髭のカットはバリカンで!ヒゲトリマーを使ってみよう!

現在、おしゃれな髭男子が急増中です。

そこで、今にわかに注目を集めているのが髭バリカンことヒゲトリマーです。

髭のおしゃれなカットをこれ一本でこなせる優れもの。

今では、おしゃれ髭男子の必需品と言っても良いかも知れませんね。

これから髭のおしゃれを始める方、気になりますよね?

今回は、そんな髭バリカンについて詳しくご説明して参りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前髪を伸ばす方法ってある?なるべく短期間で伸ばす方法

ついつい、前髪を切りすぎて失敗してしまったことってありませんか?前髪は顔の印象を大きく変えるもの...

髭剃りにシェービングクリームは必要?代用できるものとは?

毎日髭剃りをする男性にとって、シェービングクリームは必需品という方も多いことでしょう。しかし、シ...

男前度をアップ!輪郭別のオシャレに髭を伸ばす方法とは

ワイルドで男らしい雰囲気を高めてくれる髭。しかし、髭の作り方次第では、周囲からの印象が良くも悪く...

髭剃りは「ジレット」と「シック」どちらの製品を選ぶべき?

髭剃りで使用するカミソリのメーカーとして、人気を二分しているのは「ジレット」と「シック」ですよね。...

髭をおしゃれに決めたい!お手入れを知って清潔感をアピール

髭はおしゃれに決めたい男性には欠かせないポイントです。服装だけでなく髭にまで気を配れれば、男性と...

毎日の髭剃りに使いたいおすすめの替刃式カミソリ!シック編

皆さんは髭剃りにどんなカミソリを使っていますか?すでに自分の髭質に合ったこだわりのカミソリを使っ...

髭剃りはt字カミソリ?電気シェーバー?徹底比較してみた!

髭剃りのツールとして人気を二分する、t字カミソリと電気シェーバー。あなたは普段どちらを使っていま...

男の髭剃り!電気シェーバーの値段相場はどのくらい?

朝の忙しい時間に、T字剃刀を使っての髭剃りは時間がかかるし、かといって急いでやってしまって、顔に絆創...

髭剃りにはカミソリか電動かどちらが良い?その比較を知る!

男性が毎日行っている身だしなみの一つは、髭剃りですよね。そんな毎日の髭剃りをする上で、カミソリか...

あなたは敏感肌?ならば髭剃りは電気シェーバーがおすすめ!

敏感肌の人にとって、髭剃りは厄介事の一つでしょう。カミソリ負けによって肌を痛めてしまいがちではな...

髭の毛穴に黒ずみが!これは何?そのメカニズムを徹底解析!

気が付くと「髭の毛穴に黒ずみが出来ていた!」実はこれ、結構多くの男性が悩んでいるようです。男性で...

髭剃りには替刃式カミソリがおすすめ!ジレット製品をご紹介

皆さんはどんな髭剃りを使って髭を剃っていますか?カミソリを使っている方もいるでしょうし、シェーバ...

ヒゲトリマーで男を磨く!おすすめメーカーはパナソニック!

ビジネスマンにとって、フェイスケアはかかせないものです。しっかりフェイスケアがされているか否かで...

髭剃りが楽に!シックの替え刃をシリーズ別に紹介!

身だしなみを整えるため、毎日、髭剃りを行っている方は多いのではないでしょうか?髭剃りに使用する刃...

髭剃りに使うシェーバーにオイルは欠かせない!使い方は?

髭剃りをする方法としては、カミソリかシェーバーがあります。カミソリの刃のメンテナンスは基本的に洗...

スポンサーリンク

カットからシェービングまで!おしゃれ髭男子の必需品髭バリカン

さて、そもそも髭バリカンとはどのようなものなんでしょうか?

簡単に言ってしまうと、髭を剃り落とす電気シェーバーと髪の毛をカットする電気バリカンが合わさったもの、と考えていただければ分かりやすいかと思います。

シェービング機能が付いた髭専用の電気バリカンと言ったところでしょうか。

「ヒゲトリマー」や「ビアードトリマー」とも呼ばれています。

もしかしたら、髭を生やしている方しかご存知ないかも知れませんが、時には邪魔者扱いされてしまう髭をおしゃれなアイテムに変身させてくれる優れものなんです。

それ故、髭バリカン愛用者も増えているようですね。

もしかしたら、おしゃれ髭男子の必需品という地位をすでに確立しているかも知れません。

「普通のバリカンとどこが違うの?」という声も聞こえて来そうですが、実際には「簡単に使える」「髭のケア用に短さや細かさに対応している」など、様々な使い勝手の良さが工夫されているのです。

このようなことから、髭のケアだけではなくムダ毛ケアとしても活用されています。

髭をおしゃれにカット!髭バリカンの特徴

髭バリカンの最大の特徴は、付属のアタッチメントやダイヤル調整で髭を好きな長さに調整が出来ることです。

このおかげで、ただ単に髭をすっきり剃るというだけでなく、パーツ毎や部分部分で長さを調整出来るので愛用するおしゃれ髭男子が増えています。

また、それぞれ特徴的な商品が多数販売されていますので、使い勝手や肌髭との相性で最適のものを見つけられます。

おしゃれなデザイン髭を生やす方や髭の手入れが面倒という方でも、その便利さは実感出来ると思います。

前述と重複してしまいますが、普通のバリカンと比べカットする髭の長さ調節機能や防水性などの使い勝手が非常に良くなっています。

髭バリカンは機種にもよりますが、長さ調節が1mm単位で20段階まで可能になるので、たいていの理想とするおしゃれ髭のスタイリングは可能になります。

これらの機能をダイヤル調整で行えてしまう使い勝手の良さも魅力と言えるでしょう。

また水回りでも使える防水機能や、充電式機能などの使い勝手の良さも特徴として付け加えておきますね。

髭バリカンを選ぶ際のポイント!

さて、ここまで髭バリカンについて色々とご説明をして参りましたが、実際に選ぼうとする際には次のポイントを押さえて頂きたいと思います。

【カットする長さの調整機能】

これはおしゃれなデザイン髭を施そうとするのであれば、必ず押さえて頂きたいポイントになります。

如何に細かい調整が出来るかはおしゃれなデザイン髭を施すには最大の決め手となります。

可能な限り細かい調整が出来るものを選びましょう。

平均すると20段階調整が主力となりますが、これ位あれば良いですし、更には40段階程度というのもあるようです。

【防水性の有無】

こちらは、ご自身の使い勝手を考えて選びましょう。

勿論、防水性があるに越したことはありません。

防水性があれば、本体をそのまま丸洗いも出来ますし衛生的です。

ただ、中には本体は丸洗い出来ず、取り外し可能な部分のみ水洗いが出来るというものもあるようですので確認してください。

防水機能完備で入浴中の使用が可能であれば処理後の片付けも楽ですね。

【電源方式】

電源方式にはたいていの髭バリカンの場合「乾電池式」「充電式」「充電交流式」の3種類になります。

乾電池式は電池があれば使えますが、切れるたびに電池を購入する必要が出てきます。

旅行などの持ち運びには便利ですね。

充電式は充電により何度でも使うことができるので、導入費用と電気代のみということになります。

コードも無いので使い勝手は良いですが、使用中に切れたり、使いたいときにうっかり充電切れなどということも起こり得ます。

充電交流式が一番使い勝手の良い電源方式と思われます。

充電が出来ていれば充電式の良いところがそのままですし、電池が切れてもコードで使えます。

また、充電式の場合には、フル充電までの時間と使用できる時間も確認しましょう。

短い充電時間で長い使用時間に越したことはありません。

【刃の自動研磨機能】

この刃の自動研磨機能が付いていると、勝手に刃のメンテナンスをしてくれますので、長く使用しても切れ味の衰えがありませんので、とても便利です。

以上を選ぶ際のポイントとしてください。

これに「価格」や使い勝手などを考慮し選ばれることをおすすめします。

髭バリカンは様々な体毛のカット処理にも流用可能!

髭バリカンは「ヒゲトリマー」とも呼ばれ、このネーミングから髭専用のバリカンという固定観念がありがちですが、実はその他の体毛処理にも便利に使えるのです。

例えば、眉毛やもみあげです。

長さ調節機能が付いているので、「あ!」というような取り返せない失敗も起こりにくいので、髭アレンジの流れそのままに、もみあげや眉毛までのケアも簡単に行えます。

髭バリカンの持つ使いやすさと細かい部分に適した性能が、もみあげと眉毛のケアを可能にしてくれるのです。

また、この性能に加え0mm調整でのカットも出来ますので、わき毛やすね毛、更にはデリケート部分に至るまで身体全体のムダ毛ケアへの流用が可能になります。

こうなると、今まで部分部分で使い分けていたムダ毛処理グッズをこの髭バリカン一つに納めることが可能となり便利ですよね。

髭バリカン(ヒゲトリマー)の三大メーカー!

髭バリカンは様々なメーカーが様々な商品をこぞって販売しておりますが、そんな中でもあらゆる面から総合的に判断をしておすすめできるのは次になると思います。

【ブラウン】

ブラウンの髭バリカン(ヒゲトリマー)は多段階調整が可能なことがその魅力になります。

元来正確なトリミングを可能にして来た製品を数多く輩出してきたブラウンです、この髭バリカンにおいても細かいスタイリングを可能にする多段階調整機能が搭載されているものが多いですね。

中には39段階というつわものもあります。

また、鋭い切れ味もブラウンの魅力です。

この切れ味にファンも多く存在する一方、デリケート肌の方は注意が必要かもしれません。

使用後は、メンテナンスの必要があります。

【フィリップス】

長きにわたり、シェアトップに君臨するフィリップスの最大の特徴は、肌に優しく髭を剃ることが出来るという、素材にこだわった刃になるのではないでしょうか。

刃はメタル素材で、シェーバー技術そのままに髭のみを巧みにカットすることで肌への負担が軽くなり肌に優しい設計になっています。

優しくそして安心感がありますし、また自動研磨機能も魅力ですね。

替え刃も通常の倍、2年は必要がありませんのでコスト面でも安心です。

【パナソニック】

国内最大手の安心企業パナソニックです。

何といってもこちらの特徴は、「高性能&多機能!」日本人のライフスタイルにフィットすると定評がある、このパナソニックならではとも言えるかも知れません。

ユーザーニーズを細やかに再現し、どこでも便利に使える製品を数多く輩出しております。

国内最大手ならでは、サポート面での充実も満足出来ますね。

ずばりおすすめの髭バリカン!

それでは最後に前述3社から出されているおすすめの髭バリカンをご紹介しておきましょう。

勿論各社それぞれの個性や特徴、強みがありますのでその中でお気に入りを探されてみては如何でしょうか?

【ブラウン ヒゲトリマー BT3040】

使い勝手がとても良いという機種の後継機で、性能もさらにアップしております。

アタッチメントの切り替えにより可能となる長さ調整は、0.5mm間隔で39段階と細やかなおしゃれ髭は勿論、髪の毛、ムダ毛全身のカットに使えます。

自動研磨機能が付いているので煩わしいメンテナンスも不要です。

また、本体丸洗い可能というのも面倒くさがり屋さんには嬉しいですね。

電源は充電交流式で、充電時間はフル充電に8時間で1時間の使用が可能になります。

いざとなれば、電源コードでの使用も出来るので不安はありません。

コンパクトで軽く使いやすいというのが一番の魅力かも知れませんね。

価格は5000円弱と比較的リーズナブルです。

【フィリップス ヒゲトリマー BT5204/15】

長さ調節はダイヤル方式17段階でずば抜けてというほどでは無いですが、十分な調節機能でしょう。

5mm以下なら0.5mm単位、1mm以下なら0.2mm単位という細かさが、理想のうっすら短い髭実現にぴったりです。

しかも、「ダブル鋭角45度のフルメタル刃」搭載で抜群の切れ味です。

最も嬉しいのはメンテナンスが簡単なことですね。

水没しても大丈夫という優れた防水性で本体丸洗いが可能、入浴中であればそのまま洗ってお終いです。

本体丸洗い可能でありながら、充電交流式というのもありがたいです。

フル充電で1時間の使用が可能になります。

価格は実売価格で5500円程度。

とにかく楽なうえ、バランスが良く高機能な一品です。

長く使い続ける髭バリカンを求めるならこちらかもしれません。

【パナソニック ヒゲトリマー ER‐GB74】

アタッチメント使用で0.5mmから20mmまで0.5mm単位で38段階の調節が可能と、細かいケアにも対応出来ます。

使用後はそのまま丸洗いが可能というのもメンテナンスに掛かる時間が軽減出来るので助かります。

その上で、充電交流式電源で電池切れの心配なく使えるのもありがたいです。

1時間の充電で50分の使用が可能になりますが、充電しながらの使用も可能なのであまり気になりません。

また、こちらの魅力は、ヘアカットもうたっているように体全体の体毛に対応可能なことです。

利便性に加え汎用性も高いのですね。

これら機能に加え日本製ならではの安心感も決め手かも知れません。

価格は6500円程度と若干高価ですが、その価値は十分にあります。

以上が各社のおすすめ機種になりますが、あくまでも目安です。

これ以外にもご自身の使い勝手にぴったりなものもありますので、比較しながら探されてみては如何でしょうか?

髭バリカンでおしゃれ髭に挑戦!

今回髭ケアの便利グッズ髭バリカンについて色々とご紹介させていただきました。

おしゃれ髭男子の間では、既に流行の兆しもありそうですね。

実用性と利便性を兼ね備えた髭バリカンなら、おしゃれ髭ケアは勿論、全身のムダ毛カット処理にも使えます。

おしゃれ男子にはとても便利なアイテムですよね。

これを機におしゃれ髭からの全身ケア、試してみませんか?