SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

日焼け止め商品ランキング!その焼けない効果を比較調査!

2019.5.7

数ある日焼け止め商品の中から、一体どれを選べばいいのか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

肌との相性、塗りやすさ、塗った感触など選び方は人それぞれ。

そんな中でも「日焼け止め」というネーミングにもある通り、いかに焼けない効果があるのかも重要な判断基準です。

そこで日焼けに関する豆知識から、おすすめの日焼け止め商品、更にはその焼けない効果でのランキングをご紹介します。

日焼け止め選定基準のご参考にしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サイドや後頭部を刈り上げたい!バリカンでセルフカット!

男性に人気がある髪型は、襟足やサイドを刈り上げたツーブロックショートです。 短く刈り上げた部分を維...

薄毛の男性のワックス選び!おすすめのワックスや髪型は?

薄毛の人が気になるのが髪の毛のボリュームでしょう。 髪の毛にボリュームを出すために、整髪料としてワ...

シャンプーは詰め替え用がホントにお得?容量が少ない理由

ある程度の年齢になると、シャンプーも決まってきますよね。 乾燥肌、オイリー肌、敏感肌、それぞれに合...

眉毛の位置を下げるとイケメンに!イケメン眉を知ろう!

顔がのっぺりした印象であることにお悩みの方はいますか? もしかしたら、眉毛の位置が悪い影響を及ぼし...

美容師が認めるシャンプーメーカーは?ランキングでご紹介!

「なんだかこのシャンプー、微妙だな」と髪の洗い上がりに満足されていない方は、何を基準にシャンプーを選...

毛穴のたるみが気になる!治すために自分でできる対策とは?

毛穴が雫のような形になっていたり、縦方向に開いていたり…。 この状態は、たるみ毛穴かもしれませんよ...

あなたは髪の毛が細い?太い?一本一本を強くする方法を伝授

髪の毛一本一本が細いと、髪全体が薄く見えるような気がしませんか? 男性からしてみると、髪の毛が細い...

オイリー肌向けのスキンケアアイテム!おすすめの市販品は?

男性は女性と比較すると、皮脂の分泌量が約2倍もあると言われています。 一方、お肌に含まれる水分量は...

乾燥肌対策にはフェイスパックを毎日使うのは有効?逆効果?

女性にとっては当たり前のスキンケア。 最近は、男性でもしっかりと取り組んでいる人が増えています。 ...

ばれたくない!つむじはげを隠すためのセットのしかたは?

多くの男性の悩みの1つでもある「薄毛」。 特に背があまり高くない男性の方は、つむじから薄くなってい...

混合肌に合う化粧水はあるの?メンズにおすすめはこれ!

男性は、皮脂が多く肌が潤っているような気がしますが、同時に乾燥している方もいます。 いわゆる混合肌...

眉毛は理容室や美容院で整えられる?男性必須エチケット!

みなさんは、眉毛のお手入れをしていますか? 眉毛のお手入れは男性にも必要なエチケットの一部となりつ...

眉毛のお手入れ!自宅のバリカンで簡単にきれいにするやり方

「目鼻立ち」という言葉がありますが、顔の印象を決めるポイントはまず目元だと言われています。 眉毛は...

フケの悩みにはヘアトニックより「ドクタートウヒ」がお勧め

毎日シャンプーをしているのに、頭がかゆくなったり、フケが目立って困っていませんか? 頭皮のかゆみや...

眉毛を黒から茶色へカラーリングする方法!

黒髪から茶色い髪へカラーリングしたとき、「なんだか眉毛が黒くて浮いているな」と感じたことはありません...

スポンサーリンク

まずは知っておこう!日焼け止めの基礎知識

こちらでは、「焼けない日焼け止めランキング」をよりご理解いただくために日焼け止めに関する基礎知識についてご説明します。

【注意点】

日焼け止めに用いられる成分には、様々な種類のものが配合されています。

必ず確認をしておきましょう。

例えば、紫外線吸収剤においては、アレルギー反応や炎症を引き起こすことがあります。

敏感肌であったり、肌トラブルの経験がある方は注意が必要です。

また、乾燥肌であれば保湿成分(ヒアルロン酸など)が入ったものを、反対にテカリ気味のオイリー肌であればオイルフリーのものを選ぶと肌への負担が少なくてすみます。

効果表記のSPFとPAも数値が高い方が肌への負担が大きくなる傾向があります。

【SPFとは?】

日焼け止め商品においてよく目にする「SPF」という文字、これは一体何のことなのでしょうか。

SPFとは「サン プロテクション ファクター」のことで、紫外線B波であるUVBの防止効果を表すものです。

UVBは紫外線において数パーセントだけ、と数字だけ見るとその割合は少ないのですが肌への影響が強いです。

SPFには数値が1から50まで存在します。

これは皮膚が紫外線を浴びて影響が出るまでの時間を何倍まで延ばせるかを表します。

この数値が高いほど効果も高くなります。

【PAとは?】

「SPF」と同様に日焼け止め商品においてよく目にするものに「PA」があります。

PAとは「プロテクショングレードオブUVA」のことで、紫外線A波であるUVAの防止効果を表すものです。

UVAは紫外線全体の9割以上を占めます。

肌への影響自体は弱いのですが、非常に高い浸透力を有するので内部へのダメージが懸念されます。

こちらは数値で表すことができないので「+」の数で表します。

PA+からPA++++までの4段階に区分され、「+」の数が多いほど効果も高くなります。

日焼け止めの選び方とは?

この項では、「焼けない日焼け止めランキング」をよりご理解いただくために日焼け止めの選び方についてご説明します。

【部位による使い分け】

日焼け止めには、顔用とボディ用、兼用のものが存在します。

顔用のものは肌に優しい成分が主流で、中には化粧下地の代用になるものもあります。

ボディ用のものは、伸びがよく塗りやすいものが主流です。

兼用のものは、どちらの機能も兼ね備えています。

【ムラなく塗れる】

日焼け止めをムラが出来てしまった状態のままで使用すると、当然ムラのある日焼け跡が出来上がってしまいます。

その結果、肌が汚く見えてしまいます。

特に注意が必要なのは「膝裏」「うなじ」「耳のうしろ」などです。

ゆるかったり伸ばしづらい、塗りにくいものはムラになりやすいので注意が必要です。

【汗や水への耐久性】

この耐久性があると長く焼けない効果が続くのでなるべく意識しましょう。

これにはウォータープルーフの日焼け止めがおすすめです。

しかし、裏を返すと落としにくいというデメリットにもなります。

落としやすいウォータープルーフが理想です。

【肌との相性】

前項目の注意点でご説明したご自身の肌との相性によっては、アレルギー反応や炎症などを引き起こす可能性もありますので特に注意してください。

日焼け止め選定時のチェック項目

この項では、「焼けない日焼け止めランキング」をよりご理解いただくために日焼け止め選定時のチェック項目についてご説明します。

【対象年齢】

商品には、明確な対象年齢が表記されていないものが多いですが、大人用のものには成分が強めのものが多いので、子供が使う場合には刺激の少ないものを選びましょう。

子供用には、虫よけ効果があるものもあります。

【SPF・PA値】

先の項目でご説明したSPF・PA値ですが、数値が高ければ肌への負担も大きくなります。

「海などのレジャー時にはそれぞれ最高値のSPF50、PA++++」「普段使いは値を抑えたもの」のように、使用目的によって使い分けが必要ですので、目的にあった数値のものを選びましょう。

【成分】

敏感肌の方、お子様が使う場合などには、極力肌への刺激などの影響はなくしたいものです。

出来れば、ノンケミカルの紫外線吸収剤不使用のものや無香料・無着色、パラベンフリーなどのものを選びましょう。

【日焼け止めのタイプ】

日焼け止めには次のタイプが有ります。

お好みや使用用途・目的に合わせて選びましょう。

●ジェルタイプ

・軽い付け心地
・水分が多いので伸びがとても良い

●クリームタイプ

・保湿力が高いものが多い
・肌への密着度が高いので落ちにくい

●パウダータイプ

・サラッと感が高い
・塗りやすく落としやすい

●スプレータイプ

・手を汚さずさっと使える
・べたつきもなくサラッとしていて広範囲に塗れる

日焼け止めの焼けない効果ランキング!エントリー商品!

それでは、「焼けない日焼け止めランキング」にエントリーするおすすめの商品をご紹介します。

【マザーアンドドーター】

少々価格は高めですが、その分タップリ容量でコスパも充分です。

子供も使える安心商品です。

【ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス】

汗をかいても水にぬれても落ちにくく、肌をしっかりとガードしてくれます。

落ちにくいのに気持ちいい使い心地がよい商品です。

【ANESSA アネッサ】

若干高価な価格設定ですが、使ってみれば価格以上の満足感が得られます。

安定した人気も納得の商品です。

【ノブ UVミルクEX】

ミルクタイプなのにジェルのように軽く付けられてみずみずしい使用感を得られます。

お湯でも簡単に落とせる商品です。

【ALLIE エクストラUVジェル】

意外と伸ばしやすい使用感に、塗った後の艶肌には驚きます。

新機能が魅力的で、とにかく落ちにくい商品です。

【紫外線予報 UVさらさらジェル】

ポンプタイプの使いやすさ、サラサラ感に加えた伸ばしやすさが普段使いに最適です。

サラサラ感がくせになる商品です。

【DHCマイルドUVプロテクション】

ポンプタイプで使いやすく、楽に伸ばせるため手軽に時間短縮が出来ます。

普段使いにおすすめの商品です。

【レシピスト さらっとなめらか日焼け止め】

日焼け止めの中では格安の価格帯なのに、使用感はそれを何倍にも上回ります。

コスパとその使い心地が嬉しい商品です。

焼けない!日焼け止めランキング

それでは、早速焼けないという観点から日焼け止め商品をランキングしてみましょう。

以下がランキングベスト3になります。

【第1位】

とにかく落ちにくい話題の新機能「ALLIE エクストラUVジェル」

ウォータープルーフにフリクションプルーフ機能が加わり、とにかく落ちにくい日焼け止め。

絶対に焼きたくない人にはおすすめの一品です。

ジェルというよりはクリームに近い感触で、しっかりと肌全体に伸ばせます。

【第2位】

定番人気で抜群の使い心地「ANESSA アネッサ」

不動の人気で「日焼け止めと言えばこれ!」という一品です。

数値的にも紫外線をしっかりと防止、塗りやすいうえ直後からのサラッと感がたまらない流石の使い心地で人気の商品です。

【第3位】

コスパに優れた使いやすさ「レシピスト さらっとなめらか日焼け止め」

垂れにくくてよく伸びる、使いやすさと使い心地を兼ね備えたスーパー日焼け止めです。

ミルクのような、クリームのような…でも使うと液体のようにすっと伸びて肌にとても馴染むのです。

べたつきゼロの人気商品です。

焼けないのは必須!肌荒れしにくい!普段使い用の日焼け止めランキング

焼けない効果に加え、日常的に使う日焼け止め商品におけるランキングベスト3は次のようになります。

【第1位】

くせになるさらさら感「UVさらさらジェル」

この圧倒的なさらさら感は、使用者ほとんどがくせになります。

さらにこの抜群の伸びやすさで、べたつくのが苦手な日焼け止め敬遠派にこそ一度は試していただきたい一品です。

手軽に使えるポンプタイプも魅力です。

【第2位】

普段使いにおすすめ「DHCマイルドUVプロテクション」

トップクラスの伸びやすさを誇るDHCの日焼け止め、大手メーカーならではの安心感も強みです。

少々固めのクリームが「あら不思議!」伸ばすと水のようにすっとなる摩訶不思議な一品です。

手軽なポンプタイプと塗りやすさが魅力です。

【第3位】

使いやすいタップリサイズ「マザーアンドドーター」

見た目にもお洒落なデザインで、しかも実はタップリ容量とコスパ的にも文句なしです。

また、商品名からも分かるよう、親子で使える優れものです。

ワンプッシュでさっと全身に伸ばせるのが魅力です。

日焼け止めランキングを参考に最適の日焼け止めを探そう

日焼け止めに関する基本的な情報、焼けない日焼け止めランキング、普段使いの日焼け止めランキングをご紹介してきました。

一口に日焼け止めと言っても、海やレジャーなどに挿しの強烈な場所で使うものから、日常的に使うものまで様々で一概にはどれが良いと言いにくいのが正直なところです。

あくまでもご参考にして頂き、ご自身に一番合っている日焼け止めを探してみてください。

 - スキンケア, 美容の悩み, 頭皮の悩み