SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

洋服が汗臭い!衣類に染み付いた臭いにどの洗剤がおすすめ?

2018.8.9

汗や皮脂は男女共に体から出るものですが、女性に比べると男性の方が多くなる傾向にあります。

この汗や皮脂が洋服に付いて蓄積されていくと、臭いとして残ってしまうことがあります。

では、衣類に付いてしまった汗臭い臭いを取り除くのに、洗剤はどれを選べばよいのでしょうか。

ここではおすすめの洗剤をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体臭ケアに石鹸はおすすめ!友達や同僚へのプレゼントにも!

人を不快にさせてしまう体臭のケアは、男女ともにマナーの一つですよね。 体臭に関しては他人も指摘...

鼻毛処理後の風邪!原因は処理のしすぎ?処理とは関係ない?

男性であれば、身だしなみには欠かせない「鼻毛処理」があります。 鼻毛処理はしたいけれど、「風邪...

衣類から漂う雑巾のような嫌な臭いの原因と対策を徹底解説!

掃除のために使う雑巾が臭いこと、よくありませんか。 でも、雑巾臭はそれだけではないのです。 ...

汗が臭いを発する原因は?服に臭いがつかないようにするには

夏が近づいてくると、気温も上がり、行楽やレジャーと楽しいことの多くなる季節になりますが、気になっ...

石鹸の泡立て方は?手や泡立てネットを使った方法をご紹介!

手や顔を洗う時に石鹸を使っていますか。 もし使っている男性がいたら、その時の泡の状態を確認して...

やりすぎは危険?耳垢が湿ってる人の適切な掃除方法とは

耳垢には乾いてるタイプと湿ってるタイプの二種類があります。 湿ってるタイプの耳垢はなかなかきれ...

石鹸の泡立ては必要ない!手も顔も体も泡ポンプで時短する!

石鹸を泡立てるのは意外と大変です。 時間もかかりますし、きめ細かい泡をつくるのも難しいです...

「汗は健康のバロメーター」サラサラ爽やかに汗をかく方法!

汗はサラサラと爽やかに、かつ健康的にかきたいですね。 しかし、年齢とともに汗がベトついてきてい...

ミョウバンの売り場がドラッグストアにない?その理由とは

体のニオイを抑える効果があると言われるミョウバンを、ドラッグストアの売り場で探したけれど見つから...

洗顔後の化粧水・乳液・パックなどのお手入れ!その順番は?

美肌を目指す男性にとって欠かせないのが日頃のスキンケアですよね。 洗顔をはじめとしたお肌のお手...

ムダ毛処理でスッキリ!体毛を薄くする方法で男を上げよう!

体毛の濃さが気になる男性の中には、「女性にどう思われているか心配だ…」という方もいるのではないで...

表情筋を鍛えるトレーニングで老け顔対策!男を上げよう!

最近、顔が老けて見えたり、たるみや毛穴が気になっている男性はいませんか? こういった症状がある...

男性のオイリー肌に!おすすめの化粧水を市販品でご紹介!

男性は皮脂の分泌が多いため、オイリー肌で悩む方が多いようです。 そんな時には化粧水を使ってみま...

lushの洗顔料でツルツル肌へ!男性におすすめのタイプは?

最近は、男性でも「自分の肌をキレイに見せたい!」と思う方が増えています。 しかし、男性は皮脂が...

ゴミ箱のイヤな臭いを消したい方必見!効果的に洗う方法は?

燃えるゴミの日に、ゴミをまとめて捨てたはずなのに、「ゴミ箱自体が臭い…」というお悩みをお持ちの方...

スポンサーリンク

男性は汗と皮脂の分泌量が多い

汗をかくと、臭いが気になることってありますよね。

汗臭い臭いの原因は、汗が皮脂やアカと混じり合い、それをエサとする常在菌が分解することで臭いが発生します。

つまり、汗と皮脂量が多ければそれだけ臭い物質は強くなる傾向にあります。

また、男性は女性に比べると、汗や皮脂の分泌量が多い傾向にあります。

一般的に男性が汗や皮脂の分泌量が多いのは、ホルモンが関係しているといわれ、男性ホルモンには発汗や皮脂腺を活発にする働きがあるとされています。

男性ホルモンの中には「アンドロステノン」という物質が含まれています。

これは、男性特有の体臭を出すだけでなく、体臭そのものを強くするという特徴があります。

また、男性は年齢を重ねるにつれ、体臭がきつくなる傾向にあります。

30~50代にもなると、ミドル脂臭と呼ばれる独特なニオイの体臭が出始めます。

いわゆる加齢臭ですね。

そのため、男性は衣類に臭いが残りやすいとされ、一度衣類に臭いが染み付くとなかなか臭いを落とすことができません。

では、臭い対策に有効な洗剤はどのようなものがあるのでしょうか。

続いて、おすすめの洗剤選びのポイントをご紹介していきます。

汗臭い臭いを撃退!おすすめの洗剤選びのポイント①

衣類の汗臭い臭いにお悩みの男性に、洗剤選びで注目するポイントがいくつかあります。

まず、しっかりとした洗浄力があること、洗剤の形状、部屋干しにも適している洗剤であるかどうかです。

皮脂は油ですから、これが衣類に付着すると酸化を起こし、嫌な臭いを発生させます。

また、皮脂は水に溶けませんから簡単には落とすことができません。

そのためにも、しっかりとした洗浄力がある洗剤を選ぶことが大切です。

洗浄力の高い洗剤を選ぶためには、「除菌・防菌」や「消臭・防臭」などの表記があるものがおすすめです。

また、洗剤の成分にも注目してみましょう。

洗剤は、大きく分けると「弱アルカリ性」「中性」「弱酸性」に分けられます。

この中で最も洗浄力が高いのが「弱アルカリ性」です。

皮脂などの汚れは酸性になりますが、弱アルカリ性の洗剤を使うことによって中和作用が起こり、効率よく汚れを落としてくれます。

汗臭い臭いを撃退!おすすめの洗剤選びのポイント②

前項から引き続き、洗剤選びのポイントをお伝えしていきましょう。

洗剤の形状には、粉洗剤と液体洗剤、そして比較的新しいジェルボール洗剤があります。

この中で、衣類の汗臭い臭いの消臭におすすめなのは、粉洗剤になります。

粉洗剤は液体洗剤やジェルボール洗剤に比べると、洗浄力が高く安価である点もメリットです。

ただし、洗浄力が高い分、衣類の色落ちなどのダメージを与えてしまうことがあります。

そのため、デリケートな素材(ウールやシルクなど)には使用しないように注意しましょう。

また、洗濯物を室内干しにしているという方もいらっしゃるかと思います。

室内干しのメリットとしては、突然の雨も心配がないところ、また花粉やホコリなどの付着を防ぐことが挙げられます。

ただし、室内で洗濯物を干すということは風が通らないため、乾かすまでの時間がかかり、生乾き臭となりやすいことがデメリットですね。

生乾き臭の原因は、衣類に落としきれなかった皮脂汚れが原因になりますので、臭いを防ぐためには室内干しに対応している洗剤を選ぶのがおすすめです。

室内干し対応の洗剤には、生乾き臭や部屋干し独特の臭いを防ぐ効果があります。

室内で洗濯物を干すことが多い方は、部屋干しに対応しているかどうかも考える必要があるといえるでしょう。

汗臭い臭いに効果的!おすすめの粉洗剤

では、以上のポイントを踏まえた上で、汗臭い臭いに効果的なおすすめの粉洗剤をご紹介していきましょう。

●花王 アタック 高浸透リセットパワー 900g

漂白剤のワイドハイターと共同開発して誕生した洗剤です。

高い洗浄力に加え、除菌・消臭成分配合ですので、汗臭い臭いに効果的です。

また、部屋干しにも対応しているので、部屋で干す機会が多い方にもおすすめです。

参考価格¥302

●ライオン 部屋干しトップ 450g

こちらも部屋干し対応の洗剤になります。

臭いの元となる菌を落として、衣類に付着した臭いを断ち切ります。

さらに、高い除菌効果によりウイルスまでも落とす作用があります。

参考価格¥333

●ライオン 消臭ブルーダイヤ 900g

臭いの元となる汚れを酵素がしっかりと分解、さらに漂白成分により染み付いた臭いも除去します。

また、加齢臭消臭成分配合により、加齢臭が気になる男性にもおすすめです。

参考価格¥259

臭いに効く!おすすめの液体洗剤

続いて、汗臭い臭い対策としておすすめな、液体洗剤をご紹介していきます。

●花王 アタック 消臭ストロングジェル 衣料用洗剤 900g

消臭にこだわり、汚れもしっかりと落としてくれる液体洗剤です。

また、尿臭ブロッカー配合により、尿の臭いにも効果があります。

参考価格¥389

●トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 450g

繊維の奥までこびりついた汚れや臭いを徹底除去します。

時間が経って付いてしまった黄ばみや、食べこぼしの汚れにも効果を発揮するほど、洗浄力が高い洗剤です。

また、中性洗剤であるため、デリケートな衣類にも使用できるのもうれしいポイントですね。

参考価格¥280

●アリエール 洗濯洗剤 イオンパワージェル サイエンスプラス 910g

100種類もの汚れを一発洗浄とし、優れた洗浄力を誇ります。

また、弱アルカリ性であるため徹底的に抗菌・除菌します。

臭い対策としてもおすすめな洗剤です。

参考価格¥355

洗剤の入れすぎはNG!

上記では、汗臭い臭いを撃退するおすすめの洗剤をご紹介してきました。

ですが、汗臭い衣類の臭いをなんとかしたいからといって、必要以上に洗剤を投入していませんか?

実は洗剤を必要以上に入れると、臭いの元となる菌が繁殖する恐れがあります。

一般的な洗濯機の場合、洗濯物の量に応じて水量が表示されます。

洗剤の表記を見るとお分かりになると思いますが、この水量を目安にした使用量が表示されていると思います。

この使用量にはきちんと意味があり、洗剤は必要以上に入れたからといって効果が上がるものではないのです。

反対に、規定量を超えた洗剤を入れると水に溶けきらず衣類に残ってしまいます。

衣類に洗剤が残ったままですと、汗をかいた際にそれらが混じり合い、菌のエサとなってさらなる臭いを発生させてしまう可能性があります。

そのため、洗濯をする際は、必ず洗剤の量を守って使用してください。

汗の臭いに強い洗剤を選ぶ

汗臭い臭いが衣類についてしまうと、中々落とすことができません。

嫌な臭いを取り除くためには、強い洗浄力があり分解力に長けているものを選びましょう。

ただし、洗浄力が強い洗剤は、漂白剤が配合されているものもありものによっては衣類を傷めてしまう恐れもあります。

大切な衣類を洗濯するときは、おしゃれ着用や中性洗剤を使用しましょう。

 - 体臭の悩み