おしゃれ髭男子必需品!ヒゲトリマーはフィリップスで決まり

男性にとってもフェイスケアはとても大切です。

特に、髭をたくわえたおしゃれ髭男子にとっては、髭のケアは欠かすことが出来ませんよね?

そこで、今おしゃれ髭男子の注目を集めているのが「ヒゲトリマー」です。

この注目を裏付けるかのように、各社メーカーがこぞってヒゲトリマーのラインナップを揃えています。

今回は、数ある種類の中から、フィリップスのヒゲトリマーに注目してみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヒゲを整えたいならヒゲトリマーを使おう!使い方をご紹介

ヒゲは、ただ伸ばしているだけでは無精ヒゲになってしまいますが、きちんとお手入れしてあればカッコよく自...

髭剃り徹底比較!パナのラムダッシュ対ブラウン・シリーズ9

髭剃りはほとんどの男性にとって日課ですよね。この機会に髭剃りの道具を最新の電動シェーバーに交換し...

髭の剃り跡に黒いのが目立つ…お悩みを解決しましょう!

髭をきれいに剃って、つるつるですっきりはするけど、剃り跡が黒く見える。このようなお悩みを抱えてい...

毎日の髭剃りを気持ち良く!最も重要なのは「刃の手入れ」!

髭剃りで大事なのは「刃の切れ味」ではないでしょうか。T字カミソリでも電気シェーバーでも、「刃の切...

気持ちいい髭剃り!床屋さんの道具「カミソリ」の違いとは?

床屋さんで行ってくれる髭剃りは、とても気持ちよく、仕上がりもさっぱりするため、男性の間でとても人気で...

髭にも育毛剤があるって知ってた?中でもおすすめはこれ!

「髭と育毛剤」この二つが結び付く方は、とてもお洒落な髭マイスターかもしれませんね。実は髭にも、髭...

男でも髭面は嫌だ!生えないようにする方法はあるの?

最近、「メンズ脱毛」という言葉が流行っていますよね。「仕事や就職先で清潔な印象を与えたい」、「髭...

T字カミソリを使った髭剃り!おすすめの方法と選び方

「朝から、髭を剃るの面倒くさい!」って思われたことないですか?しかし、男性にとってカミソリは日常...

髭剃りの刃はどのくらい使える?正しい交換のタイミングは?

髭剃りの刃は定期的に交換していますか?剃り味が悪くならない限り、刃を変えるタイミングは意外と忘れ...

おしゃれな髭の作り方!どんなスタイルが日本人におすすめ?

おしゃれな髭は、「ワイルドさ」や「男らしさ」が演出でき、カッコいいですよね。男性なら、一度は髭に...

肌を傷めず髭剃りをするために!替え刃の交換時期を知ろう!

男性のみなさんが、毎日の習慣として行なっている髭剃りですが、髭剃りに使っているカミソリや電気シェーバ...

髭剃り用カミソリの刃を復活させて長く使おう!その方法とは

髭剃りに使うカミソリ、すぐに切れないと感じることありませんか?実は、カミソリの刃の寿命は2週間ほ...

髭剃りで深剃りするコツ!シェーバーの正しい使い方

髭が濃い男性の場合、なるべく「深剃りしたい」と思う方もいるかと思います。しかし、シェーバーはカミ...

髭剃りを毎日すると肌によくない?正しい方法で肌を守ろう!

「髭剃りは、毎日するのが日課」という男性は多いと思います。しかし、髭を剃ったあとに肌がピリピリと...

髭剃りで肌荒れしやすい方に!敏感肌におすすめのシェーバー

髭剃りは毎日行うのが日課という男性も多いはず。しかし、髭剃りの問題といえば「肌荒れ」ですね。...

スポンサーリンク

そもそもヒゲトリマーとは一体何?

長さを揃え、形も整えられた綺麗な髭をたずさえた男性は、「デキる男」と一目置いてしまいますよね

おしゃれ髭男子は整った見た目を維持するため、密かに毎回苦労されることでしょう。

しかし、その面倒な髭ケアに、救世主のように現れたのが「ヒゲトリマー」なのです。

ヒゲトリマーを使うことで、面倒だった髭ケアを「おしゃれを楽しむ時間」に変えてくれたのです。

おしゃれ髭男子が注目するのも当然ですよね。

ヒゲトリマーは簡単に言ってしまえば、「髭剃りプラス髭専用のバリカン」です。

バリカンより幅が狭いので、細かい部分や細かい仕上がりの髭ケアが出来るのが特徴です。

また、アタッチメントを使っての長さ調節も、1mmから10mmと細かく設定が出来るうえ簡単に髭の長さを均一にしたトリミングも可能です。

ちょっとした時間で髭のおしゃれが出来るので、朝の忙しい時間に重宝されています。

また、通常のバリカンやハサミと異なり、肌への負担が少ないのが人気の秘密です。

この人気を裏付けるように、各メーカーがこぞってヒゲトリマーのラインナップを揃えています。

細かい多段階調整が魅力の「ブラウン」、刃の素材にこだわった「フィリップス」、高性能&多機能な「パナソニック」。

各社それぞれの武器を前面に出して、ヒゲトリマーにおいてしのぎを削っています。

ヒゲトリマー選びのチェックポイント

それでは、ヒゲトリマーを選ぶ際のチェックポイントはどのような点となるのかを見ていきましょう。

「自分の好きなメーカー」があれば、信頼できそうですよね。

ただ、前述のようにフィリップスをはじめ各社様々な特徴を持ってヒゲトリマー市場に打って出て来ています。

ここは、一つ好みのメーカーと共に、以下にご紹介するチェックポイントも念頭に置かれてはいかがでしょうか?

【電源方式】

最初のチェックポイントは電源方式です。

●充電式

「あぁっコードが邪魔!」なんて煩わしさがないのが、この充電式です。

防水性も兼ね備えていれば、お風呂での使用も可能と利便性はぐんっとアップします。

また、急速充電対応のものであれば、充電時間が短くなり更なる利便性アップに繋がります。

充電式の場合、併せて防水性に充電時間、使用可能時間はしっかり確認しましょう。

●充電・交流式

こちらは充電式、バッテリー切れの心配不要の交流式が兼ね備えられたものです。

充電しながら使えたり、使い分けができるのが特徴です。

●電池式

こちらは持ち運びに便利な電池式です。

旅行や出張などなど持ち運びに便利です。

【刃の枚数】

刃の枚数もヒゲトリマー選定では重要なポイントになります。

刃の枚数が多ければ多いほど、剃り残しが少ないです。

【長さ調節機能】

ヒゲトリマーの醍醐味でもある、髭の長さ調整機能です。

詳細に設定できるタイプ、または大まかである程度のタイプになります。

例えば、0.5mm単位で0.5から10mmの範囲を20段階で調整可能なタイプなどでは、仕上がりの程度を細かくコントロールすることができます。

ご自身との相性によって選びましょう。

【アタッチメント】

付属のアタッチメントの「ヒゲの長さが調節できるコーム」や「細かい所の毛を整えられるコーム」などでさまざまな利便性を追求出来ます。

どんなアタッチメントが付いているのかもチェックしておきましょう。

【メンテナンス】

メンテナンスを重視したい方は、防水性の有無をチェックしましょう。

水洗いができるとお手入れがラクです。

中には、刃先とコームだけが水洗いできるものもあります。

本体丸洗いができる、完全防水のモデルがおすすめです。

また、刃の切れ味維持の「自動研磨機能」など便利なものもあります。

刃の手入れ時のオイルさしの有無も重要で、オイル不要のモデルが楽ですね。

カットしたヒゲの吸引システムを搭載しているモデルであれば、後片付けも楽に出来ます。

以上のチェックポイントを選定時に必ずチェックして、ご自身の使い勝手の良いヒゲトリマーを選びましょう。

フィリップスのヒゲトリマーが人気の理由!

これまでに、ヒゲトリマーについて、更にはその選ぶ際のチェックポイントをご説明しました。

多方面から考慮して、やはりフィリップスのヒゲトリマーがおすすめになります。

実際に日本製品の素晴らしさは、家電に車など、あらゆる工業分野で高い評価を受けていますよね。

実は、電気シェーバーにおいても当てはまることで、販売シェアで見てみますと、断トツで日本製のパナソニックが高い評価を受けています。

そして、ドイツ製のブラウン、オランダ製のフィリップスと続きます。

大手の量販店でも、パナソニックの陳列が一番という感じがします。

しかし、店員さんに伺うと一番肌荒れしないのは、なんとフィリップスという回答が最も多かったのです。

これはどうやら「業界の常識」のようですね。

インターネットでも、「肌荒れしないシェーバーはフィリップス製」といった評価を多く見受けます。

デザインも他のメーカーと見比べるとスリムで、おしゃれな雰囲気がフィリップスの魅力です。

見た目だけでなく、もちろん性能も文句無し、フィリップスは独自の技術の開発に余念がありません。

しかし、パナソニックやブラウン、その他ヒゲトリマーを扱うメーカーそれぞれに特徴があります。

ヒゲトリマーの見た目にもこだわりたく、肌への負担が気になる方はフィリップスのヒゲトリマーを試してみてはいかがでしょう。

次項では、フィリップスのおすすめヒゲトリマーをご紹介していきます。

お掃除簡単!フィリップスバキュームヒゲトリマーBT7220/15

最初にご紹介するおすすめのフィリップスのヒゲトリマーは「フィリップス バキュームヒゲトリマー BT7220/15」です。

何といっても特徴的なのは、剃った髭が散らからないのでお掃除が楽なこと!

この「フィリップス バキュームヒゲトリマー BT7220/15」にはバキューム機能がついています。

これにより、剃ったヒゲをパワフルに吸引して飛び散らせないようにお掃除をしてくれます。

そのため、処理場所となる洗面台やお風呂場が汚れませんし、後片付けを気にせずケア出来るのも嬉しいですよね。

もちろん、カッティング技術も抜群です。

ステンレス製の45°ダブル鋭角刃で素早くトリミングができるほか、「リフト&トリミングシステム」が搭載されており、剃り残しが少ないのが特徴です。

刃の長さは0.5mmから10mmの間隔で自動調節が可能、20段階に髭の長さ調整を行えます。

どんなスタイルも自由自在ですね。

また、自動研磨機能が搭載されているのでメンテナンスも簡単!

洗浄後にオイルさしをしなくても刃の切れ味は鈍りません。

そして、本体を水で丸洗いすることができるのでお手入れ簡単、衛生的なこともおすすめポイントです。

電源は「充電式」で、保証が2年間ついています。

シンプルかつリーズナブル!フィリップス ヒゲトリマー QT4012/15

続いてご紹介するフィリップスのヒゲトリマーは「フィリップス ヒゲトリマー QT4012/15」です。

こちらは比較的に機能がシンプルで、お値段もリーズナブルなタイプになります。

だからと言って侮ってはいけません。

根元から不要部分のヒゲをしっかりカット、仕上げもトリマーでキレイにしてくれる実力を持っています。

片手ダイヤル操作で素早くヒゲをケアできます。

こちらに採用されたチタンコーティング刃は鋭い切れ味が特徴で、長さは0.5mm単位で20段階に調節が可能です。

思い通りにヒゲをトリミングしたり、深剃りも思いのままです。

刃は取り外しての丸ごと水洗いも可能ですが、何よりも自動研磨機能が搭載されているので、メンテナンス不要、切れ味が持続するのがポイントです。

容易なメンテナンスに、リーズナブルな価格と嬉しさ満載のヒゲトリマーです。

オイルをさす必要もなく、お手入れは容易です。

電源は電池式になります。

小回り最高!フィリップスミニスタイルシェーバーMG1102/16

最後にご紹介するフィリップスのヒゲトリマーは「フィリップス ミニスタイルシェーバー MG1102/16」になります。

こちらは何といっても、コンパクトさが非常に魅力で「ヒゲスタイラー」とも呼ばれる商品です。

電動歯ブラシと同程度のサイズ感で、小回りが非常に効くので曲面のケアや、髭のみならずもみあげや眉毛など繊細な毛の処理にも応用出来ます。

そのことから、顔のどんな部分にもフィットしてとても使いやすいと人気があるのです。

剃りにくい部分や、細かい部分の髭もちゃんとお手入れ出来ますから、これからは「無精髭」なんてもう言わせません。

電源は単三乾電池を1本使用、普段使いとは別に旅行や出張用としてもおすすめのアイテムです。

本体はまるごと水洗いが出来ますので、メンテナンスも簡単です。

なお、アタッチメントの調整方法は交換式になります。

フィリップスのヒゲトリマーでおしゃれ髭男子に!

今回はヒゲトリマーについて、そして中でもフィリップスのヒゲトリマーについてご説明してきました。

髭はおしゃれ男子の武器でもありますが、一歩間違えると不潔イメージにもなりかねません。

そんなことにはならない為にも、使い勝手の良いフィリップスのヒゲトリマーを一度考えてみてはどうでしょうか。