眉毛を細くするとイタい?やってはいけない男の眉毛

顔全体の中でも、「眉毛」は印象を大きく変えるパーツですが、「どのくらい細くすればいいのか」ということに悩む方もいると思います。

男性の場合は女性よりも、濃く太い眉毛が「男らしい」というイメージになりますが、逆に細くすることで目鼻立ちとマッチして、かっこよくなることもあります。

しかし、細くしすぎることには注意が必要です。

ここでは、「男の細眉」についての評判や、その他の問題ありな眉毛、薄眉への対処法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

doveの洗顔料はニキビ予防に効果的!?おすすめの洗顔料は?

「ニキビができる」「脂っぽくてベタつく」「乾燥する」など、女性と同じように肌トラブルを抱えている男性...

なぜエラは張るのか?エラの張りを解消する3つのポイント

エラが張っていると、顔が四角く大きく見えてしまうため、悩まれている男性も多いでしょう。しかし、エ...

眉毛はメンズも書く時代!あなたも理想の眉を手に入れよう!

あなたは【眉毛のお手入れ】していますか?眉毛は思っているよりも、人からよく見られているパーツです...

正しい知識で糖質制限!その方法と家庭でできる簡単メニュー

糖質制限を行わなければならなくなった人や、健康を維持するため糖分の摂取を控えたいと考える人が増えてい...

エラ張りなんて気にしない!似合う髪型を見つけて悩み解決!

男性で「エラ」をコンプレックスと感じている人は少なくありません。エラ張り男性は、顔が大きく見えた...

肌のざらつきになる角質の取り方!角質ケアで顔色を明るく!

洗顔をした後や髭を剃ったとき、肌のざらつきが気になったことはありませんか?ツルツルとした清潔な肌...

皮脂による顔のテカリを抑えるには?化粧下地が一発で解決!

おしゃれ男子が急増する今、そんなニーズに応えるように男性用の化粧品も続々登場していますね。それと...

眉毛が剛毛で困っている男性必見!正しい整え方をご紹介

男性で眉毛が剛毛な場合、ひと昔なら「男らしい眉毛!」と思われたかもしれません。しかし、現在はその...

ダイエットブログが参考になる!男性はどこに気をつける?

痩せたいという願望を持っているのは女性だけではありませんよね。しかし、どんなダイエットをしたらい...

肌の古い角質や皮脂を取り除くには顔のパックがおすすめ!

肌に不要な皮脂や古い角質が溜まってしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。男性の場合は女性...

顎のたるみが気になる方へ!マッサージで小顔を目指そう!

顎がたるんでいると顔が大きく見えたり、実年齢より老けて見られてしまいます。鏡を見て顎のたるみが気...

側頭部を頭皮マッサージすると痛い!身体のどこかに異変が?

仕事でパソコンなどのデスクワークが多いと、目や首が痛くなりますよね。そのようなとき、側頭部や後頭...

眉毛は骨格を意識した作り方が基本!変な形にならないために

昔の写真を見返すと、「なんだか眉毛の形が変!」と思ったことはありませんか?眉毛というものは、時代...

脂肪を移動させるマッサージってあるの?部分痩せはできる?

中年の男性で気になってくる部分に、体の脂肪がありますよね。なかには、「ここの脂肪を移動できたらい...

日焼け止め商品ランキング!その焼けない効果を比較調査!

数ある日焼け止め商品の中から、一体どれを選べばいいのか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

男性が眉毛を細くすると女性にどう思われる?

男性が眉毛を細くすると、女性からはどのように思われるのでしょうか。

周囲の女性の意見や、ネットの評判を調べたところ、ナチュラルな眉毛のほうが好まれる傾向があるようです。

ナチュラルといいましても、「つながり眉毛」「イワトビペンギン風眉毛」というわけではありません。

いじっていないようでいじっている、絶妙にラフな眉毛のことです。

「それって一体どんな眉毛!?」と疑問に思われたら、試しに人気イケメン俳優や女性にモテるスポーツ選手の画像を検索して見てみましょう。

太さや長さに違いはありますが、線のように細い眉毛にしている場合は少ないと思います。

美容意識の高い女性たちの意見では、「細すぎると古い」「髪型や顔とのバランスもある」「髪の色と合わせたほうがいい」などの細かい発見もありました。

意外と女性は、男性の眉毛を見ているものなのです。

眉毛を細くする男性が好きな女性はいる!嫌いな女性もいる

男性が眉毛を細くすることは、決して悪いことではないと思います。

中性的な雰囲気だったり、体つきが華奢な方は眉毛が太いと逆に違和感になるかもしれません。

眉毛を整えようという意識は、見た目に気を使っているということですから、それを好意的に見る女性もいます。

特に、ビジュアル系のアーティストグループや、人気ホストの眉毛を見ると、女性のように細く丁寧に描かれています。

時代は移り変わり、男性でも美に対する意識を高く持って、メイクやスキンケアにこだわる男性が増えています。

ちまたで話題の「整形メイク」も、女性だけのものではないのです。

目を実際の何倍も大きく見せたり、肌質をきれいに見せたり、唇をツヤツヤにしたりして変身し、そのやり方を動画で公開している方もいます。

そして、その動画にたくさんの女子が注目し、好感を抱いているのも事実です。

もちろん、これは極端な例ですが、「化粧をする男子が好きな女性もいる」ということですよね。

ですが、眉毛が細すぎると否定的な意見も数多く、「遊んでいそう」「ヤンキー感がある」「怖そう」「理解できない」などの意見は、女性側からも男性側からも聞くことです。

眉毛を細くすることがデメリットになる場合!細眉以外のウケの悪い眉毛

眉毛を細くしすぎると、仕事をはじめようと思ったときに困るケースも考えられます。

営業や接客業、販売業などで、幅広い年代のたくさんの人たちと接する仕事の場合、面接時に不利になることもあるものです。

若い人同士で理解しあえても、年齢が上の人には受け入れられない場合があります。

また、細くしすぎるということの他にも、弓なりに湾曲しすぎている眉毛も、「ピエロっぽい」と思われてしまうかもしれません。

剃り跡が青々としているのも、好きになれない女性は多いです。

では、眉毛を不自然なほど細くすること以外で、違和感を感じさせる眉毛には、どんなものがあるのでしょうか。

もともとの眉毛ではなく、いじった後の眉毛の中で考えてみると、「困り眉」が挙げられます。

アイドルや女優が、守ってあげたい雰囲気を演出するために整えることの多い困り眉、つまり下がり眉ですが、男性で似合う人は珍しいです。

彫りの深い欧米風の顔立ちで、自然と下がっている方もいますが、のっぺりした純日本人には、特に似合いません。

男性のNG眉毛って?

眉毛を極端に細くすることと同じくらい、違和感に感じやすい男性の眉毛を挙げていますが、「困り眉」とは逆に「上がり眉」にも注意が必要です。

人気のダンス&ボーカルグループなどのメンバーのような、しっかりと角度がついたシャキッとした眉毛は、モテるのではないかと思われがちですよね。

しかし、一般的にウケがよく、女性からも好感度の高い眉毛はやはり、普通の眉毛です。

女性よりも完璧に形にこだわって眉毛を整えると、「自分がイケメンだと気づいている」というふうに、ナルシストっぽく思われてしまうこともあります。

眉毛をケアする時に、くっきりときれいに整えるということは、頭の隅に追いやったほうがいいでしょう。

また、眉尻が足りない短め眉毛も、平安時代の貴族のような印象になってしまうため、なんとかしたいものです。

短い眉毛は、どことなく頼りない印象にもなるため、ビジネスマンの方も一度、鏡でチェックしてみてください。

これは、もともとの眉毛が薄かったり、整えているうちになくなってしまう方もいると思います。

また、何もしていないのに薄くなってしまう場合もあります。

次項ではその原因についてご説明します。

眉毛が徐々に薄くなる!?原因は?

男性だけではなく女性でもそうですが、眉毛が薄くなる、短くなるということの原因はいろいろとあります。

その中には、病院への受診をおすすめしなければいけないこともあります。

例えば、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などの炎症が原因である場合です。

また、甲状腺ホルモンの関係で、眉尻がなくなってしまうこともあります。

眉毛の外側部分の毛は、甲状腺ホルモンの分泌が乱れると、生えなくなってしまうことがあるのです。

あまりにも極端に眉毛が抜けて、身体的な症状が他にも見られるのなら、一度皮膚科や内分泌科に行って相談してみることをおすすめします。

「疲れやすい」「動悸がする」などの症状があれば内科や内分泌科、「眉毛部分に赤みがある」「かゆみがある」「白いフケのようなものが落ちる」という症状があれば皮膚科がいいでしょう。

また、病的な原因ではなくても、加齢とともにだんだんと眉毛が薄くなる方はいます。

何らかの理由で新陳代謝が低下し、眉毛の生えかわりのサイクルが乱れたり、生えにくくなることが原因です。

さらに、若い頃に眉毛を細くすると、余計に薄くなりやすい傾向もあります。

若々しい眉毛を保つ方法

眉毛が薄くなってきた、途中でなくなってしまったという方は、これ以上大切な眉毛を失わないためにも、適切に対処していきましょう。

もし、大きなストレスを感じているのなら、少し気持ちをゆるめて、ストレス解消法をお試しください。

それが運動なのか、自然の中でボーっとすることなのか、仲間と話すひとときなのかは、それぞれ違うと思います。

ご自分がリラックスできて、楽しいと思う時間を少しでも増やしてみてください。

また、食生活にも気を配りましょう。

ビタミンB2やたんぱく質を積極的に摂り、体を代謝がよい状態にしてあげてください。

さらに、眉毛を普段から描いている男性は、一日の終わりにしっかりと落としてあげましょう。

細くする方にも多いですが、メイク用のアイブロウペンシルで描いている場合、洗顔するだけでなくクレンジングすることで、毛穴の詰まりを防げます。

アイブロウの中には濡れても落ちないウォータープルーフタイプがあり、そうした化粧品は特に念入りに落とすことが大切です。

これを描きっぱなしにしていることが、皮膚炎の原因になることもあるので、注意が必要です。

眉毛を変えれば気持ちも変わる!

女性は、メイクで見た目だけでなく、内面のスイッチもONにすることができます。

男性も、髭を剃ったりヘアスタイルを整えたりするだけでなく、眉毛の処理をすることで、より気持ちが引き締まり、鏡にうつる自分に自信が持てるようになるかもしれません。

ナチュラルなモテ眉にするというのは、意外とやってみると難しいですが、自分と骨格や雰囲気が近い芸能人などを参考にして、挑戦してみましょう。