみの原因と対策を知ろう!

脇汗が気になる男性が使うアイテムのなかに、制汗剤があります。

制汗剤は、汗をかきやすい夏場に使うと効果的ですよね。

しかし、使用している男性のなかには、制汗剤の使用で脇がかゆい症状がでてしまう方もいるようです。

何が原因でかゆみが発生してしまうのでしょうか。

かゆみの原因と対策を知り、正しい制汗剤の使い方を覚えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

臭い靴下をどうにかしたい!効果的な洗濯方法やその対策は?

「毎日ちゃんと洗濯をしているはずなのに、靴下の臭いが落ちない!」このようなことは、特に男性にとっ...

老け顔の特徴って?20代からオジサンと呼ばれたくないなら

「老け顔だね」と言われて、良い気持ちになる方は少ないと思います。しかし、子供は正直で残酷なもので...

耳垢がウェットになると汚れるイヤホン!その謎を解明しよう

音楽などをじっくり一人で楽しみたいときに使うイヤホンですが、使っていて外したあとに耳垢のような汚れが...

マスクの選び方!メガネの方なら曇り止めスポンジつき製品を

風邪をひいた時や予防のほか、花粉症対策やPM2.5対策など、マスクは様々な場面で必須のアイテムですよ...

男性に選ばれる石鹸!人気のボディ用固形石鹸の魅力とは?

体を洗うのに、男性の皆さんは何を使っていますか?最近では、ボディ用の液体ソープや泡ソープなど、男...

鼻毛カッターはどれにする?パナソニック製品を一挙に解説!

鼻から伸びてくる鼻毛を処理するためのアイテムのひとつに、鼻毛カッターがあります。価格が違うものか...

脂肪を燃やすには有酸素運動だけでなく筋トレも有効だった!

脂肪を燃やす運動としては、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が最も効果的だと言われています。...

キスの準備はOK!電動洗顔ブラシのメンズ向け人気商品を紹介

油ギッシュで毛穴の目立つ肌にうんざりしているのなら、「洗顔」を変えてみませんか?ただ素手で洗うの...

炭水化物を制限するメニューが増えている!糖質との違いは?

炭水化物を制限したメニューにすることで、ダイエットや糖尿病の予防をしようという方が増えています。...

暑い季節の悩み!気になる足の臭いと靴の臭いの原因と対策

毎日、仕事で一日中靴を履いていることが多く、帰りに立ち寄った居酒屋で靴を脱いだとたんに、「足の臭いが...

マスクをしながらはマナー違反!?接客の基本と心得とは

花粉の季節や乾燥した季節、お店の中とて環境はいいとは決して言えません。接客をする時、マスクをしな...

毛穴に白いポツポツがあった!発生理由と取り除くケアは?

すべすべで健やかなお肌は、若々しく健康的な印象を抱かせることにも直結しますよね。なるべく肌や毛穴...

続けるダイエット!手軽な運動で無理なくお腹を引き締める!

風呂上りの鏡に映る自分の姿、たるんだ胸にブヨブヨとだらしのないお腹。今まで幾度となくダイエットに...

スクラブはボディソープ使用前?使用後?順番やコツについて

スクラブの代表的な種類として、身体用と顔用があります。今回は、身体用であるボディスクラブに焦点を...

体型診断で理想のサイズを確認しよう!目指すは細マッチョ!

今やネットで体型のサイズ診断が簡単に出来る時代です。これは主にファッションや美容関係の会社が、販...

スポンサーリンク

制汗剤はどのような働きをしているの?

汗を抑えるといわれている制汗剤ですが、実際にどのように作用しているのか調べていきましょう。

まず、制汗剤には2つの要素がほとんどのものに含まれています。

〇収れん剤

〇抗菌剤

収れん剤は、汗をかくのを抑えます。

成分としては、「塩化アルミニウム」や「クロルヒドロキシアルミニウム」が収れん剤として含まれていることが多いようです。

収れん剤は、血管を縮める効果が期待できるといわれています。

血管を縮めることによって汗腺を小さくし、汗の分泌を抑えているのです。

つぎに、抗菌剤についてです。

抗菌剤は、汗をかいて脇が蒸れたりしたときに発生しやすい細菌の繁殖を抑える効果があります。

汗は、「エクリン腺」や「アポクリン腺」という汗腺から出てきますが、実は汗が出てすぐの状態では臭くありません。

しかし、汗をそのまま放置しておくと身体の表面の細菌が繁殖してしまい、汗が臭くなってしまうのです。

ですから、抗菌剤の作用は臭い対策のためにも大事だといえますね。

また、臭いを気にしないために、「香りをつけた」タイプの制汗剤もあります。

さて、制汗剤で脇がかゆい症状がでてしまう男性がいるようです。

原因について、次項で確認していきましょう。

制汗剤で脇がかゆい!原因を検証しよう

制汗剤で脇汗や臭いを抑えたいのに、脇がかゆい症状が出てしまっては辛いですよね。

脇がかゆくなってしまうのには、いくつかの工程が考えられます。

まず、制汗剤の使用によって汗腺が小さくなり、汗と皮脂が毛穴に詰まってしまうことがあります。

そして、皮脂や汚れがさらに毛穴に詰まった状態が続くと、炎症を引き起こしかゆみを生じてしまうというわけなのです。

また、汗を抑える効果が期待できるといわれる、塩化アルミニウムなどの収れん剤自体が肌に過敏に反応し、皮膚の炎症を起こしてしまうこともあります。

肌がもともと弱い男性などは制汗剤によって肌荒れが起き、余計に脇が不快な状態になることも考えられます。

また、制汗剤スプレーは汗腺の働きを無理やり抑えているともいえますので、肌が弱いタイプの男性でなくても、使用には注意が必要かもしれません。

制汗剤を効果的に使うには、正しい使い方を知ることが大事ですね。

次項から、制汗剤の使い方やタイミングをお伝えします。

脇がかゆい症状にならないために!制汗剤を使うタイミング

制汗剤を効果的に使いたい場合、いつ使うのがいいと思いますか?

それは、「汗をかく前」です。

臭い対策のためには、「汗をかいたときに使えばいいんじゃないの」と思われるかもしれませんが、それだと手遅れになってしまいます。

汗をかいている状態ですと、すでに汗腺は汗で埋まってしまい、制汗剤の効果が十分に発揮されないことが考えられます。

ですから、制汗剤は汗をかく前の使用が効果的なのです。

つぎに、制汗剤をつけるタイミングについてです。

実は、制汗剤は効果が24時間持続するといわれています。

ですから、会社などに出かける前のあわただしい時間帯よりも、夜寝る前に使用することもできます。

朝にシャワーを浴びる男性は、シャワーによって汗腺が水分や汗で埋まっていることがあり、制汗剤の効果が発揮されにくい場合もあります。

効果が翌日も続くのであれば、夜に落ち着いてつけるほうが効果が期待できますよね。

汗が制汗剤によってちゃんと抑えられれば、汗が出すぎて細菌が繁殖しすぎることも防げそうです。

脇がかゆい症状にもならないために、使うタイミングには気をつけましょう。

制汗剤の正しい使い方を知って脇がかゆい状態を防ごう

制汗剤の使い方を誤ると、脇がかゆい状態になってしまったりと肌トラブルを招きかねません。

ですから、正しい使い方をマスターしましょう。

①制汗剤の使用は、1箇所につき1回まで

何回もつけると、汗腺が詰まり過ぎたり殺菌剤の効果により常在菌が死んでしまう可能性があります。

②1回使用したら、3時間くらいは間を空ける

制汗剤の効果は24時間続くといわれていますが、あまりに効果が感じられない場合、再度使用したいときがあるかもしれません。

その場合でも、すぐにつけ直すのではなく、3時間くらいは間を空けてから使用してください。

③つけた制汗剤は、その日のうちに入浴で洗い流す

制汗剤は、人によっては肌に合わない場合もありますし、肌に問題がなくても後々肌荒れになってしまう恐れもあります。

ですから、制汗剤をつけたら、その日のうちにお風呂で洗い流すことを心掛けてください。

また、制汗剤に含まれる収れん剤が肌に合わない方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は直ちに使用をやめ、脇がかゆいなどの症状があるときは特に、医師の診察を受けてくださいね。

制汗剤ばかりに頼らないで!自分でもできる対策

制汗剤を使ったからといって汗をかかなくなるわけではありません。

ですから、制汗剤を使ったうえで、自分でも汗による臭い対策をしていきましょう。

〇汗を拭き取る

汗をかいて、細菌が繁殖するのには1~2時間かかるといわれています。

ですから、直ちに汗を拭けなくても、その間のどこかで汗を拭き取ってください。

乾いたタオルで軽く汗を拭き取るか、濡らしたタオルなどで拭くことが効果的です。

〇吸湿速乾性のあるインナーを着る

汗が乾かずにインナーが濡れていると、細菌の繁殖が盛んになってしまいます。

ですから、汗を素早く吸収し、すぐに乾かす効果が期待できるといわれているようなインナーを着ましょう。

汗をかき過ぎないことによって、肌のトラブルである脇がかゆいなどといった症状は未然に防ぐことができるはずです。

制汗剤の使用と合わせて、上記の対策をしてみてくださいね。

男性向けの制汗剤でおすすめをご紹介!

こちらでは、男性向けの制汗剤でおすすめのものをご紹介します。

〇デオナチュレ 男ソフトストーンW

スティックタイプになっている制汗剤ですので、簡単に塗ることができます。

ベストコスメ大賞にもなったことがある人気の商品です。

アルコールが入っておらず香料もないため、匂いも気になりません。

成分を確認すると、収れん剤として焼きミョウバンが使われています。

焼きミョウバンは自然素材のため、脇がかゆいなどの肌トラブルが少ないかもしれませんね。

「臭い対策には欠かせない」とか「暑い夏でも快適に過ごせる」などの意見があり、使い心地もいいようです。

〇バン デオドラントロールオン 高濃度ミルキータイプ

リキッドタイプの制汗剤ですので、肌にしっかりと密着してつけることができます。

メーカー表示を参照すると、収れん剤としてクロルヒドロキシアルミニウムを用いています。

塩化アルミニウムよりは肌に優しいクロルヒドロキシアルミニウムですので、脇のかゆみなども生じない可能性があります。

使い心地は、メントールの効果でひんやりとクールに感じます。

制汗剤は使い方を守って肌トラブルを防ごう

制汗剤の使用で肌にかゆみが生じてしまう場合は、汗腺が制汗剤の使用により小さくなり、皮脂や汚れがついてしまうことが原因として考えられます。

また、収れん剤である塩化アルミニウムがかゆみの原因となることもあります。

肌の刺激になってしまうこともある制汗剤ですので、使い方を守り肌に合ったものを選ぶようにしてくださいね。