洋服が汗臭い!衣類に染み付いた臭いにどの洗剤がおすすめ?

汗や皮脂は男女共に体から出るものですが、女性に比べると男性の方が多くなる傾向にあります。

この汗や皮脂が洋服に付いて蓄積されていくと、臭いとして残ってしまうことがあります。

では、衣類に付いてしまった汗臭い臭いを取り除くのに、洗剤はどれを選べばよいのでしょうか。

ここではおすすめの洗剤をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

novの洗顔石鹸の気になる使い心地は?口コミを参考にしよう

食生活や生活習慣の影響からか、中年になっても敏感肌やニキビに悩まされる男性が多くなっています。洗...

角質ケアが決め手!顔スキンケアで美肌メンズを目指そう!

角質は男性でも女性でも顔に必ずあるものです。しかし、それをしっかりとケアすることで美肌を保つメン...

男性向けの保湿アイテム!プレゼントにも人気な商品を紹介!

「いい加減、ガサガサ肌をなんとかしたい」と感じているのなら、男性でも保湿を始めることをおすすめします...

汗っかきな背中はなぜ?タオルがズレ落ちない優れたグッズ!

顔の汗や脇の汗も気になるけれど、「背中の汗」は一段とびっしょりかいてしまうという男性は多いようです。...

すね毛の処理がしたい!男性もツルツルお肌になろう!

ムダ毛が気になるのは女性だけではなく男性も同じなのかもしれません。近年、すね毛や腕毛などのムダ毛...

濃いすね毛に悩む男性へ!仕上がり別のお手入れ方法教えます

肉食メインの食生活、生活習慣の乱れ、強いストレスなど何らかの理由で、男性ホルモンが過剰分泌された場合...

ミョウバン水は酸性で重曹水は弱アルカリ性!2つの消臭効果

「ミョウバン」「重曹」を利用した消臭方法があります。これらの2つの成分は全く違う性質を持っていま...

すね毛の処理にはすきカミソリが最適!チクチク感はない?

「毛深い男性ってどうですか?」この質問を女性にした場合に、たいていの場合あまり良い返事は頂けない...

ミョウバンで嫌なニオイを消臭!靴のニオイ対策に最適!

男性の悩みの中でも上位に食い込んでくるであろう、靴のニオイ。靴のニオイにお悩みの方は、足が蒸れる...

表情筋トレーニングはシワやたるみに効果あり!?やり方とは

歳を重ねるごとに、ハリがなくなりたるむ顔。その原因は、加齢と共に表情筋が減ってしまうことが理由の...

汗を拭くタオルは濡れた状態がベスト!?その理由とは

暑い夏の時期になると、汗がだらだらと流れてしまうことありますよね。汗は放っておくとニオイの原因に...

スクラブはボディソープ使用前?使用後?順番やコツについて

スクラブの代表的な種類として、身体用と顔用があります。今回は、身体用であるボディスクラブに焦点を...

鼻毛が伸びるスピードが早いのはなぜ?その原因を徹底調査!

鼻毛が嫌われているわけではありませんが、人と接する上でも見えないように手入れしておくのが最低限のエチ...

体毛は処理するべきなの!?イマドキ男性のムダ毛事情とは

体毛を処理することは、現代においては女性だけが行うものという認識ではなくなっていることをご存知ですか...

肌の古い角質や皮脂を取り除くには顔のパックがおすすめ!

肌に不要な皮脂や古い角質が溜まってしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。男性の場合は女性...

スポンサーリンク

男性は汗と皮脂の分泌量が多い

汗をかくと、臭いが気になることってありますよね。

汗臭い臭いの原因は、汗が皮脂やアカと混じり合い、それをエサとする常在菌が分解することで臭いが発生します。

つまり、汗と皮脂量が多ければそれだけ臭い物質は強くなる傾向にあります。

また、男性は女性に比べると、汗や皮脂の分泌量が多い傾向にあります。

一般的に男性が汗や皮脂の分泌量が多いのは、ホルモンが関係しているといわれ、男性ホルモンには発汗や皮脂腺を活発にする働きがあるとされています。

男性ホルモンの中には「アンドロステノン」という物質が含まれています。

これは、男性特有の体臭を出すだけでなく、体臭そのものを強くするという特徴があります。

また、男性は年齢を重ねるにつれ、体臭がきつくなる傾向にあります。

30~50代にもなると、ミドル脂臭と呼ばれる独特なニオイの体臭が出始めます。

いわゆる加齢臭ですね。

そのため、男性は衣類に臭いが残りやすいとされ、一度衣類に臭いが染み付くとなかなか臭いを落とすことができません。

では、臭い対策に有効な洗剤はどのようなものがあるのでしょうか。

続いて、おすすめの洗剤選びのポイントをご紹介していきます。

汗臭い臭いを撃退!おすすめの洗剤選びのポイント①

衣類の汗臭い臭いにお悩みの男性に、洗剤選びで注目するポイントがいくつかあります。

まず、しっかりとした洗浄力があること、洗剤の形状、部屋干しにも適している洗剤であるかどうかです。

皮脂は油ですから、これが衣類に付着すると酸化を起こし、嫌な臭いを発生させます。

また、皮脂は水に溶けませんから簡単には落とすことができません。

そのためにも、しっかりとした洗浄力がある洗剤を選ぶことが大切です。

洗浄力の高い洗剤を選ぶためには、「除菌・防菌」や「消臭・防臭」などの表記があるものがおすすめです。

また、洗剤の成分にも注目してみましょう。

洗剤は、大きく分けると「弱アルカリ性」「中性」「弱酸性」に分けられます。

この中で最も洗浄力が高いのが「弱アルカリ性」です。

皮脂などの汚れは酸性になりますが、弱アルカリ性の洗剤を使うことによって中和作用が起こり、効率よく汚れを落としてくれます。

汗臭い臭いを撃退!おすすめの洗剤選びのポイント②

前項から引き続き、洗剤選びのポイントをお伝えしていきましょう。

洗剤の形状には、粉洗剤と液体洗剤、そして比較的新しいジェルボール洗剤があります。

この中で、衣類の汗臭い臭いの消臭におすすめなのは、粉洗剤になります。

粉洗剤は液体洗剤やジェルボール洗剤に比べると、洗浄力が高く安価である点もメリットです。

ただし、洗浄力が高い分、衣類の色落ちなどのダメージを与えてしまうことがあります。

そのため、デリケートな素材(ウールやシルクなど)には使用しないように注意しましょう。

また、洗濯物を室内干しにしているという方もいらっしゃるかと思います。

室内干しのメリットとしては、突然の雨も心配がないところ、また花粉やホコリなどの付着を防ぐことが挙げられます。

ただし、室内で洗濯物を干すということは風が通らないため、乾かすまでの時間がかかり、生乾き臭となりやすいことがデメリットですね。

生乾き臭の原因は、衣類に落としきれなかった皮脂汚れが原因になりますので、臭いを防ぐためには室内干しに対応している洗剤を選ぶのがおすすめです。

室内干し対応の洗剤には、生乾き臭や部屋干し独特の臭いを防ぐ効果があります。

室内で洗濯物を干すことが多い方は、部屋干しに対応しているかどうかも考える必要があるといえるでしょう。

汗臭い臭いに効果的!おすすめの粉洗剤

では、以上のポイントを踏まえた上で、汗臭い臭いに効果的なおすすめの粉洗剤をご紹介していきましょう。

●花王 アタック 高浸透リセットパワー 900g

漂白剤のワイドハイターと共同開発して誕生した洗剤です。

高い洗浄力に加え、除菌・消臭成分配合ですので、汗臭い臭いに効果的です。

また、部屋干しにも対応しているので、部屋で干す機会が多い方にもおすすめです。

参考価格¥302

●ライオン 部屋干しトップ 450g

こちらも部屋干し対応の洗剤になります。

臭いの元となる菌を落として、衣類に付着した臭いを断ち切ります。

さらに、高い除菌効果によりウイルスまでも落とす作用があります。

参考価格¥333

●ライオン 消臭ブルーダイヤ 900g

臭いの元となる汚れを酵素がしっかりと分解、さらに漂白成分により染み付いた臭いも除去します。

また、加齢臭消臭成分配合により、加齢臭が気になる男性にもおすすめです。

参考価格¥259

臭いに効く!おすすめの液体洗剤

続いて、汗臭い臭い対策としておすすめな、液体洗剤をご紹介していきます。

●花王 アタック 消臭ストロングジェル 衣料用洗剤 900g

消臭にこだわり、汚れもしっかりと落としてくれる液体洗剤です。

また、尿臭ブロッカー配合により、尿の臭いにも効果があります。

参考価格¥389

●トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 450g

繊維の奥までこびりついた汚れや臭いを徹底除去します。

時間が経って付いてしまった黄ばみや、食べこぼしの汚れにも効果を発揮するほど、洗浄力が高い洗剤です。

また、中性洗剤であるため、デリケートな衣類にも使用できるのもうれしいポイントですね。

参考価格¥280

●アリエール 洗濯洗剤 イオンパワージェル サイエンスプラス 910g

100種類もの汚れを一発洗浄とし、優れた洗浄力を誇ります。

また、弱アルカリ性であるため徹底的に抗菌・除菌します。

臭い対策としてもおすすめな洗剤です。

参考価格¥355

洗剤の入れすぎはNG!

上記では、汗臭い臭いを撃退するおすすめの洗剤をご紹介してきました。

ですが、汗臭い衣類の臭いをなんとかしたいからといって、必要以上に洗剤を投入していませんか?

実は洗剤を必要以上に入れると、臭いの元となる菌が繁殖する恐れがあります。

一般的な洗濯機の場合、洗濯物の量に応じて水量が表示されます。

洗剤の表記を見るとお分かりになると思いますが、この水量を目安にした使用量が表示されていると思います。

この使用量にはきちんと意味があり、洗剤は必要以上に入れたからといって効果が上がるものではないのです。

反対に、規定量を超えた洗剤を入れると水に溶けきらず衣類に残ってしまいます。

衣類に洗剤が残ったままですと、汗をかいた際にそれらが混じり合い、菌のエサとなってさらなる臭いを発生させてしまう可能性があります。

そのため、洗濯をする際は、必ず洗剤の量を守って使用してください。

汗の臭いに強い洗剤を選ぶ

汗臭い臭いが衣類についてしまうと、中々落とすことができません。

嫌な臭いを取り除くためには、強い洗浄力があり分解力に長けているものを選びましょう。

ただし、洗浄力が強い洗剤は、漂白剤が配合されているものもありものによっては衣類を傷めてしまう恐れもあります。

大切な衣類を洗濯するときは、おしゃれ着用や中性洗剤を使用しましょう。