SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

気持ちいい髭剃り!床屋さんの道具「カミソリ」の違いとは?

2018.8.19

床屋さんで行ってくれる髭剃りは、とても気持ちよく、仕上がりもさっぱりするため、男性の間でとても人気です。

そんな床屋さんのような髭剃りの方法を「自宅でも試したい」と、考えたことがある人もいるのではないでしょうか?

そこで、髭剃りの時に使っている道具の「カミソリ」の特徴や、深剃りする方法などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りには替刃式カミソリがおすすめ!ジレット製品をご紹介

皆さんはどんな髭剃りを使って髭を剃っていますか? カミソリを使っている方もいるでしょうし、シェ...

髭剃りでおすすめなのは電動?手動?髭が濃い方の悩みを解決

男性の中には、「髭が濃い」というコンプレックスを抱えている方もいますよね。 髭が濃いと、どうし...

髭剃りの細かなお手入れにヒゲトリマーが便利!使い方とは

髭剃りの際、髭をファッションの一部として残している男性の方も多くみられます。 そのような方は、当...

肌にやさしい髭剃りはフィリップス?!自動洗浄器が便利

家電量販店に行くと、さまざまな電気シェーバーが販売されています。 どれを選べばいいか、迷ってし...

髭剃りに使うカミソリの替刃が高い!コスパがいいものは?

髭剃りに使用するカミソリといえば、定期的に替刃に交換する必要があります。 しかし、カミソリの替刃...

髭剃りに使うシェービング剤は泡かジェルどちらがいい?

髭剃りに使用するシェービング剤には、いくつか種類がありますが、代表的なのは「泡タイプ」と「ジェル...

前髪を切りすぎた!早く伸ばすために結ぶのは逆効果!

セルフや美容室などで「前髪を切ったけど、切りすぎてしまった」と切りすぎた前髪を抑えながら、落ち込ん...

整髪料は種類が豊富!ムース・ワックスなどの使い方をご紹介

出かける際に、身だしなみとして髪の毛をセットする男性も多いと思います。 そんな人の中で、美容院...

髭剃りに使うカミソリの替刃の寿命はいつ?寿命を延ばす方法

髭剃りに使っているカミソリの替刃は、見た目で寿命が判断しにくい点もあり、「まだ剃れるから」という...

髭剃りに両刃のT字カミソリはいかが?高級感な見た目が人気

髭剃りに使うT字カミソリといったら、使い捨て、またはカートリッジ式が多いですよね。 しかし、昔カ...

髭剃り後の嫌な臭いはどこからくる?その原因と対策を知る!

男性の髭剃りには、一般的にT字カミソリや電気シェーバーが使われていることがほとんどです。 しか...

髭剃りに使うシェーバーにオイルは欠かせない!使い方は?

髭剃りをする方法としては、カミソリかシェーバーがあります。 カミソリの刃のメンテナンスは基本的に...

髭剃りが変化!床屋さんの技術とカミソリでより気持ち良く!

床屋さんでの髭剃りは、自分で剃ったときとは違う気持ち良さを感じると思います。 髭剃り前の蒸しタ...

髭剃りしてもすぐ伸びちゃう方に!おすすめ深剃りシェーバー

「朝に念入りに髭剃りをしても、夕方には髭が伸びてきてしまう」というように、髭の濃さに悩んでいる男...

在宅療養の際の髭剃りなどの整容看護の手順と注意点について

例えば、ご両親が高齢になった時に、在宅療養になる場合があります。 特に独身男性の場合は、主な看...

スポンサーリンク

床屋さんの髭剃りが気持ちいいのは道具や方法が違うから?

なぜ、床屋さんがしてくれる髭剃りは、自分でするのとは違って気持ちいいのでしょうか?

その理由はいくつかあるので、それぞれお伝えしていきます。

1.お客様ごとに刃を新しくしている

カミソリの刃は、使用しているうちにどんどん切れ味が悪くなっていきます。

切れ味の悪くなった刃で髭を剃っていると、剃りづらさを感じるだけでなく、肌も痛めてしまうので、仕上がりもつるつるにはなりません。

床屋さんで使用している道具の中でも「カミソリの刃」は、ほとんどの場合、一回ずつ刃を新しく交換することで、肌への負担をかけずに綺麗に剃ることができます。

2.軟化剤を塗って蒸しタオルで温め、浸透させている

軟化剤を塗って蒸しタオルで髭を温めると、髭が柔らかくなることで、髭に余計な圧力がかからなくなります。

軟化剤を塗る時、ふわふわしたハケや泡が柔らかくて「気持ちいい」と感じる人もいるでしょう。

更に、蒸しタオルで血行が促進され、気持ちよさも倍増されます。

3.細かな産毛もしっかりと剃る

顔をよく見てみると、うっすらと顔の産毛が確認できる人もいるのではないでしょうか?

床屋さんの髭剃りは、目のキワ、耳の下など、普段自分で行う髭剃りだとなかなか剃らない場所も、丁寧に仕上げてくれます。

そのため、剃り終わった肌は、つるつると手触りも気持ちよいのです。

床屋さんで剃ってもらうと気持ちいいのは、このような理由が挙げられます。

床屋さんの髭剃りと、自分でする髭剃りを比べると、大きな違いは「カミソリ」にあります。

それでは、床屋さんが使っているカミソリは、どのようなものなのでしょうか?

床屋さんが使っているカミソリは特別な道具?!

床屋さんが使っているカミソリは、普段自宅で使っているようなT字のタイプとは、形も性能も違います。

床屋さんが使っているカミソリの刃は、バターナイフのような形になっています。

それから、刃は包丁のようにむき出しで、市販で販売されているガードがあるタイプの「安全刃」にはなっていません。

そのため、間違った方法で髭剃りを行ってしまうと、肌も切ってしまう可能性もあるのです。

更に、床屋さんが使っているカミソリは2種類あり、その内の一つは替え刃タイプです。

前項でもお話ししましたが、お客さん一人ずつで刃を変えるタイプは、刃を変えることで、切れ味を完全に復活できます。

この替え刃に使用されている金属は、ほとんどがステンレスです。

形は、カッターの刃のようになっていて、厚みは0.1から0.3mm程度となっています。

もう一方は、刃を研ぐタイプで、刃と本体が完全に一体化していて、替え刃と違い、同じ刃を何度も使い続けます。

替え刃のタイプとは違い、研ぐタイプのカミソリは、鋼でできていて重みがあります。

髭剃りをする時は、鋼の重さで引いて行うと、髭を深くまで剃ることができるのです。

それでは、このような床屋さんが使っているカミソリなどの道具は、技術が全くない人でも使うことができるのでしょうか?

床屋さんと同じ髭剃りの道具を使ってみたい!

先ほどもお伝えしたように、床屋さんで使われるカミソリは2種類で、その内の研ぐタイプのカミソリですが、こちらはプロでも使うのが難しいといわれています。

その理由は「研ぐ技術」にあります。

髭や産毛を剃るための刃は、包丁などの刃とは違い、とても繊細です。

そのため、研ぐ技術を身につけなければ、髭剃りをすることはできないのです。

現在、研ぐタイプのカミソリで髭剃りをしてくれる床屋さんは「ほとんどいない」といわれています。

一方、替え刃のタイプは、どんな人でも使うことができます。

本体の価格は様々で、安いものであれば千円程度、高いものだと1万円以上することもあります。

また、本体だけ購入しても、肝心の刃はついていないので、合わせて替え刃を購入しなけばなりません。

替え刃は大体10枚千円程度で購入することができます。

販売店によっては、替え刃も数枚セットで付属されている場合もあるので、確認して購入するとよいでしょう。

しかし、このようなプロの道具を「使うことができる」といっても「深剃りすること」は、難しいのが現状です。

その理由をご説明していきます。

床屋さんと同じカミソリではしっかり深剃りできない理由とは?

それでは、どうして床屋さんと同じ替え刃タイプのカミソリでは、深剃りすることができないのでしょうか?

その理由は、顔の凹凸と髭剃りとの密着度にあります。

床屋さんのようなプロが髭剃りをする時は、顔の形や凹凸に合わせ、適切な角度で剃っています。

角度を自由に操れるからこそ、プロの道具を使う方がよいのです。

一方、技術がない人がプロのカミソリを使うと、どのように角度を付けたらよいか判断するのが難しく、誤った角度や力加減になってしまいます。

それによって、最終的に「肌を切りすぎて血だらけに…」という結果を招く恐れも十分にあるのです。

それでは、床屋さんのように髭を根こそぎ深剃りするには、どのようしたらよいのでしょうか?

貝印(キャプテン Tpro)で気持ちよく髭剃りをしよう

床屋さんと同じ道具を使いこなすことができないとなれば、あのすっきりする髭剃りも実現できないのでしょうか?

そこで、プロでなくても「プロのように深剃りできるカミソリ」をご紹介していきます。

●貝印(キャプテン Tpro)

見た目はT字のカミソリですが、ドラッグストアなどで販売されているようなカミソリとは違い、グリップが木製で、かなり高級感がある仕様になっています。

使い心地にも特徴があり、本体に重さがあるため、剃っている時に余計な力を掛けなくとも、カミソリの重みで剃れていきます。

ちなみに、床屋さんでも大まかな髭は「Tpro」を使い、細かなところは従来のカミソリで剃るなど、2種類のカミソリを使っているお店もあります。

お値段は本体で5千円程度と、少し高めの設定となりますが「剃り味は抜群」と、ひそかな人気を集めています。

深剃りできる髭剃りの方法

自分で髭剃りをする時でも、しっかりと深剃りするには、髭剃りなどの道具も大切ですが、「準備」「剃り」「ケア」の3ステップも大切です。

一つずつ順番に、3ステップのご説明をします。

1.蒸しタオルで髭を温める

蒸しタオルで髭を柔らかくし、カミソリで髭が切れやすいようにします。

この時に、シェービング剤を使うという方法もありますが、より効果が高いのは、蒸しタオルを使用する方法です。

蒸しタオルの作り方は、フェイスタオルを水で濡らして絞ったら、電子レンジで1分半温めるだけです。

ちなみに、蒸しタオルは、髭を柔らかくするだけでなく、リラックス効果も得られます。

2.順剃りの後に逆剃りをする

髭剃りをする前に大切なのは、髭の毛の流れをきちんと理解することです。

毛の流れに逆らわないで髭を剃る方法を「順剃り」といい、髭の毛の流れに逆らって剃る方法を「逆剃り」といいます。

順剃りは、毛の流れに逆らわないため、肌への負担も軽い傾向にあるにも関わらず、ある程度の髭を剃ることができるのです。

あくまで「逆剃り」は、順剃りの髭剃りの仕上げの意味で行い、肌への負担を最小限にすることで、仕上がりの肌触りにも大きく影響します。

根こそぎ剃りたいからと、最初から逆剃りをしていたら、肌に大きなダメージを与えてしまうことにも繋がります。

3.きちんとスキンケアをする

「2」の方法で順剃りをしてから逆剃りをしていても、肌には少なからずダメージを与えてしまいます。

また、ケアを怠ると肌が乾燥し、ニキビや吹き出物ができやすくなり、次回の髭剃りの時に剃りづらくなってしまうこともあります。

髭剃りの後は、スキンケアを行い、次の髭剃りに備えておくことが大切です。

以上のことを踏まえて髭剃りをすると「床屋さんと同じ」とまではいかないものの、今までの髭剃りより深剃りできているはずです。

床屋さんのような髭剃りの仕上がりは自分でも実現できる!

床屋さんなどプロが使用しているカミソリを、使いこなすのはとても大変です。

しかし、髭を剃る前に3ステップを行ったり、カミソリ選びにもこだわりを持つことで、床屋さんのような気持ちのいい髭剃りが実現できそうですね。

髭そりの後だけでなく、次回の髭剃りに影響が出ないよう、肌のコンディションを日頃から整えておくことも大切です。

 - 髭の悩み