マスクで顔が荒れる原因は?マスクの選び方と使い方が大切!

「花粉症やインフルエンザ対策でマスクをつけ始めたら顔が荒れてしまった」などの悩みを持つ男性もいるのではないでしょうか。

アレルギーなどをお持ちの方などは、マスクをしない生活はなかなか難しいところがありますよね。

このように、マスクは私たちの生活に欠かせないアイテムとなってきました。

しかし、マスクをつけていると顔が荒れることがあると思います。

この記事で顔が荒れる原因について知り、マスクの使い方を見直しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミョウバン水で靴を除菌!その他さまざまな消臭方法もご紹介

たとえどんなにイケメンだとしても、飲食店などで靴を脱いだ瞬間に足の臭いが漂うような人は幻滅してしまい...

ミョウバン水は石鹸のような効果がある?作り方をご紹介!

汗をかいたときなど、自分の体臭が気になることもありますよね。その日の入浴で、ゴシゴシと洗うことも...

ゴミ箱のイヤな臭いを消したい方必見!効果的に洗う方法は?

燃えるゴミの日に、ゴミをまとめて捨てたはずなのに、「ゴミ箱自体が臭い…」というお悩みをお持ちの方もい...

清潔感が漂う男性になるには?特徴を知ることが大切!

清潔感が漂う男性というのは、女性から印象が良いようにうけとめられると考えられています。女性からみ...

鼻毛処理はどうやるの?好印象の男性はお手入れしている!

気づくと伸びてきて、鼻から顔を出してしまうのが鼻毛です。鼻毛の処理を全くしていなくて、鼻から出て...

暑い夏でも汗をかかない方法はある!?簡単汗対策法

暑い時期になると、少し外出しただけでも汗をかいてしまうことってありますよね。特に男性の方は、女性...

石鹸ケースってどんなもの?持ち運びの方法をご紹介

毎日使っているお気に入りの石鹸を、旅行や出張などの外出先でも使いたいと思うのは女性だけでなく、男性も...

気になる噂を検証!後頭部が出てる・おでこが広いと賢いの?

頭の形って、気になりますよね。特に、短髪の方や、潔くスキンヘッドの方の場合、はっきりと分かります...

ダイエットで食事制限してるのに痩せない!その理由は一体?

「ダイエットで食事制限をしているのに、痩せない!」とお悩みの方はいませんか?なぜ、食事制限してい...

エラ張り顔を解消しよう!小顔になるためのマッサージ方法

エラが張っていると、顔が大きく見えてしまいますよね。毎日鏡を見るたびにエラ張りが気になり、自分の...

皮脂でベタつく脂ギトギトの顔!改善する方法はある?

鏡で自分の顔を見た時、皮脂のベタつきが気になったことはありませんか。また、顔が皮脂でベタついてい...

ミョウバンで嫌なニオイを消臭!靴のニオイ対策に最適!

男性の悩みの中でも上位に食い込んでくるであろう、靴のニオイ。靴のニオイにお悩みの方は、足が蒸れる...

耳垢のカサカサとした音が気になる!取れない耳垢の対処法

ふと頭を動かしたときに、耳垢のカサカサとした音が気になることがありませんか。ちょっとした音でも、...

睡眠不足を解消しないと起きる睡眠負債!影響する期間は?

仕事で忙しい毎日を送っている男性が多い中、慢性的な睡眠不足に陥っている方も多いのではないでしょうか。...

汗臭い服の「取れない臭いを取る方法」予防から洗濯まで

「なんとなく汗臭い」「服の汗臭さが洗濯しても取れない」と思ったことはありませんか。念入りに洗濯し...

スポンサーリンク

マスクで顔が荒れる原因

マスクをつけていると顔が荒れることがあると思います。

その原因にはどのようなことがあるのでしょうか。

まず、大きな原因として考えられるのが摩擦です。

マスクをつけていると、どうしても肌との摩擦を避けることはできません。

耳に付けるゴムひも部分も同様です。

マスクと肌が接触することで、肌の乾燥が進み、顔が荒れてしまうのです。

摩擦による肌の乾燥が進む一方、マスクの中は蒸れやすい状態でもあります。

呼吸によりマスクの中が蒸れ、湿気をためやすくなってしまうのです。

マスクの中に湿気がたまると雑菌の繁殖も進み、肌への影響は大きくなります。

マスクの中の蒸れは、軽い肌荒れだけではなく、ニキビの原因になることもありますので注意が必要です。

このように、マスクには「摩擦」と「蒸れ」というデメリットがあることが分かりました。

しかし、選び方や使い方を間違えなければ、マスクは私たちの体を守ってくれるアイテムにもなります。

次項でそのマスクをつけることのメリットについてお話ししていきます。

顔が荒れるだけじゃない!マスクのメリットは?

マスクのメリットとして一番に挙げられるのが、やはり感染症の予防です。

近くにインフルエンザや風邪の人がいた場合、マスクをつけていればそれらに感染するリスクを減らすことができます。

逆に、自分がインフルエンザなどの感染症にかかっている場合でも、他の人にうつすのを防げます。

このように、感染症予防の観点からマスクは有効なアイテムといえるでしょう。

また、マスクは少なからず紫外線予防にも役立ちます。

完全に紫外線を防いでくれるというわけではないですが、何もしないよりは肌へのダメージを少なくすることができます。

そして、先ほど「蒸れにより顔が荒れる」というお話をしましたが、マスクの選び方や使い方を間違えなければ、肌への保湿効果を発揮してくれます。

特に、唇が荒れやすいという男性には効果が大きいでしょう。

いくつかのメリットについてお話ししましたが、この効果を最大限に活かすためには、マスク選びが大切です。

マスクを選ぶポイントについては次項でお話しします。

顔が荒れないマスクを選ぶときのポイント

顔が荒れるのを防ぐためには、マスク選びのポイントを知る必要があります。

マスクを選ぶ際に注目してほしいのが素材です。

マスクは肌に直接触れるものですので、その素材が自分の肌に合っていない場合、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

そのため、マスクを選ぶときは何の素材でできているかを確かめることが大切です。

マスクには「ガーゼマスク」と「不織布マスク」の二つに分けられます。

最近は使いきりタイプの不織布マスクを使っている方が多いのではないでしょうか。

不織布マスクは使い捨てのため、清潔な状態を維持することができるのですが、ガーゼマスクに比べると摩擦の力が大きいです。

手入れなどの手間は増えるのですが、顔の荒れを気にするのなら、ガーゼマスクの方が肌には優しいでしょう。

すでに不織布マスクを購入してしまった場合は、肌とマスクの間にガーゼを挟むことで肌への負担を少なくすることができます。

そして、もう一つ大事なポイントは自分の顔の大きさとマスクのサイズが合っているかという点です。

マスクのサイズが大きすぎると、肌との間に隙間ができて、マスク本来の感染症予防の力が失われてしまいます。

逆に、マスクのサイズが小さすぎると肌との摩擦が大きくなってしまいます。

マスクを選ぶ際は、鏡を見て自分の顔にしっかりとフィットしているか確かめるようにしましょう。

正しい不織布マスクのつけ方

マスクの効果を最大限にいかすためには、正しいマスクのつけ方を覚える必要があります。

ここでは不織布マスクのつけ方についてお話ししていきますので、不織布マスクを利用している男性はぜひ参考にしてみてください。

①マスクをつける前に手を清潔にしてください。

手には目で見えなくてもたくさんの雑菌がついています。

そのため、マスクをつける際は手を洗うかアルコール消毒液で殺菌してからつけるようにしてください。

②マスクの外側のプリーツが下向きになるようにしてマスクをつけます。

プリーツを上向きにつけると、プリーツの隙間に菌やホコリが入り込んでしまうので注意しましょう。

③ノーズピースを鼻の形に合わせます。

不織布マスクには鼻の部分にノーズピースという針金が入っていると思います。

そのノーズピースを鼻との隙間が無いように合わせ、雑菌の侵入を防ぎましょう。

④プリーツを広げ顎までしっかりと覆います。

ノーズピースを押さえながらプリーツを下に広げ、顔とマスクの間に隙間が無いように全体を軽く押さえてください。

これで、不織布マスクを正しくつけることができます。

しかし、顔が荒れるのを防ぐためには、マスクの使い方も重要です。

次の項で、マスクの使い方についてお話ししていきます。

マスクを使う時の注意点

マスクは選び方やつけ方だけではなく、使い方も注意しなければいけません。

まず心掛けたいことは、同じマスクを長い時間つけ続けないということです。

同じマスクを長い時間つけ続けていると、それだけ雑菌も繁殖してしまいます。

雑菌の繁殖は、顔が荒れることに繋がりますので、一定の時間が経過したらマスクを交換することをおすすめします。

取り替えるのが面倒だからといって、同じマスクを何日も使うようなことは避けるようにしましょう。

そして、マスクを一時的に外すようなときも、マスクの扱いに注意してください。

無造作にカバンの中に入れたり、机の上にそのまま置くと、マスクに雑菌がついてしまいます。

その雑菌がついたマスクをそのまま顔に付けることは、肌に直接菌をつけていることと変わりません。

少しの間外すだけの時でもマスクは丁寧に扱うようにしてください。

どうしてもマスクで顔が荒れるときはどうすればいいの?

いくらマスクで顔が荒れることを予防していても、どうしても肌へのダメージを防ぐことができないこともあるでしょう。

そんなときは、丁寧なスキンケアを行いましょう。

洗顔の時は泡をたっぷりとつかい、肌への摩擦を最小限にするように心掛けてください。

洗顔が終わったら保湿を行い、肌にたっぷりと潤いを与えます。

特に、マスクがあたる口元などには、丁寧な保湿を行ってください。

口元の皮膚は薄く敏感なので、化粧水やクリームを指の腹を使って優しく塗りましょう。

スキンケア以外にも、栄養バランスの取れた食事も重要です。

肌荒れ解消に役立つビタミン類を多く含んだ食事を取れば、荒れた肌の再生にも役立ちます。

体の外側からのケアだけでは肌の改善には限界がありますので、体の内側からのケアも大切にしましょう。

マスクを正しく使って顔の荒れを防ごう!

マスクの選び方や使い方を間違えなければ、顔の荒れは防ぐことができます。

マスクにはガーゼタイプと不織布タイプの二つがありますので、自分の生活パターンに合わせて使い分けるといいかもしれません。

ですが、どちらにしても長時間のマスクの着用は肌への負担が大きくなります。

もし、マスクで顔が荒れてしまった時は、スキンケアや食事を工夫してみましょう。

普段肌のお手入れをしていない男性も、入念な保湿が顔の荒れを改善してくれますよ。