SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

カラーリングとトリートメントは同時にした方が髪にいい?

2018.6.19

近年ではカラーリングをしたりパーマをかけたりする方の数も多くなり、その中での男性の比率も増えてきています。

しかし、カラーリングやパーマは決して髪の毛にとってはよいものではありません。

もしカラーリングやパーマと同時にトリートメントをした場合、髪の毛へのダメージを軽減することはできるのでしょうか。

この記事ではそんな疑問についてお答えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髪の毛のケアをして髪質の良いメンズに!女性ウケも抜群!

近年は、メンズヘアケアを徹底している男性も増加しています。 髪の毛のお手入れをきちんと行えれば、今...

白髪は抜かずに切ろう!切り方のコツや身だしなみの整えかた

鏡を見るたびに、ふと気になる白髪。 数本であるなら抜いてしまいたくなりますが、良い方法とはいえませ...

整髪料の特徴!ジェルの使い方に気をつけないと薄毛の一因に

ヘアスタイルをばっちり整えてくれるワックスやジェルですが、使い方に気をつけないと頭皮に良くない、とい...

ドライヤーの冷風機能を使って乾かす効果が凄い!

ドライヤーには、温風と冷風の機能がついていますが、冷風は使わずに温風のみで乾かしている人は多いのでは...

これで大丈夫!前髪を切りすぎたときの対処法!

自分でカットして前髪を切りすぎたり、または美容院で短く切られてしまったりと、前髪に関する失敗談はわり...

アデノバイタルの効果!トリートメントや育毛剤の使い方

資生堂が発売している「アデノバイタルシリーズ」をご存知でしょうか。 主に、ヘアケア用品として販売し...

髪の毛のチリチリが気になる!数本でも抜いたらNG!?

なぜか、チリチリとした髪の毛が数本生えてきてしまうことってありませんか? なぜ、このようなチリチリ...

髪型を個性的に!メンズヘアのおすすめとポイントをご紹介!

普段、美容室や理容室でどのように髪型をオーダーしていますか? 短くするだけだったり、お任せだったり...

男性におすすめする白髪染めのやり方!自宅で簡単リタッチ!

せっかく白髪染めをしても、何ヶ月かすると、生え際や耳周り、もみあげなどの白髪が目立ち始めてしまいます...

髪の毛を引っ張るとクルクルになる理由は?治らない毛の傷み

生えている髪の毛の中で、1本だけクルクルしていたり、抜けた髪の毛を爪でギューっと引っ張ると、バネのよ...

ドライヤー後の抜け毛が多い理由は?対策や掃除方法もご紹介

シャンプー後には、ドライヤーを使って髪を乾かすという方が多いでしょう。 そして、髪を乾かした後の抜...

髪の毛をいい「匂い」に!「臭い」がつかない男になろう!

男性のみなさん、あなたの髪の毛は「ニオイ」ますか? 「ニオイ」には、「匂い」と「臭い」の2種類があ...

つむじにほくろがあったら仕事で成功?!頭のほくろ占い

顔や体などにほくろがあるのは、誰でも簡単に見つけられますし、口元や目元など場所によっては、目につくこ...

髪型に迷ったらパーマがおすすめ!40代男性の魅力がアップ!

40代の男性にとって、髪や髪型にまつわる悩みは多いのではないでしょうか。 髪自体の悩みは少なくても...

髪型をショートに!40代メンズもヘアチェンジを楽しもう!

40代に突入すると、髪型に悩むことが増えていませんか? どんな髪型にするかも悩むとは思いますが、髪...

スポンサーリンク

カラーリングとパーマはどうして髪の毛にダメージを与える?

近頃はパーマをかけたりカラーリングをしている男性も多く見受けられます。

その中には、白髪が気になるという理由でカラーリングをされている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、カラーリングやパーマをすると見栄えはよくなりますが、髪の毛にはダメージを与えてしまいます。

一体どうしてカラーリングやパーマが髪の毛へダメージを与えることになってしまうのでしょうか。

カラーリングやパーマに使われる薬剤は、髪の毛の内側にある「ケラチン繊維」というものを壊してから再び結合させる働きがあります。

このケラチン繊維の破壊から再結合の間に、カラーリングの場合は色を入れ、パーマ剤ではウェーブを作っているのです。

しかしケラチン繊維の破壊に伴って、髪の毛の表面を保護している「キューティクル」が剥がれてしまいます。

キューティクルは、一度剥がれてしまうと再び元に戻るのが容易ではないと言われていますから、結果として髪の毛は傷んでしまうのです。

傷んでしまった髪の毛を補修するための方法として、一般的に「トリートメント」が知られていますよね。

カラーリングをしたりパーマをかけるときに、同時にトリートメントをすれば髪の毛を保護することができるのでしょうか。

その疑問について、次の項で解説していきます。

カラーリングするときはトリートメントを同時にした方がいい?

カラーリングとパーマは髪の毛に大きなダメージを与えるものということがわかりました。

そこで、美容室でカラーリングやパーマをする際に、同時に髪の毛のケア作用があるトリートメントをしてもらえば髪の毛を保護することができるのでしょうか。

意外と思われるかもしれませんが、カラーリングをした直後に美容室でトリートメントをすることは髪の毛にとってよいことではないのです。

なぜなら、カラーリング直後にトリートメントを行うと、カラーリング材に含まれている刺激成分を髪の毛に留めてしまうことになるため、髪の毛へのダメージをさらに大きいものにしてしまう恐れがあるからです。

もし美容室でトリートメントをしてもらう場合、カラーリングと同時ではなく、カラーリングしてからだいたい10日過ぎたくらいに行うことをおすすめします。

なお、ドラッグストアなどで市販されているトリートメント剤は美容室で使われているトリートメント剤の成分より強くないものが多いので、カラーをした翌日から使用しても大丈夫です。

カラーリングとトリートメントの関係についてお話ししましたが、パーマにも同じことが言えます。

パーマをかける際も、同時にトリートメントをすることは避けましょう。

カラーリングとパーマは同時にしてもいい?

カラーリングもパーマも髪の毛にとってダメージを与えるものですが、その両方を同時に施術することは、髪にとってどうなのでしょうか。

忙しい日々を送っている方にとって、何度も美容室へ足を運ぶことは難しいでしょうから、できるなら一緒に行ってしまいたいという気持ちもあると思います。

しかし、当然ではありますが髪の毛にとってよくはありません。

カラーリングもパーマもそれぞれ髪の毛へのダメージがありますので、同時に行ってしまうと更にダメージが増してしまいます。

もしカラーリングもパーマもしたいときには、なるべく2週間から1ヶ月は期間をおいてそれぞれを行うようにしてくださいね。

また、カラーリングやパーマで受けたダメージをなるべく和らげるために、施術を行った後日にトリートメントを行うことをおすすめします。

ただし、前述したとおり、カラーリングやパーマの直後は避けるようにしてくださいね。

トリートメント必須!カラーリングとパーマを同時にする際のポイント①

先ほどお伝えしたように、カラーリングとパーマの施術の間には2週間から1ヶ月程度期間をあけたほうがいいのですが、どうしてもどちらも同時にしてしまいたいような状況もあるかもしれません。

その際は、パーマを先にかけてからカラーリングをするという順番を守ることできれいに仕上げることができます。

なぜなら、パーマ・カラーそれぞれ薬剤が強いので、後に施術した薬剤によって前に施術したものが落ちてしまうためです。

パーマとカラーを比較すると、パーマよりカラーの方が落ちたことがわかりやすいので、先にパーマを施したほうがきれいに仕上がるのです。

また、パーマとカラーリングをした当日の洗髪はおすすめしません。

これは、パーマとカラーリングを同時に行った場合に限らず言えることなのですが、薬剤は時間をかけてゆっくりと髪の毛になじんでいくので、施術当日に髪の毛を洗ってしまうとせっかく施術したパーマやカラーが落ちやすくなってしまうのです。

毎日髪の毛を洗っているとどうしても洗いたくなってしまうかもしれませんが、そこはぐっと我慢するようにしましょう。

そして、パーマとカラーリングで傷んでしまった髪の毛にトリートメントをすることも大切です。

トリートメントについては引き続き次の項でお話ししていきます。

トリートメント必須!カラーリングとパーマを同時にする際のポイント②

パーマとカラーリングで髪の毛にダメージを与えてしまったら、トリートメントを行うことで髪の毛のケアをすることがとても大切です。

先ほどお話ししたとおり、パーマとカラーリングをしてから10日くらい経過したらトリートメントを行いましょう。

特に髪の毛の傷み方がひどいような場合は、美容室でしてもらうトリートメントがおすすめです。

美容室でしてもらえるトリートメントには市販されているものよりも豊富に髪の毛への栄養成分が含まれているため、よりケア効果が高いのです。

髪の毛の傷みがそれほど気にならない程度でしたら、ドラッグストアなどで市販されているトリートメント剤でも問題ありません。

ただし、市販されているトリートメントで自分で髪の毛のケアをする場合には、トリートメント剤の効果が弱いため、毎日継続して行うことが重要となります。

綺麗な髪を維持するために、頑張って続けてみましょう。

先ほどもお伝えしましたが、パーマとカラーリングの同時施術はなるべく避けるほうがよいです。

しかし、どうしても同時に行いたい場合は、施術後の髪の毛のお手入れをしっかりと行うようにしてくださいね。

カラーリングとパーマをする際の注意点

オシャレのためにカラーリングやパーマを行っている方は多いと思います。

しかし、頻繁にカラーリングやパーマを行っていると、将来薄毛になってしまう可能性があるのです。

なぜなら、髪の毛をカラーリングする際に、カラーリングの薬剤が頭皮にも付着してしまっているからです。

カラーリングの薬剤は非常に刺激が強いので、頭皮に付着すると頭皮環境の悪化の原因となりえます。

頭皮環境の悪化によるかゆみや、あるいは薬剤によって直接毛根がダメージを受けると、すぐ薄毛に直結するとは断言できませんが、将来的に薄毛になるリスクは高まると言えます。

さらに、カラーリングによるダメージだけではなく、生活面でのストレスや疲労などによって薄毛になるスピードに拍車がかかることも想定できます。

また、若いうちからカラーリングを繰り返すと、単純に髪の毛へダメージを与える回数が多くなります。

そうすると、まだまだ薄毛になる年齢ではないのにハゲてしまうことも否定できません。

これは頭皮へのダメージによって生じる薄毛ですから、「トリートメントをカラーリングと同時にしてケアすれば大丈夫」という問題ではありません。

なるべくカラーリングを頻繁に行うようなことは避け、健康な髪の毛を保つように気をつけましょう。

施術後はお手入れをしっかりとして健康な髪の毛に!

いかがでしたか。

髪の毛をケアしてくれるイメージのあるトリートメントですが、カラーリングやパーマと同時に行うのはおすすめできないというのは意外ですよね。

また、今オシャレすることも大事ですが、将来の髪の毛のことを考えて髪にダメージを与える回数を控えることも大切です。

カラーリングやパーマの施術後は、ある程度の期間をあけてからトリートメントをしっかりとして、髪の毛の健康を保つようにしましょう。

 - トリートメント, 髪の悩み