SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

自宅でヘアカラー!初めてのセルフで失敗しないための方法!

2018.7.20

セルフカラーリングは、何より安く簡単にできるので、節約しながらオシャレをしたい男性の方には便利ですよね。

その一方で、ムラができたり、うまく染まらなかったり、そんな声も少なくないため、初めてセルフカラーリングをする人にとっては、誰でも不安になってしまうことでしょう。

そこで今回は、初めてのセルフカラーリングを失敗させないために、メンズ向けのコツや注意点をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カッコイイ髪型に!面長にも合う40代男性にオススメスタイル

40代以上の男性も、まだまだかっこよくいたいですよね。 しかし、20代のように若々しいスタイル...

ストレス性白髪の実態!20代の若者に白髪が増えている原因

仕事や人間関係で、ストレスを抱えている方は多くいらっしゃいます。 実は、ストレスによって白髪が...

ビジネスで好印象の髪型は?アラフォーはツーブロックボブに

「周囲に好印象な髪型はどんなものだろう?」や「白髪や抜け毛・薄毛が増えてきた」といった、髪に関す...

髪の毛のチリチリが気になる!数本でも抜いたらNG!?

なぜか、チリチリとした髪の毛が数本生えてきてしまうことってありませんか? なぜ、このようなチリチ...

カラーと黒染めの違いや髪に与える影響

普段から、カラーをしておしゃれを楽しんでいる男性も多いでしょう。 カラーをしている人は学校...

髪型をボブに!40代男性でも似合うスタイルはある?

「ボブにしてみたい!」「若い頃にしていたボブをまたやりたい!」といった、40代男性の方もいるので...

白髪染めで厄介な色落ち!タオルに色がついたらどうする?

ある程度、白髪が目立つようになると「白髪染め」が習慣になりますよね。 中でも、美容室へ足を運ぶ...

エラの張った顔をなんとかしたい!カバーする髪型はあるの?

鏡を見た時などに顔が大きいのではないかと感じたことがある人はいませんか。 また、髪型がしっくり...

髪の毛をイメチェン!髪形の名前だけでなく部位も覚えよう!

男性にとって、洋服と同様に、髪形もおしゃれに決めたいですよね。 「いつものスタイルからイメチェ...

前髪切りすぎた!あきらかに変な場合の対処法【男性向け】

「前髪切りすぎた」という歌を歌っている、可愛らしいモデル兼歌手の方がいますが、この頃は女性の間で...

前髪の生え際から産毛が伸びない!もしかしてM字ハゲ?

男性の中には、生え際の後退によるM字ハゲに、頭を悩ませている人も少なくないと思います。 「前髪...

前髪を分ける位置を決めてスタイリング!トップってどの辺?

ヘアスタイルを変えたい場合に、前髪を分ける位置で悩む方もいるのではないでしょうか。 また、分け...

うねりが頑固な前髪の産毛!くせ毛の予防と対策を知ろう!

髪の毛をスタイリングするとき、前髪のくせ毛に時間をとられて、なかなかセットできない男性は多いので...

髪と頭皮のために!ブラシに付いた髪の毛や汚れを取る方法!

毎日のヘアセットに「ブラシ」を愛用している男性も多いですね。 しかし、ブラシ自体のお手入れ...

白髪を染めないメリットとは?途中でやめる方法もご紹介!

白髪を染めるべきか、染めないべきかで悩むのは、男性も同じですよね。 最近では、白髪染めを途中で...

スポンサーリンク

初めて自分でするヘアカラー!セルフと美容院の違いとは?

「今までは美容院に通っていたけれど、今回は節約のためにセルフカラーデビューをしてみよう!」

この記事を見ている方は、まさしくセルフカラーデビューをしようと検討していることと思います。

オシャレでかっこいい色に、安く手軽にできてしまうセルフカラーですが、そもそも美容院で染めるカラーリングとは、髪にとっても大きな違いがあります。

初めてセルフカラーリングをされる方は、その違いについてよく知っておきましょう。

では、市販のヘアカラー剤と美容院のメリット・デメリットをそれぞれまとめていきます。

【市販のメリット】

・ほとんどが千円以内で購入できるものが多く、安く済む

・美容院のように予約や通う手間がかからず、好きなときにできるので手軽

・時間がかからず早く染められる

【市販のデメリット】

・一般人でも綺麗に染められるように、染料成分が強いため、髪へのダメージが強い

・ムラができてしまう場合がある

・仕上がりの色調整が難しい

・美容院と比べると色落ちが早い

【美容院のメリット】

・強さが異なる数種類カラー剤を使い分けるので、髪へのダメージも極力軽減できる

・色の種類が豊富

・仕上がりが綺麗で、思い通りのカラーになる

・トレンドカラーにできる

・カラー後のケアもしっかりしてくれる

【美容院のデメリット】

・カラーだけで数千円かかり、トリートメント代を加えれば、更に値段が張る

・カラーリングに時間がかかる

上記を見れば分かるように、自分でヘアカラーをするよりも、美容院でカラーリングをした方が、髪の毛にとってはベターだと言えます。

しかしながら、自宅でセルフカラーをする際も、髪の痛みを最小限に抑えられる方法があります。

では次に、ヘアカラーをする上で、髪の痛みを軽減させるための注意点をご説明していきます。

髪が痛みやすいセルフカラー!染める前に控えたいこと

セルフでのヘアカラーリングは、手軽にできる分、ふと思い立って行うことがあると思います。

しかし、ヘアカラーをする前には、できるだけ控えてほしいことがいくつかあり、特に初めて自分でカラーリングをするという方には、是非知っておいてほしいです。

①シャンプー後のヘアカラーは控える

実はシャンプーは、どんなに髪に優しいシャンプーであっても、髪の毛や頭皮にダメージを与えています。

そのため、シャンプー後の髪や頭皮は、ダメージを受けた分、デリケートで傷付きやすい状態になっています。

そんな状態の髪や頭皮に、更にヘアカラー剤で刺激をしてしまうのは、髪の痛みだけでなく、頭皮トラブルに繋がってしまう可能性があります。

したがって、これはセルフでない場合にも言えることですが、ヘアカラーリングをする際には、できるだけ前日にシャンプーを済ませておきましょう。

②ワックスなどのヘアスタイリング剤はしない方がベター

ヘアカラーをする上では、多少のスタイリング剤であれば、通常どおり色は入ります。

しかしながら、ベタベタになるほどの極端な量で髪の毛を固めている場合は、ちゃんとした色の入りは保証できません。

ヘアカラーリングをする際には、できるだけ何も付けていない状態で行いましょう。

以上が、ヘアカラーリングをする前に避けた方がベターなものになります。

初めてのヘアカラーを失敗しないためにも、髪へのダメージを抑えながら、綺麗に染められる環境を整えましょう。

また、その他に、セルフでヘアカラーをする前に必ず行ってほしいこともあります。

では、次項で詳しくご説明していきましょう。

初めて行うセルフカラーリング!その前に必ずすべきこと

自宅でセルフカラーリングをする前には、必ず行うべきことがあります。

それは、パッチテストです。

パッチテストの手順は、購入したヘアカラー剤の説明書に記載されていますが、基本的には、ヘアカラーをする48時間前(2日前)にパッチテストをすることになっています。

先にも述べたように、市販のヘアカラー剤は、一般人でもうまく染められるように、染料成分が強くなっています。

それため、パッチテストはそのヘアカラー剤に対して、アレルギー体質であるか否かをチェックするテストになります。

これは、初めての方だけでなく、以前にも異常なくヘアカラーをしていた方でも行うべきテストです。

と言うのも、体質の変化によって、そのヘアカラー剤にアレルギー反応を起こす場合があるからです。

パッチテストを行わずに、実際に染めてから重大なアレルギーや炎症、抜け毛が起こっては遅いです。

そうならないためにも、必ずパッチテストを行いましょう。

必ず購入したヘアカラー剤の説明書に従い、パッチテストを行うようにしましょう。

では続いて、セルフでヘアカラーをする際の必須アイテムをご紹介していきます。

セルフカラーを失敗しないために!準備すべき必須アイテム!

自宅で初めてするセルフカラーリング。

自分で染めるからには、失敗したくないですよね。

カラーリングをやり始めてバタバタすることのないよう、事前に準備をすることが大事です。

では、カラーリングのための必須アイテムをご紹介します。

・カラーリング剤

・使い捨てビニール手袋(ほとんど購入したヘアカラー剤に付属)

・時計

・汚れてもいいタオル1、2枚

・汚れても良い服(前開きのもの)

・ラップ(保温時用)

・リップクリーム(肌が染まらないように生え際や耳に塗る)

・シャンプー(普段使っているものでOK)

・トリートメント(普段は使わない人も使用する方が良い)

・ティッシュ

・クシ(購入したカラー剤に付属していない場合に)

・新聞紙

以上が、自分で髪を染める際に必要になるアイテムです。

100円ショップでも手軽に買えるものもあるので、カラーリング前に準備しておきましょう。

また、男性が使用するヘアカラー剤は、男性用のものでも良いですが、ヘアケア成分が含まれている女性用の方が尚良いでしょう。

初めてのセルフカラーリング!手順その①

では次に、いよいよヘアカラーのやり方について、初めてセルフをする人にも分かりやすくご説明していきます。

【事前準備】

①室温調整

ヘアカラー剤は温度が高いほど早く浸透し、染まっていきます。

暖かい時期はできるだけ室温を下げ、寒い時期は染まりにくいので、温かく調整しましょう。

20~25度が最適です。

②汚れ防止と着替え

汚れてもいい、前開きの服に着替え、カラーリングを行う床などに新聞紙を敷きます。

そして、髪の生え際や耳周り、うなじなどにリップクリームを塗り、ヘアカラー剤から保護します。

汚れてもいいタオルを肩にかけ、ビニール手袋をつけます。

また、手の届く距離にティッシュ、タオル、ラップ、時計、鏡などを置いておきましょう。

【カラーリングの手順】

①染剤を作る

ヘアカラー剤に付属している説明書に従って染剤を作ります。

②染剤の塗布

液体タイプ、泡タイプのどちらであっても、手に出して染剤を塗布するとやりやすいです。

襟足→後頭部→左右サイド→前髪→頭頂部の順に塗布していくのが理想です。

注意するポイントは、このとき、髪の根元にはまだ塗らないようにしましょう。

体温の高い髪の根元は染まりやすいので、後でなじませていきます。

また、染剤はケチらずたっぷり使った方が、ムラは出にくくなります。

③染剤を全体になじませる

髪全体の塗布が終わったら、まずはクシで縦、横、斜めにといてください。

そして、両手で頭全体をもみ込んでいき、同時に髪の根元までしっかりとなじませましょう。

ここまで終えたら、次は保温から最後のケアまでご説明していきます。

初めてのセルフカラーリング!手順その②

前項では、染剤の塗布まで終わったので、その続きをご説明していきます。

【保温】

①髪をラップで覆う

保温するために、塗布の終わった頭をラップで覆い、放置します。

汚れてもいいタオルを巻けば、短時間で保温ができるので、尚良いです。

放置時間は勝手に判断せずに、説明書通りの時間で行いましょう。

②時間が経ったら再確認

説明書通りの時間が経ったら、ラップを外して染まり具合を確認してみましょう。

染まりのチェックは、ティッシュで少し拭き取りながら行うのが良いです。

まだ十分に染まっていなければ、更に5分ほど放置しましょう。

【乳化と洗い流し】

①乳化させる

イメージ通りの色に染まっていれば、頭の染剤を流す前に、少量のお湯を用意します。

お湯の温度は40度以上にならないよう、38度程度を目安に設定しましょう。

そのお湯の中で、塗布した髪を揉み込んでなじませていきます。

これによって、地肌についた薬剤が落ちやすくなり、同時にムラなく仕上げられます。

②シャンプーとトリートメント

染剤をしっかり洗い流したら、シャンプーで洗い残しのないように洗いましょう。

洗い流したお湯が透明になるまですすいでください。

普段トリートメントを使わない人も、シャンプー後はトリートメントをしてください。

また、一回分のトリートメントはヘアカラー剤に付属していることが多いですが、少なくとも、1~2週間の継続的なトリートメントが必要で、髪質にも影響してきます。

③丁寧に乾かして終了

以上が、セルフカラーリングの方法です。

初めて一人で行うのは大変でしょうから、できれば家族や友人に手伝ってもらうのがベターです。

その方が、塗り残しやよりムラのないカラーリングが行えるはずです。

綺麗に染めるためには事前準備が大事!

セルフカラーリングは安く手軽な面もありますが、その一方で、うまく髪を染めるためには、注意することがたくさんあります。

特に、カラーリングを失敗しないためには、事前準備が重要で、ヘアカラー剤に付属されている説明書も必ず読むようにしてください。

せっかく自分でするカラーリングです。

長持ちさせて、おしゃれも長く楽しみましょう。

 - 髪の悩み