オイリー肌向けのスキンケアアイテム!おすすめの市販品は?

男性は女性と比較すると、皮脂の分泌量が約2倍もあると言われています。

一方、お肌に含まれる水分量は少ないので、肌がテカッてベタつきがちなのです。

こういった状態の肌は、いわゆるオイリー肌(脂性肌)と呼ばれています。

オイリー肌は清潔感に欠けるだけでなく、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすいため、何とか改善したいですよね。

そこで今回は、毎日のスキンケアに使用して欲しい、おすすめの市販品をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

老け顔の特徴って?20代からオジサンと呼ばれたくないなら

「老け顔だね」と言われて、良い気持ちになる方は少ないと思います。しかし、子供は正直で残酷なもので...

メンズ必見!自分流のスクラブの作り方!簡単なレシピご紹介

綺麗な肌は、人に好印象を与えます。女性だけでなく男性も、綺麗な肌は清潔感を生み、ビジネスやプライ...

石鹸の泡立ては必要ない!手も顔も体も泡ポンプで時短する!

石鹸を泡立てるのは意外と大変です。時間もかかりますし、きめ細かい泡をつくるのも難しいですよね。...

眉毛のお手入れはバリカンで!何ミリに整えれば良いの?

男性の身だしなみの1つに、「眉毛の手入れ」も含まれるようになりました。しかし、女性と違い、あまり...

バスタオルが臭い?嫌な臭いを取る方法や洗濯槽の掃除方法

普段使っているバスタオルで、生乾きなどの嫌な臭いがするということはありませんか?嫌な臭いがするバ...

耳垢がウェットになると汚れるイヤホン!その謎を解明しよう

音楽などをじっくり一人で楽しみたいときに使うイヤホンですが、使っていて外したあとに耳垢のような汚れが...

肌でお悩みのあなたへ!皮膚の再生と栄養素の関係とは?

見た目は皮膚の健康状態に大きく左右されます。皮膚は常に再生することで、その健康状態を維持していま...

顎が伸びることってあるの?考えられる原因と対策をご紹介

年齢と共に身体の機能がだんだん衰えてしまうことは自然なことです。しかし、顎に関してはどうでしょう...

眉毛の高さがなぜかズレてしまう!その理由は筋肉にあった!

眉毛の太さや形は、人それぞれ違いますよね。私達が眉毛を整えるとき、左右の眉毛の高さに違いがあるこ...

顎のたるみが気になる方へ!マッサージで小顔を目指そう!

顎がたるんでいると顔が大きく見えたり、実年齢より老けて見られてしまいます。鏡を見て顎のたるみが気...

小鼻の産毛で悩む男性へ!正しいムダ毛処理で目指せ毛穴レス

鼻の中でも、特に小鼻の産毛が気になることはありませんか。鼻という顔のパーツはどうしても目立ってし...

汗かきのメイク男子必見!化粧が崩れるのを防ぐ方法

今までは、男性が化粧をすると聞くと、俳優・歌手など、メディアで活躍する男性のイメージがありました。...

臭い靴下をどうにかしたい!効果的な洗濯方法やその対策は?

「毎日ちゃんと洗濯をしているはずなのに、靴下の臭いが落ちない!」このようなことは、特に男性にとっ...

汗をかくと洋服が白くなるのはなぜ?改善策と対処法

夏の暑い時期や運動をした後には汗をかきますよね。汗をかいた後に、ふと洋服を見ると、白っぽいシミの...

足の臭い問題を重曹で根こそぎ解決!靴の悪臭対策でスッキリ

「足の臭いがとれず、コンプレックスになってしまっている…」「臭さに気づかれるのが心配で、人前で靴...

スポンサーリンク

オイリー肌のスキンケアの主役は洗顔!

オイリー肌や乾燥肌、ニキビ肌など、男性の肌は思っている以上にトラブルを抱えています。

男性でもスキンケアをすることが当たり前の時代になりましたが、女性の様に化粧をする人はあまりいませんよね。

そのため、肌の悩みを化粧品で隠したりすることができません。

しかし、顔は一番他者の目につく場所です。

ゆえに、肌の悩みは大きなコンプレックスになりがちなのです。

健やかな肌作りのためには、洗顔が重要です。

顔から皮脂や汚れをしっかりと落とすことで、肌の土台作りができます。

そして、土台が良い状態であれば、その後に使用する化粧水や乳液といったスキンケアアイテムも、なじみやすくなるのです。

つまり洗顔は、スキンケアアイテムの効果を最大限に発揮させるための事前準備のようなものだと言えます。

そこで最初に、基本的な洗顔について知っておきましょう。

オイリー肌の男性は、なるべく市販されている洗顔料を使って洗顔しましょう。

水洗顔だけでは、皮脂がしっかり落ちない可能性があります。

また、洗顔の頻度はどれくらいにすればいいのでしょうか。

オイリー肌ならば、脂っぽいと感じる度に洗顔して、皮脂を落とした方が良いような気がしますよね。

しかし、勘違いしやすいのですが、過剰に洗顔してしまうと肌が乾燥してしまって、より多くの皮脂を出してしまうことがあります。

基本的には朝と夜の、1日2回の頻度で洗顔を行いましょう。

顔がテカテカするオイリー肌!洗顔料選びのポイント

男性は女性と比較すると、皮脂の分泌量が多いということはもうお分かり頂けたと思います。

皮脂には、肌を弱酸性に保つ、雑菌の繁殖を抑える、肌を滑らかにしてツヤを出してくれるなどの役割がありますから、一概に悪いものではありません。

問題は、皮脂の過剰分泌です。

皮脂の分泌量が多いオイリー肌の人は、テカリ・ギラツキ・ベタツキが起きやすく、ニキビができやすくなるからです。

ですから、しっかり洗顔して皮脂汚れを落とすことが大切です。

市販されている男性向けのスキンケアアイテムは沢山あります。

洗顔料も種類が豊富で、肌質によって適しているものと適していないものがあります。

まずは、ご自分の肌質に適した洗顔料を選びましょう。

皮脂の分泌量が多いと、毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

そうすると、ニキビなどの肌トラブルも起こりやすくなります。

オイリー肌の男性は、洗浄力が強く、皮脂や汗汚れをしっかり落とせるタイプの洗顔料を選びましょう。

肌自身の再生能力を高めてくれるだけでなく、メントールが配合されている洗顔料を使えば、香りも爽やかで洗い上がりも気持ちがいいですよ。

男性のオイリー肌対策!どんな洗顔料を選べばいいの?

市販されているスキンケアアイテムの洗顔料は種類が豊富なため、どれを選ぶべきかわからなくなってしまいますよね。

オイリー肌の男性の皮脂や汗汚れをしっかりと落とすためには、固形石鹸タイプがおすすめです。

商品の成分表示に「純石鹸」と書かれているものは、天然の界面活性剤が含まれています。

そのうえ、肌に余分な刺激を与えうる添加物などが配合されていません。

つまり低刺激で肌に優しいので、肌がデリケートな敏感肌の男性にもおすすめです。

人によっては固形石鹸での洗顔後にツッパリを感じる人もいますが、使用感もさっぱりしていて気持ちいいですよ。

しかし、固形石鹸は使用後の保管が面倒だったり、持ち運びがしづらいというデメリットもあります。

毎日気軽に使用することを考えると、洗顔フォームの使用が、現実的にはいいかもしれませんね。

洗顔フォームはチューブタイプが多いので、保管も簡単で持ち運びもしやすいですよ。

石鹸は液性によって性質が異なり、アルカリ性の石鹸は洗浄力が強めで、弱酸性の石鹸は洗顔成分が肌に残りにくいという特徴があります。

合成界面活性剤が配合された洗顔フォームは、たいていのものが弱酸性なため、洗顔後の肌のツッパリを感じにくいです。

もちろんオイリー肌向けのものも市販されていますので、固形石鹸の継続使用に自信の無い人は、洗顔フォームを選んでもいいでしょう。

市販で買えるスキンケアアイテム!基本の洗顔料から見てみよう

まずは、固形石鹸タイプの、オイリー肌におすすめなスキンケアアイテムの洗顔料をご紹介します。

●「然(しかり)よかせっけん」

九州の大自然が長時間かけて生み出した火山灰地層のシリカ成分を活かして、天然素材だけで練り上げて作られています。

原料のシリカとは、軽石や火山灰に含まれる二酸化ケイ素成分のことで、九州の火山灰地層から得られる不純物が少なくて良質なものが使われています。

また製法に関しても、理想の石鹸を作るために鍛えられた熟練の職人技によって、一つ一つ手作りされています。

オイリー肌の大きな悩みである過剰な皮脂による毛穴の広がりや、角栓の皮脂が酸化してできる黒ずみは、健やかな肌の人と比較すると、どうしても見劣りしてしまいますよね。

しかし、この石鹸の泡に含まれた超微細なシリカパウダーの効果によって、毛穴の奥の汚れが吸着されてキレイに除去されるのです。

さらに、うるおい成分を始めとした美容成分が、全体の60%以上も配合されています。

キメの細かい泡が豊富にできてクッション効果も抜群なので、洗う際にも肌へ負担をかけません。

洗い流す際も、サッと簡単に落とせるのがいいですね。

完全無添加にこだわっているため、未開封では1年、開封後は3ヶ月の使用期限が設けられています。

次に、ドラッグストアなどで市販されている、おすすめの洗顔フォームをご紹介します。

●「ニベアメン モイストフェイスウォッシュ」

ヒアルロン酸などのうるおい成分が配合されています。

肌のうるおいをしっかり守りながら、過剰分泌された皮脂や汚れを落とす効果も高いです。

ウッディグリーンの香りで、洗顔後の肌だけでなく、心もすっきりしますよ。

男性も化粧水を!市販スキンケアアイテムで保湿対策

洗顔の目的は、毛穴に詰まった汚れを落とすことです。

すっきりと汚れが落ちた毛穴は、化粧水をぐんぐん吸い込みます。

つまり洗顔は、保湿をするための下準備なのです。

オイリー肌の改善には、洗顔後の保湿が重要となります。

洗顔後の肌はとても乾燥しています。

何もせずに乾燥状態のままでは、肌本来の働きによって皮脂がたくさん分泌され、毛穴が詰まってしまいます。

そのため、洗顔後にタオルで水分を優しく取り除いたら、30秒以内にスキンケアを開始しましょう。

洗顔した後は、ドラッグストアなどで市販されている化粧水をつけます。

乾燥しやすいUゾーンからつけ始めてください。

その後に、脂でテカリやすいTゾーンにつけます。

オイリー肌の男性は、特にTゾーンの扱いには気をつけてください。

スキンケアアイテムの塗り過ぎや、摩擦を与えてはいけません。

それでは、オイリー肌におすすめな化粧水をご紹介します。

●「SHISEIDO MEN トーニングローション」

サラサラなテクスチャなので、化粧水のベタつき感が苦手な男性にも快適にお使い頂けます。

また、オイリー肌にも有効な成分が配合されており、皮脂によるベタつきなどのダメージを予防し、毛穴を引き締め、健やかにキープしてくれます。

化粧水に乳液もプラス!オイリー肌におすすめの市販スキンケアアイテム

市販の化粧水をつけただけで、スキンケアは完了ではありません。

なぜかというと、化粧水をつけた直後の肌はたくさんの水分を保持していられますが、その保湿された状態をキープすることは困難だからです。

ですから、化粧水を吸い込んだ肌にフタをすることで、肌から水分が蒸発することを防ぐ必要があります。

そこでおすすめなのが乳液です。

乳液を使用すると、逆にベタついてしまうのではないかと思い、使うのをためらっている男性も多いですよね。

実は、それは誤解です。

乳液は保湿成分を逃がさないようにして、過剰な皮脂によるテカリを予防してくれる、優秀なスキンケアアイテムなのです。

化粧水をつけてから、約3分後に乳液をつけるのがベストです。

化粧水の保湿成分がしっかり肌に浸透してから、乳液でフタをするイメージです。

なるべく油分の少ないオイルフリーのものや、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・リピジュアなどの保湿成分が多く配合されているものを使いましょう。

最後に、乳液の必要性が特に高い、乾燥性オイリー肌におすすめな乳液をご紹介します。

自分の肌にあった乳液を使用して、乳液のもつ効果を最大限に発揮しましょう。

●「バルクオム THE LOTION」

バルクオムというメーカーは、スキンケア業界では珍しいメンズ専門で展開しています。

使用感はサラサラしているので、乳液にありがちなベタつき感はあまり感じさせません。

しかし、乳液としての役割はもちろん、天然由来成分によってうるおいもバッチリ与えてくれますよ。

正しいスキンケアで健やかな肌をゲットしよう

オイリー肌の改善のために大切なことは、自分に適したスキンケアアイテムを正しく使って、保湿成分をしっかりと肌に届けてあげることです。

多忙なため、肌のケアになかなか時間がとれないという男性も多いでしょう。

しかし、洗顔後の化粧水と乳液で肌の状態が良好に整っていけば、そのスキンケアの効果が実感できて、スキンケアが段々と楽しくなってくるはずです。

さっそく、市販のスキンケアアイテムを探しに行ってみましょう。