「パフォーマンス」の意味は幅広い!仕事上での使い方とは?

テレビやビジネスシーンで、「パフォーマンス」という言葉を耳にすることが多くあります。

この「パフォーマンス」という言葉には、様々な使い方があることをご存知でしょうか。

ここでは、「パフォーマンス」の意味や使われ方のお話から、仕事上で使う場合の意味について、そのパフォーマンスを上げるためには何を心がけたら良いのかというお話をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

すね毛をカミソリで剃ると濃くなる?正しい剃り方とは!

すね毛が濃い男性は、カミソリを使用してきれいに剃ろうとする方が多いと思います。しかし、その剃り方...

紫外線から目を守るために!サングラスとその効果について!

スポーツ活動などにより、長時間屋外で過ごす場合、日差しや紫外線から目を守るための対策は必須です。...

ミョウバンで嫌なニオイを消臭!靴のニオイ対策に最適!

男性の悩みの中でも上位に食い込んでくるであろう、靴のニオイ。靴のニオイにお悩みの方は、足が蒸れる...

紫外線の量は時間帯や天気で違う?日焼け防止など対策が大切

紫外線はしわやたるみなど肌トラブルを招く最大の敵と言えます。紫外線によるお肌の悩みを持っている男...

エラ張りを解消するマッサージ!?試して小顔を手に入れよう

年齢に関係なく、エラが張っていることを気にする男性は多いようです。特に中年になってくると体型の崩...

どんなに頑固な鼻毛でも、鼻毛ワックスゴッソで一発退治!

どんなにばっちりおしゃれを決め込んでも、一本の鼻毛で全てが台無しに。このような経験は誰でも一度は...

制汗剤で脇がかゆいのはなぜ?かゆみの原因と対策を知ろう!

脇汗が気になる男性が使うアイテムのなかに、制汗剤があります。制汗剤は、汗をかきやすい夏場に使うと...

鼻毛カッターで定期的にお手入れを!おすすめモデルをゲット

百年の恋も覚めさせてしまう破壊力を持っているのが「鼻毛」です。いくらファッションやヘアスタイルを...

あせもなの?ニキビなの?男性の背中のできものの見分け方!

男性は汗をかきやすく、そのために肌トラブルが起きがちです。その中で、あせもやニキビがありますが、...

「汗は健康のバロメーター」サラサラ爽やかに汗をかく方法!

汗はサラサラと爽やかに、かつ健康的にかきたいですね。しかし、年齢とともに汗がベトついてきていませ...

両親の歯並びは子供に遺伝するの?しないの?どっち?

歯並びで悩んでいるかたの多くが、子供に遺伝しないか気になるところですよね。父方も母方も歯並びが悪...

加齢臭対策を知りたい人必読!臭わない男になるための予防法

アラフォー世代になってくると、加齢臭が出始める人が多いと言われています。加齢臭を気にせず、何も対...

エラにできた肉のたるみを解消できる?様々な方法をご紹介!

子供の頃にはそんなことなかったのに、気が付いたらエラにお肉が付き始めている、なんていうことは珍しくあ...

加齢臭に効果あり!おすすめの洗剤と柔軟剤をご紹介

年齢を重ねるごとに気になってくるのが「加齢臭」ですね。加齢臭は40代あたりから目立ち始めますが、...

皮脂でテカってしまう顔!男の顔の皮脂を取りのぞく方法は?

朝、顔をしっかり洗っても、お昼頃になると脂で顔がテカってきませんか?それは、顔から余分に分泌され...

スポンサーリンク

「パフォーマンス」という言葉の意味とは?

「パフォーマンス」という言葉には、次のように、いくつかの異なった意味があります。

●音楽やダンス、演劇などをステージの上などで披露すること

〈使用例〉

「このステージで、今までにない最高のパフォーマンスをお見せします。」

●大道芸など、自分を見てもらおうとして行なう、目立つ行動や言動を路上や駅前などで行なうこと

〈使用例〉

「駅前の広場で、派手なパフォーマンスをしている人を見ました。」

●機械の性能やコンピューターの処理能力などについて使用する「性能や効率」、仕事の効率などのこと

〈使用例〉

「この機械は、パフォーマンスが高いです。」「仕事のパフォーマンスを上げることが目標です。」

このように、一つ目と二つ目の意味合いは似ていますが、三つ目の「パフォーマンス」は意味が違ってきますので、どの意味合いで使われているのかを聞き分けたり、使い分けなければなりません。

スポーツでの「パフォーマンス」の使われ方

サッカー観戦をしていると、ゴールを決めて得点を入れた選手が喜びを体で表現している場面を見ることがあります。

選手一人で行なうこともあれば、チームメイトと一緒にポーズをとったりと独特な表現の仕方があります。

このようなことは、人目を引こうとして行なう「行動」という意味での「パフォーマンス」が当てはまります。

また、サッカーだけではなく、スポーツ界で使用される「パフォーマンス」という言葉には、また違った意味合いがあります。

「次回は、もっと良いパフォーマンスができるように頑張っていきます。」などというコメントを聞くことがあります。

その場合は、スポーツで良いパフォーマンスをするということは、「試合に勝つことができるようなプレイをする」という意味になります。

それでは、次章からは、仕事上での「パフォーマンス」という言葉の意味や使われ方についてお話ししていきましょう。

仕事上での「パフォーマンス」の意味について

これまでお話ししてきた「パフォーマンス」の使われ方とは違い、仕事上での「パフォーマンス」とは、他の人に自分の仕事をアピールすることではありません。

それでは、どのようなことかというと、「仕事の効率やその人自身の能力」という意味になります。

「パフォーマンス」の意味を取り違えて、自分が頑張っているというアピールをするために、無駄な残業をしたりするのは、効率が悪く、「パフォーマンスの低い人間」だと誤解されてしまいます。

そのようなことのないように、「パフォーマンス」の意味をきちんと理解し、効率の良い仕事をして、パフォーマンスを向上できるようにしたいものですね。

次は、ビジネスシーンで使われることの多い、「コストパフォーマンス」という言葉についてのお話をしていきます。

「コストパフォーマンス」は、どのような意味を持ち、どのような場面で使われているのでしょうか。

よく聞く「コストパフォーマンス」の意味と使われ方

仕事上での「パフォーマンス」の意味は、効率や能力のことだというお話をしました。

それでは、近年、耳にする機会の多い、「コストパフォーマンス」とは、どのような意味と使われ方があるのでしょうか。

「コストパフォーマンス」という言葉は、元は有名なIT用語です。

意味としては、「コンピューターを活用して獲得できた純利益と、そのシステムによってかかった労力や費用とを対比した上で算出される成果」のことを言います。

ビジネス上では、現在していることや現在の仕事量や働きそのものの内容が、果たしてその将来にどれだけ役に立つかということを正確に算出するための基準となります。

近年では、「コストパフォーマンス」は「コスパ」と略されて、幅広い年齢層にも使われています。

普段、一般的に使われているのは、「価格と価値を対比させた場合の度合いのこと」という意味で、価格に対して価値が相応なのかどうかを表す「コストパフォーマンス」となります。

言葉の使用例としては、100円のフキンが思った以上に便利な品物だとわかった時に、「このフキンはコスパが高い」などという言い方をします。

このように、「コストパフォーマンス」という言葉も、使う場面によってやや違ってきますので、知っておくと良いでしょう。

仕事上での「パフォーマンス」を上げるためには?①

「パフォーマンス」という言葉の意味がわかったところで、仕事上でのパフォーマンスを上げるためには、どうしたら良いのかという話をしていきましょう。

仕事上でのパフォーマンスを上げるために必要なことは次のようなことが挙げられます。

●問題点を見つける

実際に仕事上のパフォーマンスを上げるためには、仕事を行なっているなかで、問題になっていることを把握することから始めましょう。

仕事の時間を短縮するためには、「何が邪魔をしているのか」自分を見つめ直して分析することが大切です。

●仕事の効率化

自分の問題点が見つかったら、解決策を探していきましょう。

①やることの優先順位をつける

まず、自分のやるべき仕事に優先順位をつけていきます。

優先順位の高い仕事から片づけていく習慣をつけると良いでしょう。

②目標時間を設定する

自分なりに、「今やっている仕事を何時までに終わらせよう」という時間設定をすることで、集中力を高めることが可能になり、効率良く仕事を終わらせることができるようになります。

仕事上での「パフォーマンス」を上げるためには?②

前章に続き、仕事上でのパフォーマンスを上げるために大切なことをお話ししていきます。

●職場環境を整える

仕事上でのパフォーマンスを上げるためには、仕事をしている職場の環境を良くすることも必要です。

ここでの「職場の環境」とは、職場の雰囲気からデスクやイスなど、仕事をしている時に関わっているもの全てのことの意味になります。

なかには、自分で変えていけるものもあれば、自分ではできないこともあります。

また、自分の意見だけではなく、職場の人たちと話し合いをしながら、可能な限り負担が少なく、仕事をしやすい環境に整えていくことにより、個々の仕事のパフォーマンスを上げていくことができるでしょう。

●体調の管理をする

体を動かすのではく、考える仕事が多い場合であっても、肉体的に負担がかかってくることは確かです。

疲労がたまってしまうと、パフォーマンスは下がってしまいます。

パフォーマンスの低下が積み重なると、いつの間にかミスが多くなってくる可能性もあります。

体調が悪いのに、無理をして働き続けると、取り返しのつかないくらいに体を壊してしまうこともあるでしょう。

そうならないように、適切な休憩をとりながら働くなど、体調を気にかけながら仕事をすることが、結果的にはパフォーマンスの向上につながることになります。

●プラス思考になる

仕事に集中するためには、体だけではなく、心の状態を健康に保つことも必要です。

マイナスなことばかりを考えたり、発言するのではなく、ポジティブな言動をするように心がけると良いでしょう。

ポジティブな言動をすることによって、自然と思考もポジティブになり、集中力も高まります。

仕事の効率化をはかり仕事のパフォーマンスを上げよう!

仕事上でのパフォーマンスを上げるためには、現在の問題点を見つけ、効率化をはかることが重要です。

しかし、それだけではなく、自分の体調の管理をすることやストレスをためないような職場環境を整えていくことも大切なことです。

また、仕事以外にも夢中になれる趣味を見つけるなどをすることで、さらに心のバランスもとれ、仕事上でのパフォーマンスを上げることにもつながるでしょう。