おしゃれな髭の作り方!どんなスタイルが日本人におすすめ?

おしゃれな髭は、「ワイルドさ」や「男らしさ」が演出でき、カッコいいですよね。

男性なら、一度は髭に憧れるものではないでしょうか。

ただ髭は、スタイルやお手入れ方法を誤ると、不潔でだらしない印象を持たれる場合もあります。

女性にも評価の高い、好印象を与える髭にはどんなスタイルがあるのでしょう?

こちらでは、日本人に似合う、おすすめの髭スタイルとその作り方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産毛の処理が顔の印象を変える?!男も必見!産毛の対処法

男性のみなさんは、顔の「産毛」を気にしたことありますか?髭は気にするけれど産毛までは気にしたこと...

髭剃りには蒸しタオル!朝の時間短縮に繋がる髭剃り方法とは

毎日の髭剃りは、男性の身だしなみの基本と言われています。しかし、朝、しっかり髭剃りをしたはずなの...

髭剃りに使うシェーバーとカミソリ!その種類や特徴は?

男性は、身だしなみを整える上で髭剃りは欠かせません。髭剃りに使う道具といったら、「シェーバー」か...

おしゃれ髭男子必需品!ヒゲトリマーはフィリップスで決まり

男性にとってもフェイスケアはとても大切です。特に、髭をたくわえたおしゃれ髭男子にとっては、髭のケ...

髭が濃いのが悩み!髭を薄くする機械があるって本当?!

女性が毎日のお化粧が面倒だと思うように、髭が濃い男性からしたら毎日の髭剃りも面倒でならないですよね。...

髭剃りは飛行機に持ち込める?預けられる?髭を剃りたい場合

飛行機には、危険物や発火物は持ち込みできませんが、髭剃りカミソリや電気シェーバーなどはどうなのでしょ...

髭剃り用のジェルは電動シェーバーでも必要?おすすめは?

電動シェーバーで髭剃りを行う男性の方は、ジェルなどのシェービング剤を使用しない「ドライ剃り」をされる...

髭にも育毛剤があるって知ってた?中でもおすすめはこれ!

「髭と育毛剤」この二つが結び付く方は、とてもお洒落な髭マイスターかもしれませんね。実は髭にも、髭...

毎日の髭剃りにおすすめ!肌弱い人にも大丈夫な髭の剃り方

肌の弱い人にとって、毎日の髭剃りは辛いですね。そんなに強くやっていないのにヒリヒリしたり、ひどい...

髭剃りが楽に!シックの替え刃をシリーズ別に紹介!

身だしなみを整えるため、毎日、髭剃りを行っている方は多いのではないでしょうか?髭剃りに使用する刃...

髭剃りはt字カミソリ?電気シェーバー?徹底比較してみた!

髭剃りのツールとして人気を二分する、t字カミソリと電気シェーバー。あなたは普段どちらを使っていま...

髭剃りは機内持ち込みできる?!国内線と国際線の違いは?

仕事やプライベートで飛行機に乗るとき、気になるのは手荷物検査です。なかには飛行機の機内持ち込みが...

髭剃りにベストな時間帯ってあるの?平均時間を短縮する術

毎日行う髭剃り、時間を短縮したいと感じたことありませんか?ただ、時間を短縮したいからといって、雑...

肌に優しい髭剃りには「シック クアトロシリーズ」がおすすめ

毎日の髭剃りでシックのカミソリを使っている方は多いと思います。世界シェアではジレットに大きく引き...

髭の剃り残しをなくす方法は?なぜ髭を剃り残してしまうの?

毎日きれいに髭剃りをしたはずなのに、会社や外出先で髭の剃り残しが見つかることはありませんか?そん...

スポンサーリンク

日本人に似合う髭スタイルを作るポイント!

外国人は彫りが深く、長くてボサボサの無精髭スタイルでも似合ったりします。

日本人の男性もワイルドさを出そうとして、同じようなスタイルに憧れるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。

日本人の場合は、しっかり手入れされた、清潔感のある髭スタイルの方が似合います。

日本人のおしゃれな髭スタイルは、ただ伸ばすだけではなく、きちんと手入れをすることから始まるのです。

では、手入れのポイントは何なのでしょう?

髭スタイルで「カッコいい」と「だらしない」との間には、あるボーダーラインがあります。

それは、髭の「長さ」と髭を生やす「エリア」です。

好印象を与える髭スタイルにするためには、長さは抑え目に、エリアは口髭と顎髭にとどめて、手入れするがおすすめです。

頬まで広く覆うような髭スタイルや長く伸びた髭は、清潔感を損なうのでやめたほうが無難です。

日本人男性の髭スタイル、女性はどう思っている?

日本人男性も、カッコいい髭スタイルで女性にも好印象を与えたいものですよね。

男性が憧れる髭スタイルですが、女性は髭に対してどんな印象を持っているのでしょう?

女性の意見としては、次のようなものがあります。

・似合っていればカッコいいと思う

・ちゃんと整えていればセクシーで好き

・汚らしいのは引いてしまう

・口ひげと顎鬚ならOK!

これらの意見からも分かるように、似合っていない髭には抵抗感があるようです。

また、整えられていない汚らしい髭は、不潔でだらしない印象を持ってしまうという意見があります。

このことから、好印象の髭スタイルは「似合う髭」か「清潔感のある髭」かどうかが必須条件だと分かります。

やはり、前項でもお話したように、髭の長さと生やすエリアに気をつけて、きちんと手入れの行き届いた髭に仕上げることが肝心なのです。

日本人に似合う髭スタイル

これまでお話ししてきたように、髭を作りたい場合には、まず自分に似合う髭スタイルを見つけることが先決です。

ここからは、日本人に似合うおすすめの髭スタイルをご紹介していきます。

髭の初心者にもおすすめなのが、顎だけに生やす「顎髭スタイル」です。

顎髭は顔の外枠に位置するので、顔のつくりに影響されにくく、誰にでも似合います。

髭が似合わないと思っている男性にも、顎髭スタイルはおすすめです。

顎鬚スタイルを作る時の注意点は、長さを伸ばしすぎないことです。

短めで、密度のある顎鬚に整えましょう。

また顎鬚は、生やす広さによって印象が変わります。

耳の近くまで全域に生やしたり、広い幅で生やしたりすると、ワイルドで男らしい印象になります。

逆に、細く仕上げると繊細で柔らかい雰囲気の印象になります。

【薄い口髭と薄い顎鬚】も似合いやすい

口髭と顎髭をうっすらと生やすスタイルは、男性の髭の定番スタイルです。

口髭は鼻の下の髭のことで、ここに髭を生やすと、貫禄ある雰囲気や威厳を感じさせるスタイルになります。

昔の日本人の偉人に、立派な口髭を生やしている人が多いのは、威厳や風格を現すためです。

現代では、長く伸ばす立派な口髭は見かけませんが、大人っぽさを出したい人には、口髭はおすすめです。

ご紹介する「薄い口髭と薄い顎鬚」のスタイルは、髭を生やす面積を限って薄く整えるため、清潔感があり、自然な仕上がりになります。

手入れのポイントは、鼻の下の口髭と顎髭を、同じ横幅に揃えることです。

同じ長さに揃えることで、統一感が生まれ、均整の取れた髭スタイルになります。

頬の毛はしっかり剃り、髭の面積が広くなり過ぎないように注意しましょう。

この髭スタイルは、すっきりしたショートヘアの髪型と相性が良く、ワイルドでセクシーな印象を生み出します。

メガネをかけている人は、口髭、顎髭共に少し濃く生やして合わせるのも、大人っぽく知的なスタイルになるので、おすすめです。

ワイルドさを出したい人におすすめ!【囲み髭】

前項でご紹介したスタイルより、さらにワイルドさを求めるなら、囲み髭がおすすめです。

囲み髭は、もみあげから顎髭と口髭をつなげたスタイルです。

日本人に合う囲み髭は、頬の髭を剃り、もみあげから顎に繋がる髭を「細く」「短め」にカットするスタイルです。

もみあげから顎にかけての髭を、頬まで幅広く伸ばすスタイルもありますが、日本人がやると、だらしない、汚らしい感じが出てしまいます。

もみあげから顎にかけての髭の手入れポイントになるので、大変ですがこまめに長さと幅の調節を行いましょう。

全体的に、髭の線は細めに、また、髭の長さはあまり伸ばさず適した短さを保つようにすると、清潔感を維持できます。

この髭スタイルは、もみあげから顎までつながることが前提なので、髭の濃い人に向いています。

髭の濃い人は、首や頬からも毛が生えるので、囲み髭を引き立たせるためにも、他の部分はきれいに剃り落としましょう。

理想の髭スタイルを作る必須アイテム

これまで、日本人に似合うおすすめの髭スタイルをご紹介してきました。

自分の理想の髭スタイルは見つかりましたか?

最後に、髭スタイルを作るために必要な道具と、髭の整え方をご紹介します。

【髭スタイルを作る必須アイテム】

●トリマーやコーム付きハサミ

●シェーバーやカミソリ

●シェービングフォーム

【髭スタイルの作り方】

まずは髭を伸ばすことから始めます。

ある程度髭が伸びたら、トリマーやハサミを使って、髭の長さを調節しましょう。

髭トリマーは、髭用のバリカンのことです。

アタッチメントが付いているので、長さを段階的に調節してカットができます。

唇まわりなど細かい部分はコーム付きハサミを使い、全体的に長さを揃える時には髭トリマーを使うなど、アイテムも使い分けると良いでしょう。

髭のカットは、髭が乾いている状態で行います。

濡れた状態で行うと、乾いた時に長さが変ることがあるので注意しましょう。

口髭は、唇にかからないようにカットして揃えます。

唇にかかると、不衛生で見た目もよくありません。

ポイントは、中央は唇にかからない程度に長めで、口角へいくほど短くなるように整えることです。

顎髭も同じように、中央を長めに、サイドにいくほど短めにカットしましょう。

輪郭がシャープに見え、すっきりした効果をもたらします。

最初に、全体を一定の長さにカットしてからサイドを短くしていくと、上手く仕上がります。

囲み髭の場合、もみあげに繋がる頬髭は、もみあげに向かって徐々に長くなるようにカットし、顎鬚と繋がる部分は、顎鬚の延長になるよう長さを合わせてカットしましょう。

最後に余分な髭はキレイに剃ります。

カミソリやシェーバーで剃る時は、蒸しタオルを当て髭を柔らかしてから、シェービングフォームを塗布して、毛の流れに沿って優しく剃りましょう。

カッコいい髭スタイルでワンランク上の自分に!

髭は、上手く生やすとカッコよくおしゃれな印象を与え、ステータスも上がります。

男ならではの髭を生かして、イメージを変えてみるのはいかがですか?

日本人男性には、清潔感のある、整えられた髭がおすすめです。

髭を生やしたことがない人も、この記事を参考に、自分に似合う髭スタイルをみつけて髭を楽しんでみてくださいね。