メンズ美容の豆知識!薄い髪の毛は正しいシャンプーで対策!

女性よりも薄毛に悩むことの多い男性だからこそ、髪の毛のケアはしっかりと行いたいですよね。

最近では、メンズ美容ならぬ、男性目線の美容も注目されています。

薄毛の対策は色々ありますが、ここでは薄毛に悩む男性に役立つ情報や、豆知識をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

歯ブラシやコップを清潔にしたい!上手に収納する方法とは?

毎日の歯磨きに使用する歯ブラシやコップも、歯の健康を守るためには清潔に保つことが必要です。そのた...

つむじの位置が後ろすぎる!簡単にできる改善策をご紹介

つむじの位置は人によって違います。たいていは頭のてっぺんにありますが、中にはつむじが後ろすぎるこ...

サイドや後頭部を刈り上げたい!バリカンでセルフカット!

男性に人気がある髪型は、襟足やサイドを刈り上げたツーブロックショートです。短く刈り上げた部分を維...

つむじの薄毛をなくす方法とは?植毛手術について知ろう!

人から指摘されて初めて気づくつむじの薄毛は、自分の目では直接見ることができないため、自分から気づくこ...

白髪に黒ゴマがいいとされるわけ!サプリも効果がある?

年齢と共に、気になってくるのが「白髪」です。白髪が生えていると一気に老け込んだように見られること...

白髪の対策法は?使ってみる価値あり!クリーム業界初の商品

男女ともに、30歳前後になると、白髪が徐々に生えてきた…という方が多いことでしょう。気になる白髪...

白髪染めで厄介な色落ち!タオルに色がついたらどうする?

ある程度、白髪が目立つようになると「白髪染め」が習慣になりますよね。中でも、美容室へ足を運ぶ必要...

頭皮に傷があるとしみる!ヘアカラーするために必要なこと

ヘアカラー剤を塗る時に、「しみる」と感じたことはありませんか?頭皮には、自分では気がつかない間に...

ヘッドスパで薄毛を予防!?男性の頭皮環境を見直そう!

「ヘッドスパで薄毛を予防できる」と聞いたことがある男性はいますか。ヘッドスパは気持ちいいだけでは...

睡眠障害の疑い!診断書があれば休職可能?何科が良い?

「睡眠障害になってしまったかもしれない…」と不安に感じている男性もいらっしゃいますよね。睡眠がき...

頭皮の吹き出物がハゲの原因に!?その対処法とは?

男性にとって、ハゲてしまうことは避けたいものですよね。ハゲているかハゲていないかで、見た目のギャ...

つむじや後ろの髪が割れてセットが大変なのは薄毛のサイン?

「いつも通りセットしているのに、つむじ近辺だけ髪が分かれ、とてもセットがしづらい」と感じた経験はあり...

薄毛を改善!今人気の育毛シャンプーをランキングでご紹介!

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、どんな対策を考えますか?「まずはシャンプーから変えてみよう!」と...

指導以降薬用石鹸ミューズの含有成分はどうなっているのか?

2016年9月にアメリカの食品医薬品局であるFDAが一部殺菌剤入り薬用石鹸の販売禁止措置を発表しまし...

髪の毛がいい匂いだと女性からの好感度アップ?正しい洗い方

女性からすると、ナチュラルにいい匂いがする男性って、それだけで好印象に思えることがあります。よく...

スポンサーリンク

髪の毛が薄い人への豆知識

概要でお話ししたとおり、女性よりも男性の方が薄毛に悩むことが多いようです。

薄毛に悩む人は年齢問わず、10代から悩んでいるかたもいらっしゃいますよね。

髪の毛が薄くなってしまう原因は、どこにあるのでしょうか。

ひとつの原因に、男性型脱毛症があります。

別名、AGA(Androgentic Alopecia)とも呼ばれていますよ。

AGAに悩むかたのなかでは、「髪の毛が抜けることで薄毛になっている」と誤解しているかたも多いかもしれませんが、実はそうではありません。

髪の毛が抜けて少なくなる状態であれば、円形脱毛症を疑いましょう。

AGAは、元々長くて太い髪の毛が、短く細い髪の毛に置き換えられてしまうことをいいます。

円形脱毛症でありながらAGAのヘアケアや美容ケアをしていても、期待している効果は得られにくいので注意しましょう。

まわりで薄毛に悩んでいるかたがいらっしゃったら、豆知識として円形脱毛症とAGAの違いを、教えてあげてください。

髪の毛と頭皮の状態でわかるAGAのステージ

AGAはどのように進行していくのか、お話ししていきますね。

豆知識として、覚えておきましょう。

まず、第一段階といわれる状態ですが、生え際から徐々に薄毛がみられてきます。

ここでは、あまり見た目的には気づきにくいため、AGAである自覚は芽生えにくいでしょう。

第二段階では、髪の毛全体のボリュームがダウンします。

そして、頭頂部が薄毛になったり、M字に額から薄毛が進行していくようです。

第三段階となると、第二段階の状態が進行してくるため、AGAであると判断される特徴が目立ってきます。

生え際や頭頂部の頭皮が見えてくる第四段階までは、AGA対策の美容クリニックでの治療を開始すれば、効果が比較的出やすいともいわれていますよ。

「もしかしてAGAかも」と感じたら、早めの対策を行いましょう。

第五段階になると、全体のおよそ1/3ほど頭皮が見えている状態です。

この段階になると、薄毛や発毛治療といった結果が出にくくなってくる段階です。

第六・七段階になると、進行が進み、増毛といった施術を選ぶことが優先されます。

男性ホルモンは悪ではない?!AGAの豆知識

AGAの豆知識として覚えておきたいのは、男性ホルモンと薄毛の関係性です。

男性ホルモンの影響との声が多いAGAですが、実は男性ホルモン自体が「悪」ではありません。

テストステロンといわれる物質は、睾丸で作られている男性ホルモンの一種です。

このテストステロンは髪の毛や髭などを濃くして、太い筋肉や骨格を作る働きがあります。

男性らしい見た目になるには、欠かせない男性ホルモンですね。

ところが、なんらかの原因によって、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素の働きがテストステロンをジヒドロテストステロンに変換してしまいます。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンが強く、毛根を刺激するため、薄毛へと導いてしまいます。

なお、どのような原因で変換されてしまうのかについては、現段階では判明されていません。

こうなってしまうと、薄毛を止めることはできないのかと愕然としてしまいますよね。

しかし、髪の毛のサイクルを知ることで、薄毛対策はできます。

AGAは、髪の毛のボリュームを決める、「成長期」が短くなってしまうからです。

頭皮の環境を良くして、薄毛対策をしましょう。

薄毛を回避できれば、メンズ美容への関心も高まりますよ。

美容意識を高める頭髪ケアの豆知識

薄毛対策としては、頭髪ケアをしっかりとしていくことです。

AGAの元になるジヒドテストステロンが発生すると、通常の毛周期よりも早く抜けてしまいます。

すると、毛がない状態が長くなり、毛穴と毛細血管が退化して髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

こうしたサイクルにならないための豆知識としてお伝えしたいのは、頭皮の血流を促進することです。

頭皮の血行促進を促す薬用シャンプーや、育毛剤を使って薄毛対策しているかたも多いですよね。

また、少しでも薄毛に悩んでいるのであれば、すぐにでも髪の毛に対するケアを行いましょう。

健康的な髪の毛を持続できれば、美容意識も高まりますよね。

ご自身へのケアが行き届いている男性は、とても魅力的ですよ。

では、AGAでお悩みのかたにおすすめしたい、髪の毛の洗い方をご紹介します。

たかがシャンプーと、適当に洗髪してはいけませんよ。

薄い髪には美容メンズシャンプーよりも薬用シャンプー

毎日のシャンプーで、薄毛対策をしていきましょう。

シャンプーは、ただ清潔を保つためのものではありません。

正しい洗髪は血行を促進し、頭皮の健康を健やかに保つことができますよ。

頭皮や髪の毛の健康は、AGAの改善に大きく影響してくることでしょう。

シャンプーは美容メンズシャンプーよりも、刺激の少ない薬用シャンプーがおすすめです。

ただし、「発毛効果がある」としている商品は、医学的には証明されていません。

髪の毛と頭皮の健康を保つためのアイテムとして使いましょう。

では、シャンプーを行う前の準備をしていきましょう。

①クシ(てぐし)でとかす

髪の毛が絡まっていたり、汚れがついていると毛根に無理な力がかかってしまいます。

やさしくクシでとかすか、手をクシのように使っても良いので、髪の毛をとかしましょう。

②地肌をしっかりと濡らす

地肌を濡らして、髪の毛もしっかり濡らします。

こうすることで、シャンプーが泡立ちやすくなりますよ。

お湯の温度が熱すぎると頭皮を傷めてしまうので、37度ほどの温度に設定してください。

美容室でもやっている髪の毛の正しい洗い方

シャンプーをする準備はできましたか?

では、美容室や床屋さんでもやっている、正しいシャンプーの方法を豆知識として解説していきます。

①シャンプーを泡立てる

毛穴に詰まった汚れを綺麗にするためにも、よく泡立てることが大切です。

また、洗浄力がアップするだけでなく、髪の毛同士の摩擦を極力抑えることができます。

頭皮に直接シャンプーをつけて洗うのではなく、まずは手のひらにシャンプーをとって、手のひらで泡立ててから使いましょう。

②マッサージしながら洗う

頭皮に指の腹を当てて、マッサージするように洗います。

強い力で洗う必要はなく、やさしく頭全体を洗いましょうね。

爪が伸びていたり、爪で洗ってしまうと頭皮を傷つける原因になるので、気を付けてください。

③しっかりすすぐ

ササっと洗い流してしまいますが、シャンプーが残っていると、頭皮や髪の毛が傷む原因となってしまいます。

耳の後ろや襟足はシャンプーが残りやすいので、意識してしっかりと洗いましょう。

健康な髪の毛を手に入れよう

普段のシャンプーでも、薄毛ケアができることがお分かりいただけたでしょうか。

健やかな若々しい髪の毛を守るためにも、日頃から意識して正しい方法でケアしていきましょう。

また、同じように薄毛で悩んでいるかたがいらっしゃったら、こうした豆知識をお話ししてあげてみてくださいね。