髪の毛を茶色にしたい!メンズの印象を変えるヘアカラーとは

「髪」だけでも人の印象は大きく変化します。

髪型が似合うかどうか、髪の毛の色が明るいかなどで全く異なるのです。

メンズは、特にヘアカラーで印象が変わることがあります。

髪の毛が黒いときと茶色に染めたときの印象の違いをお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白髪は切るのが良い!?白髪を切ってくれるサービスがある?

ある程度の年齢になると、白髪が生えてきたことを悩んでいる方も多いでしょう。白髪を見つけたら、抜く...

白髪が一本でも染めるべき?それ以外にどんな対処法がある?

白髪は誰でも生えるものですが、若いうちに生えてくると一本だったとしても気になってしまうものです。...

髪根元のカラー落ちにはリタッチが最適!何センチから必要?

最近はオシャレに敏感な男性も多く、イメージチェンジにヘアカラーを利用する方も増えてきました。カラ...

カラーリングとトリートメントは同時にした方が髪にいい?

近年ではカラーリングをしたりパーマをかけたりする方の数も多くなり、その中での男性の比率も増えてきてい...

髪の毛などの掃除に便利な道具とは?掃除が苦手な男性必見!

一人暮らしをしている男性は、大勢いますよね。掃除が得意な人もいれば、苦手な人もいます。短髪の...

髪の毛から大量のフケが!気になるフケを取る方法って?

髪の毛から落ちてくるフケや、頭皮から剥がれてくる大きなフケ。特に乾燥している時期は、フケに悩まさ...

髪の毛の伸びる速さは生えている場所によって違う!?

男性の悩みの種でもある髪の毛。髪の毛の生えている場所によって、伸びる速さが遅くなってきたなと感じ...

薄毛に似合う髪型をご紹介!男性の薄毛を目立たせない方法

髪の毛が薄いと悩むのが髪型でしょう。できる髪型の種類に制限があるだけではなく、髪型によっては薄毛...

薄毛の髪型でお悩み?ツーブロックでおしゃれな変身を!

薄毛でお悩みの方の多くは、似合う髪型に苦労しているようです。確かに薄毛によるお悩みの中には、「髪...

前髪のベタつきを解消したい!ベビーパウダーが効果的?

仕事で外回りなどして、半日過ぎると「前髪がベタついている」なんて経験はありませんか?多くの男性が...

つむじの位置が後ろすぎる!簡単にできる改善策をご紹介

つむじの位置は人によって違います。たいていは頭のてっぺんにありますが、中にはつむじが後ろすぎるこ...

髪の毛の印象は大切!短髪が似合うメンズを目指そう!

メンズにおすすめの短髪(ショートヘア)ですが、どのような髪型があるかご存知でしょうか。髪の毛を短...

フケの種類を見分けよう!フケにはドクタートウヒも強い味方

黒や濃い色の服を着た時に、肩などにフケが落ちているのを誰かに見られたとしたら、とても恥ずかしいもので...

つむじの薄毛をなくす方法とは?植毛手術について知ろう!

人から指摘されて初めて気づくつむじの薄毛は、自分の目では直接見ることができないため、自分から気づくこ...

髪の毛の成長期間の長さがバラバラなのはヘアサイクルにあり

髪の毛はずっと伸び続け成長し続けるわけではなく、抜け落ちてまた新たな髪の毛が生まれます。一本ずつ...

スポンサーリンク

髪の毛が黒い人が普通だった!

日本人は髪の毛が真っ黒の方がほとんどです。

昔は黒くないと世間から「悪い人」みたいな印象を与えました。

しかし今では逆に、ヘアカラーをしている方が多い時代になりました。

1つの理由としては「情報」を誰もが同じように見られる様になったということです。

流行も昔であれば、テレビや雑誌などで取り入れていました。

田舎になるとテレビ番組も、東京よりも2週間遅れくらいで放送されたりしていました。

それからたった何十年かの間に、テクノロジーの発展のおかげで情報が誰でも同じように見れる環境になりました。

今では当たり前のように「スマホ」を誰もが持っています。

そして、何かわからないことは片手で何でも調べることができます。

もちろん、髪型の流行もスマホで調べられます。

誰もが同じような流行を取り入れることができるので「オシャレ」が身近になったわけです。

また、レディースだけのオシャレだったものが、メンズに取り入れられる時代です。

髪の毛を茶色に染めるのが敬遠されがちだった時代から、今では当たり前に変わりました。

髪の毛を明るくすると、印象もとても大きく変わってきます。

では、印象はどのように変わってくるのでしょうか?

髪の毛が黒いと印象はどう見える?

流行を誰もが素早く見れるようになった今だからこそ、髪を染めるのも当たり前になりました。

髪の毛が黒いと印象は「暗い」「根暗」などのマイナスのイメージを与えやすいです。

黒くても髪型によっては、明るい印象を与えることもありますが「黒」がネガティブな色なのです。

髪の毛が黒いことにより、全体の髪も重く見えたりします。

特にメンズの場合は、眉が太めだったりしますので黒がより強調されやすいです。

よく言えば「男らしい」という風にとらえられるかもしれません。

しかし、暗い色というのは印象を明るくは見せにくいので注意が必要です。

例えば、髪が黒くて目が一重の方などは「根暗」「キツそう」などの印象を与えやすいです。

前髪も黒くて、目にかかるかどうか位の長さでいると「一重」がより際立ちます。

一重の方の悩みの一つは「目つきが悪く見られる」ということです。

この悩みを、髪が黒くて前髪があることでより強調してしまうのです。

つまり、コンプレックスをより人に見せつけてしまうということですね。

逆にパッチリした目の方は、黒くても大丈夫です。

むしろ、わざと目に視線を集めて「パッチリしている」といった印象を与えることもできます。

髪が黒くて良い印象を与えるためには、雰囲気を変える事が重要です。

そこで髪の毛を「自然な茶色」に染めたら、印象はどう変わるでしょうか?

髪の毛を自然な茶色にするとメンズでも印象が変わる

ビジネスシーンでは黒い髪が一般的です。

ただ、ネガティブな印象を与えやすい色でもあります。

自分の強みを逆にうまく使う方法もありますが、一般的にはネガティブな印象になります。

では、この黒い髪の毛を「自然な茶色」に変えたとすればどう変わるでしょう?

髪の毛が軽く見えるので、明るい印象を与えることができます。

特に、髪の毛の量が多いメンズにオススメです。

髪の毛の量が多い方は、髪が黒いだけで重く見えてしまいます。

しかし、少し明るくするとそれだけで雰囲気が変わり軽い感じを出してくれます。

それほど、黒髪と茶色では印象を変えてしまうのです。

目が一重の方でも、髪を明るくするだけで「根暗」「キツそう」という印象はなくなります。

大手の会社でも最近では7~8トーン(髪の明るさ)くらいまで大丈夫なところが多いです。

明るめの髪の毛にして印象を変えてみてはどうでしょうか。

ただ、トーン(髪の毛の明るさ)がわかりにくい方もいると思います。

次項で詳しくお伝えしていきます。

メンズに似合う自然な茶色は何トーンなの?

ヘアカラーをするときには、必ず明るさを決めてから染めていきます。

美容室で染めたことがある方は知っているかもしれません。

今ではメンズでも美容室に行くのは当たり前ですので、恥ずかしくありません。

美容室では、見本(カラーチャート)を見てもらいながら相談して決めていきます。

そのときに、美容師さんがあなたに似合う色を決めてくれます。

メーカーによっても違うのですが、基本的に低い数字が示すものは暗い色です。

例えば、1トーンと表示されていれば「真っ黒」になります。

厳密には、1~3トーンは日本人にはほとんど見られません。

日本人の黒髪の平均的トーンは4トーンくらいが多いです。

つまり、地毛で1トーンはほとんどないということですね。

人工的に「どす黒い」「青黒い」という感じに染めるときにはなるかもしれません。

しかし、めったにこのように染める方はいないのですね。

自然な茶色の場合ですと、大体の目安として5~8トーンくらいと言われています。

大手の会社でもこのくらいまでは許容範囲ということです。

最近では、銀行などでも逆に「染めてください」と言うところもあるそうです。

銀行には受付がありますよね?

この受付の方が「暗い」「根暗」などのネガティブな印象を与えたらどうでしょうか?

そのようにならないように、わざと染めさせるところもあるくらいなのです。

それくらい、髪の毛の色によって印象は変わります。

では、トーンが明るければより良いのでしょうか?

メンズで10トーンの髪の毛にしたときには?

基本的には5~8トーンが自然に見える色とお伝えしました。

しかし、髪の毛を10トーンまで明るくしたらどうなるでしょうか?

もちろん自然な茶色にはならないので「明るい髪の毛」になってきます。

メンズで明るすぎる髪の毛になると、どのような印象になるでしょうか?

黒い髪の毛に比べれば「明るい」という印象は与えられます。

しかし、明るくなればなるほど「チャラい」という印象を与える可能性も出てきます。

10トーンくらいの明るさですと、一般的な社会人では少し明るいでしょう。

もし会社員で接客や営業をする方ですと、第一印象は良くならない可能性も出てきます。

大手企業でも5~8トーンくらいまでという基準は、このようなことも理由の1つなのです。

11トーン以上になってくると「金髪」に近くなってくるので、より印象が変わります。

印象を大事にする仕事の場合には、あまりオススメできないトーンということですね。

もし、11トーン以上明るくするときには、気を付けなければならないことがあります。

自然の茶色を超えた明るさにしたときの注意点

5~8トーンが一般的な明るさとお伝えしました。

しかし、明るくして「金髪」みたいな感じにしてみたいという方もいます。

1度はやってみたいと興味がある方は「あること」に気を付けてください。

11トーン以上の明るさにするは「髪の毛が傷んでしまう」というデメリットがあります。

これは、ブリーチ剤などを使用する場合がほとんどだからです。

薬の力が強いと、髪の毛に負担がかかってしまい、髪の毛にダメージを与えます。

自然な茶色の場合もヘアカラーなので多少負担はかかります。

しかし、ブリーチに比べれば全然薬の力は弱く抑えられているため、ダメージはそれほど大きくありません。

昔「ホワイトブリーチ」というものが流行ったときがありました。

これは髪の毛を「白」にしたいという人が増えたためです。

外国人風にしてオシャレを楽しむ、ということで白にしていたわけですね。

髪の毛を白に抜くということは、何度もブリーチをするということです。

これはもちろん、髪の毛にはよくないことです。

1度やるだけでも結構傷んでしまうので、11トーン以上はあまりオススメできません。

髪の毛は一生あったほうが良いものです。

無理な負担をかけることによって、将来「ハゲ」になる可能性も出てきます。

特にメンズは、髪の毛や頭皮には負担をかけないようにしましょう。

髪の毛は自然な茶色が印象を良くする

黒い髪の毛だと印象は「根暗」などのネガティブな印象を与えがちです。

髪の毛を自然な茶色に染めることで、明るい印象を与えます。

極端に明るくなると逆に「チャラい」などの悪い印象を与えかねません。

明るくなればなるほど、髪の毛や頭皮に負担もかかってしまいます。

一般受けする「5~8トーン」で程よく明るくしていきましょう。