SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

男性のムダ毛処理はどこをすべき?その頻度はどのくらい?

2018.8.6

近年では、男性の美意識がとても高く、清潔感のある男性が増えています。

そのような男性の中には、ムダ毛の処理について悩んでいる方もいることでしょう。

ひと昔前には、ワイルドで男らしいと思われていた髭も、最近では、不潔に思われてしまうこともあります。

では、体毛の中でも、どのような毛がムダ毛として悪印象を与えてしまうのでしょうか。

処理をするべき箇所とその頻度について、焦点を当ててお話をします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ミョウバンは洗濯物の消臭や柔軟剤として使える万能アイテム

食品添加物として販売されている「ミョウバン」。 ミョウバンは、洗濯物の消臭や洗濯物をふんわりと仕...

必見!汗で前髪がベタベタになってしまう原因と対策法

「ジワジワと汗が出てきて前髪がくっつき、いつもベタベタに…」 そんなお悩みを持っている方は意外...

汗をかいてもシャワーだけ!? 風呂に入らないデメリット!

忙しい毎日を送っていると、風呂に入るのも面倒になってしまう方も多いと思います。 「体の汚れ...

「ミョウバン」と「重曹」上手に使い分けて足の臭いを撃退!

足の臭いには「ミョウバン」や「重曹」が効くと言われています。 どちらもスーパーや100円ショッ...

汗から塩が!?洋服に塩シミができてしまったときの取り方

夏の暑い日に、黒や紺のTシャツを着て1日中動いたとき、そのTシャツの背中や脇が白くなっていたこと...

汗をかいたら服を乾かすだけ?臭い対策をしっかりと!

汗をかいて、洋服がビショビショになってしまったら、着たまま乾かしている方はいますか? 子供のころ...

外出時でもマウスウォッシュを!携帯に便利な容器をご紹介!

ビジネスマンの大事な身だしなみの1つに、口臭が挙げられます。 そんな口臭ケアにオススメのアイテ...

汗っかきな背中はなぜ?タオルがズレ落ちない優れたグッズ!

顔の汗や脇の汗も気になるけれど、「背中の汗」は一段とびっしょりかいてしまうという男性は多いようで...

人気の高いクラークス・ナタリーの特長とお手入れ方法とは?

街で見かけるお洒落な男性のイメージは、「清潔感のある服装で、きちんと手入れされた革靴を履いてい...

汗で服が黄ばみだしたら!脇や襟を真っ白に戻す方法!

汗っかき体質にお悩みの男性の方は、これまでにも衣服が黄ばんでしまった経験があるのではないでしょう...

匂いで相性が分かる?異性や同性の知人の匂いが気になる方に

近年の遺伝子学の観点などから、男性と女性の相性が匂いで判別できるということが分かり、大変話題となり...

ミョウバン風呂で体臭対策!その効果は本当にあるの?

ワキガや足の臭い、さらに頭の臭いが気になったことはありませんか? 臭いは対策が難しく、下手に消...

一人暮らしの男性必見!雑巾や洗濯物についた雑巾臭の取り方

一人暮らしの男性は、洗濯を頻繁にしない、という方も多いと思います。 そのため、使用している雑巾...

汗をかくと洋服が白くなるのはなぜ?改善策と対処法

夏の暑い時期や運動をした後には汗をかきますよね。 汗をかいた後に、ふと洋服を見ると、白っぽいシミ...

洋服が汗臭い!衣類に染み付いた臭いにどの洗剤がおすすめ?

汗や皮脂は男女共に体から出るものですが、女性に比べると男性の方が多くなる傾向にあります。 この汗...

スポンサーリンク

男性の体毛は処理するべき!?女性の本音とは!?

今回、男性のムダ毛について、「どの部分のムダ毛」を「どのような方法」で「どのくらいの頻度」で処理するべきかという問題に焦点を当ててお話をします。

その前に、世の中の女性が、男性のムダ毛に対してどのような印象を持っているのか、気になりますよね。

まずは、10代~50代の女性の本音を見てみましょう。

【体全体の体毛について】

・86%の女性が、毛深い男性に対して苦手意識を持っている

・自然に生えている程度なら良いが、モジャモジャしていると清潔感を感じられない

・胸やお腹や背中といった部分は、ツルツルでいてほしい

【体のムダ毛処理について】

・男性がムダ毛処理をすることに、74%の女性が好意的に捉えている

・エチケットとして自然な感じに処理するべきである

・鼻毛や耳毛、胸毛など、最低限見える部分の処理は身だしなみとしてやって欲しい

このように、女性の86%は毛深い男性が苦手で、74%はムダ毛処理に対して好意的という声があります。

このような声に耳を傾けると、ムダ毛の処理は積極的にした方が良さそうにも思えますね。

しかし、実際にムダ毛の処理をしたことのある男性は、45%ほどしかいません。

では、男性のムダ毛の処理はどのようにおこなうべきなのでしょうか。

次項で見ていきましょう。

そもそもムダ毛ってどこの毛!?ポイントは周囲に与える印象!

誰でも体毛はあるものですが、ムダ毛と認識されてしまうのはどのような毛でしょうか。

その基準は、周囲に与える印象がポイントとも言えます。

そこで、体毛の中でも人に不快感を与えてしまい、ムダ毛と感じられやすい部位をご紹介します。

【胸毛】

胸毛に抵抗を感じる方は男女ともに多いようです。

濃い顔の男性の胸毛は、それほど違和感がないこともありますが、薄顔の男性の胸毛には違和感を感じてしまうこともあります。

また、シャツからはみ出すほどの胸毛に対しては、不快に感じる方が多いようです。

【腕毛】

ある程度のうっすらした腕毛は気にならないこともありますが、黒々と太く長い毛が生えていると気になってしまいます。

特に、色白の男性や、ほっそりした腕の男性は、ある程度処理をした方が、好印象のようです。

【ワキ毛】

長すぎて、半袖のシャツからはみ出すほどのワキ毛には、ついつい目がいってしまいます。

腕を下ろしてもワキからはみ出さないか、ワキ毛の範囲と長さをチェックしてください。

特に、薄着になる春夏の季節は気をつけてください。

【乳首周りの毛】

普段あまり人前に出す部分ではないのですが、海やプールに行く機会があったり、彼女とのデートの際には注意が必要です。

この部位のムダ毛に、セクシーさを感じる女性はいないと言っても過言ではありません。

【すね毛】

すね毛の長さが3センチ以上の場合は、処理することをおすすめします。

ツルツルに処理することに抵抗がある場合は、長さを整えるなどして、適度に薄くするのもアリです。

それでは次項から、これらのムダ毛の処理方法とその頻度についてご紹介します。

ムダ毛をカットして処理する方法とその頻度とは!?

ここからは、自分でできるムダ毛の処理方法と頻度についてお話しします。

男性のムダ毛の処理は、まずはカットをして長さを調整してみるのも良いでしょう。

毛の長さを調整するだけでも、だいぶすっきりした印象になりますよ。

【カットにおすすめの部位】

・ワキ毛
・腕の毛
・すね毛
・陰毛

カットをする時、普通のはさみで切ってしまうと、毛先が尖り、チクチクしてしまいますので、ヒートカッターを使うことをおすすめします。

ヒートカッターは、コームと熱腺というシンプルなつくりのもので、毛をつまみながら、コームでとかすようにして毛を切っていきます。

刃を使わないで、毛を焼き切ることができるので、毛先が丸くなり、チクチクしにくくなります。

コームに毛を一度にたくさん当てられないので、処理には時間がかかってしまいますが、自然なかたちに処理できる方法でもあります。

肌への負担もほとんどないため、頻度を気にすることなく、ムダ毛が伸びてきたタイミングでいつでも処理できます。

ムダ毛を脱色して目立たなくする方法とその頻度とは!?

次に、ムダ毛の脱色(ブリーチ)をすることについてお話しします。

「ムダ毛をツルツルに処理してしまうと、違和感が出てしまって嫌だ」という方におすすめの方法です。

【脱色におすすめの部位】

・腕の毛
・すね毛
・背中

もじゃもじゃに生えた黒々としたムダ毛も、脱色をすると、毛が目立たなくなります。

いかにもお手入れをしたツルツルな肌よりも、毛を残して脱色をした方が、一部の女性には好評です。

ドラッグストアや薬局で購入でき、自宅で手軽にお手入れできる点も良いですね。

しかし、毛が伸びてくると、下から生えてきた黒い毛が目立ってしまうため、1週間程度しか綺麗な状態をキープすることができません。

それなので、ブリーチの頻度は、1週間を目安におこなうのが理想的ですが、肌に異常がある場合は使用をやめてくださいね。

敏感肌やアトピー肌の方は、ヒリヒリしたり、痒みが出たり、肌荒れを引き起こすことがありますので、肌の様子を見ながら、アフターケアもしっかりおこなってください。

ムダ毛を除毛クリームで処理する方法とその頻度とは!?

続きまして、除毛クリームを使ってのムダ毛処理についてお話しします。

除毛クリームは、生えている毛を根元から溶かして処理する方法で、伸びかけの時のチクチクも軽減されます。

【除毛クリームがおすすめの部位】

・腕の毛
・すね毛
・胸毛
・乳首周りの毛

除毛クリームを塗って、しばらく放置したあとに拭き取るだけで、ゴソッと除毛することができるので、とても簡単な方法です。

しかし、あくまでも肌に見えている部分の除毛であり、毛根から毛をなくす訳ではありません。

また、薬剤の刺激で、肌へのダメージも大きいです。

使用頻度は、3日以降とする薬が多いのですが、できれば、1~2週間おきに肌の様子を見ながらおこなうと良いでしょう。

ここまで、男性のムダ毛処理の方法として、「カット」「脱色」「除毛クリーム」の3つの方法について、その頻度と併せてお話ししました。

次項では、このような自己処理が面倒な方におすすめしたい、永久脱毛についてお話しします。

自己処理には限界が!?永久脱毛で綺麗な肌を手に入れる!

これまでのような自己処理では、定期的にムダ毛の処理をする必要があります。

そんな定期的な処理が面倒な方は、永久脱毛をすることも一つの手です。

永久脱毛は、エステサロンや医療機関で毛根から処理してもらう方法で、処理が完了すれば、ほとんど毛が生えてこなくなります。

また、処理が難しく、嫌悪感を持たれやすい胸毛やすね毛などは、回数を減らして脱毛することで、ほどよく薄くすることもできますよ。

全身どこでも、気になる部分のムダ毛に対応できるところも良いですね。

また、毛が休んでまた生えてくる毛周期のサイクルの中で、成長毛しか脱毛できないために、数週間に1度の頻度で、複数回の施術を受けなくてはいけません。

それなので、処理が完了するまでの期間は1年から5年ほどかかります。

しかし、永久脱毛をすれば、その後のムダ毛の処理に費やす時間と手間がなくなるので、煩わしさから解放されます。

自分に合った方法でムダ毛を処理して清潔感のある男性に!

いかがでしたか。

男性の美意識が高くなってきたと同時に、体毛を気にする方も多くなりました。

また、今まで体毛があまり気にならなかった方も、身だしなみの一つとして、この機会にムダ毛の処理を始めてみてはいかがでしょうか。

自己処理に限界を感じたら、脱毛サロンへ通うことも効果的ですよ。

ムダ毛を感じさせない清潔感を手に入れて、コンプレックスも解消してくださいね。

 - 体臭の悩み