髭の永久脱毛って本当に効果あるの?脱毛方法には何がある?

仕事やおしゃれで身だしなみに気をつけなければならない男性は、毎日髭の手入れをしなければなりません。

忙しい毎朝に繰り返し髭を剃っていると、髭に煩わしさを感じ「いっそのこと永久脱毛してやる!」と思い立った方もいらっしゃるでしょう。

実際に脱毛の方法を調べてみると、思ったよりもさまざまな方法があり、どれが効果的で自分に合うかわからないものです。

本記事では、髭の永久脱毛に関する方法や、効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髭剃りで深剃りするコツ!シェーバーの正しい使い方

髭が濃い男性の場合、なるべく「深剃りしたい」と思う方もいるかと思います。しかし、シェーバーはカミ...

髭剃りで肌荒れを防ぐために!電動シェーバーの肌対策とは?

髭剃りの肌への負担を軽減させるために、電動シェーバーを使う方も多くなってきています。しかしながら...

肌を傷めず髭剃りをするために!替え刃の交換時期を知ろう!

男性のみなさんが、毎日の習慣として行なっている髭剃りですが、髭剃りに使っているカミソリや電気シェーバ...

あなたは敏感肌?ならば髭剃りは電気シェーバーがおすすめ!

敏感肌の人にとって、髭剃りは厄介事の一つでしょう。カミソリ負けによって肌を痛めてしまいがちではな...

おしゃれ髭男子必需品!ヒゲトリマーはフィリップスで決まり

男性にとってもフェイスケアはとても大切です。特に、髭をたくわえたおしゃれ髭男子にとっては、髭のケ...

気持ちいい髭剃り!床屋さんの道具「カミソリ」の違いとは?

床屋さんで行ってくれる髭剃りは、とても気持ちよく、仕上がりもさっぱりするため、男性の間でとても人気で...

在宅療養の際の髭剃りなどの整容看護の手順と注意点について

例えば、ご両親が高齢になった時に、在宅療養になる場合があります。特に独身男性の場合は、主な看護を...

洗顔と髭剃り、同時にするときの注意点が知りたい!

男性には毎日の身だしなみとなる髭剃りですが、洗顔と同時に済ませる人が多いと思います。改めて、髭剃...

毎日の髭剃りにおすすめ!肌弱い人にも大丈夫な髭の剃り方

肌の弱い人にとって、毎日の髭剃りは辛いですね。そんなに強くやっていないのにヒリヒリしたり、ひどい...

髭剃りを清潔にしたい!ブラシなどの掃除やメンテナンス方法

普段、電気シェーバーで髭剃りをしている人は、定期的に電気シェーバーのメンテナンスが必要です。メン...

髭剃りを毎日すると余計に濃くなるって本当?噂の実態は!

中高校生ぐらいの時期になると、男性は次第に髭が目立ち始めてくると思います。黒くしっかりした髭が生...

前髪を切りすぎた!早く伸ばすために結ぶのは逆効果!

セルフや美容室などで「前髪を切ったけど、切りすぎてしまった」と切りすぎた前髪を抑えながら、落ち込んで...

男でも髭面は嫌だ!生えないようにする方法はあるの?

最近、「メンズ脱毛」という言葉が流行っていますよね。「仕事や就職先で清潔な印象を与えたい」、「髭...

髭剃りの刃はどのくらい使える?正しい交換のタイミングは?

髭剃りの刃は定期的に交換していますか?剃り味が悪くならない限り、刃を変えるタイミングは意外と忘れ...

髭が濃いのが悩み!髭を薄くする機械があるって本当?!

女性が毎日のお化粧が面倒だと思うように、髭が濃い男性からしたら毎日の髭剃りも面倒でならないですよね。...

スポンサーリンク

髭の永久脱毛の効果を実感する前に、知っておきたいこと!

髭は一部の方法を除き、人体の中でも永久脱毛の効果が出しにくい部分です。

男性の場合、女性と比べて男性ホルモンの影響が強いため、より多く、濃い髭が生えます。

そして、永久脱毛にかかる期間ですが、「一回処置してもらえばそれで終わりでしょ」と思う方もいらっしゃるかと思います。

基本的に永久脱毛が実現する期間は、1年以上を見積もったほうがいいでしょう。

また、永久脱毛の定義もご紹介します。

永久脱毛とは、実は必ずしも毛が生えなくなることではありません。

「脱毛の施術を受けてから、1ヶ月経って生えた産毛の本数が施術箇所全体の20%以下」で、初めて永久脱毛となるのです。

このように、永久脱毛とは再び毛が生えることが前提です。

永久脱毛は医療行為ですので、医療機関で行います。

次項から、髭の永久脱毛の方法と効果に関してご紹介していきます。

自宅で髭の永久脱毛は出来る?

これから、各機関での永久脱毛の効果をお伝えしますが、その前に、家庭用脱毛機器を使った髭の永久脱毛の効果と方法をご紹介します。

結論から申し上げると、自宅での永久脱毛は不可能と言っていいでしょう。

しかし、家庭用脱毛機器でもある程度脱毛効果に期待できます。

家庭用脱毛機器はレーザーとフラッシュの2種類があります。

フラッシュは効果が薄いものの効果範囲が広く、レーザーは効果が高く効果範囲が狭いのが特徴です。

効果範囲が狭いレーザーは扱いづらいですが、今回は範囲の狭い髭ですので問題ないでしょう。

費用に関しても、医療クリニックでは数十万以上かかるところ、家庭用脱毛機器の多くがリース費用を抜いておよそ5万以上です。

しかし、家庭用脱毛機器は効果が一番出しにくい方法です。

これらの機器は医療機関のものより出力が低いため、ある程度ツルツルになってもすぐに再生します。

また、家庭用脱毛機器は自分ではやりづらい場所には、これといった効果が出ない場合もあります。

家庭用脱毛機器での永久脱毛は難しいですが、ある程度の脱毛としてなら十分な効果は期待できるでしょう。

前述した通り、医療クリニックでの施術は費用も高いことから、経済面で厳しい、あるいは通う時間がない忙しい方であれば家庭用脱毛機器を試してみましょう。

その際は、髭にあてる前に目立たない部分でテスト照射をしてください。

次からは個人ではなく、脱毛サロンや医療機関による永久脱毛に関してご紹介します。

脱毛サロンで始める!痛みが少ない髭の脱毛

この項でご紹介する脱毛サロンは、主にフラッシュで脱毛をします。

脱毛サロンのフラッシュを使った脱毛は、照射の範囲が広く効果的な脱毛が可能です。

場所や期間によってキャンペーンが実施されていれば、口髭一回分を無料で行えるような場合もあります。

効果に関してですが、レーザーよりも照射範囲が広い一方でパワーは低く、髭だけでも1年半かそれ以上かかります。

フラッシュ脱毛は黒い色に反応することから、肌が日に焼けた状態だと効果が出しにくく、また白い毛にも効果が出ません。

さらに、後述のレーザー脱毛より毛が再生するのが早いデメリットがあります。

しかし、パワーが低い分、痛みや後遺症のリスクが少ない点がこの方法の魅力の一つです。

「永久脱毛はしたいけど、痛むのは嫌だなぁ」という方は、フラッシュ脱毛から始めてみると良いかもしれませんね。

次は、先ほどから触れていました、レーザーに関してご紹介します。

医療機関での髭の永久脱毛!レーザーの効果はいかに!

この項でご紹介する方法は、医療機関でレーザーを使い永久脱毛をする方法です。

家庭用脱毛機器のレーザーとは比べ物にならないほど強力なパワーです。

レーザーを使う医療機関はゴリラクリニックを始め、男性向けの医療機関が多く存在します。

レーザーに関してですが、一回あたりの効果が脱毛サロンのフラッシュよりも高くなります。

そのため施術回数が少なく、脱毛サロンのフラッシュでは1ヶ月に一度くらいですが、医療機関のレーザーは1ヶ月半~2ヶ月に一度です。

その強力なパワーから痛いイメージがありますが、医療機関のため、医師のケアや麻酔などの手当てがあり、激しい痛みを伴わずに行えます。

また、毛の再生が脱毛サロンより遅いことも特徴です。

ただし、髭の永久脱毛は医療機関によっては、多くて10回かそれ以上かかります。

照射のタイミングも、髭は8~12週間の期間を開けないと施術ができなく、施術をするほど開ける期間が長くなります。

次にご紹介する方法は、再び生えるリスクが少なく、1本当たりに対して効果が最も高く、確実に効果を得たい場合の方法です。

一番痛い!?でも髭の永久脱毛の効果を実感したい!

一番確実に効果を出す方法として、ニードルの脱毛方法があります。

こちらの方法は、基本的に医療機関で行われます。

一度施術をした箇所の毛は簡単に生えてないため、一本当たりの脱毛効果が高い方法です。

レーザーやフラッシュでは施術できない白髭にも施術が可能で、日焼けをしても永久脱毛の効果が期待できます。

前述通り、他の方法よりも簡単に毛が生えないため、より長く確実に効果が実感できます。

ニードル脱毛は一本ずつ施術をするため、髭の形にこだわりを持ち、要らない毛をピンポイントで永久脱毛をしたい人にも打ってつけです。

一本ずつ施術するため、この方法も期間が長く、範囲が口髭や顎髭のみの場合は1年半~2年ほどです。

仮に顔全体の施術の場合は、2年を超えるでしょう。

ただし、男性ホルモンの働きで再び生えることがありますので、注意が必要です。

また、ニードル方法では痛みに耐える必要があります。

ここまで、永久脱毛に関する方法・効果についてご紹介しましたが、時に非常にリスクを伴うこともあります。

永久脱毛に伴うリスクとは、一体何なのでしょうか。

髭の永久脱毛で効果を出したいけど、こんなことがある!

ここまで、様々な髭の永久脱毛の方法と効果をご紹介してきましたが、レーザーとニードルが一般的な脱毛方法です。

しかし、これらの方法は効果が強い分、注意する点があります。

ここまでご紹介しました方法は、家庭用脱毛機器を除き、非常に高額な方法ばかりです。

特にニードルは顕著で、時間や脱毛した本数で料金が決まりますので、期間が長くなるほど費用がかかります。

最低でも30万円、もしくはそれ以上かかりますので、毛の本数が多い方はさらにかかる可能性があります。

また、レーザーは医療機関で行っていますが、フラッシュより強力なため、後遺症が発生することも考えられるのです。

レーザーは、フラッシュ以上に肌に与えるダメージが強いため、皮膚が弱り、毛穴が菌により炎症する毛嚢炎という症状が発生するリスクがあります。

時間の経過とともにおさまりますが、白ニキビに似た見た目です。

こちらは比較的に軽度の症状ですが、稀に火傷の跡が残る場合があります。

診察や内服薬を頂けるなどのケアは受けられるものの、このような事態は避けたいですよね。

憧れの永久脱毛!方法は慎重に選ぼう

永久脱毛でも、髭が再び生える場合があります。

また、効果が出やすい方法ほどリスクが高く、後遺症が残り費用も高くなるなど、後悔することもあります。

永久脱毛は特性が違うため自分に合う方法を選びましょう。

【選び方のまとめ】

・費用を抑える場合は、家庭用脱毛機器

・自分で行うのが面倒で、痛みを抑える場合は脱毛サロンのフラッシュ

・確実に永久脱毛の効果が得たい場合は、レーザーかニードル

・再び生えるリスクを減らしたい、髭の形にこだわりがあり、希望する施術範囲が狭い場合はニードル

目的に合った脱毛方法を選びましょう。