SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

歯ブラシを清潔に保つことが出来る優れもの!「除菌ケース」

2018.7.31

健康な歯を維持するためには、毎日の歯磨きは欠かせません。

しかし、保管の仕方によっては、その歯ブラシが雑菌だらけになっている場合があります。

歯ブラシを清潔に保ち、健康な歯を維持するには、歯ブラシの除菌が大切です。

そこで、手軽に歯ブラシを清潔に保てる、除菌効果の高い「歯ブラシ除菌ケース」をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

歯磨き粉は掃除に使える優れもの!風呂の頑固汚れも落とす!

風呂掃除をちゃんとしていますでしょうか。 「女性に風呂を見られることはないから汚れていても...

歯磨き粉のいらない歯ブラシとは!?おすすめ商品もご紹介

「歯磨き粉は苦手」という男性は意外と多いようです。 近年注目されている歯磨き粉のいらない歯ブラ...

マウスウォッシュは使い切りタイプが便利!薬局で買えます!

仕事中での昼食後、できれば歯を磨きたいところですが、なかなか時間が取れないという方も多いと思いま...

舌の掃除にはタングスクレーパーがおすすめ!口臭予防にも!

人とコミュニケーションをとるとき、気になるのが口臭です。 朝起きたときや食事のあと、就寝時...

歯ブラシのせい…?歯茎を傷つけてしまった時の原因と対処法

歯磨きをしている時に、歯ブラシで歯茎を傷つけてしまったことはありませんか? 本来ならば歯をきれ...

ストレスから口内炎ができるのは本当?口内炎の原因と予防法

「最近、仕事関係の飲み会続きで、口内炎がよくできて、食事をする時に痛い…」というお悩みをお持ちの...

歯磨き男子は歯ブラシにこだわれ!ガムのおすすめはこれだ!

健康な歯を意識している「歯磨き男子」が、歯ブラシに求めるポイントはなんでしょうか? 歯垢をしっ...

マウスウォッシュの小分けタイプが便利!薬局でも手に入る?

口臭対策や、虫歯・歯周病予防に効果的なマウスウォッシュ。 薬局やドラッグストアに行くと、たくさ...

高級歯ブラシ「ミソカ」その使用方法や口コミが気になる!

歯磨き粉を使用しない高級歯ブラシ「MISOKA(ミソカ)」をご存知ですか? 日本の職人が丁寧に...

歯茎の色でお口の健康度合いがわかる!あなたは何色ですか?

プライベートやビジネスシーンにおいて、爽やかな笑顔は重要です。 そのため、最近では歯のホワイト...

マウスウォッシュで清潔に!携帯用は薬局でも気軽に購入可能

自宅で使用することが多い「マウスウォッシュ」ですが、コンパクトなサイズになっている製品を持ち歩け...

しつこい舌苔除去!舌が白い原因や取れない場合の対処法!

「白い舌苔がなかなか取れなくなってしまった」という方はいませんか? そんな時は、周りの目も気に...

男性向け歯ブラシ収納術!吊るすのはアリ?役立つアイディア

歯ブラシをどのように収納したり、置いておくかは人それぞれですが、なるべく衛生的に保っておきたいです...

歯ブラシの消毒は保育園でしてる?子供が使うものは清潔に!

共働きが当たり前になりつつある時代ですね。 それに伴い、子育てに協力的なパパさんも増えてきてい...

歯磨き粉の研磨剤として表記されてる成分は歯に良い?悪い?

歯磨き粉のパッケージに表記されている成分、ご覧になった事はありますか? そこには、歯の汚れを落...

スポンサーリンク

歯ブラシの除菌には「除菌ケース」がおすすめ

爽やかで健康な歯は、ビジネスシーンでもプラスの効果を発揮します。

また、いくらスーツをビシッと着こなしていても、口臭がきついと女性にも嫌われてしまいます。

出来ることなら、いつまでも爽やかで健康な歯でいたいですよね。

そのためには、当然ながら毎日の歯磨きが重要になってきます。

歯磨きの目的は、虫歯や歯周病の原因である、食べカスを取り除き、歯に付着した雑菌の塊、歯垢(=プラーク)を歯ブラシでしっかり落とすことです。

そのため、歯ブラシには雑菌がついているので、保管の仕方によっては、歯ブラシ自体が雑菌の温床になっている場合があります。

雑菌がついたままの歯ブラシで歯を磨いても、健康な歯を保つことは出来ません。

しかし、歯ブラシの除菌と言っても、どのように対処したら良いか分からない方も多いと思います。

そこで、効率良く除菌をし、歯ブラシを清潔に保つことが出来る「歯ブラシ除菌ケース」をご紹介しましょう。

外出先にも気軽に持ち運べる携帯タイプなど、さまざまな商品があるので、除菌ケースを選ぶ際にはぜひ参考にしてみてください。

歯ブラシの「除菌ケース」の仕組み

先程から、お話している「歯ブラシ除菌ケース」ですが、どのような仕組みで除菌をするのか、ご紹介しましょう。

歯ブラシについた雑菌は、多湿を好みます。

使い終わった歯ブラシは、よく洗っても雑菌が残り、タオルなどで拭いても湿気が残ります。

風通しの良い場所においておけば、雑菌の繁殖は抑えられますが、殺菌効果まではありません。

一番良いのは、太陽光に当てる「天日干し」です。

太陽光の紫外線には殺菌効果があるので、天日干しをすることで乾燥と除菌が出来ます。

歯ブラシ除菌ケースは、天日干しのようにUVランプから紫外線を照射して効率良く除菌します。

本来なら歯ブラシをケースに入れて保管するのは、雑菌を繁殖させることに繋がるのですが、除菌ケースは紫外線で除菌をしたまま保管するので清潔です。

使い方は簡単で、歯磨き後、歯ブラシをよく洗い、水気を切ったら除菌ケースに入れてフタをするだけです。

フタをすると除菌スイッチが入って、5分ほど除菌して自動的にスイッチが切れるので手間が掛からず、忙しい方にはうれしいですね。

価格も、2000円台から手に入るので、気軽に試すことが出来ます。

「歯ブラシ除菌ケース」の選び方①

それでは、「歯ブラシ除菌ケース」の選び方についてお話ししていきましょう。

選ぶときのポイントで重要なのは、「除菌効果」と紫外線を出す「UVランプ」です。

【除菌効果について】

「除菌効果」という表記は、菌を少しでも減らす効果があればつけることが出来ます。

それは、例え10%でも効果があればつけることが可能ということです。

なかには、99.9%の除菌効果のある実験結果を出したものもあるので、「除菌の効果が何%」なのか確認するようにしましょう。

【UVランプについて】

紫外線を出すUVランプは、耐久性が重要です。

出来るだけ長寿命のものを選びましょう。

特に注意して欲しいのは、UVランプが交換可能かどうかということです。

据え置きタイプであれば、ほとんどのものが交換可能ですが、なかには出来ないものもあるので注意しましょう。

上記以外で気になるのは、「電源」ですね。

携帯タイプであれば、充電式か、電池式かになりますが、自宅で使う場合は、電源コードを直接コンセントに差し込むものもあります。

使う場所に合わせて選んでください。

「歯ブラシ除菌ケース」の選び方②

次に「歯ブラシ除菌ケース」をどこで使うかによって、「据え置きタイプ」か「携帯タイプ」か変わってきます。

【据え置きタイプ】

据え置きタイプは、歯ブラシが4~5本ほど入り、洗面所に置いて家族全員で使えるものです。

歯ブラシ全体が入るものと、ブラシ部分だけ除菌するものがあります。

家族の歯ブラシを一緒に保管しておくと、雑菌が移ってしまう心配がありますが、除菌ケースなら心配いりません。

また、髭剃り用カミソリの除菌が出来るタイプもあるので、男性にとってはうれしい機能ですね。

最近のものは、乾燥機能がついていたり、一定時間毎に除菌するタイプもあります。

【携帯タイプ】

職場や出張に便利な携帯タイプの除菌ケースは、歯ブラシを1本収納出来ます。

軽くてコンパクトなものが多く、持ち運びやすく工夫されています。

これでしたら、従来のような携帯ケースと違って清潔さが保てるので安心ですね。

先程、ご紹介したUVランプですが、携帯タイプはほとんどのものが交換出来ないので耐久性のあるものを選びましょう。

また、防水機能がないものもあるので、歯ブラシを使ったあとはよく水気を切って収納しましょう。

歯ブラシ除菌ケース「据え置きタイプ」おすすめ3選

それでは、除菌ケースのおすすめをご紹介しましょう。

まずは、据え置きタイプからです。

【シーゴ SG-103A 歯ブラシ除菌器 壁掛けタイプ】

・ブラシ部分を除菌する壁掛けタイプなので場所を取らない

・連続2回除菌することで、除菌率は99.9%になる

・電源は電池かまたは別売りアダプター

・歯ブラシが接触する部分は取り外して洗える

・紫外線のほか、オゾンでも除菌

・歯ブラシが5本収納出来る

【エイコー オーラクリーン DV-410 差し込みタイプ】

・歯ブラシのヘッドの部分を差し込むタイプ

・連続2回除菌することで、除菌率は99.9%になる

・電源は電池かまたは別売りアダプター

・スイッチを入れるタイプなので除菌のタイミングが調整出来る

・自動除菌ではないのでUVランプを長持ちさせられる

【エセンシア アドバンス シリーズ ESA-600】

・歯ブラシ全体を収納し除菌するタイプ

・1回の除菌で、99.9%除菌可能

・電源はアダプター

・3時間おきに除菌と乾燥を自動で繰り返し行う

・UVランプの耐久性も高い

・歯ブラシ5本のほか、歯磨き粉、電動ブラシなど収納力も高い

歯ブラシ除菌ケース「携帯タイプ」おすすめ2選

次に、おすすめの携帯除菌ケースをご紹介します。

【エイコ― オーラクリーン 紫外線歯ブラシ除菌庫 DV-130】

・サイズ幅5×長さ21×厚2.8センチとコンパクト

・連続2回除菌することで、除菌率は99.9%になる

・電源は、乾電池と別売りUSBケーブル

・壁に掛けることも出来る

・窓から紫外線照射が確認出来る

女性向けの色やデザインが多いなか、男性にも持ちやすいメタリックシルバーがあるのがうれしいですね。

丸みを帯びたデザインもスタイリッシュです。

また、付属のプラグやビスを使って壁に掛けられるので、ひとり暮らしの方には自宅用としてもおすすめです。

【エセンシア 歯ブラシ除菌器 ポータブルシリーズ ESA-101】

・サイズ幅5×長さ20.8×厚2.4センチとコンパクト

・1回の除菌で、99.9%除菌可能

・電源は電池

・UVランプが長寿命

デザイン性には欠けますが、高性能が最大の特徴です。

電池の寿命は単4電池2本使用で約1か月と、コストに関しては多少掛かりますが、その分、高性能の実用新案を取ったUVランプの寿命は長いです。

このように携帯タイプのものでもデザイン性に優れたものや、高機能のものが販売されています。

職場や出張先でも安心して歯磨きが出来るよう、除菌ケースを携帯してはいかがでしょうか。

「歯ブラシ除菌ケース」で健康な歯を!

いかがでしたでしょうか。

「歯ブラシ除菌ケース」を使うと、歯ブラシの除菌が簡単に出来ることがお分かりいただけたかと思います。

健康な歯を維持するためには、歯ブラシの除菌は不可欠です。

ぜひ、ご自宅や職場、また出張先でも、除菌ケースを使ってきれいに除菌された歯ブラシを使ってください。

 - 口臭の悩み