どうにかしたい鼻の毛穴の黒い角栓!どうすれば除去できる?

鼻の毛穴にできる黒い角栓、洗ってもなかなか落ちませんよね?

悩んでいる人も、きっと多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ、毛穴に黒い角栓ができるのか?

しかも、どうして角栓は落ちにくいのか?

角栓ができる原因や、角栓の正しい落とし方など、さっそく、見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミョウバン風呂で体臭対策!その効果は本当にあるの?

ワキガや足の臭い、さらに頭の臭いが気になったことはありませんか?臭いは対策が難しく、下手に消臭対...

バスタオルの臭いを解消しよう!驚きの重曹の消臭力

きちんとバスタオルを洗濯したはずでも、体を拭いている時に嫌な臭いに気が付くことはありませんか?そ...

汗を拭くタオルは濡れた状態がベスト!?その理由とは

暑い夏の時期になると、汗がだらだらと流れてしまうことありますよね。汗は放っておくとニオイの原因に...

石鹸がアルカリ性であることは肌に悪いとされる理由になる?

洗顔時に使う「石鹸」と「洗顔フォーム」。石鹸は、水に溶けるとアルカリ性になります。他方、洗顔...

毛穴の開きとたるみをなくすために!改善方法を実践しよう!

毛穴問題は男女関係なく起こり得る肌トラブルですよね。そんななか、「毛穴が開いてきて気になる!」な...

鼻毛カッターで定期的にお手入れを!おすすめモデルをゲット

百年の恋も覚めさせてしまう破壊力を持っているのが「鼻毛」です。いくらファッションやヘアスタイルを...

鼻毛のお手入れにブラジリアンワックス!選び方や使い方は?

ブラジリアンワックスでの鼻毛処理に興味をお持ちの男性もいますよね。ブラジリアンワックスで鼻毛のお...

体毛が濃くなるとコンプレックスに…男性ホルモンが原因?

男性と女性を比較しても、一般的に男性の方が体毛が濃くなる傾向にあることは誰もが分かることですね。...

ミョウバンは洗濯物の消臭や柔軟剤として使える万能アイテム

食品添加物として販売されている「ミョウバン」。ミョウバンは、洗濯物の消臭や洗濯物をふんわりと仕上...

スクラブを手作りしてみよう!重曹で毛穴汚れがスッキリ

今注目されているスキンケアのひとつとしてスクラブがあります。お店やインターネットでスクラブを購入...

汗から塩が!?洋服に塩シミができてしまったときの取り方

夏の暑い日に、黒や紺のTシャツを着て1日中動いたとき、そのTシャツの背中や脇が白くなっていたことはあ...

睡眠不足を解消しないと起きる睡眠負債!影響する期間は?

仕事で忙しい毎日を送っている男性が多い中、慢性的な睡眠不足に陥っている方も多いのではないでしょうか。...

お腹の贅肉をどうにかしたい!贅肉がつく原因と落とし方

ぽっこりと出たお腹をどうにかしたいと考えている人はいませんか?なにもしなくても若いときは引き締ま...

洗顔ブラシで清潔なお肌にしよう!100均でも購入可能!

今回スポットを当てたいのが「洗顔ブラシ」です。普段の洗顔では、手に直接洗顔料をつけて泡立てて洗顔...

今注目のメンズスキンケア!眉毛を剃る頻度はどうしてる?

最近では認知度も高く、メンズの身だしなみとして必須になりつつあるメンズスキンケア。なかでも眉毛の...

スポンサーリンク

そもそも毛穴にできる黒い角栓とは?

朝、洗顔や歯磨きで鏡を見た時、鼻の表面にある黒いぶつぶつを発見したこと、ありませんか?

しかも、その黒いぶつぶつを、一個ではなく十個以上は見つけませんでしたか?

実はそれが、毛穴にできる黒い角栓なのです。

この角栓は、鼻の表面に数多く存在し、しかも黒く変色する場合が多いのです。

では、この黒い角栓には、一体どのような特徴があるのでしょう?

まず、この角栓が何からできているのかというと、主に毛穴の中のタンパク質と、皮脂の二つから生成されています。

このタンパク質は、別の言い方をすると、いわゆる「角質」になります。

これらの角質と皮脂や、空気中のホコリなどが混ざり合い、毛穴に詰まり、時間が経つと、黒いぶつぶつへと変化します。

これが、洗ってもなかなか落ちない、鼻の毛穴にできる角栓なのです。

ただ、この角栓には、別の役割もあります。

それは、角栓がウイルスや雑菌などから、毛穴を守る働きを持っているのです。

さらに、角栓が毛穴の中にあることにより、肌からの水分の蒸発も防いでくれます。

角栓は、肌にとって、邪魔な存在ではなく、必要とされている存在なのです。

しかし、その角栓が、必要以上に毛穴に溜まり過ぎると、炎症やニキビを招くおそれもあるのです。

どうやら角栓は、増えすぎても、全く無い状態でも、駄目なようですね。

では、なぜ毛穴に角栓が詰まるのでしょうか。

また、角栓が増えてしまうのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

なぜ毛穴に黒い角栓がつまるのか?その理由とは?

鼻の毛穴にある角栓、それが人にとって必要だということがわかりました。

しかし、その角栓が増えすぎてもいけないようです。

そもそも、なぜ毛穴に角栓が詰まり、溜まってしまうのでしょうか。

角栓は、いわゆる角質(タンパク質)と皮脂などからできています。

そして、この角質は古い角質と新しい角質の二つに分かれます。

古い角質は肌の表面にあり、肌の奥では新しい角質が生まれています。

その後、役割を果たした古い角質がはがれ落ち、新しい角質が表面に出てきます。

これが、「新陳代謝(ターンオーバー)」と呼ばれている現象です。

ほとんどの人が、この新陳代謝(ターンオーバー)の事をご存知でしょう。

しかし、このターンオーバーが正常に行われない場合があるのです。

古い角質がはがれ落ちずに毛穴にとどまり、黒い角栓に変化してしまう事があるのです。

なぜ、そのような状況になってしまうのでしょう?

理由は様々あり、加齢、ストレス、睡眠不足、乾燥肌、紫外線、洗顔不足、過度の洗顔などが挙げられています。

一つの理由から毛穴に黒い角栓が溜まってしまう、という訳ではないようですね。

では、ターンオーバーが行われずに溜まってしまった黒い角栓は、どのようにすれば落とせるのでしょうか?

その方法を見ていきましょう。

毛穴の黒い角栓を落とすカギは温度?

毛穴につまった黒い角栓で悩んでいる人は、非常に多いようです。

しかも、ほとんどの人は「汚れが落ちない」「洗っても何も変わらない」という失敗を経験しているようです。

なぜ、毛穴の黒い角栓は落ちにくいのでしょうか?

実は、鼻の毛穴を洗うときの最適な温度は、人肌の37℃辺りが適温のようなのです。

この37℃付近は、肌の皮脂が溶け始める温度で、その溶けた皮脂が肌の外へと排出される温度と言われています。

すなわち、毛穴の角栓が、皮脂と共に洗い落される状態です。

では、どのように洗えばいいのでしょうか?

まず、37℃のお湯やシャワーで、鼻の表面の汚れをすすぎ落とします。

そして、しっかりと泡立てた洗顔料で鼻を優しく洗います。

この時、力まかせに強くごしごしとは洗わず、洗顔料を肌になじませるような感じで洗いましょう。

洗い終わったら、37℃のお湯やシャワーで、洗顔料を落とします。

これが、黒い角栓を無理やりに取る洗い方ではなく、肌の皮脂の特徴を利用した洗顔法です。

肌そのものに、あまりダメージを与えない洗い方ですね。

そして、この方法を毎日しっかりと行えば、黒くてしつこい角栓の改善が見込めるのです。

では次に、洗い終わった後のスキンケアを見ていきましょう。

鼻の毛穴を乾燥させずに保湿する?

洗顔後、鼻の毛穴の汚れや角栓が落ちた時、毛穴が開いた状態になっています。

この時に、何もせず放置しておいた場合、その毛穴に再び汚れが溜まってしまう可能性があります。

この開いてしまった毛穴を、ある程度引き締めればいいのですが、何をすればいいのでしょう。

氷が入った水を用意し、その氷水で鼻を軽くすすぐだけで充分です。

または、洗面器で顔を洗う時と同じように、氷水を手ですくい、鼻にかけてもいいでしょう。

そして、洗顔後の鼻の毛穴の保湿です。

実は、毛穴が乾燥すると、肌はその乾燥を防ぐために、皮脂を大量に出し始める機能を持っているのです。

しかし、この余分に排出された皮脂が、黒い角栓の原因になってしまう場合があるのです。

そうならないよう、毛穴の乾燥を防ぐ保湿が重要になりますね。

洗顔後に、保湿クリームや化粧水、乳液など自分に合ったものを使えば毛穴の保湿ができます。

皮脂が多い方は、乳液や化粧水だけでもいいでしょう。

このように、毛穴の開きを引き締め、しっかりと保湿すれば、黒い角栓そのものが溜まりにくくなるはずです。

逆効果?あまりしない方がいい角栓除去の方法!

ここまで、毛穴の黒い角栓を落とす方法と、そのあとのスキンケアを見てきました。

できるだけ、肌に刺激やダメージを与えないように行う角栓除去、スキンケアの方法です。

しかし、黒い角栓の落とし方の中には、肌を傷つけてしまうような方法もあるのです。

どのような毛穴の角栓を落とし方が、逆効果になってしまうのでしょうか?

①毛穴パック

毛穴パックを使うと、取れた角栓がびっしりと毛穴パックに付いてきます。

毛穴パックは、どれくらい角栓が取れたのか、目ではっきりと分かるので、使った後の爽快感が非常に強いですね。

しかし、毛穴パックは、肌にダメージを与えたり、肌に必要な皮脂や角質も取り除いてしまう危険性があります。

②洗顔料で時間をかけて洗う

毛穴の角質を取るため、洗顔料で時間をかけて洗った場合、洗顔後は肌が乾燥しやすくなる時があります。

洗顔料で毛穴を洗う時間は、1分以内で充分だと言われています。

③ピンセットを使って角栓を引き抜く

ピンセット、毛抜きを使う方法は、毛穴パックと同じで、肌や毛穴にダメージを与える可能性があります。

以上の三つが、避けた方がいい角栓除去の方法です。

毛穴パックや時間をかけた洗顔など、実際に行っている方は多いでしょう。

どうしても毛穴パックを使いたい場合、使用後の毛穴の引き締め、保湿などを行えばいいでしょう。

毛穴パックやピンセットの使用が駄目な訳ではなく、その後のアフターケアが重要になるのです。

毛穴の黒い角栓は焦らずに落としていきましょう!

ここまで、毛穴の黒い角栓の落とし方、スキンケア、避けた方がいい角栓除去の方法を見てきました。

鼻の毛穴の角栓は不要なものではなく、肌を乾燥や雑菌から守る役割があります。

しかし、溜まり過ぎた黒い角栓は、炎症やニキビの原因になる事もあります。

そして、角栓の取り方を間違えると、逆に角栓ができてしまったり、肌が荒れてしまう場合もあります。

そのような状況にならないように、毛穴のケアを行いながら、黒い角栓を除去する必要があるでしょう。

しかし、毛穴の黒い角栓で「なかなか落ちない、落ちてもまた黒い角栓が出てくる」と悩んでいる人も多いようです。

やはり、焦らずにじっくりと角栓対策を練り、時間をかけて角栓を除去していきましょう。

毛穴の角栓は肌にとって必要であり、無理に引きはがすよりは、少しずつ改善していくように心掛けましょう。

肌に負担を与えず、洗顔、保湿をしっかりと行えば、毛穴の悪化を防ぎつつ角栓除去に繋がります。

毎日の毛穴のスキンケアが、角栓除去にとって重要になりますね。

毛穴の黒い角栓は非常に落ちにくいようです

なかなか落ちない毛穴の黒い角栓は、諦めて放置する人も多いようです。

しかし、鼻の黒い角栓は意外と目立ってしまい、「鼻を見られてる?」と気になる場合もあるでしょう。

ここはやはり、じっくりと腰を据えて角栓除去に取り組みましょう。

黒い角栓は、「完全に落ちない汚れ」ではありません。

適切な方法を用いれば、黒い角栓は除去できるはずです。