SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

ウィッグとかつらの違いとは?選び方やお手入れ方法もご紹介

2018.6.18

薄毛に悩む男性は多いですよね。

そこで味方となるのが、ウィッグやかつらです。

しかし、「この2つの違いがよく分からない」という男性も多いのではないでしょうか。

この記事では、ウィッグやかつらの違いについてやその選び方、お手入れ方法などをご紹介していきます!

また、最後には「医療用ウィッグ」についても触れているので、ぜひ読んでみて下さいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

薄毛の方はシャンプーリンスの使用に要注意!混ぜるのはOK?

毎日の洗髪はどのようになされていますか? じつは、薄毛になってしまう原因の1つに、毎日の洗髪の...

自宅でヘアカラー!初めてのセルフで失敗しないための方法!

セルフカラーリングは、何より安く簡単にできるので、節約しながらオシャレをしたい男性の方には便利で...

ドライヤーで薄毛対策!冷風や風量の強さは重要なの?

薄毛になってしまう原因は様々ありますが、その1つにドライヤーがあることをご存知でしょうか? ド...

いつまでも若々しく!白髪のリタッチをセルフでやってみよう

男性でも白髪が生えていると老けて見えてしまいます。 白髪がなければもっと若く見えるという人もい...

白髪があったらどうする?切るコツってあるの?

白髪を発見した時、どのように対処していますか? 切る・抜く・染めるなど方法は様々ですが、今回は白...

白髪も改善!メカニズムから知るドクタートウヒとは?

男性の皆さんは、若いうちを過ぎると、年齢を重ねていくごとに薄毛や白髪に悩まされますよね。 薄毛...

ドライヤーの冷風機能を使って乾かす効果が凄い!

ドライヤーには、温風と冷風の機能がついていますが、冷風は使わずに温風のみで乾かしている人は多いので...

白髪を染めないメリットとは?途中でやめる方法もご紹介!

白髪を染めるべきか、染めないべきかで悩むのは、男性も同じですよね。 最近では、白髪染めを途中で...

前髪のベタベタを防ぐ!ベビーパウダーのやり方をご紹介

仕事で外回りなどをしているとき、時間が経つにつれて前髪がベタベタしてくる男性もいるかと思います。...

カッコイイ髪型に!面長にも合う40代男性にオススメスタイル

40代以上の男性も、まだまだかっこよくいたいですよね。 しかし、20代のように若々しいスタイル...

前髪の生え際から産毛が伸びない!もしかしてM字ハゲ?

男性の中には、生え際の後退によるM字ハゲに、頭を悩ませている人も少なくないと思います。 「前髪...

髪型に悩んだらレイヤーボブに!30代はどんな髪型が良いの?

仕事もプライベートも、軌道にのってくるのが30代。 仕事で重要なことを任されたり、取引先の方と...

白髪の対策法は?使ってみる価値あり!クリーム業界初の商品

男女ともに、30歳前後になると、白髪が徐々に生えてきた…という方が多いことでしょう。 気になる...

エラ張りにも似合う髪型は?メンズにおすすめの髪型!

顔の好みは人それぞれですが、エラが張っている男性は、男らしさが感じられて魅力的なことが多いですよ...

フケの対策方法をご存知ですか?業界初のクリームもご紹介!

毎日シャンプーをしているのに、髪の根元や肩にフケが付いていることがあるのはどうしてなのでしょうか...

スポンサーリンク

男性用かつらとウィッグの違いとは?

男性の悩みとして多く挙がるものに「髪の問題」があります。

特に、薄毛に悩む男性は多いですよね。

そして、男性の薄毛をカバーするものと言えば、昔からある「かつら」です。

最近は、「ウィッグ」という言葉も使われ始めましたが、女性用のかつらに対して使われることが多い印象がありますよね。

そのため、「ウィッグ=女性のもの」というイメージを持っている男性も多いのではないでしょうか。

しかし、最近は、「男性用のウィッグ」というものも出てきています。

では、「かつら」と「ウィッグ」の違いは何なのでしょうか。

実は、メーカーによっても2つの基準はあいまいで、厳密な区分というのはありません。

しかし、使い道で見てみると、以下の視点から分けられることが多いようです。

かつらは、主に「気になる薄毛をカバーする」という目的で使われることが多いです。

それに対してウィッグは、「オシャレを楽しむためにつけるもの」とされています。

しかし、実際には、薄毛をカバーする目的で使う場合でも、ウィッグと呼ばれることもあります。

そして、重要なのは呼び方ではなく、その選び方やお手入れ方法です。

次の章では、まず、男性用ウィッグ(かつら)の上手な選び方について見ていきます。

男性用ウィッグ(かつら)の上手な選び方とは

では、薄毛をカバーしたり、オシャレを楽しむためにウィッグ(かつら)を取り入れたい男性に向けて、その上手な選び方をご紹介しましょう。

まず、既製品のウィッグを選ぶのであれば、雑貨量販店やインターネットで簡単に購入することができます。

既製品のウィッグを購入する際のポイントは、ウィッグだと分からないものを選ぶことです。

そして、地毛に近い色のものを選ぶのも重要です。

既製品は、オーダーメイドとは違い、一人一人に合わせて作られているわけではないからです。

丸々ウィッグを被る場合は、今の髪色と全く違う色でも良いのですが、一部分のみウィッグを使う場合には、やはり色の違いで不自然な印象になることがあります。

また、頭の形も人によって違うので、自分の頭と形が違うウィッグだと、自然に見えない場合があります。

薄毛をカバーする、あるいはオシャレがしたくてウィッグをつけているのに、それが原因で変な印象になってしまっては、もったいないですよね。

それを避けるためにも、お店の鏡の前でウィッグを当て、頭の形に合いそうか確認してから選びましょう。

そして、通販で購入する際には写真でしか確認できないので、テカリの少ない、自然に見える素材で作られているものを選ぶようにしましょう。

既製品とオーダーメイドではどんな違いがあるの?

また、使用目的を問わず、ウィッグ(かつら)を選ぶ方法としては、「作り」で選ぶ方法があります。

この「作り」とは、既製品かオーダーメイドかという視点です。

ここでは、この2つの違いについてお伝えします。

1章でもご紹介しましたが、ウィッグ(かつら)の既製品にはメリット・デメリットがあります。

メリットとしては、

・費用が抑えられる
・手軽に購入できる

この2点が挙げられます。

しかし、一人一人に合わせて作られたものではないため、

・分け目やつむじが不自然なことがある
・素材によっては地毛でないことがバレやすい

このような点がデメリットといえます。

一方、オーダーメイドであれば、費用は数万円ほどかかりますが、自分にフィットしたものを作ってもらえます。

やはり高品質のウィッグ(かつら)にしたいのであれば、オーダーメイドがおすすめです。

何より、自分の頭の形に合わせて作られるので、つけ心地もよく、より自然に見えます。

薄毛をカバーしたい場合には、部分的にでも全体的にでも、オーダーメイドが良いでしょう。

現在は、高品質なウィッグ(かつら)を、適正な価格で、数日で納品してくれる業者が多数あります。

スマホでも簡単に検索・注文ができるので、調べてみてはいかがでしょうか。

フルウィッグ(かつら)の上手なつけ方は?

ここでは、フルウィッグ(かつら)の上手なつけ方を見ていきます。

これを知っているかそうでないかで、ウィッグをつけた時の印象に違いが出てきます。

それが以下の3点です。

・襟足から地毛を出さない
・地肌を透けさせない
・もみあげ部分を膨らませない

まず、襟足の見た目が不自然だと、「ウィッグだ」という印象を与えます。

襟足から地毛を見せないのは鉄則なので、地毛は、ネットにしっかりと入れるようにしましょう。

次に、地肌を見せないことも重要です。

しかし、これはつけ方で対応するより、ウィッグの選び方で対応するのが一般的です。

具体的には、髪の分け目が目立たないもの、流れに動きがあり、つむじが見えないものを用意することです。

それだけで自然に見えるので、ウィッグということがバレにくくなります。

既製品のウィッグを購入する場合は、実際につけるときのことをよく考えて選びましょう。
最後のもみあげ部分ですが、これも重要なポイントです。

ネットを被る時は、もみあげが膨らまないように気をつけましょう。

地毛をしっかりと押さえつけてネットを被るのがコツです。

この3点がきちんとできれば、薄毛も自然にカバーでき、オシャレも楽しめるはずです。

フルウィッグ(かつら)はお手入れによって持ちに違いが出る!

では、フルウィッグ(かつら)は、どのようにすれば長く持たせることができるのでしょうか。

お手入れをする場合は、以下の手順で優しく行うのがおすすめです。

①大きい洗面器にシャンプーを入れ、多めにお湯を注いで薄めます。

②①の液を泡立てます。

③洗面器の中で、ウィッグを優しく揉むように洗いましょう。

④次に、その洗面器を洗い、リンスを入れて多めのお湯で薄めて下さい。

⑤もう一度ウィッグを浸し、手ですくような形でリンス液をなじませます。

⑥リンス液がなじんだら、ウィッグをよくすすいで、水気を切ります。

⑦大体水が切れたら、残りの水気もタオルでしっかりと拭き取りましょう。

⑧ウィッグスタンドにのせたら、毛先からコームを入れていきます。

⑨最後に根本から毛先にコームを通したら、陰干しして、よく乾かして下さい。

さらに、お手入れした後のウィッグのセットにもポイントがあります。

ウィッグをセットする際に、ワックスやドライヤーを使う男性は多いですよね。

しかし、それらを使ってウィッグをセットすると、どうしても傷みやすくなります。

ワックスを使うならウィッグ用のものを使い、使用後はよく流して下さい。

耐熱人工毛であっても、ドライヤーの使用回数は抑えることが望ましいです。

このように、ウィッグ(かつら)は、お手入れの仕方によって持ちや使用感に違いが出ます。

傷がつくと使えなくなってしまうこともあるので、ウィッグ(かつら)は大事に扱いましょう。

医療用のウィッグとは?オシャレ用との違い

ここまで、ウィッグとかつらの違いや、ウィッグの用途別の選び方などをご紹介してきました。

しかし、薄毛をカバーしたり、オシャレ以外の用途でフルウィッグを使いたい方もいます。

それが、病気が原因で髪が抜けてしまった男性です。

現代の日本人の死因第一位は、ご存知の通り、がんです。

がんの種類にもよりますが、抗がん剤を使って治療する場合、その副作用で髪が抜けてしまうことが多いです。

薬の副作用で髪が抜けるのは、女性だけでなく、男性にとっても本当に辛いことですよね。
そういった方に必要とされているのが、「医療用のウィッグ」です。

少し前までは、ウィッグ(かつら)であることがはっきりわかってしまうこともありましたが、現在では技術が進み、地毛とほとんど変わらないウィッグが作れるようになっています。

また、抗がん剤治療をしていると、頭皮がかなりデリケートになっているので、ウィッグをつける際の刺激が心配ですよね。

しかし、オシャレ用のウィッグと違い、頭皮への刺激が少ないアンダーキャップも開発されているので、安心して使えます。

多少高価にはなりますが、やはり病気が原因でウィッグが必要になった場合には、医療用のものを使った方がメリットが大きいでしょう。

がんにかかっていることや、がんの治療をしていることを周囲に知られたくない男性も、こうしたウィッグを利用すれば、がんの治療に向かう気持ちも出てくるでしょう。

ウィッグやかつらを活用して、自分らしく生活しよう!

今回は、ウィッグとかつらの違いや選び方、お手入れ方法などをご紹介しました。

オシャレを重視する方や、より自然なヘアスタイルにしたい方は、オーダーメイドにするのが良さそうです。

また、近年は、病気による脱毛で、医療用ウィッグの需要も高まっています。

髪がないことを気にせず自分らしい生活を送れるように、ウィッグやかつらを上手に活用できると良いですね。

 - 髪の悩み