ゴミ箱のイヤな臭いを消したい方必見!効果的に洗う方法は?

燃えるゴミの日に、ゴミをまとめて捨てたはずなのに、「ゴミ箱自体が臭い…」というお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのまま放置をしてしまったら、ゴミ捨ての担当を任されている旦那様の場合は、臭いの責任まで負わされてしまうかもしれませんね。

ここでは、しみついてしまったゴミ箱の臭いをすっきり取るための洗い方や、洗うこと以外にもできる、消臭方法や臭いを防ぐ方法までをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

耳かきにはイヤースコープを!スマホに映しながらの耳掃除

普段の耳掃除に耳かきや綿棒を使っている男性は多いですよね。しかし、自分で耳かきや綿棒を使うと、実...

ミョウバンの売り場がドラッグストアにない?その理由とは

体のニオイを抑える効果があると言われるミョウバンを、ドラッグストアの売り場で探したけれど見つからない...

耳垢の正しい取り方は?奥まで押し込まないように注意しよう

耳垢はいらないもの、体から出る老廃物というイメージがあるかもしれません。耳の中をきれいにするため...

洗顔にかける時間の目安はどのくらい?一日何回洗えばいい?

みなさんは、洗顔にかける時間はどのくらいでしょうか。ササっと終わらせてしまうかたや、時間をかけて...

オイリー肌の男性におすすめ!テカリ防止下地ランキング

男性の中でも、オイリー肌で悩まれている方は多いでしょう。毎日朝晩しっかりと洗顔しているのに、午後...

肌の古い角質や皮脂を取り除くには顔のパックがおすすめ!

肌に不要な皮脂や古い角質が溜まってしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。男性の場合は女性...

男性の太くて濃い体毛の処理には除毛クリームがおすすめ!

「太くて濃い体毛がコンプレックスだ」という男性はいませんか。今は男性でも身だしなみとしてムダ毛を...

足の臭いは「重曹」にお任せ!取れない臭いはない!?

足の臭いにお悩みの方は多いと思います。さまざまな対策方法がちまたにあふれていますが、中でも「重曹...

石鹸でシャンプーしよう!固形タイプより液体タイプが最適

みなさんはどんなシャンプーで洗髪を行っていますか?合成シャンプーで髪の毛を洗浄するのが一般的かも...

あせもなの?ニキビなの?男性の背中のできものの見分け方!

男性は汗をかきやすく、そのために肌トラブルが起きがちです。その中で、あせもやニキビがありますが、...

汗の色が服についた?黄色い汗染みの正体と対策方法を学ぶ!

ふとした瞬間に見えてしまう、わきの下や襟元の「黄色い染み」にお悩みの方はいませんか?色のついた汗...

doveの洗顔料はニキビ予防に効果的!?おすすめの洗顔料は?

「ニキビができる」「脂っぽくてベタつく」「乾燥する」など、女性と同じように肌トラブルを抱えている男性...

過度な鼻毛処理を行うと鼻水が止まらなくなるかも!?

男性の方で定期的に鼻毛処理を施している方は多いでしょうが、処理後に鼻水がおさまらなくなったなんて経験...

体毛処理はどれが正解?自然な体毛を目指すならシェーバーを

男性の体毛について、最近は女性からのチェックが厳しいことをご存知ですか。今まではあまり気にしてこ...

脂肪は健康の大敵!突き出たお腹を引っ込める脂肪の落とし方

脂肪でボッコリと突き出たお腹は、見た目が悪いばかりでなく、健康面にも重大な影響を及ぼします。場合...

スポンサーリンク

ゴミ箱のイヤな臭いの原因とは?

生ゴミ用のゴミ箱は、何とも言えない臭いがします。

どうして、そんな臭いがしてきてしまうのでしょうか。

その臭いの原因は、雑菌が繁殖したことにより起こる「腐敗臭」だと言われています。

冷蔵保存が必要な食材が使われると、そのカスなどが生ゴミとなるので、「ゴミ箱」という常温の場所に入れることにより、腐りやすい環境となります。

しかも、生ゴミは、水分を含んでいることが多いので、さらに雑菌が増殖し、腐敗臭がひどくなるのです。

さらに、水分をしっかり切らずに入れてしまった生ゴミからは、汁が出てしまうので、その汁がゴミ箱に付着し、イヤな臭いが発生してしまうことにつながるのです。

生ゴミの汁は、時間が経つほどに、発酵していき、発酵した臭いというのは、とても凄まじいものとなります。

夏の場合は、気温が上昇するので、特に気をつけなければなりません。

少しでも臭いが発生してきたら、すぐに、何らかの対策を始めましょう。

では、臭いのついたゴミ箱の対処法としては、やはり、洗うのが良いのでしょうか。

ゴミ箱の臭いを取るには洗うのが一番効果的?

こびりついてしまった、ゴミ箱の臭いを取るためには、「ゴミ箱を洗うこと」そして「掃除をすること」が一番効果的だと言われています。

まずは、ゴミ箱の中のゴミを全て取り出し、一度、全体を掃除しましょう。

臭いがとても強烈なので、掃除をする場所は、できれば、庭やベランダなどの屋外が良いでしょう。

水洗いをするだけでは、きつい臭いはなかなか取れないので、洗剤を使って洗い、しっかり洗い流したら、きちんと水分を拭き取りましょう。

そして、完全に乾くまで、外で干しておくことが重要です。

太陽の光には、消臭効果があるので、外に干すことは臭いを取るためにはとても効果的です。

しかし、直射日光を苦手としているようなゴミ箱の素材もあるので、取り扱いには気をつけましょう。

臭いが取れる?!ゴミ箱を洗うのにおすすめなアイテム

先ほど、ゴミ箱の臭いを取るためには、洗うのが効果的だというお話をしましたが、中性洗剤では臭いがなかなか落ちないこともあります。

その場合に、使用することをおすすめしたいのは、次に挙げるものです。

●重曹

掃除や料理にも使える、万能アイテムとされています。

重曹は、弱アルカリ性のため、酸性臭と中和して、臭いを消す効果があります。

●漂白剤

漂白剤で洗うことにより、除菌効果も期待でき、臭いもスッキリとなくなります。

●クエン酸

重曹はアルカリ性ですが、クエン酸は、酸性の性質となっています。

魚や肉の腐敗臭というのは、アルカリ性なので、酸性により中和することで、臭いを消す効力があります。

クエン酸には、細菌の増殖を抑える殺菌効果もあるので、汚れを落とし、消臭や除菌までもすることが可能です。

これらのアイテムを使って、ゴミ箱を洗う方法を次章でご紹介していきます。

おすすめアイテムを使用したゴミ箱を洗う方法

先ほどご紹介した、臭いのついてしまったゴミ箱を洗うのにおすすめのアイテムの使い方を、それぞれご説明していきます。

●重曹

ゴミ箱にぬるま湯を入れて、重曹をカップ1杯入れて溶かします。

そのまま1~2時間放置し、水を捨ててからすすぎます。

●漂白剤

水5Lに対して、キャップで2杯(キャップ1杯:約25ml)を入れます。

ゴミ箱の中に、蓋もつけて、30分~1時間ほど、つけ置きしたら、水ですすぎます。

※塩素系の漂白剤の場合は、長時間つけ置きしすぎてしまうと、ゴミ箱が傷みやすくなってしまうので、長く放置しないようにしましょう。

●クエン酸

ゴミ箱に水をはり、クエン酸をカップ1杯入れて溶かします。

そのまま1~2時間放置し、水を捨ててからすすぎます。

どのアイテムを使用しても、つけ置きするだけなのでとても簡単です。

ぜひ、試してみてください。

ゴミ箱を洗う以外にもある?消臭方法をご紹介!

ゴミ箱に、しっかりとこびりついてしまった強烈な臭いを消すためには、先ほどご紹介したように、ゴミ箱を洗う方法が一番効果的です。

しかし、「まだ、ゴミ箱を洗うまではいかないけれど、生ゴミの臭いが気になる…」という、そんな場合に、手軽に消臭ができる方法をご紹介します。

手軽に消臭することができる方法は、たくさんありますが、その中でも「重曹」を使用した方法です。

先ほど、ゴミ箱を洗う場合にもご紹介した重曹ですが、安価なので手に入れやすく、100円ショップやドラッグストアでも簡単に購入することができます。

また、消臭効果以外にも、除湿効果もあり、天然物質なので、環境にも人にもやさしいので、安心して使用することができます。

その重曹を使用するには、次のように行なうことがおすすめです。

①ゴミ箱の底に、ひとつまみまいておく

②たまっているゴミの上から、重曹をひとつまみかける

このような、とても簡単なものになります。

重曹をゴミ箱の底にまいておくことで、腐敗の原因の一つである、水を吸い取る役割をします。

また、重曹は、アルカリ性の物質なので、ゴミから出てくる酸性の臭いの元を中和し、臭いを和らげてくれます。

ただ、ゴミ箱の底に重曹をまく場合には、せっかくですので、ゴミ箱を一度洗ってから行なうと、消臭効果がさらにアップするでしょう。

日頃からできる!臭いを防ぐためのゴミ捨て方法

先ほどご紹介したように、重曹を使用したり、ゴミ箱を洗うことにより、臭いを取ることもできますが、強烈な臭いを未然に防ぐ方法として、ゴミを捨てる際に、臭いを軽減させておくこともできます。

まず、生ゴミをゴミ箱に捨てる際には、ビニール袋に小分けをして、しっかり縛ってから入れます。

その際に、ビニール袋の底に、新聞紙やチラシなど、不要な紙を入れておき、水気を吸い取らせます。

さらに、もう1枚のビニール袋で二重に密閉させれば、生ゴミから発生する臭いや水分を防ぐことが可能になります。

前章でご紹介した「重曹」をひとつまみ入れておくと、さらに効果が期待できるでしょう。

また、ゴミ箱自体には、前もってゴミ袋をセットするのは基本ですが、そのゴミ袋の底にも、新聞紙やチラシなどの不要な紙を入れておくことで、水気を取ることができます。

それと併せて、外から中身が見えにくくなり、プライバシー保護にもなる、というメリットも生まれます。

毎回、このようなことをするのも、面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴミの臭いも減り、快適な環境になるので、ぜひ、試してみることをおすすめします。

ゴミの臭いを消臭するだけでなく、防ぐ工夫もしよう!

生ゴミの臭いがついてしまったゴミ箱の洗い方や、消臭の仕方はおわかりいただけたでしょうか。

どれも簡単にできる方法ですので、ぜひ、お試しください。

そして、イヤな臭いが取れた後は、また同じような強烈な臭いがつくことにならないように、生ゴミを捨てる際には、最後の章でご紹介したような捨て方を行なうと良いでしょう。