SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

歯石除去を歯医者で受けよう!その予約から治療までご紹介!

2018.6.22

口臭の嫌な臭いや、歯茎からの出血はありませんか?

もしかしたら、その原因は歯石にあるかもしれません。

歯石はそれと同時に、口内環境を悪化させ、歯周病を引き起こしかねません。

歯石を除去するためには、歯医者さんで予約をして、処置を受ける必要があります。

この記事では、歯医者での歯石除去の予約から、治療内容、費用までをご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

口臭の原因の臭い玉って何?!取り方や予防法もご紹介!

自分の口臭がくさいと感じたことはありませんか? ただくさいのではなく、ドブのような不快な臭いを...

歯磨き粉に含まれているフッ素!本当に危険な成分なのか?

現在市販されている、大半の歯磨き粉にはフッ素成分が含まれています。 また、歯科医院では、フッ素...

歯ブラシを使い捨てられる!100均の便利で衛生的な商品!

100均で販売されている「使い捨ての歯ブラシ」を、旅行などで、上手に活用している人もいることでし...

口臭?美白?用途に合わせて歯磨き粉選び!メーカー一覧表

歯磨きをする時には、大体の方は歯磨き粉を使っていると思います。 しかし、皆さんは歯磨き粉をちゃ...

しつこい舌苔除去!舌が白い原因や取れない場合の対処法!

「白い舌苔がなかなか取れなくなってしまった」という方はいませんか? そんな時は、周りの目も気に...

歯ブラシやコップを清潔にしたい!上手に収納する方法とは?

毎日の歯磨きに使用する歯ブラシやコップも、歯の健康を守るためには清潔に保つことが必要です。 そ...

歯ブラシを持ち運びして使うと不衛生?歯ブラシケース選び方

出張が多いお仕事だと、マイ歯ブラシを携帯している方も多いと思います。 ホテルにもありますが、汚...

たっぷりついた舌苔の嫌な臭い!その原因と対策を知ろう!

年齢を重ねていくうちに、気になり始める口の臭い。 特に、飲酒が多かったり、喫煙をしている男性に...

歯ブラシ除菌は「紫外線」が効果あり!その実力とは!?

キラリと輝く健康的な白い歯は、爽やかで素敵ですね。 女性は、思いのほか男性の口元をチェックして...

男性向け歯ブラシ収納術!吊るすのはアリ?役立つアイディア

歯ブラシをどのように収納したり、置いておくかは人それぞれですが、なるべく衛生的に保っておきたいです...

臭い玉を口の中に発見!気になる正体と対処法

疲れが溜まっているとき、口の中、喉の奥に何か詰まっているような違和感を感じて咳ばらいをしたら、白い...

歯ブラシをプレゼントすることは失礼?プレゼントの持つ意味

誕生日や退職祝い、何かに対してのお礼など、プレゼントをする機会は意外とあるものですよね。 その...

歯磨き粉の売れ筋ランキング!ドラッグストアの人気商品は?

歯磨き粉を買う時、なにを基準にして選んでいますか? 男性の場合、家族が買ってきたものをその...

正しい歯ブラシの洗い方!洗剤を使用する方法はアリ?ナシ?

あなたは歯を磨いた後、歯ブラシを洗っていますか? 歯みがき後の歯ブラシは、水洗いをするだけでは...

歯ブラシは雑菌だらけ!?消毒にハイターは使用できる?

毎日使用している歯ブラシ、きちんと消毒または交換されていますか? 実は使用した歯ブラシには、たく...

スポンサーリンク

歯医者で予約をする前に!そもそも歯石とは?

まずは、歯医者で予約をする前に、歯石について知っておきましょう。

歯石は、歯についた老廃物や細菌の塊である「歯垢(プラーク)」が、唾液中のカルシウムなどの成分と結びつき、硬く固まってしまったもの(石灰化)を指します。

石のように固まってしまった歯石は、細菌の温床となり、口臭や歯周病を引き起こすばかりか、最悪の場合、全身疾患へと繋がる恐れもあります。

毎日の歯磨きによって、プラークは取り除くことができるのですが、誰しも全てプラークを取り除くことはできず、どうしてもブラシの届かない歯と歯肉の間では、プラークが溜まりやすく、歯石ができやすくなります。

したがって、最低でも半年に1度、歯医者で歯石を除去するのがベストです。

ただ、仕事が忙しかったりすると、どうしても歯医者に行くことも難しくなってしまい、歯石を自分で除去しようと試みる方もいますが、歯や歯肉を傷つけてしまう可能性もあります。

安全に確実に歯石を除去するには、そのプロである歯医者に行ってもらうのが一番と言えます。

また、それ以外にも、歯医者で歯石を除去してもらうのには、様々なメリットがあります。

次項でご説明していきましょう。

予約した歯医者で歯石を除去しよう!そのメリットは?

歯医者で予約し、歯石を除去してもらうことには、歯の健康を維持していくための多くのメリットがあります。

では、その主なメリットをご説明していきます。

・歯周病予防

歯周病は、歯肉が腫れるなどの炎症が起こる口内疾患です。

それが更に進行すると、歯槽骨(歯を支える土台)が溶け、歯が揺れるだけではなく、歯を抜かなければならない状態になることもあります。

歯周病には、それをもたらす「歯周病菌」が存在し、プラークや歯石をエサに「歯周病菌」は増殖します。

歯石を除去するとこは、口内環境を清潔にさせ、歯周病を防ぐことに繋がります。

・歯茎からの出血を予防

炎症が起こった歯茎には、細菌を含んだ血が溜まり、少しの刺激でも出血しやすくなります。

歯石を除去することで、炎症も次第に治まり、歯茎からの出血も抑えることができます。

・歯石をつきにくくする処置も可能

歯医者での歯石除去では、歯石を付着しにくくする処置をしてもらうこともできます。

歯石の付きやすい歯には、歯の表面に傷があるなどの特徴があり、老廃物や細菌はその傷から侵入します。

それを予防するために、薬剤を使って歯の表面を滑らかに調整していく処置も、歯医者では行えます。

以上が、歯医者で歯石除去をする上での、主なメリットです。

また、歯医者ではドクターや歯科衛生士からのアドバイス、ブラッシング指導(歯磨き指導)も受けることができるので、自分で口内環境を整えていくステップにもなります。

では、実際に、歯医者で予約をする要領をご説明していきます。

歯医者で歯石をとってもらいたい!予約の方法は?

歯医者と言えば、主に虫歯などの治療をするイメージがありますが、歯石除去だけのために通院される方もいます。

もちろん歯石除去の場合でも、きちんと前もっての予約が必要になります。

基本的に予約は電話で行い、その際に新規の患者なのか否かを伝え、歯石除去を希望する旨を伝えましょう。

仮に、予約をせずに、当日に歯石除去を頼んだ場合、どこの歯医者も混雑しているので、ほとんどの場合は断られます。

したがって、歯医者に通える日が分かれば、早ければ早いほど予約は取れやすいので、なるべく早めに予約をしましょう。

また、予約した当日の持ち物としては、保険証、お薬手帳があります。

その他には、歯ブラシの持参をお願いされれば、そちらも持って行きましょう。

では次に、歯石除去の治療と、費用に関してご説明していきます。

歯石を除去する方法とその費用は?

予約した歯医者で歯石除去は、種類としては3つの方法があります。

・スケーリング

歯の表面に付着した歯石、歯周ポケット(歯と歯茎間の溝)の浅い部分に溜まった、プラークや歯石を取り除くものです。

歯石の付着程度も軽く、1度の受診で歯石を取りきることもできますが、現在の歯科治療の保険診療において、1度の受診で歯石除去を終わらせるような、歯石除去のみの治療は認められていません。

したがって、歯周ポケットの深さなどを検査した上で、スケーリングを行い、ブラッシング指導をしていくので、基本的には3~4回の通院が必要になってきます。

保険適応のスケーリングだと、1度の受診で1000円前後で、自由(自費)診療は1回3000~10000円ぐらいになります。

ただし、初診の場合は、初診料と検査料がかかるので、保険適応の場合は3500円程度で見ておいた方がいいでしょう。

・ルートプレーニング

スケーリングでは取りきれない、歯周ポケットの奥に付着した、プラークや歯石を取り除いていくものです。

また、歯の根元の表面を滑らかに整えることで、今後のプラークや歯石を付着しづらくします。

頑固にこびりついているために、1度の受診で取り除くことは困難で、3~6回ほどの通院をする必要があります。

保険診療では、歯1本につき約180~200円、自由診療の場合は、1時間で10000円前後になります。

・フラップ手術(歯肉剥離搔爬術)

歯石が根元深くまでこびり付き、歯周ポケットが5mm以上深い場合に行われます。

通常、歯科衛生士が除去できる範囲は、歯周ポケット5mm以内になり、それ以上深くなってしまうと器具が届かないので、歯肉を切り開く外科手術が必要になります。

このフラップ手術はドクターが行い、麻酔をして歯肉を切り開いた上で、歯石を取り除いていきます。

費用に関しては、保険適応で1本1800円、歯肉歯槽粘膜形成として更に費用がかかるため、保険でも自由診療でも、事前にドクターに聞いておきましょう。

以上が、歯石除去の種類になります。

では、実際に、歯石除去をしていく流れをご説明していきます。

歯医者での歯石除去!その流れを知ろう

まず、予約をした歯医者では、歯石を取り除いていく前に、病気の有無や服用している薬など、歯石を除去するにあたって問題がないかの問診があります。

その問診後、歯石を除去する処置に入っていきます。

流れとしては以下になります。

①虫歯検査

痛みのある歯、虫歯、歯の揺れがないかなど、口内の状態を細かくチェックしていきます。

②歯周病検査

歯周ポケットの深さ、歯茎からの出血を調べていきます。

この際、先端に目盛りが付いている、「プローブ」という器具を使います。

歯周ポケットが深いほど、歯周病の進行度が高いことになります。

③レントゲン検査

口内をレントゲンで撮影し、歯や顎の状態を確認します。

④歯石除去

実際に、専用器具を使った「スケーリング」を行います。

使用する器具は、手動で除去する「ハンドスケーラー」、超音波で歯石を除去し、水で洗い流す「超音波スケーラー」などがあります。

また、歯周ポケットが更に深く、歯周病が進んでいる場合は、先に述べた「ルートプレーニング」を行っていきます。

以上が、大まかな歯石除去の流れです。

大体のイメージはついたのではないでしょうか。

歯をいじられることは少し怖いですが、処置してくれるのはプロの衛生士なので、安心して歯石除去を受けましょう。

口内で歯石を作らせないために!その予防方法

これまで、歯石の正体、歯石除去の方法やその流れなどをご説明してきました。

予約した歯医者で歯石を取り除いても、数ヶ月かすると、また歯石が付着してしまうこともあります。

そこで、できるだけ歯石をつくらせない、歯石の予防方法をご紹介していきます。

プラークが石灰化して歯石になるまでには、おおよそ48時間かかると言われています。

また、歯石の原因であるプラークが口内で作られるのは24時間ごとです。

したがって、24時間ごとにプラークを取り除くことができれば、歯石も予防できることになります。

歯石は、歯磨きで取り除くことはできませんが、プラークは除去することができます。

そして、更に歯磨きでのプラーク除去を効率良くするために、デンタルフロスとの併用がおすすめされています。

歯ブラシだけでのプラーク除去率は、おおよそ6割ほどですが、デンタルフロスを併用することで、8割まで高めることができるのです。

歯医者でも口腔ケアの指導を受けることができるので、それも踏まえて歯石予防をしていきましょう。

歯周病になる前に歯医者に行こう

歯医者で歯石を取り除くことは、歯周病を予防するだけではなく、口内ケアに対する意識の向上にも繋がります。

仕事などで忙しかったりすると、なかなか歯医者に受診できずに、先送りになってしまいがちですが、今は土日でも診療をしている歯医者もあります。

いずれにしても、歯に付着した歯石を自分で除去するのは困難なので、できるかぎり歯医者を受診することがベターと言えます。

 - 口臭の悩み