SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

クセ毛対策!汗で前髪がうねるときのセット方法と対処法

2018.8.2

家を出てすぐに前髪がうねって、セットが崩れてしまうことありませんか?

特に梅雨時期のじめじめしたときや、汗をたくさんかくような暑い時期は、前髪がうねりやすくなります。

今回はクセ毛男子に向けて、崩れにくい髪型のセット方法や、うねる前髪の対処法についてご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

前髪切りすぎた!あきらかに変な場合の対処法【男性向け】

「前髪切りすぎた」という歌を歌っている、可愛らしいモデル兼歌手の方がいますが、この頃は女性の間で...

髪の毛の細胞は死んでるの?髪の毛のメカニズムを知ろう!

髪の毛のケアは、特に女性の方達にとって、日々心掛けていることですよね。 よくテレビのCMな...

ヘアカラー後のシャンプーで翌日の朝に枕が染まる恐れあり?

「ヘアカラーをした日には、シャンプーをしないほうがいい」 このようなことを、美容師からいわれた...

白髪は紫に染まるの?パープルヘアになってしまう理由

上品なマダムが白髪を紫に染めているのを、見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 徐々に減...

前髪がベタつく!そんな時にはベビーパウダーが有効?!

なんだか、前髪がベタつくという方はいませんか? 最近では、そんな悩みを解決する、ベビーパウダー...

髪型で悩んだら断然ショート!30代は清潔感と落ち着きが大切

髪型で悩むことはありませんか? 30代に突入すると、20代のヘアスタイルのまま、というわけにも...

前髪のベタつきを解消したい!ベビーパウダーが効果的?

仕事で外回りなどして、半日過ぎると「前髪がベタついている」なんて経験はありませんか? 多くの男...

髪の毛から大量のフケが!気になるフケを取る方法って?

髪の毛から落ちてくるフケや、頭皮から剥がれてくる大きなフケ。 特に乾燥している時期は、フケに悩...

白髪を染めないメリットとは?途中でやめる方法もご紹介!

白髪を染めるべきか、染めないべきかで悩むのは、男性も同じですよね。 最近では、白髪染めを途中で...

髪の毛のベタベタは直すことができる!対処法を伝授!

髪の毛がベタベタしてしまうことに悩んでいる男性、実は多いのではないでしょうか。 髪の毛がベタベ...

うねりが頑固な前髪の産毛!くせ毛の予防と対策を知ろう!

髪の毛をスタイリングするとき、前髪のくせ毛に時間をとられて、なかなかセットできない男性は多いので...

髪型を変えたい!!大人の男は清潔感を忘れてはならない!

髪が伸びてスタイリングがうまく決まらなくなってきたときなど、髪型を変えたいと思う男性もいるでしょ...

白髪を染めたくない!40代から考える白髪を活かす方法

40代になると、若かったころには見られなかった白髪がどんどん増える年齢になってきます。 白髪は...

ドライヤーで薄毛対策!冷風や風量の強さは重要なの?

薄毛になってしまう原因は様々ありますが、その1つにドライヤーがあることをご存知でしょうか? ド...

大切なのは髪の毛の洗い方!サラサラヘアを手に入れる方法!

サラサラの髪の毛は女性だけでなく、男性であっても魅力的な要素のひとつです。 最近では若手俳優の...

スポンサーリンク

汗で前髪がうねる!ドライヤーを使ったセット方法

もともと髪の毛にクセがある人は、湿気が多い梅雨の時期や汗をかきやすい夏には、前髪のセットが崩れてしまうことがあると思います。

クセ毛体質の男性が前髪のセットをキープするためには、きちんとしたベース作りをすることが重要です。

そこでまずは、クセ毛男子に向けて、うねる前髪のセット方法をご紹介していきます。

●ドライヤー

ドライヤーは濡れた髪の毛を乾かすためだけに使用している人も多くいらっしゃいますが、使い方によってはセットのベース作りにもなりますので、活用しましょう。

まず、自分がなりたい髪型にセットするために、前髪に水分を与えましょう。

前髪を全体的に濡らしたら、根元を引っ張りながら乾かします。

このとき、膨らむクセを抑えたい場合は下方向に引っ張りながら乾かし、反対に立たせたい場合は上方向に引っ張りながら乾かしましょう。

クセが強い方は、時間をかけて髪にドライヤーの熱を当ててください。

また、ドライヤーを使用する上で重要なポイントがあります。

それは「冷風機能」を使用するということです。

温風でしっかりとクセを伸ばしてから冷風で冷やし固めることで、髪の毛にセットした形が定着します。

ドライヤーのほとんどに冷風機能がついていますが、活用している方はあまりいません。

冷風機能を使用した場合としない場合では、前髪をセットしたときの持ちに違いが出ますから、ぜひとも冷風機能を活用してください。

ドライヤーを使ったベース作りが完了したら、いつも通りワックスやスプレーを使ってセット完了です。

汗でうねる前髪も一発でストレート!アイロン編

続いて、アイロンを使用したうねる前髪の対策法をご紹介していきます。

アイロンというと女性が使用するイメージが強い方も多いと思いますが、セットに活用している男性も多いのです。

家電量販店でも2000円程度の比較的安価で手に入れることができますし、なんといってもクセ毛を簡単にストレートにできる手軽さが魅力です。

ただしアイロンは、クセを簡単にストレートにできるメリットがある反面、髪の毛へのダメージは大きいです。

長時間の使用や頻繁な使用をしていると、髪の毛が傷んでボロボロになるリスクがあります。

このようなリスクを避けるためにも、アイロンを使ってセットする方はトリートメント剤を使用するようにして、髪の毛を保護しましょう。

また、温度はなるべく高めの設定にした方がクセは取れやすくセットも持続しやすくはなりますが、髪の毛にも多大なダメージを与えてしまうことになりますので、150度~180度くらいを目安に使ってみましょう。

アイロンで前髪を挟むときには、毛量が多すぎるときれいにストレートにすることができません。

そのため、少しずつ挟んで伸ばしていきます。

きれいに伸ばすことができたら、ワックスやスプレーで固定しましょう。

汗をかきやすい夏場でも、前髪をしっかりと伸ばすことで断然キープされやすくなります。

毎回前髪セットがめんどくさい!そんな男性は縮毛矯正がおすすめ

縮毛矯正は、薬剤を使用して髪の毛を真っ直ぐにしますから、持続性があります。

毎日のセットが面倒と感じている男性におすすめの方法です。

縮毛矯正の値段は、15,000円~20,000円ほどが相場のようですが、前髪などの部分的な縮毛矯正の場合は4,000円~6,000円程度でかけることができます。

縮毛矯正をかけた髪の毛は、半永久的にストレートが持続することになりますので、雨が降ったとしても汗をかいたとしても、前髪がうねることはありません。

ただし、伸びてきた髪の毛は当然クセ毛になりますので、ストレートを維持したい方は3~6ヶ月のペースで縮毛矯正をかける必要があります。

「汗をかくとどうしてもセットが崩れやすい」というお悩みを持つ男性は、思い切って縮毛矯正をかけてみてもいいかもしれませんね。

うねる前髪を活かしたスタイリング法

うねる前髪に悩んでいる男性は多いようです。

しかし、現在ではそのうねりを活かしたスタイリング術も多く見かけます。

セットする手間もなく、ご自分のクセを活かせたらいいと思いませんか?

ここでは、クセ毛を活かしたスタイリング方法についてご紹介します。

●前髪をアップしたセット方法

前髪が短い男性は、アップヘアにしてセットしてみてはいかがでしょうか。

クセ毛の方は、前髪を上げやすいことが多いので、挑戦してみる価値はあると思います。

また、汗をかいたとしても、前髪が汗に触れにくくなるため、セットも崩れにくいスタイリング法といえるでしょう。

●パーマ風

前髪だけでなく全体にうねりがある方は、あえてパーマっぽくセットする方法がおすすめです。

おしゃれ上級者に見せるために、ジェルなどのスタイリング剤を使用してウェット風にしてみましょう。

●ツーブロック

ツーブロックにすることで、髪の毛のうねりが目立たなくなります。

さらに前髪はアップヘアにすることで、うねりもほとんど気にならなくなります。

前髪をアップヘアにするときに使用するスタイリング剤でおすすめなのは、「ハード系ワックス+スプレー」です。

ダウンスタイルやパーマ風にしたい場合は「ジェルやムース」がよいでしょう。

それぞれの髪型に合わせて、スタイリング剤も使い分けましょう。

うねる髪の毛はヘアケア商品で改善する

髪の毛全体にうねりが見られる場合もあれば、前髪のみうねるという男性もいるでしょう。

そして、このうねりは遺伝的なものが原因なのか、それともダメージによるものなのかはそれぞれ人によって異なります。

遺伝的な問題で髪の毛がうねる場合、ヘアケア商品で改善することは難しいのですが、ダメージによってうねりがある場合は、改善する余地があります。

実はうねりというものは、年齢を重ねるごとに強くなる傾向にあります。

この理由は、長年のパーマやカラーリングにより頭皮にダメージがかかり、毛穴が歪んでしまうためです。

また、皮膚のたるみや皮脂分泌の低下なども、毛穴が歪む原因になります。

毛穴が歪むと、髪の毛は真っ直ぐ生えることができず、うねった状態になります。

ただし、先ほどもいったとおり、このようなタイプはヘアケアで改善することができます。

クセ毛用のヘアケア商品は、補修力が高く髪の毛や頭皮に潤いを与え、頭皮環境を整えます。

頭皮の環境がよくなると、髪の毛のうねり改善にも効果があります。

髪の毛のケアをするときは、頭皮マッサージなどの頭皮ケアも同時に行うとよいでしょう。

では最後になりますが、汗をかきにくくする方法についてご紹介します。

額からでる汗を抑制する方法は?

これまで主に、前髪の崩れにくいセット方法についてご紹介してきました。

最後に、額から出る汗を抑える方法をご紹介します。

前髪が汗でうねるという方は、こちらの方法も試してみてくださいね。

●顔用制汗剤

顔用の制汗剤には様々なものがありますが、ここでおすすめする商品は「サラフェ」です。

サラフェは、日本製で唯一のジェルタイプの制汗剤です。

サラフェの強みは、肌荒れしにくいという点です。

顔用制汗剤のほとんどには、塩化アルミニウムという成分が含まれていて、この成分の効能で汗を止めています。

しかし、塩化アルミニウムは刺激が強く、肌荒れを引き起こしやすいという問題があるのです。

その点、サラフェは塩化アルミニウムが含まれていない顔用制汗剤です。

顔に使用できるように開発されたので、肌にやさしい成分配合であり、安心して使用することができます。

顔に汗をかきやすく前髪がうねりやすい方は、その都度塗り直すこともできますから、この手軽さもおすすめの理由です。

●血管を冷やす

血管は全身をめぐっているため、太い血管を冷やすことで効率的に身体の熱を冷やす効果があります。

顔の汗を抑えたいときは、首のうしろやわきの下、コメカミと耳の間を冷やすと効果的です。

冷感スカーフや冷えピタなどは、首周りにつけるとひんやりして気持ちよく汗を抑えるこができ、手軽に使えるのでおすすめです。

前髪のうねりは改善できる

前髪がすぐうねってしまう事にお悩みの場合にも、ちょっとした工夫をすることで改善することができます。

面倒と思わず、少しの手間をかけて前髪のベースを作るようにしてみましょう。

どうしても汗でうねってしまう、という方は前髪だけ縮毛矯正かけたり、顔用制汗剤なども使用していくといいと思います。

 - 髪の悩み