SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

白髪に黒ゴマがいいとされるわけ!サプリも効果がある?

2018.5.1

年齢と共に、気になってくるのが「白髪」です。

白髪が生えていると一気に老け込んだように見られることもあり、女性だけでなく、男性も悩んでいる問題ではないでしょうか。

よく、白髪には「黒ゴマ」がいいと耳にすることがありますが、真相はどうなのでしょうか。

またサプリについても、解説していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

いつまでも若々しく!白髪のリタッチをセルフでやってみよう

男性でも白髪が生えていると老けて見えてしまいます。 白髪がなければもっと若く見えるという人もい...

髪の毛にタオルを巻くと男らしさアップ!?巻き方をご紹介

暑い時期や、外仕事で働いている男性に多く見られるのが、頭の髪の毛にタオルを巻くというスタイル。 ...

髪の毛にタンパク質を入れるだけでサラサラの髪の毛に!?

髪の毛がごわごわしていたり、痛んでチリチリしているとなんだか不潔な印象を与えてしまいますね。 ...

白髪はどんな印象を持たれる?ロン毛の男性が気をつけること

白髪をオシャレとして見せるには、髪型や服装などにも気を使う必要があります。 ロン毛にしている男...

髪の毛のチリチリが気になる!数本でも抜いたらNG!?

なぜか、チリチリとした髪の毛が数本生えてきてしまうことってありませんか? なぜ、このようなチリチ...

ビジネスで好印象の髪型は?アラフォーはツーブロックボブに

「周囲に好印象な髪型はどんなものだろう?」や「白髪や抜け毛・薄毛が増えてきた」といった、髪に関す...

生え際でバレる!?ウィッグの進化・自然なウィッグの作り方

ウィッグと呼ぶと、カツラでもなんだかおしゃれな雰囲気。 最近は、高額ですが生え際や頭皮・つむじの...

髪の毛をコンパクトにまとめる!カツラのネットの使い方

五分刈りのような短いヘアスタイルの場合必要ないかもしれませんが、髪にある程度の長さがあるなら、カ...

毛根が黒いひげは一体なに?抜いたひげの根元に黒い液体が?

ほとんどの男性は、ひげを剃ることは勿論、抜いた経験もあるかと思います。 ひげを毛抜きで抜いてみ...

髪の毛の太さがバラバラ!薄毛を招くヘアケアとヘアサイクル

髪の毛を眺めていると、太さがバラバラだったり、所々癖があったりする人もいるでしょう。 髪の毛の太...

髪の毛の細胞は死んでるの?髪の毛のメカニズムを知ろう!

髪の毛のケアは、特に女性の方達にとって、日々心掛けていることですよね。 よくテレビのCMな...

白髪は紫に染まるの?パープルヘアになってしまう理由

上品なマダムが白髪を紫に染めているのを、見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 徐々に減...

生え際の産毛が伸びないと悩んでいる人に朗報!

早ければ20代後半頃から、前髪の生え際が後退して悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 そのよ...

白髪は切るのが良い!?白髪を切ってくれるサービスがある?

ある程度の年齢になると、白髪が生えてきたことを悩んでいる方も多いでしょう。 白髪を見つけたら、...

ドライヤーとブラシの上手な使い方を知ろう!~男性版~

髪の毛の短い男性にとって、「ドライヤー」と「ヘアブラシ」は無縁だったかもしれません。 しかし、...

スポンサーリンク

なぜ黒ゴマが白髪にいいの?

ゴマには、白ゴマや金ゴマなどがありますが、なぜ白髪には黒ゴマが効くといわれているのでしょうか。

その理由は、黒ゴマの栄養素にあります。

黒ゴマの表皮の黒い色素には、ブルーベリーにも含まれるアントシアニンと呼ばれる抗酸化物質が含まれています。

これには、白い毛を黒くする効果があるといわれています。

さらに黒ゴマには、ビタミンEやビタミンB1、B2、カルシウム、鉄、葉酸、亜鉛、セサミン、タンパク質などの様々な栄養素が詰っています。

ビタミンEには血行促進の作用もあるので、頭皮の血行をよくしたり、老化防止に効果があります。

また、亜鉛はタンパク質の形成や細胞の再生、新陳代謝に関わっている重要な栄養素でもあり、亜鉛が不足すると、抜け毛が増えるともいわれています。

特に黒ゴマに含まれる、「ゴマリグナン」は、超強力な抗酸化物質になります。

抗酸化物質は身体の老化を防止したり、免疫力をアップさせたりなどの効果がある成分です。

このように、黒ゴマはあらゆる栄養素が詰った食品であり、身体だけでなく、髪の毛にとってもよい成分が多く含まれていることが分かります。

サプリメントにも、黒ゴマを主成分とした商品が数多く存在するのも納得ですね。

サプリメントでよく聞く「セサミン」 白髪以外に期待できる効果は?

黒ゴマのサプリメントで、よく目にするのが「セサミン」です。

このセサミンは、超強力な抗酸化物質ゴマリグナン類の一種です。

セサミンは、ゴマの他にお米や麦にも含まれています。

ただし、お米や麦は精米する過程でほとんどの成分を失ってしまうため、このセサミンを体内に取り入れるのには、黒ゴマが最も有効だといわれています。

黒ゴマが持つ抗酸化作用の働きは非常に素晴らしいもので、白髪予防だけでなく、育毛対策にも効果が期待できるとされています。

また、強力な抗酸化物質の働きにより、老化の防止、高血圧の予防、コレステロール吸収の抑制、血行促進、貧血、更年期障害、生活習慣病の予防、自律神経の安定などの様々な効能があることも分かっています。

実は、多くの活性酸素は肝臓で生まれるといわれています。

活性酸素は、過剰に発生すると老化などの原因となるとよく耳にしますよね。

活性酸素を除去するには、セサミンが有効といわれています。

セサミン以外の抗酸化物質の中には、体内に取り込まれると活性酸素と戦い、消化・吸収されることにより、肝臓まで到達できないものもあります。

しかし、セサミンは肝臓までたどり着き抗酸化物質へと変化をとげるのです。

抗酸化物質と化したセサミンは肝臓にある活性酸素を退治して、健康な体や、髪の毛を保つ働きをします。

このように、黒ゴマには白髪以外にもたくさんのよい効果が期待できることが分かります。

そもそもなぜ白髪になるのか

白髪が生える原因の一つとして考えられるのが、「活性酸素の過剰発生」が挙げられます。

本来、活性酸素は体内に侵入したウイルスなどを撃退して排除する役割がありますが、過剰に発生すると、健康な細胞までをも攻撃してしまう特性があるのです。

そのため、肌荒れを引き起こしたり、黒い髪の成分を作る「メラノサイト」も攻撃してしまうのです。

活性酸素が過剰に分泌されてしまうのには、さまざまな原因があります。

いくつかの原因を挙げてみましょう。

・生活習慣の乱れ
・脂質の多い食生活
・ストレス
・運動不足
・タバコやアルコールの過剰摂取

仕事などで忙しい毎日を送る人は、これらが当てはまることが多いのではないでしょうか。

白髪になる理由には遺伝的な問題もありますが、このように普段の生活の中で、日常的に行っている行動が原因で引き起こされる場合があります。

これらを解消することでも、白髪を予防することに繋がる見込みがあります。

しかし、解消するといってもなかなか実践できない、という方も多いでしょう。

そこで、頼るのが黒ゴマのパワーなのです。

先ほどお伝えした、抗酸化物質は活性酸素を撃退する効能を持ちます。

特に、「ゴマリグナン」は肝臓で活性酸素を撃退してくれるわけですから、肝機能を正しく正常に働かせ、白髪の改善にも大きな役割があると考えられます。

白髪への効果を実感したい方は、毎日スプーン大さじ1杯の黒ゴマを摂取するとよいとされています。

ただし、毎日食べるとなると単調な味に飽きてしまう方もいるでしょう。

そこで、おすすめなのがサプリメントの利用です。

黒ゴマの摂取はサプリが便利

毎日大さじ1杯の黒ゴマを食べるよりも、楽に飲めて持ち運びにも便利なサプリメントを活用してもいいでしょう。

黒ゴマを主な原料としたサプリメントは、薬局や通販サイトなどでも手軽に購入することができます。

そして、サプリメントを利用するにあたり、大切なことがあります。

それは、継続して飲み続けることです。

サプリメントは医薬品ではないので、即効性を感じられることはありません。

毎日しっかりと飲み続けることが、白髪抑制の効果を得られる近道です。

また、「黒ゴマの成分をたくさん摂り入れればいいのでは?」と勘違いして、規定の量を守らず大量に摂取することは危険です。

摂取量を意識するよりも、どれだけ継続して飲み続けることができるのか、の方が重要になります。

サプリメントに記載されている、摂取目安量はきちんと守るようにしましょう。

黒ゴマをサプリ以外に取る方法は?

しかし、中には「サプリメントの使用に抵抗がある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、サプリ以外に黒ゴマを効率よく摂取する方法についてお伝えしていきます。

ここでご紹介するおすすめの方法が、黒ゴマをすりつぶす方法です。

黒ゴマをすり鉢などですりつぶし、すりゴマにすることで、粒状の黒ゴマよりも吸収率がよくなります。

そのため、無駄なく栄養素を身体に摂取することができるのです。

さらに、すりゴマにすることで、黒ゴマの和えものやバニラアイスと混ぜて黒ゴマアイスにするなど、食事のアレンジも広がります。

すりつぶすのが面倒という方におすすめなのが、市販の練りゴマです。

ペースト状になった黒ゴマがビンやチューブなどに入っているので、欲しい分だけその都度使うことができ、非常に便利です。

また、黒ゴマペーストを加工した食品もあります。

加工食品の中では、パンに塗るための黒ゴマクリームなどがあり、手軽に黒ゴマを摂取することができます。

白髪の抑制に黒ゴマを摂取したいけれど、「飽きてしまった」または「サプリメントには抵抗がある」そんな方は、是非参考にしてみてくださいね。

黒ゴマの食べすぎには要注意

黒ゴマの大半は、脂質でできていることをご存知でしょうか。

白髪にもいいとされるセサミンですが、実は黒ゴマの中ではわずか1%ほどしか含まれていない栄養素になります。

そのため、セサミンを摂取しようと思ったら、多くの脂質を摂取しなければならなくなり、必然的にカロリー摂取も増えてしまいます。

脂質をたくさん摂取すると、腹痛や下痢を引き起こす原因にもなります。

ですから黒ゴマは多くても、1日大さじ2杯を目安に摂取してください。

また、先ほどご紹介した、ゴマペーストなどの加工食品は、黒ゴマを食べやすくする方法ではありますが、本来のゴマに含まれない、糖質や塩分などの余計なカロリーをも摂取してしまう可能性もあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

いくら身体によいものであっても、単品の過剰摂取は、食事バランスを乱す原因にもなります。

サプリメントからでなく黒ゴマを食品で摂り入れる場合は、適切な量で摂取しましょう。

黒ゴマで白髪を抑制

黒ゴマは強い抗酸化物質、さらに豊富な栄養素がたくさん詰った食品であります。

そのため、白髪の抑制や身体の老化を防止するなど、様々な効果をもたらすといわれています。

黒ゴマをそのまま食べるのもよいですが、サプリメントは持ち運びにも便利ですのでおすすめです。

参考にしてみてくださいね。

 - 髪の悩み