ばれたくない!つむじはげを隠すためのセットのしかたは?

多くの男性の悩みの1つでもある「薄毛」。

特に背があまり高くない男性の方は、つむじから薄くなっていることを、周囲にばれたくないですよね。

そこでこちらでは、つむじはげを隠すセットのしかたや髪型をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヘアカラー後のシャンプーで翌日の朝に枕が染まる恐れあり?

「ヘアカラーをした日には、シャンプーをしないほうがいい」このようなことを、美容師からいわれたこと...

頭皮のコメド(角栓)はどうして詰まる!?正しい取り方

「頭皮のコメド(角栓)が気になる」、という男性も多いのではないでしょうか。男性は女性に比べると、...

髪の毛のすき方を伝授!セルフカットで男性の髪の悩みを解消

男性は髪の毛が短いため、早めに美容院などに行かないと髪型全体のバランスが悪くなってしまいますよね。...

薄毛の男性のワックス選び!おすすめのワックスや髪型は?

薄毛の人が気になるのが髪の毛のボリュームでしょう。髪の毛にボリュームを出すために、整髪料としてワ...

前髪の悩み!おでこ狭いと浮く前髪を解決するヘアスタイル

「おでこ狭いと前髪が浮く」という悩みをお持ちの男性、いらっしゃしますよね。おでこや前髪は、人と会...

頭皮が動くとハゲないって本当!?動く理由について

頭皮は人によって、柔らかさが異なります。人によっては驚くほど動く人もいれば、まったく動かない人も...

髪型に迷ったらパーマがおすすめ!40代男性の魅力がアップ!

40代の男性にとって、髪や髪型にまつわる悩みは多いのではないでしょうか。髪自体の悩みは少なくても...

日焼け止め商品ランキング!その焼けない効果を比較調査!

数ある日焼け止め商品の中から、一体どれを選べばいいのか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。...

頭皮の皮脂や汚れが原因?ヘアブラシでフケの改善ができる?

年齢を重ねるごとに、フケが気になりませんか?頭皮に痒みを感じる場合は、頭を掻くたびにパラパラと肩...

髪の毛の印象は大切!短髪が似合うメンズを目指そう!

メンズにおすすめの短髪(ショートヘア)ですが、どのような髪型があるかご存知でしょうか。髪の毛を短...

ドライヤーとブラシの上手な使い方を知ろう!~男性版~

髪の毛の短い男性にとって、「ドライヤー」と「ヘアブラシ」は無縁だったかもしれません。しかし、状況...

汗や湿気にも負けたくない!前髪に悩む男性向けのキープ術!

「汗や湿気で思うように前髪がセットできない…」「汗のせいで前髪がすぐ崩れてしまう…」これから...

白髪はどんな印象を持たれる?ロン毛の男性が気をつけること

白髪をオシャレとして見せるには、髪型や服装などにも気を使う必要があります。ロン毛にしている男性の...

頭皮の悪臭対策!頭皮の油の除去法と予防するための知識

満員電車の中・エレベーターの中の狭い空間の中で強く感じる中高年齢層の妙な臭いは、女性から敬遠されがち...

髪の毛がなみなみになるのはなぜ?その原因と対処法をご紹介

髪の毛に、波を打つようなクセがついている方はいませんか?全体的にはストレートでも、顔回りの髪など...

スポンサーリンク

つむじとつむじはげの見分け方!

つむじは髪の毛の流れの中心ですので、どうしても薄くなりやすい部分なのです。

そしてそれは、光の当たり具合やセットのしかたによって目立つこともあります。

人から指摘されることもあれば、自分で気になったりすることもありますよね。

その部分が本当にはげているのか、もしくはつむじが大きいだけなのか、ご自身で確認できる方法があります。

それは、「渦を巻いているかどうか」で判断できます。

髪の毛の流れが発生する中心になっていれば、それはつむじです。

しかし、髪の毛の流れがなければ、はげている状態です。

もし、ご自身で判断ができなければ、経過をチェックしてみてはいかがでしょう。

携帯のカメラなどで経過を撮っておくと、細かく確認することができますよ。

このとき、つむじに光が当たる量が多いと、つむじが光に反射し目立ってしまいます。

ですから、フラッシュや電灯の真下などは避けて撮影してくださいね。

もし、はげていることが確実だと分かれば、その部分をばれないように隠したいですよね。

その隠す方法を次項からご紹介していきます。

はげを隠すアイテムといえばこれ!

つむじからはげていることが分かれば、周囲にばれたくないですよね。

こちらでは、つむじはげを隠すときに使う、オススメのアイテムをご紹介します。

それは、「ウィッグ」です。

ウィッグと聞くと、頭全体を覆うフルウィッグを想像するかと思います。

しかし、ここで使うのは、つむじのある頭頂部のみを覆うウィッグです。

カツラやウィッグを使うと、「浮きやすくばれやすい」や「着脱やお手入れが面倒くさい」というような印象もありますよね。

この印象を大きく変えてくれるウィッグがあるのです。

それは、増毛ネットのウィッグです。

現在生えている髪の毛に、特殊な3本の糸を使って髪の毛を編みこんでつけます。

そのため、頭皮に余計な負担はかかりませんし、ウィッグがずれる心配もありません。

なかには、ウィッグに抵抗がある方もいるでしょう。

次は、ウィッグを使いたくない方にオススメの、つむじはげを隠すセットのしかたをご紹介していきます。

つむじはげを隠す!セットのしかた【PART1】

それではここから、つむじからのはげを隠すセットの仕方をご紹介していきます。

1つ目は、「オールバック」です。

オールバックは、前髪やサイドの髪を全体的に後ろへ流すヘアスタイルです。

ですから、トップの髪や前髪がある程度長い方に特にオススメです。

使うアイテムは、コーム、ワックス(ハードタイプが良い)、スプレーです。

まずワックスを手につけて、髪の毛になじませます。

そのあと、トップの髪と前髪をコームで後ろへ流しましょう。

最後にサイドの髪も後ろへ流し、スプレーで固めれば完成です。

オールバックは全体的に髪の毛を後ろへ流すことで、自然とつむじも隠れますよ。

注意してほしいことは、つむじ付近にワックスをつけすぎないことです。

つけすぎてしまうと、髪の毛が束になってしまい、地肌が見えてしまうことがあります。

つむじはげを隠すはずが、逆に目立たせてしまいかねませんので、この部分は注意してくださいね。

つむじはげを隠す!セットのしかた【PART2】

引き続き、つむじはげを隠すセットのしかたをご紹介します。

2つ目にご紹介するセットは、「ショートモヒカン」です。

つむじはげがばれたくない方には、オススメのヘアスタイルです。

髪を立たせて散らすことで、トップの髪の毛にボリュームが出やすくなるので、つむじを隠すことに効果的です。

柔らかい髪質の方は、ウェット系のワックスを使用すると、髪がペタンとしやすい場合があります。

長持ちしにくいですが、ファイバー系のワックスやマット系(クレイ系)のワックスを使ってセットするのもオススメですよ。

手にワックスをとったら、髪全体を立たせるようにしてセットします。

ここで、後頭部側の髪の毛も少しハネらせるとおしゃれなスタイルになりますよ。

全体的に立たせていくので、こちらも自然とつむじはげを隠すことができます。

さらに、オールバックと違い、髪の毛が短い方でもできますので試してみてくださいね。

セットの時間も惜しい方は大胆にスキンヘッド!

つむじはげを隠すアイテムやセットのしかたをご紹介してきました。

しかし、なかにはウィッグをつけたりセットをする時間も惜しい方もいますよね。

やはり少し手間がかかってしまいますので、特に忙しい生活を送っている男性は面倒だと思ってしまうかもしれません。

そこで、そのような方にオススメの髪型を最後にご紹介します。

それは、大胆にスキンヘッドにしてしまうことです。

つむじはげの進行具合では、隠し切れない場合もあります。

そのようなときは、勇気を出してスキンヘッドにしてしまいましょう。

どうしてもばれたくないという方は、髪の毛を全て取り払ってしまうことが1番の対策ですよ。

しかも、女性にアンケートをとったところ、70%以上の女性が「はげを隠すよりスキンヘッドにした方が良い」という回答が出たのです。

このように、女性からも高い支持を受けています。

では、なぜはげを隠すよりもスキンヘッドの方が良いのでしょうか。

女性にスキンヘッドが選ばれる理由はいくつかあります。

しかも、はげを隠すよりもスキンヘッドにした方がメリットもあります。

次項でお話していきます。

はげを隠すならスキンヘッド!女性から選ばれる理由とは?

先ほど、女性から「はげを隠すよりはスキンヘッドの方が良い」の方が選ばれていると、お話しましたね。

それではなぜ、スキンヘッドの方が支持率が高いのかをお話していきます。

大きく3つの理由でスキンヘッドが選ばれています。

【1】潔い

【2】周囲の目が違う

【3】はげ隠しはお金がかかる

以上のような理由で、女性から選ばれているようです。

実際に、スキンヘッドにするとメリットはあるのでしょうか。

こちらも3つのメリットがあります。

【1】清潔感がある(はげ隠しのときに頭皮がベタついたりするので、不潔感を感じる場合がある)

【2】セット代がかからないので経済的

【3】おしゃれがしやすい

このようなメリットがあるため、少しずつスキンヘッドのイメージが柔和されているようです。

もちろん、「スキンヘッドは怖いからいや」という意見もありますので、好みは分かれます。

しかし、もしつむじはげを隠すことに疲れてしまったなら、潔くスキンヘッドにすることも考えてみてはいかがでしょう。

つむじはげは髪型で隠せる!

つむじはげを隠すセットのしかたや髪型をご紹介してきましたが、参考になりましたか?

まだ初期の段階でしたら、セットのしかたによっては、ばれずに隠すことはできます。

しかし、ある程度進行してしまったら、潔くスキンヘッドにすることもオススメです。

隠す髪型は他にも様々ありますので、自分に似合うものを探してみてくださいね。