SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

髭剃りの費用を抑えたい!安い価格でおすすめな製品をご紹介

2018.9.12

男性にとって、欠かすことができない「髭剃り」ですが、毎日おこなうシェービングには、どうしても費用がかかりがちになりますよね。

そこで、「少しでも髭剃りによる出費を抑えたい!」という方には、安い価格で手にとりやすい製品がおすすめです。

序盤では、リーズナブルな電気シェーバーをご紹介していきますが、コストパフォーマンスが高い「使い捨てカミソリ」についても、詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りシェーバーはどのくらいの寿命?より長く使うために!

毎日の髭剃りに、電気シェーバーを使っている男性は多いと思います。 その男性の多くは、電気シェー...

髭剃りしてもすぐ伸びちゃう方に!おすすめ深剃りシェーバー

「朝に念入りに髭剃りをしても、夕方には髭が伸びてきてしまう」というように、髭の濃さに悩んでいる男...

肌にやさしい髭剃りはフィリップス?!自動洗浄器が便利

家電量販店に行くと、さまざまな電気シェーバーが販売されています。 どれを選べばいいか、迷ってし...

髭剃り論議!「シック」か「ジレット」か?果たして結論は?

「シック」と「ジレット」の髭剃り論議は、繰り返し行われていて尽きることがありません。 「好みの...

髭剃りの頻度を年齢別に公開!大学生にオススメの医療脱毛

男性の身だしなみの中で、髭剃りはとても重要で、顔の印象や清潔感までも左右する重要なものです。 ...

髭剃り用のシェーバーをプレゼントしたい!人気なのは?

男性にとって、髭剃りは身だしなみを整えるためでもあり、おしゃれとして欠かせないものでもあるでしょう...

自分に合った髭剃りは、t字カミソリか?電気シェーバーか?

毎日の髭剃りに何を使っていますか? 安価で手に入りやすい「t字カミソリ」でしょうか。 それと...

初心者必見!髭剃りのやり方と基本的なシェーバーの使い方!

男性が行う身だしなみの一つでもある髭剃り。 あなたは現在の髭剃りに満足されていますか? 髭剃...

髭剃りするなら深剃りしたい男性必見!肌に優しい髭剃り方法

男性には毎日欠かせない髭剃りですが、「深剃りをしてすっきりしたいけど、カミソリ負けやニキビなどで...

クリームが無くて髭剃りできない!泡立つアレで代用できる?

旅行や出張の際に、普段使っているシェービングクリームをうっかり持っていくことを忘れてしまって、ど...

髭剃りは夜、朝どちらに行う?髭剃りのベストな時間について

男性の場合は、毎日髭剃りを行うのが日課、という方も多いでしょう。 そんな男性の方たちは、朝と夜ど...

前髪や髪が剛毛・量が多い男性必見!それぞれの解消方法

男性の髪の悩みで「髪が少ない」「薄毛にならないか心配」というのはよく聞きますね。 一方で「前髪...

髭剃りの正しいやり方をご紹介!電動シェーバー派の人必見!

電動シェーバーでの髭剃りは、カミソリに比べて「肌に優しく安全」と言われています。 しかし、正し...

髭剃りに両刃のT字カミソリはいかが?高級感な見た目が人気

髭剃りに使うT字カミソリといったら、使い捨て、またはカートリッジ式が多いですよね。 しかし、昔カ...

髭剃りのウェットシェービング!ジェルと泡の違いについて!

髭剃りでウェットシェービングをする上では、シェービング剤選びも迷うところですよね。 特に、髭が...

スポンサーリンク

毎日の髭剃りにもおすすめ!価格が安い電気シェーバー紹介①往復式

場所を選ばずに髭剃りができる「電気シェーバー」は、愛用者が多いですよね。

そんな電気シェーバーには、値段が高額なイメージがありますが、中には手にとりやすいリーズナブルな製品もありますので、初期費用を抑えたい方は、参考にしてみてください。

まず、最初におすすめしたいのは、往復式の【BRAUN(ブラウン):シリーズ3 シェーバー 310s】です。

大手メーカーである「ブラウン」のエントリーモデルで、インターネット通販サイトでは、4,000円以下で販売されていることもあります。

非常に価格の安い電気シェーバーですが、その切れ味は本格的で、最上位モデルと同一の機能「ディープキャッチ網刃」により、深剃りを実現することができます。

そして、あらゆる方向に生えている髭をキャッチする「マイクロコーム」は、さまざまな髭質の男性においても、快適な剃り心地を生み出します。

さらに、ウォータープルーフで「お風呂剃り」に対応しているモデルなので、シェービング剤を使用した、肌に優しい「ウェットシェービング」も可能です。

今回ご紹介した往復式は、短時間で深剃りができるため、初心者に向いています。

はじめて電気シェーバーを購入する方は、こういったリーズナブルな製品で、使用感を試してみることもおすすめですよ。

毎日の髭剃りにもおすすめ!価格が安い電気シェーバー紹介②回転式

続いてご紹介するのは、回転式の【PHILIPS(フィリップス):メンズシェーバー 5000シリーズ S5050/05】です。

フィリップスの回転式電気シェーバーは、高性能なラインになると、30,000円を超える製品もありますが、こちらは4,000円台で購入することができます。

価格設定が安いエントリーモデルなので、シンプルな機能しか搭載されていませんが、深剃りを求めず、もともと髭があまり濃くない方にとっては、十分な電気シェーバーだといえます。

回転式の特徴はそのままに、肌に優しい剃り心地と、フェイスラインへの密着感が魅力です。

また、前項でご紹介したブラウン製品と同様に、完全防水なので、肌を傷つけにくい「ウェットシェービング」で髭剃りをすることもできます。

さらに、オイル差しが不要で丸洗いも可能なため、メンテナンスに手間がかからないことも人気の秘訣なようですね。

どうしてもカミソリ負けをしてしまう方や、肌が荒れやすい敏感肌な方には、こちらの回転式電気シェーバーをおすすめします。

コスパ最強!使い捨てカミソリについて知る!

これまで、リーズナブルな電気シェーバーをご紹介してきましたが、ここからは安い価格で気軽に使用できる「使い捨てカミソリ」に焦点を当てていきます。

これからお話しする使い捨てタイプのカミソリには、どのような特徴があるのか、メリットとデメリットに分類し、以下にまとめました。

【メリット】

・コストパフォーマンスが高い
・初期費用がかからない
・持ち運びしやすい
・衛生的に髭剃りができる

【デメリット】

・準備に手間がかかる
・切れ味が落やすい
・肌が荒れやすい
・性能が劣る

上記のような特徴がある使い捨てカミソリですが、やはり最大のメリットは、高いコストパフォーマンス力にあります。

お得なパックになると、1本あたり50円以下で販売されているものもあり、1週間で交換したとしても、年間で約2,600円以下の出費に抑えることができます。

シェービング剤が別途必要になるとはいえ、非常にお得な印象を受けます。

一方で、デメリットとして「切れ味が落やすい」「肌が荒れやすい」とあるように、肌に優しい髭剃りが難しくなるというマイナス面もあります。

しかし、低価格ながらに、それらをカバーしている使い捨てカミソリも発売されていますので、次項でおすすめをご紹介していきます。

安いのにスゴイ!おすすめの使い捨てカミソリ

それでは、お値段が安いおすすめの使い捨てカミソリをご紹介します。

【Schick(シック):エクストリーム3 15本入り】

・インターネット通販サイト平均販売価格:1,239円(税込)

カーブにフィットして使いやすい「曲がる3枚刃」が特徴の使い捨てカミソリです。

刃の前後にあるスムーサーには、「ビタミンE」「アロエ成分」「ホホバオイル」を配合しており、肌に優しい工夫がなされています。

さらに、使い捨てカミソリの中でも高性能な「首振りヘッド」には定評があります。

機能が充実している上に低価格なため、髭剃りが使い捨てカミソリ派の男性にとって、もはや定番となっている大容量パックです。

【Gillette(ジレット):カスタムプラスEX 首振式 10本入り】

・インターネット通販サイト平均販売価格:594円(税込)

新しくなった「ウルトラソフトグリップ」により、操作性が向上し、使い捨てカミソリのイメージを覆す「爽快な剃り心地」を可能にしました。

さらに、スライドするヘッド部分により、密着感のある安定したシェービングをすることができます。

枚数が少ない2枚刃ではあるものの、「潤滑効果」を強化したスムーサーが、肌への抵抗を抑えてくれます。

コストパフォーマンス、切れ味ともに、評価が高い使い捨てカミソリです。

髭剃りの新常識!2ヵ月で使い切るカミソリとは?

ここからは、普段電気シェーバーを使用している方にもおすすめな、新感覚のカミソリをご紹介します。

髭剃り用のカミソリには、同じホルダーを使い続ける「替刃式カミソリ」と、丸ごと交換する「使い捨てカミソリ」がありますが、これらの特性を融合させた製品もあります。

それが、【貝印:Xfit(クロスフィット)】です。

このカミソリは、「2ヵ月使い切り」をコンセプトにしており、替刃の交換は2週間に1回、ホルダー自体も2ヵ月で交換する、新しいタイプのカミソリになっています。

高品質な日本製の替刃は、独自の「チタニウムコーティング」により、2週間で交換してしまうのがもったいないほどの耐久性があります。

さらに、コストパフォーマンスが高く、年間で約4,200円とお手ごろな価格なため、試しやすいことも人気の秘訣です。

こうした手軽さと、優れた機能を兼ね備え、2014年には「グッドデザイン賞」を受賞しています。

使ってみると、「安いカミソリでは満足できない」という常識を覆すかもしれませんよ。

価格が安いシェービング剤にも注目してみよう!

最後に、安い価格で購入できる、お得な「シェービング剤」をご紹介します。

【Gillette(ジレット):シェービングフォーム ピュア&センシティブ 245g】

・インターネット通販サイト平均販売価格:275円(税込)

肌に優しい剃り心地をサポートするため、敏感肌の方に人気があります。

濃密な泡が優秀で、たっぷりと使用しても気にならない低価格設定が魅力です。

身近にある薬局やドラッグストアなどで、手に入りやすいことも嬉しいポイントですね。

【貝印:炭シェービングフォーム 220g】

・インターネット通販サイト平均販売価格:225円(税込)

たっぷりな容量で、このお値段なので、リピーターが多いシェービングフォームです。

その魅力は安さだけではなく、「髭剃りと同時に洗顔もできる」という利便性の高さにあります。

また、メントールが配合されていないので、スース―とした冷却感が苦手な男性にはおすすめです。

シェービング剤は消耗品ですから、なるべく出費を抑えられるように、製品のお値段をよく比較してから購入してみましょう。

リーズナブルな製品でお財布に優しい髭剃りを!

今回は、安くても高性能な電気シェーバーや、気軽に使用できる使い捨てカミソリ、シェービング剤をご紹介しました。

「髭剃りにお金をかけてしまうのはもったいない!」という男性は、この記事を参考に製品選びをしてみてください。

中でも、貝印のXfit(クロスフィット)は、高機能な上に低価格なので、一度試してみることをおすすめします。

 - 髭の悩み