もてる男の基準にもなる清潔と不潔!果たしてその概念とは?

「〇〇さんって清潔感があって素敵!」

「××さんは不潔っぽくて無理!」

こういった言葉をちまたの女性たちからよく耳にする男性も多いのではないでしょうか。

この言葉に戦々恐々、一喜一憂する男性はそれぞれです。

しかし、この「清潔」「不潔」それぞれの概念とは一体どのようなものを言うのでしょうか?

今回この「清潔」「不潔」の概念、更には清潔感を身に付ける方法まで掘り下げていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小鼻の産毛で悩む男性へ!正しいムダ毛処理で目指せ毛穴レス

鼻の中でも、特に小鼻の産毛が気になることはありませんか。鼻という顔のパーツはどうしても目立ってし...

過度な鼻毛処理を行うと鼻水が止まらなくなるかも!?

男性の方で定期的に鼻毛処理を施している方は多いでしょうが、処理後に鼻水がおさまらなくなったなんて経験...

テカってしまう皮脂が多い鼻!テカらないようにする方法は?

鏡で自分の顔を見た時、皮脂でテカっている顔を気にした事、ありませんか?特に、脂でギトギトになって...

自宅でできるエラをなくす簡単マッサージをご紹介!

エラは遺伝によるもので、なくすことなんてできないと言われがちですが、必ずしもそうとは限りません。...

鼻毛の持つ役割や伸びる原因は?適切な処理方法を学ぼう!

鼻毛の処理は、清潔な男性を印象付けるための最低限の身だしなみです。大事な商談や大切な人との食事の...

彼女に美容グッズをプレゼント!家電製品でおすすめなのは?

誕生日や記念日などに、彼女へあげるプレゼントで悩んでいるのなら、美容グッズもおすすめです。少し奮...

フットスクラブの正しい使い方!足の角質をツルツルにしよう

足の角質が硬くガサガサしていたり、足のニオイに悩まれている方いらっしゃいませんか?そんなとき、フ...

lushの洗顔料でツルツル肌へ!男性におすすめのタイプは?

最近は、男性でも「自分の肌をキレイに見せたい!」と思う方が増えています。しかし、男性は皮脂が多い...

加齢臭に効果あり!おすすめの洗剤と柔軟剤をご紹介

年齢を重ねるごとに気になってくるのが「加齢臭」ですね。加齢臭は40代あたりから目立ち始めますが、...

目の下のクマやくすみを消すためには?原因と対策について

目の下にクマやくすみがあると、疲れて見えたり老けて見えたりとマイナスなイメージをもたれてしまいますね...

制汗剤でも顔に使えるタイプは?ドラッグストアで見つかる?

街の薬局やドラッグストアには、今や多くの種類の制汗剤が売られていますよね。しかし、そのほとんどが...

面白いほど角質がよく取れる!男性用かかとパックはいかが?

かかとがガチガチに硬くなってしまっている男性はいらっしゃいませんか?かかとの角質は硬くなったりひ...

睡眠不足を解消しないと起きる睡眠負債!影響する期間は?

仕事で忙しい毎日を送っている男性が多い中、慢性的な睡眠不足に陥っている方も多いのではないでしょうか。...

お腹にたまった贅肉を自宅でマッサージをしながら落とす方法

「お腹に贅肉がつくのは簡単なのに、落とそうと思っても、なかなか落ちなくて困る」という話をよく耳にしま...

体毛は処理するべきなの!?イマドキ男性のムダ毛事情とは

体毛を処理することは、現代においては女性だけが行うものという認識ではなくなっていることをご存知ですか...

スポンサーリンク

女性が惹かれる男は「清潔感」反対に嫌われるのは「不潔な人」

女性に聞いた「魅力的と感じる男性は?」という質問に対する回答で圧倒的に指示を集めるのが、いつの時代でも「清潔感のある男性」であります。

これには、「身だしなみ」も含まれていますが、やはり清らかな男性は好感を持たれるようです。

反対に「嫌いな男性は?」という質問には、「不潔な人」という回答が断トツになります。

これらの結果から分かるように、ほとんどの女性は男性に対して、「清潔感があるか」「不潔っぽく見えるか」でその好感度が随分と変わってしまうようです。

当然と言えば当然ですよね。

反対の立場でも同様の答えが出て来るでしょうから。

清潔感のある女性は輝いて見えますし、不潔っぽい感じがする女性はどんなに美人でも引いてしまいます。

しかし、この女性の男性に対する好みの概念は、考えようによってはチャンスでもありますよね。

生まれ持った顔かたち、身長などを変えることは難しいですが、清潔感は心掛け次第で身に付けることができます。

清潔感はイケメン男子に必須です。

清潔感を身につけるだけでスペックの高さを引き出します。

清潔、不潔とは?またその概念は?

では、ここで「清潔」「不潔」とは一体どのようなことを指すのか?

またその概念について考えていきます。

まず「清潔」を調べるとたいていの場合、

【汚れていない 綺麗なこと またそのさま、様子】

【人柄、人格や行動、生活態度が正しく、嘘偽りがないこと またそのさま、様子】

というような内容になるかと思います。

次に「不潔」を調べるとたいていの場合

【衛生的でないこと 汚れていて汚いこと またそのさま、様子】

【みだらで汚らわしいこと 道徳的でないこと またそのさま、様子】

というような内容になるかと思います。

上記が一般的に通じる「清潔」と「不潔」の意味するところ、概念になるでしょう。

では、これが人のイメージを形容する「清潔感がある」と「不潔っぽい」になるとその概念はどうでしょうか?

こうなると、いささか事情は変わってきます。

実際には、とても綺麗好きなのに、その見た目や行動から「不潔っぽい」と感じられてしまうこともあるでしょうし、またその反対もあり得るでしょう。

前項でもお伝えしましたが、この「清潔感がある」と「不潔っぽい」は意図的に操作することが可能です。

「清潔感」のあるおしゃれ男子を目指しましょう。

清潔感の概念は「清潔」ではなく「好感」

実は清潔感というのは、実際の清潔度合よりも「好感」というものに近いのです。

女性の好む「清潔感」この概念を一言で表すなら、清潔ではなく「好感」です。

毎朝シャンプーや洗顔をきちんとしているが、鼻毛が出ている。

果たして、このきれい好きな男性に女性は清潔感を覚えるでしょうか?

こたえは「NO」です。

これは女性に限ったことではありませんが、「清潔感」を与えるには清潔なだけではなく「好感」を与えなくてはなりません。

もちろん、ズバリ不潔というのはもってのほかですよ。

不潔でない・清潔であることは、あくまでも清潔感を与えるための前提条件であるということになります。

では、清潔感を与えるポイントはどこにあるのでしょうか。

次がざっとあげられるポイントになります。

【身だしなみ】

・髪の毛、髭、肌、口(口臭)、爪、体臭

・服装、靴及び靴下

【言動】

・姿勢、言葉使い、食事マナー、振る舞い仕草

これらは、最低限心得ておきたいものです。

また、更に追求をすれば、

【持ち物】

・鞄、時計

などにも注意したいですね。

概念無視!女性が男性に感じる清潔感の特徴とは

それでは、具体的に女性が男性に感じる清潔感の特徴をあげてみましょう。

ここでは、前述したように「清潔」という概念ではなく「好感」という概念に置き換えられています。

【お肌が綺麗】

この「お肌がきれい」は相手に清潔感を与えるうえでは最も効果的でしょう。

お肌を綺麗に整えると、清潔感のイメージが圧倒的に良くなります。

【爽やかな髪型】

これは、ロングが駄目というわけではありません。

自分にあった髪型という意味です。

ただ、やはりショートヘアの方が支持率は高いようです。

【ヒゲが薄い】

男の象徴となる髭ですが、女性受けはなかなか難しいようです。

剃るのが一番ですが、こだわりがあれば整えた髭にしましょう。

【香り】

これは諸刃の剣となるのですが、香水は賛否が分かれます。

もちろん、きつい匂いは嫌われてしまいます。

お肌ケアと同時に肌クリームでほのかな香り付けができます。

【爽やか笑顔】

この笑顔も強力な武器になります。

内面からあふれ出す爽やかさは笑顔に表れます。

【靴を磨く】

おしゃれは足元にあり!

もちろん、シャツやパンツなどの服装も大切です。

しかし、見落としがちな靴のケアは必須項目です。

【スマートな言動】

これはその人のキャラクターなどにより異なるので一概には言えないのですが、最低限のマナーは守りましょう。

特にお店に入った際には、店員さんへの接し方などに表れます。

食事も、箸がきちんと持てていないとか、音を立てて食べるなどの行為は嫌われる要因となり得ます。

これら以外にも何でも着こなせる「整った体型」なども挙げられますが、清潔感とかけ離れているので省きます。

ただし、太っていて汗をダラダラとかくなどは、不潔っぽく見られてしまうかもしれませんね。

反対に女性が男性に感じる不潔っぽさの特徴とその概念

前述で清潔感の概念には「好感」があると伝えました。

では、不潔っぽさは置き換えるとどうなるのでしょうか。

「好感が持てない」と表現してしまえばそれまでですが、そこには「近づきたくない」「生理的に無理」というシビアなニュアンスも含まれてしまいます。

おしゃれ男子にとっては清潔感以前に、不潔っぽさには特に気を付けなくてはならないようです。

では、実際に女性はどのような男性に不潔っぽさを感じるのでしょう。

まさに前述の清潔感の反対を指しますが、具体的には以下のようになるようです。

【いつも同じ服を着ている】

毎回会う度に同じ服を着ていると、洗濯をしていないというイメージを持たれてしまいます。

例え汚れていなくても、服はその都度変えておきましょう。

【食べ方が汚い】

前項の清潔感でも出てきましたが、こちらでも登場します。

確かに一緒に食事をしていてクチャクチャ音を立てられると不快感を覚えますよね。

食べ方に対して、女性は特にシビアに見ているようです。

食事の際は油断していつもの癖が出てしまいますので、普段から気をつけましょう。

【整理整頓がなっていない】

職場のデスクや鞄の中、ふと目にした瞬間に幻滅されるなんてことが無いように、整理整頓は日頃から心掛けましょう。

【ハンカチを持たない】

トイレから出てきてパンツで手を拭く彼を見てガッカリ!

そんなことにも注意しましょう。

これ以外にも「髪がボサボサ」「臭い」「汗」など様々な要因があるようです。

おしゃれ男子を目指す方は気を付けましょうね。

不潔っぽさとはさようなら「清潔感」を身に付けよう

最後のこの項目では、身だしなみ(服装)についてご説明していきましょう。

・服のセレクト力とコーディネート力

・服のサイズ感と着こなし感

・清潔な服

この3つを抑えておけば、清潔感効果としてはまずまず大丈夫でしょう。

上着で考えますと、デニム生地やミリタリーなどのラフなものより、スーツジャケットのようなものの方が清潔感が出しやすくなります。

シャツもドレスシャツなどの方が、ネルシャツなどよりも清潔感が出ます。

パンツもジーンズなどのラフなものより、スラックススタイルの方が清潔感としては良いでしょう。

また、サイズ感・着こなし感も大切です。

折角、素敵な服装を揃えてもサイズ感が良くなかったり、着こなせていなかったりすると全て水の泡となってしまいます。

細身のシルエットで必要以上にオーバーにならないように気を付けましょう。

また、ボタンを必要以上にオープンにするなどのだらしない着こなしは、不潔っぽくなります。

そして服の汚れもチェックしましょう。

フケや埃などはついていませんか?

服の汚れ、摩耗などは大丈夫ですか?

シャツの襟や袖、脇染みは特に注意が必要です。

シワシワになっていませんか?

こまめなアイロン掛けが必要です。

靴は汚れていませんか?

靴底・カカトのすり減りは大丈夫ですか?

臭い対策は大丈夫ですか?

これらが清潔感を保つ最低限のチェックポイントとなります。

セルフチェックで確かめてください。

ただし、あまりにも清潔感の概念にとらわれ過ぎると、個性的なおしゃれとは縁遠くなりますので、そのさじ加減もお忘れなく。

清潔感を身に付けたおしゃれ男子は一目置かれる!

今回は、清潔と不潔の概念とおしゃれとの関係について説明して参りました。

多少なりとも有益な情報としてお伝えすることができたでしょうか?

社会の一員として生活をする上では、やはり清潔感はある程度は必要になりますね。

この清潔感を身に付けて、決して「不潔っぽい」とは思わせない、素敵なおしゃれ男子を目指してみましょう。