ばれたくない!つむじはげを隠すためのセットのしかたは?

多くの男性の悩みの1つでもある「薄毛」。

特に背があまり高くない男性の方は、つむじから薄くなっていることを、周囲にばれたくないですよね。

そこでこちらでは、つむじはげを隠すセットのしかたや髪型をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の毛だけではなく体毛も白髪になる!その原因と対策は?

髪の毛に白髪を見つけると、ショックを受けてしまいますよね。けれども、よく自分の体を見てみると、も...

石鹸のシャンプーで洗髪!その後のリンスってどうしてる?

男性の皆さんは、シャンプーにどんなものをお使いですか?世の中にはたくさんの種類のシャンプーが出回...

自宅でヘアカラー!初めてのセルフで失敗しないための方法!

セルフカラーリングは、何より安く簡単にできるので、節約しながらオシャレをしたい男性の方には便利ですよ...

ドライヤーで決まるメンズのヘアセット!くしの上手な使い方

「毎日ワックスできちんとセットしてるのに気付けばぺったんこ…」「どうしたら美容室みたいなヘアセッ...

ブラシとドライヤーでセルフスタイリング!使い方もご紹介!

男性のなかで、毎日ブラシとドライヤーを使っている方は、どのくらいいるでしょうか?もしかしたら、一...

ドライヤーとブラシの上手な使い方を知ろう!~男性版~

髪の毛の短い男性にとって、「ドライヤー」と「ヘアブラシ」は無縁だったかもしれません。しかし、状況...

髪の毛の成長期間の長さがバラバラなのはヘアサイクルにあり

髪の毛はずっと伸び続け成長し続けるわけではなく、抜け落ちてまた新たな髪の毛が生まれます。一本ずつ...

髪の毛を美容院でカットするとどのくらいの時間がかかる?

美容院というと女性のイメージが強いため、男性にはハードルが高いと思っていませんか。美容院には理髪...

フケの対策方法をご存知ですか?業界初のクリームもご紹介!

毎日シャンプーをしているのに、髪の根元や肩にフケが付いていることがあるのはどうしてなのでしょうか。...

それでもカラーをやり直したい?痛む理由とケア方法

普段通りヘアカラー完成後、鏡を覗くと「想像していた色とはちがった」「明るすぎて会社に出社できない」な...

「前髪の幅を広くしすぎた!」困ったときの対処方法とは?

男性でも1度くらいは経験したことがあるであろうセルフカット。「時間がない」とか「美容室・床屋に行...

大切なのは髪の毛の洗い方!サラサラヘアを手に入れる方法!

サラサラの髪の毛は女性だけでなく、男性であっても魅力的な要素のひとつです。最近では若手俳優の影響...

アデノバイタルシリーズ!スカルプトリートメントの使い方

資生堂というと少し高級なイメージがあり、品質がよく安心できるということで、幅広い層の方に人気です。...

男性の方は必見?リンスをしないとハゲるという噂は本当?

男性でも女性でも、シャンプーをした後にはリンスかトリートメントをすると思います。中には面倒だと思...

髪は石鹸シャンプー・リンスには酢?!健やか頭皮の新習慣

石鹸を使った石鹸シャンプーや酢を使った酢リンスがあるのはご存知ですか?聞いた瞬間はちょっとびっく...

スポンサーリンク

つむじとつむじはげの見分け方!

つむじは髪の毛の流れの中心ですので、どうしても薄くなりやすい部分なのです。

そしてそれは、光の当たり具合やセットのしかたによって目立つこともあります。

人から指摘されることもあれば、自分で気になったりすることもありますよね。

その部分が本当にはげているのか、もしくはつむじが大きいだけなのか、ご自身で確認できる方法があります。

それは、「渦を巻いているかどうか」で判断できます。

髪の毛の流れが発生する中心になっていれば、それはつむじです。

しかし、髪の毛の流れがなければ、はげている状態です。

もし、ご自身で判断ができなければ、経過をチェックしてみてはいかがでしょう。

携帯のカメラなどで経過を撮っておくと、細かく確認することができますよ。

このとき、つむじに光が当たる量が多いと、つむじが光に反射し目立ってしまいます。

ですから、フラッシュや電灯の真下などは避けて撮影してくださいね。

もし、はげていることが確実だと分かれば、その部分をばれないように隠したいですよね。

その隠す方法を次項からご紹介していきます。

はげを隠すアイテムといえばこれ!

つむじからはげていることが分かれば、周囲にばれたくないですよね。

こちらでは、つむじはげを隠すときに使う、オススメのアイテムをご紹介します。

それは、「ウィッグ」です。

ウィッグと聞くと、頭全体を覆うフルウィッグを想像するかと思います。

しかし、ここで使うのは、つむじのある頭頂部のみを覆うウィッグです。

カツラやウィッグを使うと、「浮きやすくばれやすい」や「着脱やお手入れが面倒くさい」というような印象もありますよね。

この印象を大きく変えてくれるウィッグがあるのです。

それは、増毛ネットのウィッグです。

現在生えている髪の毛に、特殊な3本の糸を使って髪の毛を編みこんでつけます。

そのため、頭皮に余計な負担はかかりませんし、ウィッグがずれる心配もありません。

なかには、ウィッグに抵抗がある方もいるでしょう。

次は、ウィッグを使いたくない方にオススメの、つむじはげを隠すセットのしかたをご紹介していきます。

つむじはげを隠す!セットのしかた【PART1】

それではここから、つむじからのはげを隠すセットの仕方をご紹介していきます。

1つ目は、「オールバック」です。

オールバックは、前髪やサイドの髪を全体的に後ろへ流すヘアスタイルです。

ですから、トップの髪や前髪がある程度長い方に特にオススメです。

使うアイテムは、コーム、ワックス(ハードタイプが良い)、スプレーです。

まずワックスを手につけて、髪の毛になじませます。

そのあと、トップの髪と前髪をコームで後ろへ流しましょう。

最後にサイドの髪も後ろへ流し、スプレーで固めれば完成です。

オールバックは全体的に髪の毛を後ろへ流すことで、自然とつむじも隠れますよ。

注意してほしいことは、つむじ付近にワックスをつけすぎないことです。

つけすぎてしまうと、髪の毛が束になってしまい、地肌が見えてしまうことがあります。

つむじはげを隠すはずが、逆に目立たせてしまいかねませんので、この部分は注意してくださいね。

つむじはげを隠す!セットのしかた【PART2】

引き続き、つむじはげを隠すセットのしかたをご紹介します。

2つ目にご紹介するセットは、「ショートモヒカン」です。

つむじはげがばれたくない方には、オススメのヘアスタイルです。

髪を立たせて散らすことで、トップの髪の毛にボリュームが出やすくなるので、つむじを隠すことに効果的です。

柔らかい髪質の方は、ウェット系のワックスを使用すると、髪がペタンとしやすい場合があります。

長持ちしにくいですが、ファイバー系のワックスやマット系(クレイ系)のワックスを使ってセットするのもオススメですよ。

手にワックスをとったら、髪全体を立たせるようにしてセットします。

ここで、後頭部側の髪の毛も少しハネらせるとおしゃれなスタイルになりますよ。

全体的に立たせていくので、こちらも自然とつむじはげを隠すことができます。

さらに、オールバックと違い、髪の毛が短い方でもできますので試してみてくださいね。

セットの時間も惜しい方は大胆にスキンヘッド!

つむじはげを隠すアイテムやセットのしかたをご紹介してきました。

しかし、なかにはウィッグをつけたりセットをする時間も惜しい方もいますよね。

やはり少し手間がかかってしまいますので、特に忙しい生活を送っている男性は面倒だと思ってしまうかもしれません。

そこで、そのような方にオススメの髪型を最後にご紹介します。

それは、大胆にスキンヘッドにしてしまうことです。

つむじはげの進行具合では、隠し切れない場合もあります。

そのようなときは、勇気を出してスキンヘッドにしてしまいましょう。

どうしてもばれたくないという方は、髪の毛を全て取り払ってしまうことが1番の対策ですよ。

しかも、女性にアンケートをとったところ、70%以上の女性が「はげを隠すよりスキンヘッドにした方が良い」という回答が出たのです。

このように、女性からも高い支持を受けています。

では、なぜはげを隠すよりもスキンヘッドの方が良いのでしょうか。

女性にスキンヘッドが選ばれる理由はいくつかあります。

しかも、はげを隠すよりもスキンヘッドにした方がメリットもあります。

次項でお話していきます。

はげを隠すならスキンヘッド!女性から選ばれる理由とは?

先ほど、女性から「はげを隠すよりはスキンヘッドの方が良い」の方が選ばれていると、お話しましたね。

それではなぜ、スキンヘッドの方が支持率が高いのかをお話していきます。

大きく3つの理由でスキンヘッドが選ばれています。

【1】潔い

【2】周囲の目が違う

【3】はげ隠しはお金がかかる

以上のような理由で、女性から選ばれているようです。

実際に、スキンヘッドにするとメリットはあるのでしょうか。

こちらも3つのメリットがあります。

【1】清潔感がある(はげ隠しのときに頭皮がベタついたりするので、不潔感を感じる場合がある)

【2】セット代がかからないので経済的

【3】おしゃれがしやすい

このようなメリットがあるため、少しずつスキンヘッドのイメージが柔和されているようです。

もちろん、「スキンヘッドは怖いからいや」という意見もありますので、好みは分かれます。

しかし、もしつむじはげを隠すことに疲れてしまったなら、潔くスキンヘッドにすることも考えてみてはいかがでしょう。

つむじはげは髪型で隠せる!

つむじはげを隠すセットのしかたや髪型をご紹介してきましたが、参考になりましたか?

まだ初期の段階でしたら、セットのしかたによっては、ばれずに隠すことはできます。

しかし、ある程度進行してしまったら、潔くスキンヘッドにすることもオススメです。

隠す髪型は他にも様々ありますので、自分に似合うものを探してみてくださいね。