髭剃りをコスパ良く!ランキング形式で安い方法をご紹介!

男性のマナーとして、毎日の髭剃りは欠かせません。

しかし、髭剃りに使うカミソリやシェービングフォームは消耗品ですから、ちゃんとケアしようとすると意外とお金がかかってしまい、悩みの種になってしまうことがあります。

なるべく趣味や遊びにお金を使いたい方にとって、減らせる出費は減らしたいものですよね。

そこで、きれいに髭が剃れてなるべく安い方法を比較し、ランキング形式でご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髭が濃いとお悩みの方必見!生活習慣などの改善方法を伝授!

「髭が濃いことに悩んでいる…」このような男性は結構多いですよね。朝剃ったのにもうツンツンしてくる...

髭剃りはt字カミソリ?電気シェーバー?徹底比較してみた!

髭剃りのツールとして人気を二分する、t字カミソリと電気シェーバー。あなたは普段どちらを使っていま...

髭剃りするなら深剃りしたい男性必見!肌に優しい髭剃り方法

男性には毎日欠かせない髭剃りですが、「深剃りをしてすっきりしたいけど、カミソリ負けやニキビなどで肌が...

肌を傷めずスムーズに髭剃りするコツとは?カミソリ派必見!

男性にとって、毎日欠かせない習慣となっている、「髭剃り」ですが、カミソリを使用している方は多いのでは...

髭剃りに両刃のT字カミソリはいかが?高級感な見た目が人気

髭剃りに使うT字カミソリといったら、使い捨て、またはカートリッジ式が多いですよね。しかし、昔カミ...

髭剃りが変化!床屋さんの技術とカミソリでより気持ち良く!

床屋さんでの髭剃りは、自分で剃ったときとは違う気持ち良さを感じると思います。髭剃り前の蒸しタオル...

男でも髭面は嫌だ!生えないようにする方法はあるの?

最近、「メンズ脱毛」という言葉が流行っていますよね。「仕事や就職先で清潔な印象を与えたい」、「髭...

髭剃り徹底比較!パナのラムダッシュ対ブラウン・シリーズ9

髭剃りはほとんどの男性にとって日課ですよね。この機会に髭剃りの道具を最新の電動シェーバーに交換し...

在宅療養の際の髭剃りなどの整容看護の手順と注意点について

例えば、ご両親が高齢になった時に、在宅療養になる場合があります。特に独身男性の場合は、主な看護を...

髭剃りのウェットシェービング!ジェルと泡の違いについて!

髭剃りでウェットシェービングをする上では、シェービング剤選びも迷うところですよね。特に、髭が濃い...

男前度をアップ!輪郭別のオシャレに髭を伸ばす方法とは

ワイルドで男らしい雰囲気を高めてくれる髭。しかし、髭の作り方次第では、周囲からの印象が良くも悪く...

深剃りが出来る「髭剃り用カミソリ」正しいやり方はこれ!

毎日の髭剃りにカミソリは欠かせません。特に髭の濃い方は、電気カミソリではなく、手動カミソリで深剃...

髭の剃り跡に黒いのが目立つ…お悩みを解決しましょう!

髭をきれいに剃って、つるつるですっきりはするけど、剃り跡が黒く見える。このようなお悩みを抱えてい...

髭剃り用のジェルは電動シェーバーでも必要?おすすめは?

電動シェーバーで髭剃りを行う男性の方は、ジェルなどのシェービング剤を使用しない「ドライ剃り」をされる...

髭剃りで人気のジレットを使い捨てと替え刃タイプでご紹介!

髭剃りのアイテムとして主流なカミソリですが、みなさんはどんなカミソリをお使いでしょうか。「なんと...

スポンサーリンク

コスパが最高なのはどれ?髭剃りの方法を比較しよう

髭剃りは、しっかり行おうと思うと意外とお金がかかるものです。

そこで、なるべく安い額で髭剃りを行える方法は何なのか、比較検討していきましょう。

そこでまず、比較検討する前に、髭剃りの方法にはどういったものがあるのかを条件分けしていきましょう。

髭剃りの方法と言えば、大まかに分けると「電動シェーバー」か「カミソリ」の2択に分けることができます。

電動シェーバーは価格帯がピンキリで、更に「高級シェーバー」と「普及品シェーバー」に分けることができます。

また、カミソリの中でも「使い捨てカミソリ」と、替刃を交換する「ホルダー式カミソリ」に分けることができるでしょう。

そこでこの記事では、「高級シェーバー」「普及品シェーバー」「使い捨てカミソリ」「ホルダー式カミソリ」の4つの条件で比較検討し、ランキング付けしていきます。

髭剃りを安く済ませる方法を徹底比較してランキング化!

それでは、安い額で髭剃りが行える方法のランキング付けをしていくために、先ほど設定した条件ごとにシミュレーションをしていきましょう。

シミュレーションをするうえでの前提条件は、以下の通りです。

・1日1回髭を剃るとする

・消耗品はメーカー推奨の期間どおりに交換する

・シェービングフォームは2ヶ月で使い切ると仮定する

・シェーバーとホルダー式カミソリは、本体を一度購入すれば消耗品の交換以外不要になるため、本体を購入した年の費用と、翌年以降のランニングコストについても考える

このような条件で髭剃りを行った場合に、一年間で髭剃りにかかる費用を比較していきたいと思います。

■高級シェーバー

高級シェーバーのサンプルとして、パナソニックのラムダッシュ5枚刃〈ES-LV9C〉を例に考えていきます。

シェーバーは内刃を2年に1回、外刃を1年に1回交換することを推奨されています。

また、シェーバーの自動洗浄液については交換頻度がユーザーにゆだねられており、1~3ヶ月に1度交換するユーザーが多いため、2ヶ月ごとに交換すると仮定しました。

すると、かかる費用は以下の通りになります。

・本体価格 38,000円

・内刃 3,000円 (2年に1度交換)

・外刃 7,000円 (1年に1度交換)

・シェーバー洗浄剤 1,000円 (2ヶ月に1度交換)

以上から計算すると、高級シェーバーを使用してかかる費用は以下の額です。

・初年費用 44,000円

・年間ランニングコスト 14,500円

シミュレーションの結果、高級シェーバーは初年度費用もランニングコストも非常に高価とわかりました。

しかし高級シェーバーは、手軽に髭を剃れる電動シェーバーの利点と、搭載された最新技術によってカミソリ並みの剃り味があり、更に比較的肌にも優しいというメリットがあります。

これらのメリットにお金を払える人にとっては、決して高価すぎることはない投資なのではないでしょうか。

電動シェーバーは予想より安い髭剃り方法!

それでは、引き続き安い額で髭剃りが行える方法のランキング付けをしていくために、シミュレーションをしていきましょう。

■普及品シェーバー

普及品シェーバーのサンプルとして、パナソニックのES-RL13を例に考えていきます。

普及品シェーバーも高級シェーバーと同様に、内刃を2年に1回、外刃を1年に1回交換することを推奨されています。

すると、かかる費用は以下の通りになります。

・本体価格 4,000円

・内刃 3,000円 (2年に1度交換)

・外刃 4,000円 (1年に1度交換)

以上から計算すると、普及品シェーバーを使用していてかかる費用は以下の額です。

・初年費用 4,000円

・年間ランニングコスト 5,500円

高級シェーバーと比較するとずいぶんと安価になりました。

普及品シェーバーは、剃り味が多少悪かったとしても、手軽に髭剃りできるというメリットは失われていません。

そのため、あまり髭が濃くなくて、そこまで深剃りをしなくていい方にとっては、コストパフォーマンスの良い選択肢なのではないでしょうか。

また、安価な普及品シェーバーは、下手に替刃を交換するくらいなら新品を購入した方が安い場合があります。

その点を考慮すると、かなりコストパフォーマンスに優れた選択であると言えるでしょう。

ランキング上位候補!安いと言えば使い捨てカミソリ!

続きまして、ランキング付のために使い捨てカミソリのコストをシミュレーションしていきます。

■使い捨てカミソリ

サンプルとして、シックのプロテクターディスポと、薬用シェーブガードを例に考えていきます。

カミソリは一般的に2週間に1度交換するようメーカーから推奨されていますから、年間に使うカミソリの数は26本と仮定します。

すると、かかる費用は以下の通りになります。

・カミソリ 700円 10本入り

・シェービングフォーム 800円 2本入り

以上から計算すると、年間にかかる費用は以下の通りです。

・年間費用&ランニングコスト 4,220円

使い捨てカミソリは非常に安価で、シェービングフォームを考えなければ年間の費用が1820円と、群を抜いて安いです。

そのため、シェービングフォームと洗顔料を兼用している方等にとっては、安く髭剃りができる選択肢と言えるでしょう。

案外安いわけではない?ホルダー式カミソリ

最後に、ホルダー式カミソリのシミュレーションを行います。

■ホルダー式カミソリ

サンプルとして、シックのハイドロ5と、薬用シェーブガードを例に考えていきます。

カミソリの替刃は、2週間に1度交換するとして、年間で26個使用すると仮定します。

すると、かかる費用は以下の通りになります。

・カミソリ本体 1,700円 替刃5個セット

・カミソリ替刃 2,800円 8個入り

・シェービングフォーム 800円 2本入り

以上から計算すると、年間にかかる費用は以下の通りです。

・初年費用 11,450円

・ランニングコスト 11,500円

以上の結果から、一見コストパフォーマンスがよさそうなホルダー式カミソリですが、意外にも費用がかさむことがわかりました。

初年費用とランニングコストがほとんど変わらないのも驚きですよね。

なるべく替刃が安いときに、まとめて購入しておくことが節約につなげる方法と言えるでしょう。

以上で、すべての条件でシミュレーションが完了しました。

次の項では、髭剃りにかかる費用が安い順にランキングとしてまとめていきます。

シミュレーションしたランキングの結果!

以上のシミュレーションの結果から、髭剃りにかかるコストが安いランキングを発表していきます。

①使い捨てカミソリ

一番安く髭剃りが行えたのは、使い捨てカミソリでした。

「使い捨てカミソリは安価な分質が悪いし、安くたって使いたくない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、今回比較例として使用したのは有名メーカーのロングセラー商品です。

ホルダー式に比べて切れ味が劣っているという事は決してありませんので、ぜひ一度お試しください。

②普及品シェーバー

次点にランクインしたのは、普及品シェーバーでした。

安価ながら手軽に髭が剃れるので、朝にシェービングフォームを塗って洗い流す手間が惜しい方には非常におすすめできます。

また、メンテナンスのために刃を交換するよりも、本体ごと買い替えた方が安い場合があるのも普及品シェーバーの特徴です。

どうしてもバッテリーの劣化が気になる電動シェーバーですが、気軽にまるごと買い替えられるというメリットは非常に強みであると言えるでしょう。

③ホルダー式カミソリ

意外とコストがかかったのがホルダー式カミソリです。

刃の枚数を増やして肌へのやさしさや深剃り性能を向上させているため、どうしても替刃が高価になってしまうのです。

肌がデリケートな方や、特に髭が濃い方は、コストを度外視してもホルダー式カミソリを選んだ方が良い場合もあるでしょう。

④高級シェーバー

最新の深剃り機能や、自動洗浄機能を備えているため、高級シェーバーはどうしてもコストがかかってしまいます。

シェーバーのケアが面倒で、そこにお金をかけてもいいという方ならば、高級シェーバーを使うことできっと一番良い髭剃り体験をすることができるのではないでしょうか。

ランキングの結果から自分に合った選択をしよう

以上、髭剃り方法ごとにかかるコストを比較してきました。

実際にかかる費用について、気にしても比較したことはなかったのではないでしょうか。

安価な方法も決して質が悪いわけではありませんし、高価な方法も値段相応の機能が備わっています。

自分の髭質と相談して、自分に合ったコスパのいい髭剃りを行いましょう。