日焼け止め「spf」「pa」の意味って?より効果が高いのは

最近では、男性もスキンケアへの意識が向上しているため、日焼け止めを利用される方が増えてきています。

しかし、日焼け止めに表記されている「spf」や「pa」という表記の意味を理解されていますか。

これらは、何を意味しているのでしょうか。

意味が理解できると、効果的に日焼けを防止することができます。

「spf」と「pa」の意味を理解して、賢く日焼け止めを選んでいきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

加齢臭には消臭剤がおすすめ!置き型タイプの選び方と使用例

男性が年齢を重ねていくことで、悩まされるのが「加齢臭」ですよね。独特なニオイが発生しますが、自分...

何をやってもクサイ!「足の臭い対策」まずは靴を見直そう!

靴を脱いだ時に漂う、自分の足の臭いに「ドキッ!」とした経験はありませんか。「毎日、靴下を替えて、...

かわいい石鹸はギフトに最適!500円以下で見つけよう!

男性のみなさんは、バレンタインのお返しや何かを借りて返すとき「どうしようかな?」と考えた経験がある方...

消臭効果が高い?!噂のデオドラントビーズの使い方をご紹介

毎日洗濯をしているのに、衣類から嫌なニオイがすると指摘されたり、ご自身で感じたことはありませんか?...

睡眠不足と心臓の違和感にはどんな関係が?原因と改善法とは

みなさんは、睡眠をしっかり取れていますか?仕事を頑張る多忙な男性など、睡眠不足になりがちで、疲れ...

エラが張ってる男性は必見!エラが目立たない髪型やヒゲは?

男性の場合、骨格がしっかりとしているので、エラが張ってるという方も多いのではないでしょうか。エラ...

「汗は健康のバロメーター」サラサラ爽やかに汗をかく方法!

汗はサラサラと爽やかに、かつ健康的にかきたいですね。しかし、年齢とともに汗がベトついてきていませ...

イマドキの眉毛の形!変だと言われない整え方って?

眉毛の形にこだわるなんて、少し女々しい、そんな風に考えている方も多いことでしょう。周りを見ても、...

エラに付いた脂肪の落とし方!シャープに見せる方法はある?

顔の中でもエラに脂肪がついてしまうと、お腹や足とは違って、意識して動かすのが難しい部分なので、なかな...

汗をかいたら服が塩をふくように!?原因や洗濯方法をご紹介

これまでに仕事などで汗をかいたときに、「汗で服に塩をふく」ような跡がついてしまった経験はありませんか...

肌タイプ別に洗顔料を選んでみよう!デパコスおすすめ洗顔料

「脂っぽい」「乾燥する」など、肌の悩みを抱えている男性もいるでしょう。スキンケアをするうえで大切...

睡眠不足には倒れるように眠るタイプも!意識的に改善!

睡眠不足というと、すぐに寝付けずにいる、睡眠時間が足りなすぎる、という状態を思い浮かぶ方が多いのでは...

汗をかいたら服を乾かすだけ?臭い対策をしっかりと!

汗をかいて、洋服がビショビショになってしまったら、着たまま乾かしている方はいますか?子供のころは...

皮膚の乾燥にお悩みの男性は化粧水と保湿クリームを使って!

男性は女性よりも肌が強いイメージがありますよね。しかし、最近は女性並みに皮膚の乾燥に悩んでいる男...

どんなに頑固な鼻毛でも、鼻毛ワックスゴッソで一発退治!

どんなにばっちりおしゃれを決め込んでも、一本の鼻毛で全てが台無しに。このような経験は誰でも一度は...

スポンサーリンク

紫外線が肌に与える影響は大きい

実は紫外線には3つの種類があります。

・UVA

・UVB

・UVC

このうち、地上に降り注ぐのは「UVA」と「UVB」で、「UVC」にいたっては大気層などで吸収され地表には到達しない紫外線です。

そして、地表に到達するこのUVAとUVBは、肌に与える影響が少し異なります。

まずUVAですが、太陽からの紫外線はこのUVAが9割を占めるともいわれています。

肌に急激な危害を与える作用は少ないものの、蓄積すると肌を黒くさせ、シミやたるみの原因となります。

続いてUVBですが、紫外線として降り注ぐ量は少ないものの、とても強いエネルギーを持った紫外線です。

そのため、短時間でも肌が赤くやけどのようになったり、色素沈着反応を引き起こす恐れがあります。

炎症やシミの原因だけでなく、肌の細胞を傷つけるほど影響の強い紫外線です。

長年紫外線を浴び続けてると、シミやシワなどの肌の老化を促進し、さらには皮膚がんまで誘発する原因になることもあります。

この肌トラブルを防止するためにも、日焼け止めを塗ることがとても大切なのです。

しかし、日焼け止めといっても「spf」と「pa」の意味を理解していないと、期待している効果を得ることができないかもしれません。

次に、「spf」と「pa」について詳しくご説明していきます。

「spf」と「pa」って何?

では日焼け止めにある「spf」と「pa」について解説していきましょう。

spfは「sun protection factor」の略で、主にUVBに対して防止効果を発揮します。

spfには、spf30やspf50といったようにそれぞれ数字が異なりますが、この数字が大きいほど防止効果が高いといえます。

また、この数字の意味ですが、spf30だから30時間効くというわけではありません。

例えばspf30なら、何も塗らない状態に比べると約30倍日焼けを防止できるという意味です。

一方、paは「protection grade of UVA」の略のことで、主にUVAに対して防止効果を発揮します。

そして、paには、4つの段階があります。

・pa+(効果がある)

・pa++(かなり効果がある)

・pa+++(非常に効果がある)

・pa++++(極めて高い効果がある)

いずれも「+」が多いほうがUVAへの効果が高いことを表します。

日常シーンでの「spf」と「pa」の選び方

先ほどは「spf」と「pa」について解説してきました。

「spf」と「pa」の意味が理解できたところで、シーン別に日焼け止めの選び方を見ていきましょう。

外に出るといっても、普段の買いもの程度のお出かけか、外でスポーツやアウトドアを楽しむようなシーンでは紫外線を浴びる量が大きく異なります。

もし炎天下の中、外でスポーツやアウトドアを楽しむようなシーンのときは、「spf50+」「pa++++」といったように国内最高値のUVカット効果のある日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

また、汗をたくさんかくことが想定されるのならば、汗や水に強いものを選ぶこともポイントです。

特に男性の場合は、女性に比べると汗をかきやすいので、こまめに塗り直すように心がけましょう。

買いものやちょっとしたお出かけなど、外に出る時間が短時間と想定できるのなら、「spf30」「PA+++」程度でも十分紫外線から肌を守ることができます。

季節で紫外線量は変わる?日焼け止めの選び方

紫外線は1年を通して、地上に降り注ぎますが、季節によって紫外線量は変化することをご存知でしょうか。

そして、UVAとUVBの量も季節によって降り注ぐ量が異なります。

UVBはUVAに比べると、地上に降り注ぐ量は少ないものの、季節変動が激しい紫外線です。

その量は4月ごろから増え始め、7月から8月が最も多くなります。

しかし、10月頃になると、夏の2分の1程度に減少し、冬になると5分の1程度にまで減少します。

一方、UVAは1年を通して多く降り注いでいる紫外線です。

最も多いのは、7月あたりにはなりますが、冬でも夏の半分程度のUVAが降り注いでいます。

紫外線は4月ごろから増え始め、7月から8月が最も多くなります。

そのため、特に4~9月までの期間は、spfとpa効果の高い日焼け止めを使用し、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

また、近年では緑地のアスファルト化が進んだことによって、空気が乾燥状態になり、大気中の水蒸気の量が減少しているといわれています。

これにより、空気の透過率が上がり紫外線が増えている傾向にあるのです。

1年を通して、日焼け止めを利用することは、肌を守ることに繋がります。

夏場だけでなく、冬場も日焼け止めを利用していきましょう。

spfとpaだけじゃない!日焼け止めの成分にも注目しよう

日焼け止めというと、数百円で購入できるものから、数千円から1万円もするほど高額なものまで価格に大きな差があります。

この金額の差は、「spfとpaが高い」また「日焼け防止効果が高いから」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、「肌から紫外線をガードする」意味では、価格に差はありません。

では何が違うのかというと、日焼け止めの質、つまり成分に違いがあるのです。

数百円で安く購入できる日焼け止めは、肌にやさしくない成分が含まれていたり、伸びが悪かったり、べたついたり、落ちやすかったりします。

一方、高額な日焼け止めには、美容成分や保湿成分が含まれており、日焼けを防止しながら肌に潤いを与えるため、肌にとって優しい日焼け止めとなっています。

一般的に、値段の差は肌への負担、使いやすさの差として現れるので、最低でも千円程度のものを選ぶことをおすすめします。

男性におすすめの日焼け止め

男性の場合、外で仕事をされていたり、アウトドアが趣味など外に出る機会も多いと思います。

炎天下の中、外に1日出ていれば、あっという間に肌は焼けダメージを受けてしまいます。

近年では、見た目に気を使う男性に向けて男性用の日焼け止めも多く販売されています。

ここでは、男性用の日焼け止めの中でおすすめの商品をご紹介していきます。

●「キュレル」 UVローション spf50+ pa+++ 60ml

この日焼け止めは、顔や身体に伸ばしやすい、さらっとした乳液タイプです。

また、植物由来の消火剤が配合されているため、日焼け後のほてりを防ぐ効果もあります。

潤い成分が含まれているため、肌への負担も少なく敏感肌の男性にもおすすめです。

参考価格:¥1,499

●「クワトロボタニコ 」spf50+ pa++++ 30g

こちらの日焼け止めは、なんといっても国内最高値のUVカット率を誇り、高い紫外線防止効果があります。

また、8時間皮脂を抑え、テカリやべたつきを防止するオイルコントロール処方です。

ウォータープルーフなので、汗をかくシーンや海やプールなどにも活躍します。

参考価格:¥1,998

男性の日焼け止め選び

日焼け止めは、肌のシミやシワを防ぐ効果がありますので、若々しい肌を保つためには欠かせないものでしょう。

最近では、男性もスキンケアを意識して日焼け止めを利用されている方も増えてきています。

今回ご紹介したように、日焼け止めといってもそれぞれシーンに合ったものが存在します。

用途をよく考えて、ご自分に合った日焼け防止をしていきましょう。