どうにかしたい鼻の毛穴の黒い角栓!どうすれば除去できる?

鼻の毛穴にできる黒い角栓、洗ってもなかなか落ちませんよね?

悩んでいる人も、きっと多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ、毛穴に黒い角栓ができるのか?

しかも、どうして角栓は落ちにくいのか?

角栓ができる原因や、角栓の正しい落とし方など、さっそく、見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニオイ対策にミョウバンが効く!売り場所は薬局やスーパー

ミョウバンを知っていますか?理科の実験や、なすのお漬物づくりで使った経験がある方も多いかもしれま...

今注目のメンズスキンケア!眉毛を剃る頻度はどうしてる?

最近では認知度も高く、メンズの身だしなみとして必須になりつつあるメンズスキンケア。なかでも眉毛の...

バスタオルが臭い?嫌な臭いを取る方法や洗濯槽の掃除方法

普段使っているバスタオルで、生乾きなどの嫌な臭いがするということはありませんか?嫌な臭いがするバ...

眉毛が剛毛で困っている男性必見!正しい整え方をご紹介

男性で眉毛が剛毛な場合、ひと昔なら「男らしい眉毛!」と思われたかもしれません。しかし、現在はその...

男性の眉毛は何ミリが理想?バリカンで3mmのカットは可能?

最近の男性はとても「美意識」が高く、眉毛をバリカンで整えるという方も増えています。眉毛カット専用...

面白いほど角質がよく取れる!男性用かかとパックはいかが?

かかとがガチガチに硬くなってしまっている男性はいらっしゃいませんか?かかとの角質は硬くなったりひ...

汗をかいた服を放置してしまった!そんな時の対処法を伝授!

びっしょりと汗をかいた服。うっかり洗い忘れて、放置してしまった経験はありませんか?「雑巾のよ...

脂肪は健康の大敵!突き出たお腹を引っ込める脂肪の落とし方

脂肪でボッコリと突き出たお腹は、見た目が悪いばかりでなく、健康面にも重大な影響を及ぼします。場合...

男性は眉毛の太さによって印象が変わる?理想の長さは何mm?

最近では、男性の身だしなみの1つにもなった眉毛。眉毛の太さや長さによって、その人自体の印象も変わ...

汗臭い原因と対策法!これで服に臭いを残さない!

暑い夏の時期になると、汗をかく頻度も増えますね。そのため、汗臭い臭いが洋服についてしまうことはあ...

耳垢掃除の落とし穴!耳垢が固い時や取れない時に無理は禁物

意外と他者からチェックされているのが、耳周りです。耳垢が溜まって見えているようでは、好印象はもた...

もてる男の基準にもなる清潔と不潔!果たしてその概念とは?

「〇〇さんって清潔感があって素敵!」「××さんは不潔っぽくて無理!」こういった言葉をちまたの...

炭水化物を制限するメニューが増えている!糖質との違いは?

炭水化物を制限したメニューにすることで、ダイエットや糖尿病の予防をしようという方が増えています。...

清潔感の出し方が知りたい!爽やかな印象の男性になろう!

「清潔感がある」と感じられる男性は、女性からの人気が高い傾向にあります。清潔感が漂う男性は「爽や...

中性脂肪が気になるときは食事のメニューを見直してみよう!

若いころは気にならなかった中性脂肪やコレステロール値ですが、齢を重ねるごとに、だんだんと気になってき...

スポンサーリンク

そもそも毛穴にできる黒い角栓とは?

朝、洗顔や歯磨きで鏡を見た時、鼻の表面にある黒いぶつぶつを発見したこと、ありませんか?

しかも、その黒いぶつぶつを、一個ではなく十個以上は見つけませんでしたか?

実はそれが、毛穴にできる黒い角栓なのです。

この角栓は、鼻の表面に数多く存在し、しかも黒く変色する場合が多いのです。

では、この黒い角栓には、一体どのような特徴があるのでしょう?

まず、この角栓が何からできているのかというと、主に毛穴の中のタンパク質と、皮脂の二つから生成されています。

このタンパク質は、別の言い方をすると、いわゆる「角質」になります。

これらの角質と皮脂や、空気中のホコリなどが混ざり合い、毛穴に詰まり、時間が経つと、黒いぶつぶつへと変化します。

これが、洗ってもなかなか落ちない、鼻の毛穴にできる角栓なのです。

ただ、この角栓には、別の役割もあります。

それは、角栓がウイルスや雑菌などから、毛穴を守る働きを持っているのです。

さらに、角栓が毛穴の中にあることにより、肌からの水分の蒸発も防いでくれます。

角栓は、肌にとって、邪魔な存在ではなく、必要とされている存在なのです。

しかし、その角栓が、必要以上に毛穴に溜まり過ぎると、炎症やニキビを招くおそれもあるのです。

どうやら角栓は、増えすぎても、全く無い状態でも、駄目なようですね。

では、なぜ毛穴に角栓が詰まるのでしょうか。

また、角栓が増えてしまうのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

なぜ毛穴に黒い角栓がつまるのか?その理由とは?

鼻の毛穴にある角栓、それが人にとって必要だということがわかりました。

しかし、その角栓が増えすぎてもいけないようです。

そもそも、なぜ毛穴に角栓が詰まり、溜まってしまうのでしょうか。

角栓は、いわゆる角質(タンパク質)と皮脂などからできています。

そして、この角質は古い角質と新しい角質の二つに分かれます。

古い角質は肌の表面にあり、肌の奥では新しい角質が生まれています。

その後、役割を果たした古い角質がはがれ落ち、新しい角質が表面に出てきます。

これが、「新陳代謝(ターンオーバー)」と呼ばれている現象です。

ほとんどの人が、この新陳代謝(ターンオーバー)の事をご存知でしょう。

しかし、このターンオーバーが正常に行われない場合があるのです。

古い角質がはがれ落ちずに毛穴にとどまり、黒い角栓に変化してしまう事があるのです。

なぜ、そのような状況になってしまうのでしょう?

理由は様々あり、加齢、ストレス、睡眠不足、乾燥肌、紫外線、洗顔不足、過度の洗顔などが挙げられています。

一つの理由から毛穴に黒い角栓が溜まってしまう、という訳ではないようですね。

では、ターンオーバーが行われずに溜まってしまった黒い角栓は、どのようにすれば落とせるのでしょうか?

その方法を見ていきましょう。

毛穴の黒い角栓を落とすカギは温度?

毛穴につまった黒い角栓で悩んでいる人は、非常に多いようです。

しかも、ほとんどの人は「汚れが落ちない」「洗っても何も変わらない」という失敗を経験しているようです。

なぜ、毛穴の黒い角栓は落ちにくいのでしょうか?

実は、鼻の毛穴を洗うときの最適な温度は、人肌の37℃辺りが適温のようなのです。

この37℃付近は、肌の皮脂が溶け始める温度で、その溶けた皮脂が肌の外へと排出される温度と言われています。

すなわち、毛穴の角栓が、皮脂と共に洗い落される状態です。

では、どのように洗えばいいのでしょうか?

まず、37℃のお湯やシャワーで、鼻の表面の汚れをすすぎ落とします。

そして、しっかりと泡立てた洗顔料で鼻を優しく洗います。

この時、力まかせに強くごしごしとは洗わず、洗顔料を肌になじませるような感じで洗いましょう。

洗い終わったら、37℃のお湯やシャワーで、洗顔料を落とします。

これが、黒い角栓を無理やりに取る洗い方ではなく、肌の皮脂の特徴を利用した洗顔法です。

肌そのものに、あまりダメージを与えない洗い方ですね。

そして、この方法を毎日しっかりと行えば、黒くてしつこい角栓の改善が見込めるのです。

では次に、洗い終わった後のスキンケアを見ていきましょう。

鼻の毛穴を乾燥させずに保湿する?

洗顔後、鼻の毛穴の汚れや角栓が落ちた時、毛穴が開いた状態になっています。

この時に、何もせず放置しておいた場合、その毛穴に再び汚れが溜まってしまう可能性があります。

この開いてしまった毛穴を、ある程度引き締めればいいのですが、何をすればいいのでしょう。

氷が入った水を用意し、その氷水で鼻を軽くすすぐだけで充分です。

または、洗面器で顔を洗う時と同じように、氷水を手ですくい、鼻にかけてもいいでしょう。

そして、洗顔後の鼻の毛穴の保湿です。

実は、毛穴が乾燥すると、肌はその乾燥を防ぐために、皮脂を大量に出し始める機能を持っているのです。

しかし、この余分に排出された皮脂が、黒い角栓の原因になってしまう場合があるのです。

そうならないよう、毛穴の乾燥を防ぐ保湿が重要になりますね。

洗顔後に、保湿クリームや化粧水、乳液など自分に合ったものを使えば毛穴の保湿ができます。

皮脂が多い方は、乳液や化粧水だけでもいいでしょう。

このように、毛穴の開きを引き締め、しっかりと保湿すれば、黒い角栓そのものが溜まりにくくなるはずです。

逆効果?あまりしない方がいい角栓除去の方法!

ここまで、毛穴の黒い角栓を落とす方法と、そのあとのスキンケアを見てきました。

できるだけ、肌に刺激やダメージを与えないように行う角栓除去、スキンケアの方法です。

しかし、黒い角栓の落とし方の中には、肌を傷つけてしまうような方法もあるのです。

どのような毛穴の角栓を落とし方が、逆効果になってしまうのでしょうか?

①毛穴パック

毛穴パックを使うと、取れた角栓がびっしりと毛穴パックに付いてきます。

毛穴パックは、どれくらい角栓が取れたのか、目ではっきりと分かるので、使った後の爽快感が非常に強いですね。

しかし、毛穴パックは、肌にダメージを与えたり、肌に必要な皮脂や角質も取り除いてしまう危険性があります。

②洗顔料で時間をかけて洗う

毛穴の角質を取るため、洗顔料で時間をかけて洗った場合、洗顔後は肌が乾燥しやすくなる時があります。

洗顔料で毛穴を洗う時間は、1分以内で充分だと言われています。

③ピンセットを使って角栓を引き抜く

ピンセット、毛抜きを使う方法は、毛穴パックと同じで、肌や毛穴にダメージを与える可能性があります。

以上の三つが、避けた方がいい角栓除去の方法です。

毛穴パックや時間をかけた洗顔など、実際に行っている方は多いでしょう。

どうしても毛穴パックを使いたい場合、使用後の毛穴の引き締め、保湿などを行えばいいでしょう。

毛穴パックやピンセットの使用が駄目な訳ではなく、その後のアフターケアが重要になるのです。

毛穴の黒い角栓は焦らずに落としていきましょう!

ここまで、毛穴の黒い角栓の落とし方、スキンケア、避けた方がいい角栓除去の方法を見てきました。

鼻の毛穴の角栓は不要なものではなく、肌を乾燥や雑菌から守る役割があります。

しかし、溜まり過ぎた黒い角栓は、炎症やニキビの原因になる事もあります。

そして、角栓の取り方を間違えると、逆に角栓ができてしまったり、肌が荒れてしまう場合もあります。

そのような状況にならないように、毛穴のケアを行いながら、黒い角栓を除去する必要があるでしょう。

しかし、毛穴の黒い角栓で「なかなか落ちない、落ちてもまた黒い角栓が出てくる」と悩んでいる人も多いようです。

やはり、焦らずにじっくりと角栓対策を練り、時間をかけて角栓を除去していきましょう。

毛穴の角栓は肌にとって必要であり、無理に引きはがすよりは、少しずつ改善していくように心掛けましょう。

肌に負担を与えず、洗顔、保湿をしっかりと行えば、毛穴の悪化を防ぎつつ角栓除去に繋がります。

毎日の毛穴のスキンケアが、角栓除去にとって重要になりますね。

毛穴の黒い角栓は非常に落ちにくいようです

なかなか落ちない毛穴の黒い角栓は、諦めて放置する人も多いようです。

しかし、鼻の黒い角栓は意外と目立ってしまい、「鼻を見られてる?」と気になる場合もあるでしょう。

ここはやはり、じっくりと腰を据えて角栓除去に取り組みましょう。

黒い角栓は、「完全に落ちない汚れ」ではありません。

適切な方法を用いれば、黒い角栓は除去できるはずです。