SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

汗をかいたら塩が服に!塩が残ってしまう原因と対策方法は?

2018.8.30

汗をたくさんかいた後、服に白い塩が浮き出てきた経験はないでしょうか?

特に、女性よりも発汗量の多い男性にとって、暑さがみなぎる季節や、激しい運動をした後には、いつの間にかシャツが白くなっている経験は少なくないはずです。

しかし、なぜ服に塩が浮き出てしまうのか、その原因を知っている方は少ないと思います。

そこで、この記事では、服に塩が残ってしまう原因から、その対策まで、詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サウナで汗腺を鍛える!サウナの良い効果と入り方を学ぼう!

質の良い汗をかくためには、汗腺を鍛える必要があります。 そのようなときにおすすめしたいのが「サ...

マスクを長時間使用すると蒸れるのが嫌!対策方法を教えて!

花粉症や風邪のシーズンが到来すると、マスクが手放せない毎日になりますよね。 マスクを長時間して...

脂肪を移動させるマッサージってあるの?部分痩せはできる?

中年の男性で気になってくる部分に、体の脂肪がありますよね。 なかには、「ここの脂肪を移動できた...

正しい鼻毛のお手入れ方法とその頻度は?やりすぎは危険!?

どんなに端正な顔立ちのイケメンであったとしても、鼻から1本の鼻毛が出ていたら…。 あなたはどう...

novの洗顔石鹸の気になる使い心地は?口コミを参考にしよう

食生活や生活習慣の影響からか、中年になっても敏感肌やニキビに悩まされる男性が多くなっています。 ...

角質除去で正しい鼻のケアをしよう!鼻の毛穴詰まりを解消!

顔の中でも特に鼻を中心として角質がたまりやすく、特に男性に多く見られる傾向です。 鼻は顔の中心...

ミョウバン水を使っての消臭!ペットの気になる臭い対策に!

ペットを家の中で飼っているご家庭は多いですよね。 家の中でペットを飼っていて困ることのひとつに...

日焼け止め「spf」「pa」の意味って?より効果が高いのは

最近では、男性もスキンケアへの意識が向上しているため、日焼け止めを利用される方が増えてきています...

脂肪を燃やすには有酸素運動だけでなく筋トレも有効だった!

脂肪を燃やす運動としては、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が最も効果的だと言われています。...

洗顔にかける時間の目安はどのくらい?一日何回洗えばいい?

みなさんは、洗顔にかける時間はどのくらいでしょうか。 ササっと終わらせてしまうかたや、時間...

発汗には老廃物を排出する機能はない?その嘘と根拠とは?

最近では美容効果を目的に、デトックス効果の高いとされるサウナやヨガをしている女性も増えています。...

マスクの効果とはいかなるもの!?保湿効果について

寒くなってきて、外の空気が乾燥してくると、気になってくるのが口元の乾燥や肌の乾燥ですよね。 そ...

ニオイ対策にミョウバンが効く!売り場所は薬局やスーパー

ミョウバンを知っていますか? 理科の実験や、なすのお漬物づくりで使った経験がある方も多いかもしれ...

毛穴がポツポツ!小鼻の黒ずみの発生原因と対処方法とは?

誰もが一度は悩んだことのある毛穴トラブルとして挙げられるのが、小鼻の黒ずみではないでしょうか。 ...

使っても身体に害はない?石鹸に含まれる成分は危険なの?

身体の汚れを取り除いてくれる石鹸は、私たちの衛生的な日常の暮らしに欠かせません。 しかし、その...

スポンサーリンク

汗をかいたら服に塩が!汗のことを知ろう

男性にとって、特に暑い季節は、どうしても汗をかくことも多く、シャツの白いシミにも繋がることもあるため、悩みの種になります。

では、汗をたくさんかいた後、なぜ服に塩が残ってしまうのでしょうか?

まずは、汗の成分についてご説明していきましょう。

そもそも汗の99%は水分でできており、それ以外の成分のほとんどが塩分です。

汗はもともと、体内の隅々まで通っている「血液」が原料で、皮膚に存在する「汗腺」から汗が分泌されています。

また、この汗腺の中には、「分泌部」という汗の基を構成する組織があり、ここで血液中の赤血球などを取り除いた「血漿(けっしょう)」が作り出されます。

分泌部から作られた時点の血漿には、体に必要なミネラルが含まれているため、汗腺から汗として排出されるまでの過程で、塩分を含んだミネラルのほとんどはろ過されます。

つまり、このろ過は、汗腺が行う体内への「再吸収」になります。

そして、最終的には、99%の水分と残りの塩分などで構成された「汗」として、皮膚上から排出されているのです。

しかしながら、上記を見る限り、汗に含まれる塩分は微々たるものですから、服に塩が残ってしまうようなことは、通常あまりありません。

では、汗をかいた後、なぜ服に塩が残ってしまうことが起きるのでしょうか?

その原因について、次項で詳しく見ていきましょう。

服に塩が浮き出てしまった!原因その①汗腺機能の低下

汗をたくさんかいた後、服に塩が残ってしまう理由としては、主に3つの原因が挙げられます。

まず1つ目の原因は、「汗腺機能の低下」によるものです。

汗腺機能が正常な場合、皮膚からは「良質な汗」が分泌されます。

もともと「汗をかく」機能は、人が恒温動物として、一定の体温を維持するための「温度調節」であり、そのために、余分な成分(塩分を含んだミネラル)をろ過した「汗」が、熱として体外へ排出されます。

したがって、「良質な汗」とは、前述したような、99%が水分で構成されている汗を指します。

これに対して、汗腺機能が低下している場合、体に必要なミネラルをろ過できないまま、汗腺から皮膚上に排出されてしまいます。

そして、このようなベトベトの汗をかいた結果、服に塩が浮き出るような状態になるのです。

この汗腺機能の低下については、運動不足やエアコンの当たりすぎが原因として挙げられます。

運動不足やエアコンの当たりすぎによって、汗をかく汗腺機能が低下し、ミネラルのろ過、つまり、汗腺によるミネラルの再吸収ができなくなるのです。

服に塩が浮き出てしまった!原因その②発汗のスピード

汗をかいた後、服に塩が浮き出てしまう2つ目の原因は、「発汗のスピード」です。

たとえ、汗腺機能が正常で「良質な汗」をかいている人でも、運動などによって急激に多量の汗をかいた場合には、服に塩が残ってしまうケースがあります。

つまり、発汗のスピードが通常よりも速いために、ミネラルを再吸収する汗腺機能が追いつかず、その結果として、塩分を多く含んだ汗が排出されてしまうのです。

この塩分濃度の高い汗は、運動した際には誰でも排出されるもので、一般的に0.3~0.9%の範囲内で塩分濃度は変化します。

また、この濃度変化は、人によってそれぞれ異なり、その日の体調や気候、発汗スピードによって変わってきます。

では、続いて、3つ目の原因についてご説明していきましょう。

服に塩が浮き出てしまった!原因その③多汗症について

服に塩が残ってしまう3つ目の原因としては、「多汗症」という疾患が関係している場合があります。

「多汗症」とは、体温調節の発汗として、必要以上に大量の汗をかく症状です。

常にタオルが欠かせないような、日常生活に支障が出ている場合は、多汗症の可能性が高いと言えます。

この多汗症も、発汗スピードの場合と同様で、汗腺機能が間に合わないことで、服に塩となって残ります。

また、多汗症の原因としては、未だに詳しい解明がなされていませんが、乱れた生活習慣が引き金になっていると言われています。

現在、多汗症の原因とされているものは、以下に挙げられます。

・運動不足、エアコン:汗腺機能の低下
・高カロリーな食生活:熱を活発的に生産

したがって、多汗症による服の塩残りは、「汗腺機能の低下」と「発汗スピード」、このふたつの原因が一緒になることで起こると言えます。

汗腺機能を鍛えよう!その①発汗を意識した入浴

これまでに、汗をかいた後、服に塩が浮き出てしまう3つの原因について、ご説明してきました。

では、このような塩分濃度の高い汗を改善するためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

この対策としては、汗腺機能を鍛えることが重要で、主に2つの方法が挙げられます。

まずは、「入浴」について見ていきましょう。

入浴は温泉好きな多くの日本人にとって、日々欠かせないものでしょう。

実は、この湯船に浸かる入浴には、汗腺機能を鍛える効果が期待できます。

ただ、シャワーだけでは発汗効果の期待ができないので、できるだけ湯船に浸かり、発汗させることが重要です。

特に、半身浴や足湯は、汗腺機能のトレーニングを効果的に行うことができます。

というのも、入浴をしながら、汗をかいた上半身が体温を冷ましていくので、これが効率の良い汗腺機能のトレーニングに繋がります。

また、それと同時に、発汗をコントロールする「自律神経」のバランスを整える効果も期待できます。

毎日が忙しいと、どうしてもシャワーだけで済ましがちになってしまいますが、できるだけゆっくりと湯船に浸かることも心がけましょう。

汗腺機能を鍛えよう!その②適度な運動

服に浮き出てしまう塩対策として、次に「適度な運動」について見ていきましょう。

先にも述べたように、汗腺機能の低下には、運動不足が原因になっている場合があります。

そのため、日頃から適度な運動を心がけることで、汗腺機能を鍛えていく必要があるのです。

ただし、急激に体の負担に繋がるハードな運動は、長続きさせるのも難しいので、ウォーキングや軽めのジョギングが効果的です。

また、日常生活の中でも、エレベーターを使わないで階段を上ったり、近場には徒歩で行ってみたりなど、日常的に意識していくことも重要です。

ただ、これまで運動不足だった方は、汗腺機能が休止状態にあるため、初めのうちは良質な汗がかけないかもしれません。

しかし、適度な運動を継続していくことで、汗腺機能も正常に働き始めるので、安心して定期的な運動をしていきましょう。

入浴や運動をして発汗機能を鍛えよう

汗をかいた後、服に塩として浮き出てしまう原因としては、「汗腺機能の低下」や「発汗スピード」、そして「多汗症」が大きく関わっている場合があります。

また、その対策としては、日頃の効果的な入浴や、適度な運動が重要です。

仕事で忙しいと、湯船に浸かったり、運動することが億劫になってしまいますが、少しずつでも生活の中に取り入れていくことを心がけましょう。

 - 体臭の悩み