石鹸でシャンプーしよう!固形タイプより液体タイプが最適

みなさんはどんなシャンプーで洗髪を行っていますか?

合成シャンプーで髪の毛を洗浄するのが一般的かもしれませんが、なかには石鹸でシャンプーを行っている方もいますよ。

皮膚への負担が軽減できる傾向があると噂の石鹸ですが、固形タイプよりも液体タイプの石鹸でシャンプーするのが最適だといわれています。

そこで、今回はそれぞれの石鹸の原料や性能、固形タイプの石鹸は洗髪に不適切だといわれている訳、液体石鹸で洗髪するときのポイントなどをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

脂性肌で顔がべたつく!スキンケアの改善でイケてるメンズに

オイリー肌とも呼ばれる脂性肌は、多くの男性が悩む肌トラブルの一つです。顔のべたつきは、テカりやニ...

加齢臭対応のボディソープをご紹介!資生堂と加齢臭の関係

「最近、枕が臭い…」と奥様に言われたことのある男性もいらっしゃるのではないでしょうか。40歳を過...

毛穴がポツポツ!小鼻の黒ずみの発生原因と対処方法とは?

誰もが一度は悩んだことのある毛穴トラブルとして挙げられるのが、小鼻の黒ずみではないでしょうか。ポ...

すね毛をバリカンで剃ると濃くなるのは本当?その理由は?

すね毛をバリカンで剃っている方は多いのではないでしょうか?毛を剃ることによってどんどん毛が濃くな...

エラ張りを解消するマッサージ!?試して小顔を手に入れよう

年齢に関係なく、エラが張っていることを気にする男性は多いようです。特に中年になってくると体型の崩...

体毛処理はどれが正解?自然な体毛を目指すならシェーバーを

男性の体毛について、最近は女性からのチェックが厳しいことをご存知ですか。今まではあまり気にしてこ...

安心してマスクできる!付け方でメガネはくもりにくくなる!

花粉や風邪のシーズンになると大活躍するマスク。しかし、メガネをかけている人がマスクをすると、レン...

すね毛をカミソリで剃ると濃くなる?正しい剃り方とは!

すね毛が濃い男性は、カミソリを使用してきれいに剃ろうとする方が多いと思います。しかし、その剃り方...

やりすぎは危険?耳垢が湿ってる人の適切な掃除方法とは

耳垢には乾いてるタイプと湿ってるタイプの二種類があります。湿ってるタイプの耳垢はなかなかきれいに...

顎が長いと非イケメンとは限らない!顎の長さを活かす髪型

「顎が長いね。」と言われて、誉め言葉だと受け取れる人は少ないかもしれませんが、顎が長くてもイケメンな...

耳垢がウェットになると汚れるイヤホン!その謎を解明しよう

音楽などをじっくり一人で楽しみたいときに使うイヤホンですが、使っていて外したあとに耳垢のような汚れが...

顎が伸びることってあるの?考えられる原因と対策をご紹介

年齢と共に身体の機能がだんだん衰えてしまうことは自然なことです。しかし、顎に関してはどうでしょう...

洗顔後にフェイスパックをしてみよう!朝にもおすすめ!

美容成分、保湿成分など嬉しい栄養がたっぷりと染み込んでいるフェイスパック。女性だけではなく男性の...

オイリー肌?ドライ肌?肌質に合う化粧水を薬局でゲット!

男性のスキンケアも注目されていることから、薬局などでも男性向けの商品が店頭に並んでいます。いろい...

ダイエットブログが参考になる!男性はどこに気をつける?

痩せたいという願望を持っているのは女性だけではありませんよね。しかし、どんなダイエットをしたらい...

スポンサーリンク

石鹸といっても固形と液体のものがある

「石鹸でシャンプーをしたり、体を洗浄したりしてみたいな」とお考えの男性の方もいるのではないでしょうか。

石鹸と一言で言い表しても固形のものと液体のものとがあり、形状が異なっていますよね。

形状が異なっているだけで性能や原料は同じだと思ってしまうかもしれませんが、そのような点も少し異なっていますよ。

まず、原料についてですが、脂肪酸ナトリウムと呼ばれる成分で形成されたのが固形石鹸です。

一方で、脂肪酸カリウムと呼ばれる成分から形成されたのが液体石鹸です。

一見、固形石鹸を融解したら液体石鹸になると感じてしまいますよね。

ですが、成分が違うので両者の性能も違うといえます。

店頭やネットで気軽に購入できる石鹸ですが、原料や性能が異なってくるとなるとどちらを購入しようか迷ってしまう男性もいることでしょう。

そこで、ここからは固形石鹸と液体石鹸の異なる点についてお伝えしていきますので、購入前の検討材料にしてみてくださいね。

固形石鹸と液体石鹸の性能を確認しておこう

ここからは固形石鹸と液体石鹸の性能についてみていきましょう。

まず、気になるのが皮膚への負担ではないでしょうか。

特に皮膚がデリケートな男性の方は、「皮膚への負担がないかどうか」というのは重視しがちな項目ですよね。

結論から言いますと、皮膚への負荷に関しては両者の違いはあまりないとの見解が多いです。

皮膚への負担という観点では、商品に記載された成分の表示をよく確認して、皮膚への負担がかかりやすい成分が配合されていないかなど細かい確認が必要になってくる部分ですね。

ですが、一般的には低刺激の商品が多いような印象を受けました。

特に固形石鹸と言えば、どちらかというとシャンプーとしてではなく手の洗浄時に活用している印象が強いかと思います。

手は思ったよりもデリケートで荒れてしまうこともしばしば…。

そんな敏感な部分である手の洗浄時にも活用できるほど、皮膚への負担が少ないというわけですね。

また、次にお話ししたいことは「洗浄効果」についてです。

特に男性は皮脂が多く出てしまう特性を持っている傾向があるので、皮膚のベタベタを効果的に拭いたいというのであれば洗浄効果が高いか低いかで商品を選んでいるかもしれませんね。

気になる洗浄効果ですが、その効果が高いのは固形石鹸のほうだと考えられています。

固形石鹸は洗浄効果が高いという利点がありますが、市販されている液体石鹸には保湿成分の含有率が高いものが出回っていますよ。

ですから、洗浄効果ではなく保湿効果を優先したい男性はこちらを使用するのがベストです。

石鹸でシャンプーしたい!合成の商品との区別方法

固形石鹸、液体石鹸の原料や性能についてくわしくお伝えしてきましたがいかがでしたか?

実際に「合成シャンプーではなく次から石鹸で洗髪したい!」と思ったら、店頭に足を運んだり、ネットの通販サイトで注文をしたりしますよね。

ですが、ここで起こりがちな事例があります。

今手に取っていたりネットで見ていたりするシャンプーが、石鹸なのか合成シャンプーなのか判別できずにいるということがあるのです。

もちろん、固形石鹸は見た目が特徴的なので一目で判別できますよね。

ですが、液体石鹸はどうでしょうか。

スムーズに液体石鹸と合成シャンプーの判別ができれば良いですよね。

一番の判別ポイントとなるのが「石鹸」と明確に商品名に書かれているかどうかですよね。

ですが、この世にはたくさんの種類の商品があるので、記載がないものももちろん存在することでしょう。

ここで注目していただきたいのが成分表示です。

液体石鹸である場合には、「脂肪酸カリウム」、「水」、「カリ石鹸素地」などと記載されているものがほとんどです。

これらにプラスして「植物エキス」、「精油」なども記載されている傾向があります。

一方で、合成シャンプーの成分表示は決して少なくはなく、長文で記載されている傾向があり、そこがもうひとつの判別ポイントです。

固形石鹸でのシャンプー!気をつけることは

皮膚への負担が軽減できる傾向があるのが石鹸でしたね。

ですが、ここで注意していただきたいのが「固形石鹸でのシャンプー」です。

実は、固形石鹸はシャンプーに不適切だとの見解が多く見受けられます。

ここからはそのように考えられている訳について紐解いていきます。

まず、「石鹸のカスをすすぎ残してしまうケースが多い」という点を挙げます。

合成シャンプーや液体石鹸と比較しても、固形石鹸に含有されている成分は頭皮にとどまってしまうことが多いのです。

特に、忙しい男性であればシャンプーの時間もササッと終わらせてしまう場合もありますよね。

ただでさえ、石鹸のカスが完全に落としにくいという特性を持ち合わせているうえに、普段から時間をかけてすすぐ習慣があまりないとなると、頭皮トラブルを招きかねません。

望まないトラブルを回避するためには、固形のものではないシャンプーが良いでしょう。

固形石鹸でシャンプーするとこんな困った点が

上記で挙げたことの他にも、「キューティクルに悪い影響を与える」という点も挙げられます。

キューティクルは髪の毛の外側の部分にあり、外的刺激から保持したり、髪の毛にハリを持たせてくれたりと、健康的な髪質にするために、働きかけてくれます。

キューティクルがしまっているのがベストな状態で、本来の働きができる状態ともいえますよ。

キューティクルが開いてしまうと水分量が軽減してハリが欠如してしまったり、パサパサになってしまったり、弱い髪質になってしまうのです。

では、どうして固形石鹸でシャンプーを行うとキューティクルの状態が悪化してしまうのかといいますと、もちろんキューティクルが開いてしまうからだといえます。

なぜなら、キューティクルが開いてしまう原因となるアルカリ性という特性を持ち合わせている石鹸が固形石鹸だからです。

どうしても、固形石鹸でシャンプーがしたいと思っている男性は、アフターケアとして弱酸性のコンディショナーなどで開いたキューティクルを閉じてあげることが求められます。

液体石鹸でシャンプーしてみよう!ポイントのご紹介

髪の毛の健康状態のことを考えると固形石鹸でのシャンプーは控えた方が良さそうですよね。

「どうしても固形石鹸でのシャンプーが良い!」という男性もなかにはいるかと思いますが、こだわりがないという方は液体タイプの石鹸でのシャンプーを試みてみましょう。

そこで、こちらの項では、液体石鹸でシャンプーするときのポイントについて解説していきます。

まず、「液体石鹸を豊かな泡状に仕上げてから使う」ということです。

たっぷりの泡を作り上げることで、洗浄効果が高まります。

なかには、最初から泡が出てくるタイプの商品も販売されていますから、泡作りが大変に感じる方はそちらをお試しください。

また、「洗い流しは丁寧に行うこと」も挙げられます。

石鹸のカスを頭皮にとどまらせないようにするために、少し時間をかけて行うくらいがちょうど良いのです。

他にも、「石鹸用のコンディショナーを活用する」ことも重要なポイントです。

ついつい適当に選んでしまいがちかもしれませんが、キューティクルのためにも石鹸用の商品を選択しましょう。

ポイントをおさえて液体石鹸でシャンプーしてみよう

皮膚への負担が軽減できる傾向があると噂になっているのが石鹸での洗浄方法でしたね。

石鹸は固形石鹸と液体石鹸の2種類が代表的ですが、手や身体ではなく髪の毛を洗浄するとなると液体石鹸を活用するのがベストな選択といえるでしょう。

上記でお話ししたシャンプーする際のポイントをおさえて、液体石鹸で髪の毛を洗浄してみてはいかがでしょうか。