髭剃りでの肌トラブルを回避!おすすめの肌にやさしい髭剃り

髭剃りのトラブルで最も多いのが髭剃り負けです。

肌が弱い男性に限らず、髭剃りをする男性ならば誰にでも起こり得ることです。

髭剃りをするたびに肌が赤くなってしまったり、ヒリヒリしたり、出血したり、痒くなったりすると、身だしなみでもある髭剃りが憂鬱になってしまいますね。

今回は、そんな肌トラブルを回避できるよう、肌にやさしいおすすめの髭剃り方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髭剃り用のジェルは電動シェーバーでも必要?おすすめは?

電動シェーバーで髭剃りを行う男性の方は、ジェルなどのシェービング剤を使用しない「ドライ剃り」をされる...

髭剃りのウェットシェービング!ジェルと泡の違いについて!

髭剃りでウェットシェービングをする上では、シェービング剤選びも迷うところですよね。特に、髭が濃い...

おしゃれな髭の作り方!どんなスタイルが日本人におすすめ?

おしゃれな髭は、「ワイルドさ」や「男らしさ」が演出でき、カッコいいですよね。男性なら、一度は髭に...

髭のおしゃれがしたい!濃いより薄い方がしやすいって本当?

「男らしくおしゃれな髭を生やしたいなぁ」ため息をつき、あごをさすりながら諦めがちにつぶやく男性の...

t字カミソリの特徴を覚えて髭剃りのやり方をマスターしよう

毎日の髭剃りに、多くの方がt字カミソリを使用していると思います。しかし、t字カミソリは手軽に髭を...

髭剃り論議!「シック」か「ジレット」か?果たして結論は?

「シック」と「ジレット」の髭剃り論議は、繰り返し行われていて尽きることがありません。「好みの差だ...

髭をおしゃれに決めたい!お手入れを知って清潔感をアピール

髭はおしゃれに決めたい男性には欠かせないポイントです。服装だけでなく髭にまで気を配れれば、男性と...

髭剃りに使うシェーバーにオイルは欠かせない!使い方は?

髭剃りをする方法としては、カミソリかシェーバーがあります。カミソリの刃のメンテナンスは基本的に洗...

髭剃り用シェーバーの人気機種はこれ!プレゼントにも最適

男性にとって、髭剃りは日課です。そんな髭剃りに使う電動シェーバーは、カミソリに比べると価格も高額...

髭剃りを毎日していると肌が痛い!?原因と対処法をご紹介

男性は、人によって多少の差はありますが、毎日髭剃りをする方が多いですよね。しかし、毎日髭剃りをす...

髭剃りはとにかく深剃り!深剃りのコツとおすすめアイテム!

男性にも清潔感が求められる今の時代、髭剃りは男性の大事な身だしなみの一つですね。しかし、髭の濃さ...

髭剃りの細かなお手入れにヒゲトリマーが便利!使い方とは

髭剃りの際、髭をファッションの一部として残している男性の方も多くみられます。そのような方は、当然...

「髭剃りについて考える」 あなたは電動派?それとも手動派?

男性の身だしなみである「髭剃り」ですが、あなたは電動派ですか?手動派ですか?それぞれこだわりがあ...

髭剃り必需品!T字カミソリと電気シェーバーどちらを選ぶ?

男の身だしなみと言えば、髭剃りが代表的ですよね。ビジネスマンのマナーとして、欠かすことのできない...

髭剃りはt字カミソリ?電気シェーバー?徹底比較してみた!

髭剃りのツールとして人気を二分する、t字カミソリと電気シェーバー。あなたは普段どちらを使っていま...

スポンサーリンク

肌にやさしい髭剃りは「カミソリ」と「電気シェーバー」どっち?

髭剃りは、カミソリ派ですか。

それとも電気シェーバー派ですか。

それぞれのメリット・デメリットはあるものの、肌にやさしいのは、電気シェーバーと言われています。

カミソリは、肌に直接刃が当たるため、肌へのダメージが大きく、髭剃り負けをしやすいのです。

カミソリを愛用しているものの、肌トラブルに悩んでいる男性の声はたくさん耳にします。

・髭剃り負けが多く、肌が赤くなる

・剃った後は毎回ヒリヒリして出血する

・乾燥肌で敏感肌だけど、首下まで髭があるので処理が苦痛

一方、電気シェーバーは、外刃で髭を引き込み、内刃で剃るため、肌に直接刃が触れにくく、肌へのダメージが小さく済みます。

しかし、そんな電気シェーバーでも、使い方を間違えれば、肌にとって大きな負担となってしまうことも忘れてはいけません。

ついつい力を入れすぎてしまったり、同じところを何度も剃ってしまったりした経験はありませんか。

また、劣化した刃で髭剃りを続けることも、肌荒れを起こす原因になります。

次項では、電気シェーバーのおすすめの使い方についてお話しします。

肌にやさしい髭剃り!おすすめは電気シェーバーでの「ウェットシェービング」!

前項でもお話ししましたが、肌にやさしいはずの電気シェーバーでも、使い方によっては、髭剃り負けの原因にもなり得ます。

ここでは、できるだけ肌にやさしい使い方についてお話しします。

肌トラブルを回避して、毎日の髭剃りの苦痛から解放されましょう。

男性の皆さんは、電気シェーバーのメリットと言うと何を思い浮かべますか。

多くの方は、「どこでも場所を選ばずに髭剃りができること」と答えるかもしれません。

確かに、そんなドライシェービングは、忙しい男性にとっては好都合なものではあります。

しかし、肌のことを最優先に考えた場合、声を大にして「ウェットシェービング」をおすすめします。

顔を濡らした状態でおこなう髭剃りは、剃りやすさが増すだけではなく、肌への負担を最小限にしてくれることが大きなメリットです。

そして、髭剃り負けのリスクがグンと減るでしょう。

肌が弱い方、敏感肌の方、乾燥肌の方、また、なんらかの肌トラブルでお悩みの方には、電気シェーバーでのウェットシェービングをおすすめします。

最近の電気シェーバーは、ウェットシェービングが可能なモデルも多く出ています。

次項では、おすすめの電気シェーバーをご紹介しましょう。

肌にやさしい髭剃り!おすすめの「回転式」電気シェーバー!

肌にやさしい髭剃りは、電気シェーバーを使ってウェットシェービングをすることをおすすめしました。

ここでは、電気シェーバーでもウェットシェービング対応のおすすめのモデルをご紹介します。

まず、電気シェーバーには、大きく分けると「往復式」と「回転式」があります。

「往復式」は、素早く剃ることができるのですが、「回転式」に比べて肌への負担が大きいと言えます。

「回転式」は、早く剃ることはできませんが、「往復式」に比べて肌に優しいのが特徴です。

このことから、肌トラブルでお悩みの男性には、「回転式」のシェーバーをおすすめします。

【フィリップス:9000シリーズ S9731/33】

フィリップスは、とにかく剃り味が優しいシェーバーとして有名です。

肌を優しくなでるような触感で髭剃りができると言われています。

S9731は、9000シリーズの中でも最上位モデルで、深剃りも可能で滑らかな仕上がりが期待できます。

【フィリップス:7000シリーズ S7560/26】

こちらも、剃り味が優しいフィリップスのシェーバーです。

この7000シリーズは、敏感肌の悩みに着目して開発されたモデルであり、肌へのやさしさが追求されたシェーバーです。

肌へ当たる感触が滑らかで、ヒリヒリ感も防いでくれるでしょう。

この二つの商品は、肌が弱い男性におすすめできるので、電気シェーバーを購入する際にはぜひ参考にしてください。

肌にやさしい髭剃り!おすすめの「シェービングジェル」!

これまで、電気シェーバーでのウェットシェービングをおすすめしてきましたが、ウェットシェービングに不可欠なのが、シェービング剤ですね。

ここでは、肌にやさしいおすすめのシェービングジェルをいくつかご紹介します。

ジェービング剤には、シェーバー専用と、カミソリ専用のものがありますので、よく確認してから購入してください。

また、電気シェーバー自体が、ウェットシェービングに対応しているかも必ず確認してくださいね。

【サクセス:ウェット剃りシェーバー専用ジェル】

うるおいの保護膜を形成して、肌への負担を抑えて髭剃りができます。

また、化粧水成分が配合されているので、髭を柔らかくし、深剃りもしやすくなるでしょう。

【DHC:薬用シェービング ジェル】

薬用成分と植物成分が肌にやさしく働きかけるので、髭剃りによる肌のダメージや炎症を軽減させてくれます。
防腐剤不使用、無香料、無着色で安全性にもこだわりがあり、安心して使うことができます。

【アラミス:マキシマム コンフォート シェーブ ジェル】

髭剃りをしながらスキンケアをすることが特徴です。

男性に人気のクール感と、なめらかな使用感で、肌へのトリートメント効果があります。

ジェル選びに迷ったら、これらのジェルを参考にしてみてくださいね。

肌にやさしい髭剃り!肌のアフターケアは必須!

髭剃りが終わった後の肌のアフターケアは必須です。

これは、肌の弱い男性に限らず、どんな肌質、髭質の男性にも必ずしてほしいケアです。

髭剃り後の肌は、ダメージを受けていてとても敏感になっています。

基本的には、アフターシェーブローションを使ってケアしましょう。

アフターシェーブローションは、髭剃りによって傷ついた肌の炎症を抑えるために使います。

そのため、潤いだけではなく抗菌や抗炎症作用があり、ヒリヒリ感や赤み、乾燥も予防してくれます。

薬局やドラッグストアに行くと、アフターシェーブローションはたくさん並んでいて、何がおすすめなのかわからず、迷ってしまいますよね。

そこで、できるだけ肌にやさしい商品を選ぶために、注目していただきたい二つのことがあります。

まず、保湿成分がしっかり配合されていることです。

髭剃り後は肌の表面の膜も剃られるため、普段よりもかなり乾燥するので、保湿成分がしっかりと配合されているものを選びましょう。

次に、刺激が少ないかどうかです。

アルコール成分が含まれているものは、かえって肌に刺激を与えてしまう場合もあるので、避けた方が良いでしょう。

肌が弱い方や敏感肌の方は、このような刺激となる成分の有無を確認することも忘れないようにしてください。

肌にやさしい髭剃り!おすすめの「カミソリ」!

これまで、肌にやさしい髭剃りの方法として、「回転式電気シェーバーでのウェットシェービング」をおすすめしてきました。

しかし、男性の中には「肌は弱いけれど、髭が太くて濃い」という方もいます。

そのように悩んでいる方は、やはりカミソリで深剃りをしたいと望んでいるかもしれません。

このような男性に、肌へのダメージを少なく抑えるカミソリをご紹介します。

【シック ハイドロ5 プレミアム パワーセレクトホルダー】

このカミソリは、肌への負担を大きく減らし、髭剃り時のヒリヒリ感を抑えてくれるものです。

パラレルフィン・ガードバーで、深剃りをサポートして肌荒れを防ぐことも期待できます。

【シック ハイドロ5 プレミアム ホルダー 敏感肌用】

この商品は、敏感肌用に開発されたものです。

アロエとビタミンEが配合したジェルが搭載されているので、敏感肌の方にとってはうれしいカミソリです。

もし、カミソリでの髭剃りをするならば、肌にやさしいこれらのカミソリの使用をおすすめします。

肌にやさしい髭剃りで爽やかな男性に!

肌が弱く、その上、髭が太くて濃い男性にとっては、毎日の髭剃りに苦戦してしまうものです。

そんな男性には、上記のような、とにかく肌にやさしい方法での髭剃りをおすすめします。

肌の調子が良くなると、髭剃りも快適におこなえますし、ツルツルな仕上がりが実現しやすくなります。

髭剃り負けのある顔は、実年齢よりもずいぶん老けてみられてしまうそうです。

肌トラブルから解放されれば、見た目の印象もガラリと爽やかに変わるでしょう。