今の眉毛に不満?その位置等を変えたいとお悩みの男性必見!

ご自身の顔の印象を気にされている男性は、かなり多くいらっしゃるようです。

「のっぺりとしている」「怖い印象を与えている」「清潔感が感じられない」などお悩みは人それぞれですが、実は眉毛にもその対処ポイントが潜んでいることをご存知でしょうか?

眉を整えたい、眉毛の位置を変えたい・調整したい、そんなお悩みはポイントを掴めば対処できます。

まずは実践、眉を整えてイケメン顔に変身してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メンズ美容家電で自分磨き!5000円前後で買えるおすすめ商品

男だって自分磨きしたい!そう思うのは、自然なことです。女性にモテる目的であったり、自分に自信...

眉毛の角度でイメチェン!自眉を変えたい時に気をつけること

「自然だけどボサボサじゃなくて、上がりすぎても下がりすぎてもダサい。」「細すぎるとチャラいけど太すぎ...

おすすめなハーンの石鹸教えます!正しい洗顔方法もマスター

仕事やプライベートで、タイに行かれたことはありますか。実は、タイは言わずと知れた魅力的な石鹸ブラ...

イケメンに近づく眉毛の位置!バランスも大事な眉毛の下げ方

あなたの眉毛はどのような形をしていますか?女性は男性に会ったときに、目元をまず見る傾向があります...

女性に喜ばれる美容プレゼント選び!3000円程のおすすめ商品

女性にプレゼントを贈るとき、なにを贈ったらいいのか悩んでしまう男性も多いですよね。プレゼントに悩...

皮脂による顔のテカリを抑えるには?化粧下地が一発で解決!

おしゃれ男子が急増する今、そんなニーズに応えるように男性用の化粧品も続々登場していますね。それと...

脂肪を移動させるマッサージってあるの?部分痩せはできる?

中年の男性で気になってくる部分に、体の脂肪がありますよね。なかには、「ここの脂肪を移動できたらい...

男も美容マスクで肌ケア!おすすめのフェイスマスクをご紹介

近年、美容に関心のある男性がどんどん増えてきています。清潔感のあるきれいな肌でいたいと思うのは、...

洗顔を見直そう!メンズの毛穴汚れの原因とおすすめの洗顔料

「鼻のポツポツとした毛穴汚れが目立って気になる」という男性は多いのではないでしょうか。毛穴の詰ま...

男性の眉毛は何ミリが理想?バリカンで3mmのカットは可能?

最近の男性はとても「美意識」が高く、眉毛をバリカンで整えるという方も増えています。眉毛カット専用...

脂肪をつまむと痛い!原因と対処法でダイエットに繋げよう

中年になってくると、運動不足や仕事のストレスなどで若いころとは違った体形になっていることに気づくこと...

サウナで汗腺を鍛える!サウナの良い効果と入り方を学ぼう!

質の良い汗をかくためには、汗腺を鍛える必要があります。そのようなときにおすすめしたいのが「サウナ...

角質ケアが決め手!顔スキンケアで美肌メンズを目指そう!

角質は男性でも女性でも顔に必ずあるものです。しかし、それをしっかりとケアすることで美肌を保つメン...

イマドキの眉毛の形!変だと言われない整え方って?

眉毛の形にこだわるなんて、少し女々しい、そんな風に考えている方も多いことでしょう。周りを見ても、...

エラの筋肉をなくすと小顔になれる!?その秘訣とは!

エラが張って顔が大きく見えるのには、エラの筋肉が関係している場合があるということをご存知でしょうか?...

スポンサーリンク

男の顔の印象は眉が8割!

意外に思われる方も多いかと思いますが、顔の第一印象は眉で決まると言われるほど眉毛は大事なポイントとなるパーツなんです。

女性の8割が相手(男性)の眉毛をチェックしているようです。

しかし、女性とは異なり、あからさまに化粧をしにくい男性にとっては少々対応しにくいところでもあります。

毛抜きでムダ毛やはみ出たところを整える位なら出来そうだけれども、なかなか手をつけられていないのではないでしょうか。

しかし、この延長程度のケアであなたの好感度がアップできるとしたらどうしますか?

実は、眉は顔のパーツの中で唯一自由に形を変えられる部分なのです。

眉の長さや、眉頭、眉尻、眉山の位置をいじるだけで、あなたの印象はグッとアップします。

正しいカット方法はもちろん、眉の生え方や書き足しテクニックなど、さまざまなやり方があります。

モテ男になるために眉の位置を変えたいとお考えの貴方、これらを身に着け自然でカッコイイ眉のイケメンフェイスを目指しましょう。

眉の理想の位置・プロポーションを確認

最初に眉について再確認しておきましょう。

眉の構成パーツは「眉頭」「眉山」「眉尻」があります。

眉頭とは、眉の始まりの部分、一番鼻に近いところです。

眉山とは、眉のカーブを描いている部分、一番高くなるところです。

眉尻とは、眉毛の終わりの部分、鼻から一番遠いところです。

次に標準的な眉の位置、プロポーションを見てみましょう。

ご自身の眉の位置やプロポーションを変えたいと思っている人は、まずはこの標準との違いを確認してください。

・眉頭は、目頭と小鼻を一直線に結んだ真上部分に位置します。

・眉尻は、目尻と小鼻を一直線に結んだ延長線上の部分に位置します。

・眉山は、眉頭から約三分の二程度にその頂点部分が位置します。

・眉頭と眉尻は、それぞれ一直線上に位置します。

・毛流れは、眉頭から見て眉山までは斜め上に向かい眉山をこえると斜め下に向かいます。

・眉と目の感覚は「目の幅の半分」になります。

もちろん、ひとそれぞれ顔の形も異なりますので、これが全て似合うわけでも当てはまるわけでもありませんが、標準形はこういうものだということを知っておいてください。

顔の印象を変えたいなら眉の位置や形で!

眉毛の位置が与える印象には次のようなものがあります。

・眉毛の位置が目の位置と近い場合は、男性らしさが強調されます。

・眉毛の位置が目の位置と離れている場合、中性的な優しい印象を与えます。

いずれも眉頭と目頭との位置関係でお考えいただきたいのですが、それらの位置関係が近い場合は、外国人的な堀が深く濃い顔立ちの印象を与えます。

一方、それらの位置関係が離れている場合、男性であれば中性的で優しい、しょうゆ顔と言われるあっさりした印象を与えます。

眉の濃さでも顔の印象は変わります。

眉毛が濃い場合は野生的な印象を与え、薄い場合はスマートな印象を与えます。

では、眉の形ではどうでしょうか。

この眉の形は結構重要で、目との相性が良いかどうかで随分と変わってきますので気を付けてください。

前述した基本的な眉の位置・プロポーションで紹介したものが基本形です。

これらから、ご自身の目の形や輪郭などによってさまざまな応用を効かせ、ご自身の理想的な眉の形を作っていきましょう。

誰しも最初は試行錯誤を繰り返します。

今の眉から、位置やプロポーションを変えたいと思っている方は、どういう印象に思われたいのか、それがご自身の目や輪郭と合わさるとどうなるのか、この部分をしっかりと見極めましょう。

眉毛の位置を変えたい人必見!手入れのための必須アイテムはこれだ!

眉毛の位置を変えたいと手入れを行うのであれば、まずは手入れのためのアイテムを揃えましょう。

中には人によってあまり使用する機会がないものもありますが、基本的に揃えておくことをお勧めします。

1.眉毛用シェーバー
2.眉毛用のくし(アイブロウコーム)
3.眉毛用ハサミ
4.毛抜き
5.アイブロウペンシル

眉毛用のシェーバーは、輪郭からはみ出ている毛や浮き上がった毛を簡単に整えるのに便利です。

電動のものがお勧めで、水洗いできるものや眉毛以外にも使えるものなどさまざまなタイプがあります。

持ち運びが便利な顔用のカミソリ(フェイスシェーバー)でも代用可能です。

眉毛用のくし(アイブロウコーム)は、眉毛の毛流れをナチュラルに整えたり、ハサミで微調整をする際に使います。

たいていの場合、毛とプスティック性の両面ブラシになっています。

眉毛用のハサミは、輪郭からはみ出ている毛や浮き上がった毛を整えるために使います。

濃さのむらを整えたり、微調整など細かく使うことができる重要アイテムになります。

毛抜きは、短い毛も掴みやすいように先端に角度があるものが良いでしょう。

コンビニエンスストアやバラエティショップ、100円均一ショップなどで購入出来ます。

アイブロウペンシルは、眉毛の輪郭を強調させたり、自分の自然な毛では賄いきれない部分を描き充填するものです。

眉毛の位置を変えたいと考える人に伝える「眉毛の整え方」

アイテムを揃えて準備が整ったのであれば、早速実践に入りましょう。

眉毛の整え方は、男性も女性も基本的には同じです。

自分のイメージする理想の形を今の自分の眉毛と重ねてみましょう。

そこからはみ出ている部分をカットなどの調整をして、変えたい理想の形に近づけていきます。

【手順】

1.眉毛用のくし(アイブロウコーム)で毛流れをナチュラルに整えます。

この場合は眉頭から眉尻に向かって整えていきます。

自然な毛流れに沿っていないと、切りすぎや穴あきなどが生じることがあります。

2.この状態で、先ほどのイメージした理想の形からはみ出ている部分を取り除きます。

眉の上や眉間などの不要な毛はシェーバーで剃り、輪郭からはみ出しているような細かいところは微妙な調整を加えながらハサミでカットしていきます。

3.眉毛の毛量が多い、濃さがまばらなどの場合は、コームやシェーバーを使って整えていきます。

多いと思われる部分の毛流れにコームをあわせ、はみ出た毛にタテにハサミを入れ一本一本丁寧に取り除きます。

この際、切りすぎにはくれぐれもお気をつけください。

4.微調整を行う。

これまでの作業でまだ調整が必要な部分、例えば眉下のはみ出しなどを毛抜きで丁寧に抜いて調整をします。

以上が眉毛の整え方の手順となります。

輪郭も整いクリアに見えていますか?

眉頭、眉山、眉尻の位置は好みのものになりましたでしょうか?

ただし、やりすぎには注意してください。

これまでの作業でまだ物足りなさを感じるようであれば、アイブロウペンシルを使ってカバーします。

【アイブロウペンシル使用の手順】

1.まずはスクリューブラシで毛流れを整えます。

使い方はコーム同様毛流れにそってください。

2.アイブロウペンシルで輪郭を描きます。
この場合いっきに描くのではなく、薄い部分に一本一本毛をはやすような感覚で丁寧に描きます。

眉尻部分などの細いところは、眉山から自然に流すように描きます。

これで完成です。

何度も重ねていくと自分なりの、ベストな形が出来上がっていきます。

眉毛の位置を変えての失敗例から学ぶ

眉毛の位置を変えたいと悩む方に向けて、手入れや整え方を説明してまいりました。

ここでよくある失敗例をあげておきますので、このようにはならないように気を付けましょう。

そして、これを参考にご自身の理想的なオリジナル眉毛の形と位置を探しましょう。

【NG眉例】

1.眉の位置がやたらと下がっている。

若い男性に多い傾向があります。

堀を深く見せたいという思いからこのようにしていると思いますが、眉部分の骨が浮き上がって見えてしまうので、フランケンシュタインのように見えてしまいます。

眉の上部分を過剰に剃って無意味に眉の位置を下げないように気を付けましょう。

2.異常に眉が細い

これはオール世代で陥りやすい失敗例です。

極細眉毛は、かなりの違和感を覚えてしまいます。

まっすぐならやんちゃなイメージですし、湾曲していればピエロみたいな印象を与えてしまいます。

いずれにしても眉の過剰な剃りすぎには注意しましょう。

これら以外にも、眉尻の無い「マロ眉」や極端な角度の「カモメ眉」、「つながり眉」など好感を持たれにくい眉には気を付けましょう。

ここで基本を振り返ってください。

「爽やかさ」や「清潔感」などの印象を与えるには、基本に忠実がポイントになります。

標準的な眉の位置関係に加え、眉周りのムダ毛を整える、これだけで「爽やかさ」や「清潔感」の印象は充分与えることが出来ます。

眉の位置を変えたいからといって、やりすぎたりオリジナリティ溢れすぎになると逆効果になってしまいます。
このことは忘れないでください。

眉の位置を変えたいと思う方へ

ここまで、眉の位置を変えたいと思う場合の対応方法を説明してまいりましたが、いかがだったでしょうか?

眉は顔のパーツで唯一位置やプロポーションを変化させることができる部分です。

このことで印象が変えられる、前向きになれるというのであれば、是非チャレンジしてみてください。

ただし、何事もやりすぎにはご注意くださいね。