体毛を薄くするにはサプリが良い?効果を実感しやすい方法は

ご自身の体毛の濃さに悩みを抱えている方は少なくありません。

体毛を薄くするには、どのような方法がよいのでしょうか。

例えば、高額な費用をかけてサロンで体毛を薄くする方法がありますが、手軽さからほど遠く躊躇してしまいがちです。

そんなとき、サプリのように飲むだけで解決できるような方法があれば、手軽で続けられるでしょう。

しかし、体毛をサプリで薄くすることは可能なのでしょうか。

本記事では、サプリで体毛を薄くできるかに関してお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

足の臭い問題を重曹で根こそぎ解決!靴の悪臭対策でスッキリ

「足の臭いがとれず、コンプレックスになってしまっている…」「臭さに気づかれるのが心配で、人前で靴...

濃いすね毛に悩む男性へ!仕上がり別のお手入れ方法教えます

肉食メインの食生活、生活習慣の乱れ、強いストレスなど何らかの理由で、男性ホルモンが過剰分泌された場合...

汗をかくほどカロリーが消費できる!?汗とカロリーの関係

汗をかけばかくほど、カロリーが消費されるイメージありませんか?「夏などに暑くて出る汗は、カロリー...

すね毛の剃り方知ってる?男もツルスベな脚を手に入れよう!

男性らしさを象徴とするすね毛も、量が多かったり、毛が濃かったりすると気になりますよね。夏場などは...

臭い玉を口の中に発見!気になる正体と対処法

疲れが溜まっているとき、口の中、喉の奥に何か詰まっているような違和感を感じて咳ばらいをしたら、白い小...

すね毛を違和感なくカットしたいメンズ必見!その方法は?

男性の方も、ときにはすね毛の状態が気になってしまうことがあるかと思います。女性からも「メンズもす...

「メンズスキンケア」ランキング!20代からの美肌対策!

キレイな肌は男女問わず、人に好印象を与えるものです。肌のキレイさは、仕事やプライベートなど色々な...

洋服についた汗の黄ばみは自宅クリーニングでも取れる!?

暑い時期は、汗じみが気になりますね。汗じみを放置しておくと、黄ばみの原因にもなります。洋服に...

顎が細い理由とは?男性で悩んでいる方は髪型でカバー!

最近では「顎が細い」という方が、男性女性共にどんどん増加しています。実はこれには「ある理由」があ...

エラ張り顔さん必見!エラの筋肉マッサージで小顔になろう!

エラが張っていることが悩みの種の男性も多いでしょう。エラ張り顔は残念なことに、顔が大きく見えます...

汗をかくと洋服が白くなるのはなぜ?改善策と対処法

夏の暑い時期や運動をした後には汗をかきますよね。汗をかいた後に、ふと洋服を見ると、白っぽいシミの...

清潔不潔の区別はどこでしてるの?基準を知って清潔男子に!

人に会ったときに、パッと感じる印象は誰しもありますよね。その中には、「清潔そうだな」や「何となく...

皮膚は水分とタンパク質で組成!仕組みを知って美肌男子へ!

近年は、入念な素肌ケアに抜かりの無いお洒落美容男子も急増中です。このケア対象となる皮膚について、...

スクラブを手作りしてみよう!重曹で毛穴汚れがスッキリ

今注目されているスキンケアのひとつとしてスクラブがあります。お店やインターネットでスクラブを購入...

小鼻の産毛の処理方法を知って黒ずみ毛穴を改善しよう!

いつの間にか小鼻の毛穴が黒ずみを引き起こしていて毛穴を強調しているとなると、どうにかしたいものですよ...

スポンサーリンク

体毛を薄くしたい!サプリで薄くできる!?

そもそも、なぜ体毛が生えるかに関してお伝えします。

人間は男女問わず、ムダ毛を増やし濃くする男性ホルモンがあり、薄い濃い問わず体毛が生えます。

同じ男性ホルモンを持つ女性がなぜ男性よりムダ毛が薄いかは、男性ホルモンより女性ホルモンが多いためです。

女性ホルモンはムダ毛を抑制する効果があるため、女性のムダ毛は薄く目立たないのです。

男性でも、女性ホルモンを多少増やすことで、毛を薄くすることはできます。

抑毛効果のあると評判のサプリの多くが、女性ホルモンに似た成分や、女性ホルモンの動きを活発させるものが中心です。

本記事は、女性ホルモンに近い成分、または、それを促進する成分を含むサプリの種類に関してご紹介します。

女性ホルモンに似てる!?体毛を薄くする大豆成分サプリ

体毛を薄くするサプリで有名なものの一つに、イソフラボンのサプリがあります。

ご存知の通り、大豆に含まれている成分です。

イソフラボンは血液をサラサラにするなど、現代病対策で有名な成分の一つです。

飲みやすく調整された豆乳や、DHCのイソフラボンサプリなどで手軽に摂取できます。

この成分が体毛を薄くできる理由は、同成分は腸内に入るとエクオールに変換されるからです。

エクオールとは女性ホルモンによく似た構造の成分で、女性ホルモンの働きのように、体毛を薄くします。

前述の通り摂取は手軽で、イソフラボンを摂取していることが周囲に知られても、その知名度の高さから「健康を意識している」といった印象を与えるでしょう。

しかし、イソフラボンの摂取で、必ずしも体毛を薄くできるとは限りません。

イソフラボンをエクオールに変換できるのは、腸内に変換機能を持つ「エクオール産生菌」があるからです。

この菌が腸内に存在し、変換される体質を持つ日本人は約4割ほどです。

エクオールに変換できるかを調べるには、産婦人科あるいは簡易キットで調べられますが、男性でこの手法は難しいでしょう。

・十分な睡眠時間を確保している
・定期的に適度な運動をしている
・大豆製品を食生活に取り入れている

上記のような習慣がある方の腸内に、エクオール産生菌が存在していると言われています。

筆者もイソフラボンや豆乳、納豆をよく摂取しますが、若干毛の成長が遅くなる以外、即効性は実感できませんでした。

サプリによる作用は個人差や、エクオール産生菌があるかによって左右されるのでしょう。

次は、女性に人気な果物のサプリに関してご紹介します。

果物を使った体毛を薄くするサプリ

ザクロはポリフェノールやクエン酸を豊富に含み、生活習慣病の対策として重宝されます。

特にザクロは女性に人気です。

それはザクロの種もまた、女性ホルモンによく似た構造をした物質が含まれているため、女性ホルモンと同じ効果が期待できるからです。

そのため、ザクロの成分を含んだサプリが、体毛を薄くするサプリとしても注目されています。

この成分を手軽に摂取できるのは、ジュースかサプリです。

効果に関してですが、こちらも男女問わず、必ず効果があるとは限りません。

様々な商品の口コミや、ブログの記事では、効果があるまたはないと書かれた内容が散見しています。

筆者もザクロサプリを2カ月ほど試しましたが、イソフラボンサプリ同様、即効性を感じることができませんでした。

つまり、イソフラボンサプリと同様に、効果に個人差があると言えるでしょう。

女性ホルモンを目覚めさせて体毛を薄くするサプリ

体毛を薄くするサプリとして、プエラリアミリフィカはご存知でしょうか。

プエラリアミリフィカはイソフラボンと女性ホルモンを活性化させる成分、ミロエストロールが含まれています。

女性ホルモンは男性にも存在します。

一方、男性が女性ホルモンを生成することがあり、その女性ホルモンを活発化させる成分です。

こちらのサプリも、ネット上で効果があるないなどの口コミがありますが、比較的に「効果を実感した」方が多いようです。

筆者も半年以上、プエラリアミリフィカを試しましたが、こちらもあまり変化を感じることができず、脱毛サロンに通い始めました。

この方法に関しても、作用に個人差があり、簡単に効果を得られるというわけでは無さそうです。

ここまで、サプリに関してご紹介してきましたが、サプリでは簡単に体毛を薄くすることは困難と言えるでしょう。

詳細は後述しますが、女性ホルモンを促進したり、よく似た成分を摂取できる一方、知らないうちに男性ホルモンの動きを促進する物質を摂取、あるいは習慣づいているので、どうしても効果が実感しにくいのです。

またサプリは、高価なもので1カ月分4千円以上する商品があります。

もし、筆者がサプリのように飲むだけで体毛を薄くしたいと考えた場合、個人輸入業者からホルモン剤を購入し飲んでいることでしょう。

プレマリンなどの女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤の摂取で、剛毛な人でもようやく薄くさせることができます。

中には4千円以上する商品があり、効果はサプリの比ではありません。

デメリットとして、これらの方法は副作用がある他、肝機能を著しく下げ、精神状態にも支障を来します。

効果が期待できる半面、リスクを伴うということです。

ここまで触れてきたことからわかるように、サプリで体毛を薄くすることは困難です。

次項から、薬やサプリ以外で体毛を薄くする方法をお伝えします。

体毛を薄くする方法で、サプリ以外のものは?

前項まで、サプリを用いることで体毛を薄くする方法について触れてきました。

サプリ以外で効果的な方法として、抑毛剤や家庭用脱毛機器が挙げられます。

抑毛剤を薄くしたい部分に塗ると、体毛が弱り薄くなります。

初めて使用する場合、肌が荒れないかを確認するため、目立たない部分で試しましょう。

家庭用脱毛機器は、脱毛と謳っていますが、実際は剛毛な男性でも半年から1年前後使って、ようやく薄くなり生えるスピードが遅くなる商品で、即効性があるとは限りません。

家庭用脱毛機器は効果範囲の広い光と、狭いものの効果が高いレーザーがあります。

筆者は、一度の効果範囲がレーザーより広い光を選んでいます。

自分で処理する場合、範囲の広いほうが作業の面で効率的なため、より長く続けられます。

この方法でも効果が実感できない場合は、脱毛サロンや医療脱毛で体毛を薄くするしかありません。

抑毛剤や家庭用脱毛機器であれば、手軽にできる上、その効果の期待値が高いと言えるでしょう。

また、筆者は脱毛サロンを受けた経験があります。

効果は確かですが、費用は何十万のローンを3年間支払うほど高いため、経済面で手軽と言うには難しいでしょう。

体毛を薄くしたい!サプリや脱毛で注意すること!

ここまでサプリを始め、様々な方法で毛を薄くする方法を挙げましたが、やはり、男性ホルモンの影響は無視できません。

男性ホルモンのムダ毛促進作用は、個人差にもよりますが相当なものです。

例えばニードル脱毛という、一度施術を施した部分から、簡単にムダ毛が生えないようにする脱毛方法がありますが、その方法を行っても男性ホルモンの作用で再び生えることがあります。

男性ホルモンは摂取した物質の影響や、競争心やトレーニングで活発化します。

摂取すると男性ホルモンが増える食品は、乳製品やニンニク、ネギ、肉、アーモンドなどが挙げられます。

含まれている亜鉛などが、男性ホルモンの一種、テストステロンの生産を促進させます。

亜鉛は元来人間に必要な栄養なため、摂取する必要がありますが、過剰に摂取すると体毛の成長につながりますので、先ほどの食品は食べ過ぎずに程よく摂取しましょう。

また、気になる毛をピンセットでつい抜いていませんでしょうか?

抜くと毛細血管に傷をつけてしまい、さらに濃い毛を作ります。

体でよく触れたり、摩擦が生じる部分も濃い体毛が生える原因になります。

体毛を薄くするには

サプリの体毛を薄くする方法の多くは、ホルモンの作用を狙ったものが大半です。

サプリの効果は医薬品などと比べ効果は薄く、摂取することで肝機能の異常を来たす場合があります。

さらに、男性ホルモンは自身の生活や習慣で増えたり、その勢いを増します。

より安全に体毛を薄くしたいのであれば、抑毛剤や家庭用脱毛機器を試してみましょう。

それでも満足いく効果を実感できない場合は、医療脱毛や脱毛サロンなどの手段も選択肢の一つとしてお考えになってみてください。